ファーストシューズのおすすめ8選!いつから?選び方のコツと注意点

赤ちゃんにはじめて靴を買うとき、「種類が多くて選べない」「試着したけどイヤイヤがひどい」「子どもの足に合うかわからない」などと悩むママが多いようです。

ここでは、ファーストシューズの選び方やおすすめの商品を紹介します。

ファーストシューズとは?


ファーストシューズとは、ひとり歩きをはじめた赤ちゃんが、屋外での歩行練習のために、はじめて履く靴のことです。

はじめて靴を履くことに違和感があるのか、嫌がって泣く子も多いようです。

しかし、子どもに合った靴を見つけて履かせることで、「外歩きが楽しい」「靴を履きたい」という気持ちを育てられるでしょう。

ファーストシューズは、赤ちゃんが「靴を履いて歩くことに慣れる」というのが目的のひとつです。

赤ちゃんが靴で歩くことが好きになると、両親と公園に行ってみるなど世界観がどんどん広がり、心身ともに豊かな成長を促すことにもつながるでしょう。

赤ちゃんに合う商品を、じっくり考えて与えることは、親から子どもへのプレゼントといえます。

ファーストシューズはいつから?

ファーストシューズを買うタイミングについて紹介します。

1人で5〜10歩程度歩けるようになったら!

大人の支えなしで、5~10歩程度歩けることが、靴を購入する目安です。

赤ちゃんのはじめての歩行は、室内が多いでしょう。

裸足で、床を踏みしめて立ち、歩くことが歩行の第一歩です。

2~3歩程度の歩行では、まだしっかりと歩くコツがつかめていない可能性があります。

歩行の発達は個人差が大きく、早い子で生後9ヶ月ころから歩きはじめるケースもあるでしょう。

歩きはじめが早い子は、まだ筋肉が未熟で全身のバランスを保つには不安定になりがちです。

「バランスをとって安定して歩けている」「立っていても転ぶ回数が減った」など、歩行が安定してきたと確信がもてたら、ファーストシューズ購入のタイミングでしょう。

購入時期が早いとサイズアウトする可能性もあるので、見極めが大切です。

参照:厚生労働省「平成 22 年乳幼児身体発育調査報告書」

靴に慣れる目的なら室内履きもおすすめ

靴に慣れる目的で、室内履きを履いて練習することもおすすめです。

室内履きは着脱が簡単であったり、靴底がやわらかい素材の靴が多くあります。

ファーストシューズとして、もしくはファーストシューズの前段階として、使用してもいいでしょう。

室内履きは、外履きよりもハードルが低く、「まだしっかりと歩けない」「たまに少し歩く程度」という子へのお試しとして使えます。

ただ室内履きを外で履くのは、靴の構造上あまり向いていないことも覚えておきましょう。

子どもが靴で歩き、外デビューするまでの期間の使用がおすすめです。

室内履きで練習して自信がついたら、レベルアップして外履きを購入するというイメージで、歩行の様子を観察しましょう。

赤ちゃんの足のサイズの測り方


赤ちゃんの足のサイズは、専用の測定器(フットメジャー)を使用して測ります。

測定器はプラスチック製や紙製の簡易なものが、ネットで約500円~1,000円程度で販売されています。

家庭で簡単に計測できるのがメリットです。

また、ショッピングセンターやデパートなどの、子ども靴売り場の店舗で測定する方法もあります。

測定時に店員の手を借りたい場合や、その場で複数の靴を試着できるのがメリットです。

子どもの足のサイズは、数ヶ月という短期間でも成長するため、定期的に測定することをおすすめします。

測定器を使用する場合は、かかとをピタっとくっつけて、足の指先の一番長いところを目安に計測しましょう。

ファーストシューズの選び方

ファーストシューズを選ぶときの、ポイントをみていきましょう。

1:足にフィットする

赤ちゃんの足にしっかりフィットすることがポイントです。

赤ちゃんの足の形には、個性があります。

赤ちゃんの皮膚は薄く柔らかく固い靴だと傷つくことがあるので、やわらかい素材の靴がよいでしょう。

2:つま先に反りがある

靴全体の形をみたときに、つま先に軽く反りがあることがポイントです。

これは、歩きやすさに加え、つまずきを防止する効果もあります。

一歩一歩踏みしめている歩きはじめだからこそ、大人が思いもよらない小さな坂や地面の凸凹で転ぶこともあるのです。

つま先にそりがあるかをチェックしましょう。

3:ソールにクッション性がある

ソールにクッション性があるかを、触って確認しましょう。

歩きなれていない赤ちゃんの足の裏はやわらかいため、ソールが硬めだと赤ちゃんの足に負担がかかります。

適度なクッション性があることで、赤ちゃんの足の負担を軽減します。

クッション性をみるときは、靴の中側・外側の両方から触ってみましょう。

靴の中に手を入れて、床につけて押して確認するのもおすすめです。

4:通気性がよい

通気性のよい素材がおすすめです。

赤ちゃんは新陳代謝がよく、足の裏にも汗をかきます。

また、身体が温まると熱もこもるため、靴の中を衛生的に保つためにも、通気性の優れた靴を選びましょう。

5:履かせやすい

大人が履かせやすいことも大切なポイントです。

靴を履くのに時間がかかると、大人も子どもも「靴を履くのは大変なことだ」というイメージがつくことがあります。

「面ファスナーで靴が大きく開く」「素材が柔らかくよくのびる」など、子どもと一緒に店で試着してみることも大切です。

6:プラス5mm大きいサイズの靴を選ぶ

子どもの靴を選ぶときは、実際の足の大きさよりも5mm程度大きめサイズの靴を選びましょう。

子どもは歩くときに、足の指を動かしたり、踏みしめるように力を入れるからです。

靴の中が窮屈だと、足と靴が擦れて傷になる可能性があります。

また、サイズが合わず歩きにくさがあると、転倒の原因にもなるでしょう。

プラス5mmの余裕をみて靴を選ぶことで、歩きやすい靴をみつけられますよ。

おすすめのファーストシューズ8選

ここでは、先輩ママたちから口コミ評価が高い話題の商品をまとめます。

低価格の商品からスポーツブランド・有名ブランドの靴まで、人気の高いファーストシューズを紹介します。

誕生日プレゼントやお祝いに考えている方も必見です。

1:ミキハウス ファーストベビーシューズ

引用:mikihouse

価格 6,685円(税抜き)
サイズ 11cm〜13.5cm
カラー 赤・紺・インディゴブルー

子ども用品で人気のミキハウスで定番のファーストシューズです。

さまざまな工夫が施されている中でも、フレックスソール設計により、赤ちゃんが歩く際に足に沿って曲がるようにできているところがポイントでしょう。

幅広い世代から認知度が高いブランドなので、1歳のお誕生日に義母・義妹などからの贈り物にいただいたというママも声もあります。

2:西松屋 チケット付無地ファーストシューズ

引用:西松屋公式通販サイトWowma

価格 665円(税抜き)
サイズ 11.5cm〜12.5cm
カラー ベージュ・グレイ

赤ちゃんの靴選びは、短期間でサイズの変化が大きいため、「サイズが安定してくるまで値段が安めの商品で過ごしたい」というママにピッタリでしょう。

使用頻度を考えると、安価な商品も人気です。

部屋用のシューズなので、靴慣れのために試しに購入したら、次段階へとスムーズに外歩きができたという感想もあります。

綿素材で軽くて歩きやすい靴です。

3:UGG Australia BEXBEE

引用:ugg

価格 6,171円(税抜き)
サイズ 9.0cm〜12.5cm
カラー ピンク・白・グレイ

ファッション性の高さが人気の、UGGのベビーシューズです。

靴底のすべり止めにシリコンを使用しています。

はじめて歩行が、秋~冬と寒い時期に使用する場合におすすめです。

柔らかいテリー素材で赤ちゃんの足を優しく温かく包みます。

4:Babyfeet ベビーフィート

引用:babyfeet

価格 2,100円(税抜き)
サイズ 11.5cm〜12.5cm
カラー 全19柄

生体力学に基づいて作られた、安全に形成されたルームシューズです。

室内用として靴下感覚で履けます。保護力がある滑らない材質なので、使いやすいという口コミもあります。

靴を嫌がる赤ちゃんの、靴慣らしに最適でしょう。

デザインも多く、19種類から好きな柄が選べます。

靴底がラバーなので簡易の外用靴としても使用できるでしょう。

5:NewBlance ファーストシューズKL574

サイズ 11.0cm〜12.0cm
カラー グレー・ピンク

男性にも人気のスポーツメーカーニューバランスの574シリーズをベースにして、足に優しく馴染むスエードの布地を使用した室内履きです。

フィット性が抜群で、簡易な外出もできます。

ニューバランスは、キッズの靴として子育て経験者から支持されています。

パパと息子・娘のおそろいコーデにすると、オシャレ度も増すことでしょう。

専用ボックスをつけて、ギフトにしてもと喜ばれます。

6:アシックス ファブレ

引用:asics

価格 5,832円(税抜き)
サイズ 11.5cm〜13.5cm
カラー ホワイト

軽くてやわらかいマイクロファイバー人工皮革を使用しており、肌に触れる部分は低刺激で水親和性も高いメディエル素材です。

つまずきにくさの研究から生まれた形で、全体にさまざまな工夫が施されています。

高さが少しあるハイカット風のデザインもおしゃれです。

つま先の丸い巻き上げ、底全体の丸いエッジなど、赤ちゃんの歩行の研究を重ねた結晶ともいえます

「歩きやすさが抜群だと感じる」「サイズアウトしても再購入」などと、ママ友の間でも話題のようです。

7:ファミリア ファーストシューズ

引用:familia

価格 5,142円(税抜き)
サイズ 11.5cm〜12.5cm
カラー ブルー・アイボリー・ピンク

軽くてソフトな室内履きとして活躍する赤ちゃん靴です。

デパートブランドで信頼性の高いファミリアの商品なので、お祝いとして贈っても喜ばれるでしょう。

「あんよができるようになる前から、足のサイズに合った靴を履かせて慣れさせることが大切」だと考えてつくられたシューズです。

ベビードレスなどの服と合わせやすいので、特別なとき用のシューズとしても使えるでしょう。

室内の玩具で足を傷つけないように保護する意味でも、室内履きはひとつ持っていると重宝します。

足裏のすべり止めが外側についていることで、まだ安定しない赤ちゃんが外側に倒れこむのを防止できるでしょう。

ネームに練りこまれた銀のプラスイオンに抗菌作用があるので、足元を清潔に保ちます。

8:アディダス ベビースタンスミスクリブ

引用:adidas

価格 5,040円(税抜き)
サイズ 9.0cm〜12.0cm
カラー グリーン・レッド

大人にも人気の、アディダススタンスミスのベビーシューズです。

紐がゴムになっていて履かせやすいなど、ベビー用の靴ならではの工夫も人気の理由でしょう。

夫婦と子どもでおそろいコーデもできるため、オシャレなママからの評判が高いです。

お気に入りのファーストシューズをみつけよう

赤ちゃんが、はじめて外で歩くという大切な記念イベントのために、お子様にピッタリのファーストシューズを探すことは、親としての楽しみのひとつでしょう。

赤ちゃんがスムーズに歩行できるように、選び方や注意点を参考にして、お気に入りのファーストシューズをみつけてくださいね。

アンケートに答える

子育てに関する情報で参考にしているのは?

読み込み中 ... 読み込み中 ...