認可保育園と認可外保育園の違いって?知っておきたいことまとめ

「そろそろ保活を始めないと…」と考え始めると、気になるのが認可保育所と認可外保育所の違いではないでしょうか。

また、認可外は危なそう・質が悪そう…といった先入観がある人もいるかもしれません。

今回は、認可保育所と認可外保育所の違いや、認可外保育所のメリット・デメリット、保育所選びのポイントを紹介します。

そもそも保育所・保育園とは?

保育所で遊ぶ子供
保育所とは、保護者が働いている・病気などの理由で、家庭で保育できない子どもを預かる施設のことです。

名前が「〇〇保育園」となっていることも多いですが、法律上、正式には「保育所」です。

幼稚園との違いはなに?

保育所と幼稚園では、目的や役割が異なります。

幼稚園は「満3歳から小学校就学までの幼児に教育をおこなう学校」で、保育所は「保育に欠ける(家庭で保育できない)乳幼児を保育する児童福祉施設」です。

保育所と幼稚園の違い
保育園 幼稚園
目的 日々保護者の委託を受けて、保育に欠けるその乳児または幼児を保育すること 幼児を保育し、適当な環境を与えて、その心身の発達を助長すること
根拠法令 児童福祉法 学校教育法
保育時間 4時間を標準として各園で定める 8時間を原則とし、保育所長が定める
運営費 設置者が負担する 運営に要する経費のうち,保護者からの徴収金を除く額の1/2を国が、1/4を都道府県が、残り1/4を市町村が負担する
給食 園による 基本的に必要
先生の資格 幼稚園教諭普通免許状 保育士資格証明書

ただ、最近では保育所ごと・幼稚園ごとに、特色のある教育をおこなっているところが多く、両方の機能を併せ持った「認定こども園」も増えています。

参照:
文部科学省「いわゆる『幼稚園と保育所の一元化』について」

認定こども園について

認可保育所と認可外保育所の違いはなに?

疑問を抱く夫婦

保育所のなかでも、国の定める基準を満たした施設を認可保育所、満たしていない施設を認可外保育所といいます。

認可基準は以下のようなものです。

定員 60人以上
開所時間 1日11時間
保育時間 原則1日8時間
屋外遊戯室(園庭) 2歳以上児1人あたり3.3平方メートル以上
保育士 0歳児・おおむね3人につき1人以上
1、2歳児・おおむね6人につき1人以上
3歳児・おおむね20人につき1人以上
4歳以上・おおむね30人につき1人以上

認可外保育所は、「無認可保育所」と呼ばれることもあります。

認可保育所と認可外保育所の違いは、国が定めた認可基準を満たしているか、いないかです。

参考:参照:保育所設置認可等の基準に関する指針(PDF)

認可保育所にも種類がある

認可保育所にも、いくつか種類があります。

それぞれの特徴をみてきましょう。

認可保育所

国の定める基準を満たした児童福祉施設です。

都道府県や区市町村の経営する公営保育所と、それ以外の私営保育所があります。

小規模認可保育所

0歳から3歳未満が対象で、定員が6人以上19人以下という少人数の認可保育所です。

夜間認可保育所

夜間や深夜まで保育をおこなう保育所のことをいいます。

開所時間はおおよそ22時までで、乳幼児が仮眠できるスペースの設置が義務付けられている点が特徴です。

認可外保育所は危険なの?

悩んでいる女性
認可外=国の目が届かない危険な保育所、というわけではありません。

6人以上の子どもを保育する施設は、必ず都道府県に届け出る決まりがあり、勝手に開設することはできません。

区市町村によっては、さらに厳しく、保育する乳幼児の数が1名以上の施設すべてに届け出義務を課しているところもあります。

また、都道府県知事は、いつでも認可外保育所に立ち入り、保育所が安全に運営されているか調査することができます。

認可外保育所だからといって、危険・質が悪いというわけではないのです。

参照:大阪市「認可外保育施設について」、東京都福祉保健局「認可外保育施設の立入調査について/(PDF)」

認可・認可外保育所のメリット・デメリット

保育士さんと園児
認可保育所にも認可外保育所にも、それぞれメリットデメリットがあります。

家庭の状況を踏まえて、認可外保育所にするか、認可保育所にするか選択しましょう。

認可保育所のメリット

認可保育所のメリットは、保育料が比較的安いことです。

年間の保育料は自治体や収入によって変わってきますが、認可外保育所より安いことが多いため、保育料を抑えたい方におすすめです。

また、保育士の数・保育室や園庭の広さなどが決まっているので、安心感があります。

認可保育所のデメリット

認可保育所のデメリットは、入所までのハードルの高さです。

子どもを認可保育所に預けたいと思うパパ・ママが多いため、競争率が高く、仕事をしている方なら「就労証明書」、病気療養中なら「診断書」などの提出が必要になります。

自治体にもよりますが、離職中や求職中のママは「優先度が低い」と判断されることも多いため、希望する保育所に入れないこともあります。

認可外保育所のメリット

認可外保育所のメリットは、家庭の事情に関わらず入所できることです。

「集団生活に慣れさせたい」「ママに自由な時間が欲しい」などの理由でも、入所を申し込むことができます。

就労証明なども必要ないため、手続きも楽です。

また、時間外保育が充実していることが多いのも、働くママ・仕事を探したいママに嬉しい点です。

認可保育所にはない、英語絵画ダンスなどの教育内容をアピールポイントにしている認可外保育所もあります。

認可外保育所のデメリット

認可外保育所のデメリットは、認可保育所に比べて保育料が高めなことです。

とくに、充実した教育を売りにしている保育所ではその分費用がかかります。

また、保育士の数が少ない、保育室や園庭が狭いなど、保育の質に差があるのもデメリットです。

メリット デメリット
認可保育所
  • 保育料を抑えられる
  • 安定した保育が受けられる
  • 入所手続きが面倒
  • 競争率が高く入所が難しいこともある
認可外保育所
  • 家庭状況に関わらず入所できる
  • 入所手続きが楽
  • 時間外保育が充実しているところが多い
  • 特色のある教育を受けられることが多い
  • 保育料が高いことが多い
  • 保育の質にばらつきがある

認可保育所・認可外保育所、どっちが利用しやすい?

SNSいいねのマーク
認可保育園認可外保育園では、入所までの流れや利用方法も異なります。

それぞれの違いをまとめました。

認可保育園 認可外保育園
申し込み方法 市区町村などの役所に願書提出 保育所に直接願書提出
申し込み条件 仕事・介護・病気など、家庭で保育できない事情がある とくになし
保育料 私立、公立とも、世帯収入により決定 金額は保育所により異なる
保育時間 朝7時から夕方5時ごろまでが一般的
(保育所によっては延長保育サービスもある)
保育所により異なる

認可外保育所の保育料(利用料金)は保育所によって異なりますが、認可保育所より高額になることが多いようです。

ただ、自治体によっては、認可外保育所に入所中の子どもに対して、補助金が交付されることもあります。

認可外保育所を考えている場合はお住まいの地域の、辞したいHPを確認しましょう。

参照:京都府向日市「認可外保育所に入所中の乳幼児に対する補助金について」

保育所選びのポイントはここ!

ここがポイント
保育所を選ぶときは、実際に見学をさせてもらうのが一番です。

見学で確認しておきたいチェックポイントを紹介します。

【立地・開園時間は生活ペースに合う?】

  • 家から通える場所か、仕事をしている人は通勤時間も含めて送り迎えが間に合うか
  • 地域の保育所が難しい場合は、職場の近くで探すという手も

【快く見学させてくれる?】

  • お昼寝時間ではなく、遊び時間の様子を見学させてくれるか

【保育士の人数は?】

  • 認可外保育所は保育士(有資格者)の割合が少ないことがある
  • 有資格者=いい先生とは限らないが、知識・経験の豊富な先生が多いほうが安心

【子どもへの接し方は?】

  • 保育士(先生)の人数が少ないと、すべての子どもに目が届かないことがある
  • テレビを見せっぱなしにしている保育所は、人手が足りていない可能性が高い

【食事・おやつの食べさせ方は?】

  • 離乳食の進め方やおやつの与え方などが家庭の方針に合っているか
  • アレルギーに対応してくれるか

【防災対策・防犯はどうしている?】

  • 災害時の避難方法・避難経路は決まっているか
  • 避難訓練はおこなわれているか
  • 認可外保育園はビルの2階以上にある場合も多いので、とくに注意

【毎日の持ち物は?】

  • お昼寝布団やタオルを保育所で洗濯してくれると働くパパ・ママの負担が減る

【保護者会、サークル活動はある?

  • 保護者同士の交流になる一方、仕事をしているママにとっては負担になることも

教育方針が家庭の考え方と合わない場合は、納得のいく説明をしてくれるかも大切なポイントです。

口コミも参考にはなりますが、雰囲気が合う・合わないは実際に見てみないことにはわかりません。

ぜひ複数の保育所を見学しましょう。

認可保育所・認可外保育所、どっちがいいの?

保育園の風景
認可保育所がいいか、認可外保育所がいいかは、家庭の状況や利用目的によって変わってきます。

認可保育所がおすすめのケース

  • ママ、パパともに仕事をしている
  • 保育料の負担を抑えたい

認可外保育所がおすすめのケース

  • ママが現在仕事をしていない、または仕事をしている時間が短い
  • 休日や夜間にも子どもを預けなければならないことがある
  • 英語、芸術など、特色のある教育を受けさせたい

大切なのは「認可外保育所だから怖い」と決めつけず、自分の目や足で情報収集して、どんな保育所か判断することです。

記事のなかのチェックポイントを参考に、納得のいく保育所を選んでくださいね。

今、あなたにオススメ

アンケートに答える

【ベビーカーをお持ちの方限定】ベビーカーはどこで購入されましたか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...