お宮参り、父親の服装は?定番のスーツやネクタイの選び方を紹介!

赤ちゃんの生後1ヶ月ごろに、お宮参りという行事があります。

赤ちゃんの誕生を感謝し、これからの成長を願う大切なお祝いの席に、パパはどんな服装で参列すればよいでしょうか。

この記事では、パパのふさわしい服装について紹介します。

スーツを着るべきか、カジュアルな普段着でもよいのか、迷っているパパ必見です。

お宮参りについて、詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

パパはどんな服装をすればよい?

昔は赤ちゃんに正装の祝い着を着せるのが一般的だったため、父親も正装である黒紋付きの袴を着ました。

しかし、現代では和服で参列するママや祖母の姿は見かけても、袴姿のパパはなかなかいません。

赤ちゃんやママの体調を考えて、着心地のよい楽な洋服で参列する人が増えており、家族とのバランスをとってパパはスーツで参列するのが一般的です。

赤ちゃんの服装を基準に考えよう

参列者は赤ちゃんの服装を基準にして自分たちの服装を考えます。

基本的には、赤ちゃんと同格か格を下げ、両親は格を揃えましょう。

赤ちゃんが和装・洋装の場合で、それぞれ合わせる服装を紹介します。

赤ちゃんが和装(白羽二重+祝い着)

赤ちゃんが和装の場合、パパとママはなにを着ればよいでしょうか。

赤ちゃんと同格

  • パパ:ブラックスーツ、一つ紋か三つ紋の羽織と着物、袴
  • ママ:色留袖や訪問着、紋付の羽織など

赤ちゃんより格下

  • パパ:フォーマルスーツ、ビジネススーツ
  • ママ:スーツ、ワンピース

赤ちゃんが和装の場合、両親は和装でも洋装でも構いません。

赤ちゃんが洋装(ベビードレス・セレモニードレス)

赤ちゃんが洋装の場合、パパとママはどんな服装がふさわしいでしょうか。

赤ちゃんと同格

  • パパ:フォーマルスーツ、ビジネススーツ
  • ママ:スーツ、ワンピース

赤ちゃんより格下

  • パパ:ジャケットとスラックス
  • ママ:ワンピース

赤ちゃんが洋装なのに両親が和装を着ると、赤ちゃんより格上となるため避けましょう。

主役は赤ちゃんであることを忘れないでください。


お宮参りにふさわしいパパの服装

現代のお宮参りで一般的なパパの服装はスーツですが、たくさん種類があるなかで、どのような物を選ぶべきでしょうか。

ブラックフォーマルスーツ

現代のお宮参りにおいて、パパの正装は礼服です。

礼服の中でも略礼服であるブラックのフォーマルスーツが、正装といえるでしょう。

黒いスーツはすべて正式なフォーマル用であると思いがちですが、ブラックフォーマルスーツと普通の黒いスーツは違います。

ビジネス用などの黒いスーツは、礼服と比較すると黒の色が非常に薄く見えるため、違いがわかるでしょう。

ブラックフォーマルスーツはお宮参り以外にも、結婚式などいろいろな場面で活用できます。

もしお宮参りのスーツ選びに迷ったら、ブラックフォーマルスーツがオススメです。

ビジネススーツ(ダークカラー)

礼服はなかなか持っていなくても、普段仕事で着ているビジネススーツなら、持っているパパが多いのではないでしょうか。

最近では、ダークカラーのビジネススーツでお宮参りに参列するパパも増えています。

ダークカラーであればマナーから外れませんが、なるべく黒に近い色を選びましょう。

たとえば、同じグレーでも黒より白に近いグレーはお宮参りにふさわしくありません。

ストライプなどの模様が入ったスーツもありますが、なるべく無地か、柄入りでもあまり目立たないものにしましょう。

季節によるスーツの着こなし

お宮参りの時期に合わせたスーツの選び方と着用アドバイスをそれぞれ紹介します。

季節別スーツの選び方

スーツは生地の厚さや素材の違いにより、夏用・冬用・オールシーズン用の3つのタイプに分かれます。

  • 夏用:軽く涼しい
  • 冬用:暖かく保温性が高い
  • オールシーズン用:どの季節にも対応可能

涼しいのは夏用、暖かいのは冬用ですが、これから子どもの行事で着る機会も増えるので、新調するならどの季節でも活用できるオールシーズン用がオススメです。

手持ちのスーツが夏用あるいは冬用で、お宮参りの時期と合わない場合、マナー違反にはならないのでわざわざスーツを新調する必要はありません。

夏・冬の着用アドバイス

夏の暑い時期はワイシャツで参列したいパパもいるでしょう。

お宮参りの儀式の際中や写真撮影の際にはスーツを着用していたほうがよいですね。

移動中や行事が終わったあとならワイシャツで過ごしても大丈夫でしょう。

冬は多くの人がスーツの上にコートなどの上着を羽織りますが、神様にお参りするときだけは脱いでください。

神社の関係者から「上着を着てもよい」といわれた場合はその指示に従うようにしましょう。

オススメのスーツ3選

参考までに、お宮参りにオススメのスーツを紹介します。

【JOURNAL WORKS】シングルフォーマルスーツ

引用:AOKI

価格(税抜き) 23,000円

季節問わず着用可能なオールシーズンタイプのフォーマルスーツです。

ブラック加工が施されており、黒さが引き立ちます。

スリムなシルエットですが、伸縮性のある生地を使用しているため着やすいでしょう。

【ORIHICA】2WAYストレッチスーツ

引用:ORIHICA

価格(税抜き) 28,000円

ミディアムグレーのビジネスでもカジュアルでも着まわせるスーツです。

高い防シワ性で、長時間移動するような外出時にもシワが気になりません。

高い伸縮性を持ち、快適な着用感があります。

【スーツレンタル.com】サマースーツ

引用:スーツレンタル.com

価格(税抜き) 4,444円(3泊4日/2018年12月編集部調べ)

普段スーツを着ないパパにオススメなのがレンタルです。

こちらはサマースーツなので、夏のお宮参りにちょうどよいでしょう。

プラス1,000円で、スーツ上下・靴・ワイシャツ・ネクタイ・アームバンド・サスペンダー・ベルト・靴下の8点フルセットをレンタルできます。

細かい備品をそろえる必要がないので、とても助かる商品でしょう。

スーツに合わせるネクタイやシャツは?

父親の服装は、ブラックフォーマルスーツかダークカラーのビジネススーツが一般的です。

では、スーツの下に着用するシャツネクタイを選ぶ際はどのような点に注意すればよいでしょうか。

シャツ

ブラックフォーマルスーツでも、ダークカラーのビジネススーツでも、下には白のワイシャツを着用します。

カラーシャツ柄が入ったシャツはカジュアルすぎる印象になるため、お宮参りの席では避けたほうがよいでしょう。

ネクタイ

ネクタイの色は選んだ服装によって異なります。

  • ブラックフォーマルスーツ:ホワイト系、シルバー系
  • ビジネススーツ:お祝い事に合う明るめの色

ブラックフォーマルスーツの場合は、結婚式で着用するようなホワイト系・シルバー系のネクタイを合わせます。

ビジネススーツの場合は、ホワイト系・シルバー系にこだわらず、お祝い事に合う明るめの色にしましょう。

淡いブルーやピンクのネクタイを合わせるのも、オシャレなパパを演出できます。

色と同じように気になるのが、柄入りのネクタイです。

お宮参りではブラックフォーマルスーツでもビジネススーツでも、柄入りのネクタイを合わせてOK。

小さめの柄やストライプ柄がお祝いの席にふさわしいでしょう。

いっぽうで、お宮参りで絶対に選んではいけないのが黒のネクタイです。

黒のネクタイは弔事の際に使用するので、お宮参りのようなお祝いの席にはふさわしくありません。

柄が入っているタイプだとしても、黒のネクタイである以上厳禁なので気をつけてください。

スーツに合う靴はどう選ぶ?

お宮参りでは足元にも気を配る必要があります。

靴下

まず靴下ですが、ブラックフォーマルスーツでもビジネススーツでも、色は黒でなければいけません。

裾から足首の肌が出ないように、丈が長めのタイプを選びましょう。

靴も同じくでそろえ、茶色などほかの色は避けてください。

  • ブラックフォーマルスーツ:黒色の内羽根式(うちばねしき)か外羽根式(そとばねしき)の革靴
  • ビジネススーツ:黒色のビジネスシューズ

ブラックフォーマルスーツに合わせる靴は、黒色で内羽根式の革靴がもっとも品がよいといわれています。

内羽根式とは、靴紐を外したときに羽根の部分が全開になる靴のことです。

しかし、礼服のなかでもブラックフォーマルスーツは略礼服なので、外羽根式(そとばねしき)でも問題ありません。

ビジネススーツの場合、黒色ならビジネスシューズを合わせてもよいでしょう。

注意が必要なのは、黒のローファー紐のない靴です。

お宮参りの際には、ローファーやカジュアルな印象を与える紐のない黒靴は避けてください。

履くのが楽なローファーですが、「怠け者」という意味があるためお宮参りにはふさわしくありません。

スーツを持っていないパパはどうする?

普段着で仕事をしているパパだと、スーツを持っていない人もいるでしょう。

スーツを1着持っていればなにかと便利ですが、買いに行く時間がなかったり、なかなか着る機会がないのに購入するのは気が進まないかもしれません。

スーツを持っていないパパたちは、

  • 紺色のスラックスに白いシャツ、落ち着いた色のジャケットを羽織る
  • 黒のパンツに白のシャツ

など、カジュアルになりすぎないよう工夫しつつ、私服で参列する人もいるようです。

襟つきのシャツダークカラーのパンツを選ぶと、私服でも落ち着いた印象になるでしょう。

多くのパパがスーツで参列することを考え、浮かない格好を意識して服装を選んでください。

家族で統一感を出そう

お宮参りのパパの服装でもっとも大切なのは夫婦のバランスです。

ママがカジュアルなワンピースなのにパパがフォーマルスーツ、またはママが着物なのにパパが私服など、釣り合いがとれていないと悪目立ちします。

夫婦のどちらかがもういっぽうに合わせるようにすると、バランスがとりやすいでしょう。

また、一緒に参列する祖父母が着物を着る場合、統一感がない装いを嫌う人もいるので、両家で事前に打ち合わせをしておくと安心です。

アンケートに答える

【ベビーカーをお持ちの方限定】ベビーカーはどこで購入されましたか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...