ベビーゲートのおすすめ10選!賃貸は?代用できる?選び方のコツ

毎日家事に育児に、主婦は忙しい日々が続きます。
我が子に付きっきりになる訳にはいきません。

しかし目を離したときに、不慮の事故があっては大変です。

我が子の安全のために、部屋にベビーゲートを設置してみませんか。

ベビーゲートにはいろんな種類がありますが、そのなかでも、おすすめの商品を紹介します。

ベビーゲートとは?

ベビーゲートは階段や浴室など、赤ちゃんにとって危険な場所、入ってほしくないところに設置します。

ロック機能、自動開閉など、赤ちゃんが自分で開けない工夫がされているのがベビーゲートです。

ベビーゲートの他にベビーフェンスがある

ベビーゲートとベビーフェンスの違いは、ドアの有無です。

ベビーフェンスはドアがないので、誤開閉を防げます。

大人がまたげる高さの商品が多いので、ドアを開け閉めする手間を省きたいときは、ベビーフェンスもおすすめです。

しかし高さが低いフェンスが多いので、赤ちゃんがつかまり立ちしやすく、歩くのに慣れてくると、自分でゲートを超えてしまうかもしれません。

長く、安全に使いたいのであれば、ベビーゲートがよいでしょう。

ベビーゲートにはどんな種類があるの?

ベビーゲートを設置するときに、お住まいや環境によって設置方法が変わります。

固定方法によってさまざまな種類があるので、環境別におすすめの設置方法や、メリットとデメリットを紹介します。

突っ張り式タイプ

ベビーゲートの上下部分の棒やねじを、壁や柱に突っ張らせて固定するタイプです。

メリット

  • ドア付きが多く、赤ちゃんが容易に出られない
  • 突っ張り棒が届く範囲ならどこでも使用可能。微調節もできる

デメリット

  • 最大調節幅に近い場所に設置すると、強度が下がる
  • 広い範囲での設置ができない
  • ねじで補強するタイプは壁に穴が開く

据え置きタイプ

置くだけで設置できるタイプのベビーゲートです。

壁や柱を傷つけたくない場合や、賃貸でお住まいの方におすすめです。

メリット

  • 場所にこだわらず、どこにでも置ける
  • 設置方法も置くだけなので簡単
  • 壁を傷つけない

デメリット

  • ドアがないものが多いため、またぐ必要がある
  • 慣れてくると赤ちゃんが抜け出せる

ロール式タイプ

カーテンのようにネットで区切る、ロール式タイプのベビーゲートです。

使わないときは、ネット部分を巻いて収納できるので閉塞感を感じられません。

メリット

  • ネットが軽くやわらかいため、怪我の心配がない
  • 使わないときは、巻き上げて収納できるので開放感がある

デメリット

  • 赤ちゃんが抜け出しやすい
  • ねじで固定するタイプが多いため、壁や柱に穴が開く

おすすめのベビーゲート10選

家の中に危険な場所は、たくさんあります。

階段状・キッチン・玄関などに、赤ちゃんが入ると思わぬ事故を起こす可能性があるのです。

不慮の事故を未然に防ぎましょう。

おすすめのベビーゲートを紹介します。

階段上:安心・しっかり設計のベビーゲート

突っ張り式やねじ固定式のベビーゲートは、階段の幅に合わせて設置でき、倒れる心配が少ないのでおすすめです。

また、ドア付きやロック機能があるものを選ぶと、赤ちゃん誤って開けたりすることを防げます。

【Richell】階段の上でも使える木のバリアフリーゲート

リッチェル Richell 階段の上でも使える木のバリアフリーゲート

リッチェル Richell 階段の上でも使える木のバリアフリーゲート

16,002円(11/23 11:27時点)
Amazonの情報を掲載しています
取付幅 74〜114cm
高さ 82.5cm
タイプ ねじ固定式
メーカー リッチェル

足元に段差がないので、つまづくことがありません。

階段側にドアが開かない設計なので、転落の心配がなく安全です。

【日本育児】ベビーゲート スマートゲイトII プラス

取付幅 69~93cm
高さ 91cm
タイプ ねじ固定式
メーカー 日本育児

片開きドアなので、階段側に開かないように設置すれば、転落の心配がありません。

Wロック機能・ロックカバー付きなので、子どもが開けにくい設計になっています。

【ALLAIBB】ベビーゲート

取付幅 61~70cm
高さ 78cm
タイプ 突っ張り式
メーカー ALLAIBB

シンプルなデザインですが、Wロック機能がついているので子どもが開けにくい設計です。

取付幅のバリエーションが多いので、自宅に合ったサイズが選べます。

廊下・階段下:突っ張り式ベビーゲートがおすすめ

突っ張り式は、壁や柱を傷つけることがありません。

軽い商品が多く、設置も簡単です。

【日本育児】ベビーゲイト ホワイト

取付幅 73~90cm
高さ 76.5cm
タイプ 突っ張りタイプ
メーカー 日本育児

シンプルなカラーで、インテリアに馴染みやすいでしょう。

スチール製なので軽く、片手で簡単にロックができます。
値段もお手頃です。

【日本育児】スマートゲイト II

取付幅 67~91cm
高さ 91cm
タイプ 突っ張り式
メーカー 日本育児

前後どちらにも、開閉できるタイプなので使いやすいでしょう。
開けた後は自動で閉まります。

ロック機能が強固なので、赤ちゃんが誤って開けるのを防ぎます。

【エンドー】オートクローズ ゲート ラブリーベビーズ2

取付幅 71~98cm
高さ 91cm
タイプ 突っ張り式
メーカー エンドー

オートロック・オートクローズ機能付きのベビーゲートです。

お手入れも水拭きで簡単設計になっています。

キッチン・玄関:据え置きタイプがおすすめ

スペースが広い場所には、据え置き式のベビーゲートがおすすめです。

両手に荷物があるときに、跨げる高さのゲートだとドアを開閉する手間が省けます。

ジョイント機能や、折りたたみ式のデザインもあり、自由に拡張したり収納できるのが特徴です。

【日本育児】おくだけとおせんぼ ブラウン

取付幅 77~95cm
高さ 60cm
タイプ 据え置きタイプ
メーカー 日本育児

置くだけで、簡単に設置ができます。

折りたたみ式なので、収納も簡単です。

メッシュ素材なので、柔らかく赤ちゃんを傷つけません。

【日本育児】キッズパーテーション

取付幅 本体83cm、ジョイント26cm
高さ 61cm
タイプ 据え置きタイプ
メーカー 日本育児

カラーバリエーションが豊富で、遊び心があります。

ジョイントできるのでゲート同士を囲んで、キッズスペースとしても使用できます。

【Sweetdecor】ハースゲート

取付幅 全体310cm、シングル65cm
高さ 75cm
タイプ 据え置きタイプ
メーカー Sweetdecor

組み合わせが自由なので、自宅の部屋や使い方に合わせたレイアウトができます。

子どもには難しく、大人は簡単にロックの解除ができます。

【日本育児】おくだけとおせんぼ Sサイズ

取付幅 80~120cm
高さ 70cm
タイプ 据え置きタイプ
メーカー 日本育児

軽量なので持ち運びに便利です。

両開きタイプなので、どちらからでも開閉でき、つまずきにくい設計になっています。

賃貸住宅や分譲マンションで使えるのは?

賃貸住宅や分譲マンションで主に使用するなら、壁に穴を開けないタイプを選びましょう。

玄関や廊下、幅が届くところなら突っ張り式が安定します。

ベランダやリビングは範囲が広いので、据え置き式がおすすめです。

とくにベランダは、赤ちゃんが落ちたり、窓の鍵を誤ってかけられて、室内に入れなくなるトラブルを防ぐためにも、ベビーゲートの使用をおすすめします。

ベビーゲートはレンタルが安い?

赤ちゃんのうちは大いに活躍してくれるベビーゲートですが、使用期間が短いと買うのがもったいなかったり、処理が面倒と二の足を踏むことがあります。

そんな方は、レンタルがおすすめです。

借りているうちはレンタル料がかかりますが、購入費用よりも安く、使わなくなったら返却できる点が最大のメリットといえます。

たくさんのレンタルショップサイトがありますが、種類が豊富、保証や安全性があるサイトを紹介いたします。

ナイスベビー

  • レンタルカタログの請求が無料でできる
  • レンタルから購入に切り替えられる
  • 切り替えたときはお得に購入できる
  • 安心サポート付き
  • レンタル料が8,001円以上で送料無料

Babyrenta

  • 中古販売、中古買取もできる
  • 割引きクーポンもある

かしてネット

  • ダスキンが運営しているので会社への安心感がある
  • 全国に店舗があり、来店にて受け取りの場合レンタル料金のみで利用できる

ベビーゲートをうまく活用して赤ちゃんの安全を守りましょう

日常に危険はつきものです。
普段から安全に気を使っていても、予想外の行動で、思わぬ事故につながることはあり得ます。

そのようなことにならないために、未然に防ぐことが大切です。

また、ベビーゲートを赤ちゃんの月齢が小さいうちから設置しておくことにより、「ここは入ってはいけないんだな」と認識できます。

多種多様なベビーゲートがあるので、ご家庭に合ったものをうまく活用し、ご家族の安全を守りましょう。

今、あなたにオススメ

アンケートに答える

【ベビーカーをお持ちの方限定】いくらでご購入されましたか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...