ストローマグはいつから使う?お手入れ簡単・漏れないオススメ10選

哺乳瓶からコップへの移行期間に活躍するストローマグ。
マグカップにストローがついていて、赤ちゃんの水分補給に欠かせないアイテムです。

いろいろな商品が出ていますが、赤ちゃんが使いやすく、お手入れが簡単なものを選びたいですよね。

ここでは、使用期間や選ぶときのポイント、オススメ商品について紹介しています。

ストローマグはいつから?


ストローマグは、マグカップにストローがセットされています。
倒しても中身がこぼれず、まだコップを上手に使えない赤ちゃんの水分補給に活躍するアイテムです。

赤ちゃんがおすわりできるようになったら、哺乳瓶の卒業を考え始めるママが多いようですが、いつから使うのか、とくに決まりはありません。

離乳食が始まる生後6ヶ月くらいからストローマグを使い始めるおうちもあります。

この時期の赤ちゃんは、まだマグをしっかりともつことが難しいので、ママがマグを持ってストローを口にあてましょう。

ストローで吸い込むのも難しいので、ストローが短いものや、押すと少量の液体が口に入るタイプのマグカップを使うと便利です。

おすわりがしっかりできて、マグを自分でしっかりつかめるようになるのは、だいたい生後8〜9ヶ月くらいでしょうか。

この頃になると、離乳食を自分で食べたがる子も多くなります。
持ち手つきのマグなら、自分でマグをもって飲む練習もできるでしょう。
そのタイミングでストローマグを使い始めるのもオススメです。

選ぶときの5つのポイント


赤ちゃん用ストローマグは、さまざまな種類があるので、どれを選べばいいか迷ってしまうママも多いのではないでしょうか?

ここでは、ストローマグを選ぶときのポイントを紹介しましたので、購入するときの参考にしてくださいね。

1:洗いやすさ

ストローマグは、赤ちゃんが使うものなので、衛生面は気になるでしょう。
洗いやすさは、選ぶときに外せないポイントです。

マグの中まできちんと洗えるかをしっかりとチェックしましょう。

とくに、ミルクや牛乳を入れる場合は、しっかりと洗えないと、匂いが残ったり洗い残しがこびりつくので要注意です!

パーツがバラバラにわかれる方が洗いやすいでしょう。

2:もれにくいこと

お出かけ時に持ち歩くことも多いストローマグは、もれにくさも重要なチェックポイントです。

カバンの中でもれるのを避けるためにも、倒れてももれにくいストローマグを選びましょう。

フタは赤ちゃんが開けにくいくらいの固さがオススメです。

3:容量

赤ちゃんにとっては、マグカップを持ち上げるのも最初は難しいものです。
はじめは200mlくらいの容量で軽量のストローマグを選ぶとよいでしょう。

1歳をすぎる頃には飲む量も増え、ハンドルをしっかりつかめるようになります。
このくらいの時期であれば、250ml以上の容量があると便利でしょう。

4:ハンドルの有無

赤ちゃんは、最初はしっかりマグカップを両手でつかめません。
そんなときに便利なのが、ハンドルつきのストローマグです。

ハンドルつきで上手に飲めるようになったら、ハンドルなしのストローマグに移行するとよいでしょう。

ただしハンドルつきは、持ち運ぶ場合、カバンの中で場所をとってしまうというデメリットがあります。

  • おうち用はハンドルつき
  • 持ち運び用は、ハンドルのないもの

このように上手に使い分けているママもいます。

商品によっては、持ち手が取り外せるタイプもあります。

5:プラスチックか真空マグか?

ストローマグの素材には、大きく分けて、プラスチックで保冷機能のないものと、真空マグで保冷機能がついているものの2種類があります。

保冷機能がついていれば、夏に長時間のお出かけをしても、飲み物が生ぬるくなりません。

ただし保冷機能つきタイプは、そうれないものに比べて重いというデメリットもあります。

オススメストローマグ10選


月齢の低い赤ちゃん向けから、1歳以降に使いたいもの、持ち運びに便利なもの、月齢に合わせてアレンジできるものなど、さまざまなストローマグがあります。

ここでは、とくにオススメの商品をピックアップしてみました。

子どもが好きそうなキャラクターのイラスト入りやスタイリッシュなデザイン、名入れができるタイプもあり、ご自宅用にはもちろん、親戚や友だちの出産祝いにもぴったりです。

ママがサポートしながら使える! リッチェル:アクリア コップでマグ ストロータイプ

リッチェル Richell アクリア コップでマグ ストロータイプ ピンク

リッチェル Richell アクリア コップでマグ ストロータイプ ピンク

1,045円(11/19 07:59時点)
Amazonの情報を掲載しています

形状 ハンドルつき
容量 190ml
対象月齢 6ヶ月以降
素材 フタ、ストロー、飲み口/シリコーンゴム
カップ/ポリプロピレン
消毒方法 煮沸、電子レンジ、薬液消毒(一部を除く)

ハンドルがついて持ちやすい形のかわいいマグは、6ヶ月からストローの練習ができます。
フタについている「PUSH」ボタンを押すとストローから飲み物が出てくる仕組みです。

上手に吸えるようになるまでは、このボタンを使って、ママが飲み物をお口に入れるサポートができます。

フタはシリコンゴムなので密封性が高く、飲み物がもれません。

フタを外すとコップとして使えます。
6ヶ月から2~3歳までの長い間、成長に合わせてステップアップして使えるのはうれしいですね。

いつもポケモンと一緒に リッチェル:マイファーストポケモンおでかけストローマグ

リッチェル Richell マイ ファースト ポケモン おでかけストローマグ 320

リッチェル Richell マイ ファースト ポケモン おでかけストローマグ 320

1,566円(11/19 07:59時点)
Amazonの情報を掲載しています

形状 ハンドルつき
容量 380ml
対象月齢 7ヶ月頃から
素材 飽和ポリエステル樹脂、シリコーンゴム、ポリプロピレン
消毒方法 煮沸、電子レンジ、薬液消毒(一部を除く)

子どもに大人気のポケモンがデザインされた、かわいいストローマグです。

中身が見える容量多めのクリアボトルは、トライタン(飽和ポリエステル樹脂)という新素材を使っています。
軽くて丈夫、ガラスのような透明感が特徴です。

飲む量が増えてきたら、このくらい大きめのストローマグが活躍します。
赤ちゃんが上手にボトルをつかめるようになったら、ハンドルを取り外すことも可能です。

スライド式のフタがついてる ピジョン:マグマグストローカップ

形状 ハンドルつき
容量 200ml
対象月齢 8ヶ月頃から
素材 カップ/ポリプロピレン、TPE
ハンドル、フタ/ポリプロピレン
飲み口、パッキン/シリコーンゴム
ストロー/ポリエチレン
消毒方法 煮沸、電子レンジ、薬液消毒(ストローは薬液消毒のみ)

8ヶ月くらいの赤ちゃんが持ちやすい、ストレートハンドルがついたストローマグだから、ストローはじめのトレーニングにオススメです。

スライドオープンタイプで、しっかり閉めてもれを防止します。

パーツが少なく、シンプルな構造なので洗いやすいのもママにはうれしいところでしょう。

柔らかな素材で、底部が滑りにくくなっています。

ハンドルが折りたためる ピジョン:ぷちストローボトル

形状 ハンドルつき
容量 150ml
対象月齢 9ヶ月以降
素材 パッキン、ストロー、飲み口/シリコーンゴム
ボトル、ハンドル、ストローフード、キャップ/ポリプロピレン
消毒方法 煮沸、電子レンジ、薬液消毒

ハンドル部分が回転式で折りたためるので、かばんの中でもかさばらず、お出かけに便利なストローマグです。

ストローは、赤ちゃんにやさしいやわらかいタイプ。

開閉が簡単なストローフードがついており、衛生的にも安心で、飲み物がバッグの中でもれるのを防ぎます。

外出時にも、おうちでも、活躍してくれるでしょう。

イエロー、ピンク、ブルーとカラーもそろっているので、お好きな色を選べます。

赤ちゃんの成長を科学したナナメハンドル コンビテテオ:マグストローバルーンNeo

コンビ テテオ teteo マグストロー バルーン Neo

コンビ テテオ teteo マグストロー バルーン Neo

999円(11/19 07:59時点)
Amazonの情報を掲載しています

形状 ハンドルつき
容量 300ml
対象月齢 9ヶ月頃から
素材 シリコーンゴム、ポリプロピレン
消毒方法 煮沸、電子レンジ、薬液消毒

多機能で使いやすさにこだわったテテオの離乳シリーズのなかでも、マグストローバルーンNeoは、つかまり立ちができる9ヶ月頃からがオススメです。

赤ちゃんの口と手の発育を考慮したつくりが特徴で、ハンドルがナナメにつけられているので赤ちゃんでもつかみやすく、飲みやすくなっています。

簡単に開閉できて、ピタッとしまってもれにくい「ラクピタ構造」に加え、ストラップもついていて、お出かけにも便利です。

サイズが選べる サーモス:ベビーストローマグ

形状 ハンドルつき
容量 250ml/350ml
対象月齢 9ヶ月頃から
素材 ストロー、飲み口、パッキン/シリコーン
ボトル、フタ、キャップ、ハンドル/ポリプロピレン
消毒方法 薬液消毒

取り外し可能なハンドルがついた、冷たい飲み物専用のベビーストローマグです。

ワンタッチで開けられます。
フタをカチッと閉めれば、かばんに入れてももれません。

サイズは250mlと350mlの2種類あり、おうちでは小さい方、お出かけには大きい方というように、使い分けるのもいいですね。

冷たい飲み物専用なので、暑い時期に活躍します。

夏にオススメ保冷機能つき サーモス:まほうびんのベビーストローマグ

形状 ハンドルつき
容量 200ml
対象月齢 8ヶ月頃から
素材 内びん/ステンレス銅
胴部/ステンレス銅(アクリル樹脂塗装)
フタ、キャップ、ハンドル/ポリプロピレン
ストロー、飲み口、パッキン、そこカバー/シリコーン
ストロー/ポリエチレン
消毒方法 本体は丸洗いのみ。ストロー、キャップは薬液消毒可能。

ステンレス製の魔法瓶だから、飲み物の冷たさを長時間キープできます。
暑い夏の日のお出かけに重宝するストローマグです。

カチッと閉まるキャップでもれを防止。
魔法瓶だから、冷たい飲み物を入れても表面がぬれて、かばんの中身をぬらす心配もありません。

交換用ストローがついてくるのもうれしいところでしょう。

保冷効力は約6時間です。

ストローからコップへの移行期まで使える サーモス:真空断熱ベビーストローマグ

形状 ハンドルなし
容量 290ml
対象月齢 9ヶ月頃から
素材 内びん/ステンレス銅
胴部/ステンレス銅(アクリル樹脂塗装)
フタ、キャップ、ストロー/ポリプロピレン
飲み口、パッキン、バルブ/シリコーン
ボディグリップ/シリコーン、ポリプロピレン
消毒方法 本体は丸洗いのみ。ストロー、キャップは薬液消毒可能。

保冷専用のステンレス製の魔法瓶がストローマグに!
ハンドルはついていませんが、シリコーン製のボディグリップつきなので、赤ちゃんでもつかみやすくなっています。

飲み物を冷たく保つので、夏の暑い時期にオススメです。

ストローからコップへの移行期には、飲み口を付け替えることも可能。
トレーニング用マグ飲み口が別売されています。

飲み口が替えられるので、長期間使える保冷マグです。

お手持ちのマグがストローマグに変身 ビタットマグ

Bitatto ビタットマグ ピンク

Bitatto ビタットマグ ピンク

Amazonの情報を掲載しています

形状 フタ部分のみ
対象月齢 8ヶ月頃から
素材 シリコーンゴム
消毒方法 煮沸、電子レンジ、薬液消毒

ビタットマグを装着するだけで、普通のコップがストローマグに変身するアイデア商品です。

シリコーンゴム製で伸びる素材なので、口径が7〜10cmのコップに使えます。

ストローは、直径7mm以下のものをさして使いましょう。

洗いやすく、消毒も簡単です。
ただし、噛んだりひっかいたりすると破れることもあるので優しく扱いましょう。

外出時に、場所を取らずに携帯できるので便利です。

番外編:お出かけ時にストローマグを忘れたら 100均のストローマグ

さまざまなメーカーのストローマグを紹介しましたが、100均でもストローマグが入手できます。

外出時、うっかりストローマグを忘れてしまったというときは、100均をのぞいでみましょう。

セリアではストローマグ、ダイソーではストローカップを販売しています。

お手頃価格である分、倒すと中身が少しもれたり、洗うときに分解できずに手間がかかったりはしますが、一時的な使用には便利です。

ストローマグはいつまで使う?


コップでこぼさずに飲めるようになる頃が、ストローマグ卒業時期です。

2歳までにはコップが使えるようになる赤ちゃんが多いようですが、個人差があるので、とくにいつまでと決まっている訳ではありません。

いつまで使うかは子ども次第といえるでしょう。
「家ではコップ、お出かけはストローマグ」と、移行期には上手に使い分ける方法もあります。

ただ、2歳をすぎると飲む量も格段に増えるため、容量の大きい水筒に切り替えるママが多いようです。

お気に入りのストローマグで赤ちゃんの成長をサポート!


ストローマグの選び方のポイントとオススメのストローマグを紹介しましたが、お気に入りのものは見つかりましたか?

ストローマグを使う時期は、「いつからいつまで」とはっきりと決められているわけではありません。

赤ちゃんの哺乳瓶からコップへの移行期にストローマグを使うママが多いようです。

形状や容量などさまざまなタイプのストローマグが販売されていますので、赤ちゃんの月齢や成長、好みに合わせて選んでください。

今、あなたにオススメ

アンケートに答える

居住形態を教えてください。

読み込み中 ... 読み込み中 ...