モンテッソーリ教育の幼稚園はどうなの?特徴や教育内容は?

子どもの幼稚園や保育園を探すときに「モンテッソーリ教育」という言葉を聞いたことがある保護者の方は、多いのではないでしょうか。

世界で活躍している方が受けていた教育方法として、話題となったモンテッソーリ教育は、日本でも一部の幼稚園や保育園で取り入れられています。

モンテッソーリ教育の内容をよく知らないと「よくわからないから心配」「難しそう」という印象を受けることもあるようです。
実際はどうなのでしょうか。

モンテッソーリ教育とはどのような教育なのかや、幼稚園や保育園でどのようなことをしているのかを、じっくりみていきましょう。

今回はモンテッソーリ教育の特色や、教育内容について詳しく紹介します。

モンテッソーリ教育とは

モンテッソーリ教育の幼稚園はどうなの?特徴や教育内容は?

モンテッソーリ教育とは、子どもの発達を見つめ「自主性を伸ばす」教育方法です。

子どもには、自分を育てる力が備わっている「自己教育力」という考え方が根本にあります。

はじまりは、イタリア初の女性医師であり教育者でもある、マリア・モンテッソーリ (1870-1952)によって考案されました。

もともとは、ローマで知的障がい児の教育のために開発していた教育内容を、貧困層の健常児のための施設「子どもの家」で活用し、作り上げた教育法です。

その後、一般に広まり、現在は140ヶ国以上の国で取り入れられ、世界中で支持されています。

日本でも、1960年代からモンテッソーリ教育を行う幼稚園や保育園が増え始めました。

100年以上の長い期間、世界で支持されているモンテッソーリ教育は、現代の大脳生理学・心理学・教育学の面からも評価を得ています。

モンテ系の4つの特徴

モンテッソーリ教育の幼稚園はどうなの?特徴や教育内容は?

モンテ系の園では、子どもが自分でやりたいことを見つけ、進んで行える環境を整える4つの特徴があります。

  • 自分でお仕事を選べる
  • 集中して取り組める環境
  • 異年齢性の縦割りクラス構成
  • 自主性を援助する教師

順番にみていきましょう。

1:自分でお仕事を選べる

モンテッソーリ教育では、独自の教材道具を使った子どもの活動を「お仕事」といいます。

この「お仕事」と呼ばれる活動が、モンテッソーリ教育の大きな特徴です。

保育時間中の1時間半〜3時間程度、モンテッソーリ教育ならではの教材道具を使って、自由遊びをするお仕事の時間があります。

子どもはなにをはじめるにも、まず「選ぶ」ことが大切です。

自分がなにをやりたいか、どの教材道具で遊びたいかを考えて選ぶことが、自主性を養う第一歩になります。

また選ぶ行為は、物事を捉える視野を広げることにも繋がるのです。

2:集中して取り組める環境

モンテ系の園では、子どもが集中してお仕事に取り組めるよう、環境が整えられています。

お仕事の内容に応じた環境整備がされていることで、やりたいことを思う存分取り組めるのです。

環境が整えられていることは、子どもの自己教育力を発揮することに繋がります。

3:異年齢性の縦割りクラス構成

子どもは大人からだけではなく、子ども同士の関わりの中で多くのことを学びます。

縦割教育では、年下の子は年上の子をお手本として学び、年上の子は年下の子のお手伝いやアドバイスをすることから、学びを深めるのです。

縦割クラスのなかで、年上の子は自信や思いやりを育み、説明することで学び、年上という自覚から意欲的に物事に取り組むようになります。

また、年下の子は観察力や自立心が養われ、自分が年上になったときには、やってもらったことを年下の子にできるようになるのです。

4:自主性を援助する教師

先生方は、子どもたちをよく観察し、ひとりひとりに合った援助を行います。

すぐに手助けをするのではなく、子どもが最後まで自分の力でやり遂げるように援助するので、手を出しすぎることはありません。

先生に見てもらえているという安心感のなかで、子どもに適した援助があることが、自己教育力を伸ばすことに繋がります。

5つのお仕事

モンテッソーリ教育の幼稚園はどうなの?特徴や教育内容は?

モンテッソーリ教育のお仕事は、5つの分野に分かれています。

1:日常生活の練習

はさみで紙を切る、陶器やガラスのコップにお茶を注ぐ、アイロンをかける、洗濯をするなど、日常生活の能力を鍛えます

日常生活の練習で使う道具は、子どもが使いやすいサイズになっていますが、おもちゃではなく本物です。

本物を使って学んだ経験を、実生活に活用できるので、子どものやる気が引き出されます。

また、日常生活の中で自分でできることが増えると「自立心」が芽生え、主体性の育成に繋がるのです。

2:感覚教育

感覚教育で使われている教具は、ピンクタワー・長さの棒・茶色い階段・色つき円錐・積み木・音感ベルなどがあります。

3〜6歳は感覚の「敏感期」と呼ばれており、さまざまなことに興味を持ち、吸収することができる大切な時期です。

敏感期に使う感覚教具は「対にする」「段階づける」「分類する」という頭を使う操作が含まれており、観察力や発想力、思考力を養えます。

観察力や発想力、思考力を養うことは、主体性を身につけるための大切な基盤になるのです。

3:算数教育

算数教育は、感覚教具からの継続として、教具が用意されています。

最初から、いきなり算数を学ぶのではなく、知っていることから次の段階に繋がるのでスムーズに吸収できるのです。

算数教育に使う教具は、数字と玉・切手・ラッキーパズル・1,000個のビーズからなる立方体などがあります。

これらの教具を、目で見て手で触って考えることで、数の基本概念を学び、暗算など抽象的な学習に繋がっていきます。

4:言語教育

言語教育は、語彙を豊富にすることから始まり、文法までに至ります。

具体的な内容は、絵カード・単語並べ・名前を書く、文を書き写すなどです。

聞く・話す・読む・書くなど、子どもが興味を持った時期に、発達段階や子どものレベルに応じて身につけられるよう、工夫が施されています。

5:文化教育

文化教育は、算数教育と言語教育以外の、子どもに関心があるものを教える幅広い分野です。

植物や動物・地理・歴史・音楽・美術など子どもの興味に合わせたお仕事をします。

具体的には、動植物の観察・植物や生き物の飼育・色つき地球儀・楽器・リズム体操・塗り絵などです。

これらの文化教育は、命の大切さを知り、思いやりの心を育てることを目的としています。

どんな子に育つ?

モンテッソーリ教育の幼稚園はどうなの?特徴や教育内容は?

自分のペースを自覚し、やりたいことが行えるようになった子どもは「正常化された」と表現します。

モンテッソーリ教育を受け、正常化された子どもは3つの特徴を持つようになるのです。

  1. 自分で物事を考え、実行することができる
  2. 何事にも集中して取り組み、最後までやりとげる
  3. 人の長所を見つけ褒めることがうまい

上記の3つの特徴は、社会に出てからも自分の強みになります。

実際、モンテッソーリ教育を受けた著名人は数多く、世界をリードする存在として知られています。

モンテッソーリ教育を受けていた方には、下記のような有名人がいます。

  • Google創業者:ラリー・ペイジとセルゲイ・ブリン
  • Amazon創業者:ジェフ・ベゾス
  • Facebook創業者:マーク・ザッカーバーグ
  • Wikipedia創設者:ジミー・ウェールズ
  • アメリカ元大統領:バラク・オバマ

日本人では、プロ将棋棋士として活躍している藤井聡太さんも、モンテッソーリ教育を受けています。

3つのデメリット

モンテッソーリ教育の幼稚園はどうなの?特徴や教育内容は?

モンテッソーリ教育は利点ばかりではなくデメリットもあります。

1:協調性が欠ける

個性を伸ばし、自主性を引き出す教育を受けるので、周囲に合わせることがうまくできないこともあります。

2:集団行動が苦手

子どもの自由を尊重する反面、集団で行うことが苦手になることもあるようです。

3:子供らしさが減る

自立心を養い、自主性を伸ばすことで人間としての基盤ができるため、落ち着いた性格になります。

そのため、大人しめ・大人びていると感じることもあります。

3つのデメリットは一斉教育と違い、モンテッソーリ教育が「自由」や「自主性」を尊重することから生まれるのです。

どうすればいい?

3つのデメリットに対処するためには、まずはデメリットを家族で把握しておきましょう。

どのような教育法も、良いことばかりではなくデメリットがあります。

「こういうところは家族で補おう」という視点で、幼稚園や保育園と家庭教育でのバランスをとることが大切です。

4つのメリット

モンテッソーリ教育の幼稚園はどうなの?特徴や教育内容は?

モンテッソーリ教育は大きく4つのメリットがあります。

1:個性が伸びる

子どものやりたいことが自由に思う存分できるので、気持ちにゆとりができ、自然と個性が伸びます。

2:自主性・積極性が養われる

無理強いされることなく、自分でやりたいことを選び行うことで、自発的に物事に取り組めるようになります。

3:集中力が鍛えられる

希望に沿ってやりたいことができる、邪魔が入らない環境があることで、集中力が鍛えられます。

4:情緒が安定する

満足いくまで物事に取り組み、達成感を得ることで、精神が成長し落ち着きが生まれます。

この4つのメリットは、子どもの今後の人生において、大きな強みになるでしょう。

評判はどう?批判はある?

モンテッソーリ教育の幼稚園はどうなの?特徴や教育内容は?日本でのモンテッソーリ教育の評判はどうなのでしょうか。

実際に口コミを見てみましょう。

良い評判

モンテッソーリ教育を実施している保育施設に、子どもを預けている保護者からの口コミを見てみましょう。

子どもの個性を十分に発揮できる環境で、自主性を育める利点を実感されている親御さんもいるようです。

また子どもの教育方針が、家庭と合っていることを、良かった点としてあげられています。

悪い評判

では、悪い評判はどのような内容があるのでしょうか。

モンテッソーリ教育は、日本では幼児を対象に実施されているので、幼児教育や早期教育と思われがちですが、0〜24歳を対象とした教育法です。

幼児期だけ取り入れることを推奨しない意見や、人によって向き不向きがあるといったマイナス面の声も聞かれます。

意見

そのほかには、どのような意見があるでしょうか。

教育内容を保護者がしっかりと把握しておく必要があるという見解や、教育法よりも預ける園との相性や人間関係が重要だという意見があります。

モンテッソーリ教育を実施している保育施設を選ぶポイント3つ

モンテッソーリ教育の幼稚園はどうなの?特徴や教育内容は?

子どもにとって、はじめて家族以外の人と生活をする場所となる幼稚園や保育園は、わが子に合う場所を見つけてあげたいものです。

モンテ系の園を選ぶポイントは、3つあります。

  • 子どもの個性を知ること
  • 家族の生活に合うか
  • 実際に見学してみる

順番にみていきましょう。

1:子どもの個性を知ること

モンテッソーリ教育は、個性を伸ばす教育法ですが、その内容は子どもによって向き不向きがあるようです。

どのような教育が向いていそうか、普段の家での遊びや公園遊びなどの様子から夫婦で考えましょう。

園で生活をしてみるまでわからない部分もありますが、自宅でモンテッソーリ教育に取り組んでみるのも、個性を知るひとつの手です。

モンテッソーリ教育が、子どもに向いているかを知ることは、幼稚園を選ぶポイントになります。

2:家族の生活に合うか

送迎や兄弟・お弁当の有無・費用・仕事のことなどの生活状況や、夫婦間の教育観などを家庭内で相談して選びましょう。

モンテ系の園が、家から遠く送迎が負担になることもあるようです。

家族の生活スタイルに合うかも、判断の基準になります。

3:実際に見学する

モンテッソーリ教育は、カトリック系の園で取り入れられていることが多いです。

園によってカリキュラムが異なる部分があるので、電話で問い合わせて、実施状況について聞いてみたり、見学しましょう。

なかには、日にちを決めて見学会を開催している幼稚園や保育園もあるようです。

園内の雰囲気や、実際の子ども達の様子を見学することで、調べるだけではわからない部分が見えてきます。

モンテ園は子どもの教育方針とあえば◎

モンテッソーリ教育の幼稚園はどうなの?特徴や教育内容は?

今回は、モンテッソーリ教育とは何かについて詳しくお伝えしました。

近さや便利さも保育施設を選ぶ選択肢の一つですが、長い目でみると教育内容も子どもの人間性を養う上で大切です。

親子にとって、どのような園で過ごすのがよいか考える機会になればと思います。

笑顔で過ごせる楽しい幼稚園・保育園生活になるといいですね。