沐浴剤は必要?ベビーソープとどっちがいい?選び方とおすすめ10選!

沐浴とは、新生児のうちにベビーバスで身体を洗うことをいいます。

生まれたばかりの赤ちゃんをお風呂に入れるのは、とても気を使います。

沐浴剤は、お湯に混ぜるだけで身体の汚れを落とせる便利なアイテムです。

沐浴剤って使ったほうがいいの?」「ベビーソープじゃだめ?
沐浴剤の選び方のポイントと、オススメ商品を紹介します。

沐浴剤は本当に必要なの?

沐浴剤は、赤ちゃんの身体が滑らず、洗い流す必要もないので沐浴がラクになります。

はじめての沐浴では心配なこともあるでしょう。
片手で赤ちゃんを支え、もう片方で洗うのは、慣れないうちは大変な作業かもしれません。

沐浴剤ベビーバスの中に入れるだけで、赤ちゃんの身体を洗えるアイテムです。

石鹸を使うと、泡で身体が滑りやすくなります。
いっぽうで沐浴剤は泡立ちがなく、お湯につけたガーゼで、身体を拭ったらそのまま上がるだけです。

沐浴剤のおすすめポイント

  • 泡立てる手間いらず
  • すすぎ・上がり湯不要

沐浴剤の選び方

どんな沐浴剤を選べばいいのでしょうか。
沐浴剤を選ぶポイントをまとめました。

ポイント1:肌にやさしい成分を選ぶ

赤ちゃんの肌は繊細なので、刺激にならない肌にやさしん成分が入っている沐浴剤を選びましょう。

肌に優しい成分を選ぶポイント

  • 低刺激
  • 無添加

沐浴剤を買うときは、表示をよく読んでください。

ポイント2:保湿力で選ぶ

保湿力は大切なポイントです。
乾燥すると肌がかさついたり、湿疹ができたりします。

肌のうるおいをキープする、保湿成分が配合されているものを選びましょう。

ポイント3:テクスチャーで選ぶ

沐浴剤のテクスチャーにも、いろいろな種類があります。

リキッドタイプ

沐浴剤で一番多いのが、リキッドタイプでしょう。
お湯に溶かしやすく、使いやすいので人気があります。

タブレット

いちいち容量を測るのが面倒というママには、タブレットの沐浴剤がオススメです。

タブレットは錠剤なのでポンと入れるだけで、手も汚れずラクチンです。

ママが使いやすい、テクスチャーを選んでくださいね。

オススメの沐浴剤10選!

口コミレビューでも人気の、オススメ沐浴剤を厳選して紹介します。
沐浴剤を選ぶ際の参考にしてくださいね。

1.ベビーバーユマドンナ沐浴剤

ベビーバーユマドンナ沐浴剤 500ml

ベビーバーユマドンナ沐浴剤 500ml

1,155円(10/17 15:49時点)
Amazonの情報を掲載しています
内容量 500ml

無着色・無香料・パラベンフリーの無添加にこだわった、乳液タイプの沐浴剤です。

生まれたばかりの赤ちゃんから使える、肌にやさしい成分が配合されています。

主な配合成分は、天然馬油・天然ももの葉エキス・天然ビワの葉エキス・オーガニックパルマローザ油など、すべて天然由来成分なので安心です。

2.アイクレオベビーベイジングリキッド

アイクレオ ベビー ベイジングリキッド 400ml

アイクレオ ベビー ベイジングリキッド 400ml

2,394円(10/17 10:15時点)
Amazonの情報を掲載しています
内容量 400ml

粉ミルクブランド「アイクレオ」の、ベビースキンケアラインの沐浴剤です。

胎内で赤ちゃんを包んでいるクリーム状の脂質「胎脂」は、水分の保持力と持続力に優れています。

その「胎脂」に着目して開発されたベビーベイジングリキッドは、洗いながらしっかり赤ちゃんの肌を保湿し、うるおいを保つのが特徴です。

低刺激性で目にもしみくく、弱酸性なので赤ちゃんの肌にもやさしいでしょう。

3.スキナベーブ沐浴剤

スキナベーブ 500mL (医薬部外品)

スキナベーブ 500mL (医薬部外品)

1,599円(10/17 10:15時点)
Amazonの情報を掲載しています
内容量 500ml

スキナベーブは、1970年に発売されて以来愛されている、ベストセラーの沐浴剤です。
低刺激性で赤ちゃんの肌を守り、乾燥やあせもを防ぎます。

油分が控えめなのですべりにくく、短時間でスムーズに沐浴できるでしょう。

4.薬用ソフレ ベビーバスエッセンス

引用:BATHCLIN

価格(税抜き) オープン価格
内容量 本体500ml・詰め替え用400ml

新生児の沐浴・拭き取り・入浴とオールマイティに使える、乳液のような沐浴剤です。

乳幼児のあせもや乾燥による、湿疹の予防にもなるでしょう。

主なうるおい成分は、べにふうき茶エキス・オーガニックホホバオイル・甘草エキス・天然ビタミンE・ラベンダー油など天然由来成分です。

低刺激性・弱酸性・無香料・アルコールフリーで赤ちゃんの繊細な肌にも安心です。

5.アトピタ薬用保湿入浴剤

アトピタ 薬用入浴剤 ボトルタイプ

アトピタ 薬用入浴剤 ボトルタイプ

968円(10/17 07:28時点)
Amazonの情報を掲載しています
内容量 本体500g・詰め替え用400g

アトピタは、赤ちゃんのお肌の保湿を重視した、ベビー用薬用入浴剤です。
お肌の水分・油分不足を補い、肌トラブルを鎮めます。

主なうるおい成分としては、ラノリン脂肪酸コレステリル・ヨモギエキスが使われています。

ラノリン脂肪酸コレステリル
おなかの中の赤ちゃんは羊水と胎脂によって守られています。
その胎脂の主成分が【ラノリン脂肪酸コレステリル】で、抱水力に優れているのが特長です。

無香料・パラベンフリーなのも安心できますね。

6.ピジョンベビー沐浴料

ピジョン ベビー沐浴料 500ml (0ヵ月~)

ピジョン ベビー沐浴料 500ml (0ヵ月~)

1,000円(10/17 07:28時点)
Amazonの情報を掲載しています
内容量 500ml

赤ちゃんの胎脂に近いといわれる、ピジョンベビーリピッドという保湿成分が配合されています。
(ピジョンベビーリピッド:イソステアリン酸コレステリル+セラミド2)

オレンジのほのかな匂いで、お風呂に慣れていない赤ちゃんもリラックスできるでしょう。

弱酸性・無着色・低刺激・パラベンフリーと、赤ちゃんにうれしい商品です。

7.ヴェレダカレンドラベビーバスミルク

内容量 200ml

古代エジプトより肌荒れ予防に使用されてきたとされる、キク科の植物「カレンドラ(トウキンセンカ)」が配合された沐浴剤です。

保湿・保護・肌荒れ防止効果に優れ、赤ちゃんの肌をやさしくうるおします。
カレンドラのやさしい香りにも癒されそうです。

8.ナインフリーしっとり続く赤ちゃん用沐浴剤

引用:omni7

価格(税抜き) 1,556円(メーカー希望価格)
内容量 400ml

「ナインフリー」は、アカチャンホンポのオリジナル沐浴剤です。

「赤ちゃんのデリケートなお肌だからこそ、保湿力にこだわりたい!」というコンセプトで、界面活性剤を使用せず、保湿成分のみで洗い上げます。

保湿成分には、コメ胚芽油・グリチルリチン酸ジカリウムが含まれています。

グリチルリチン酸ジカリウム
漢方の原料としても知られる甘草の根に含まれる成分で、炎症をおさえ肌荒れ予防が期待できます。

9.ベビタブ赤ちゃん無添加沐浴剤

内容量 12錠・45錠・100錠

「ベビタブ」は、タブレットタイプの沐浴剤です。

塩素除去して、肌バリアを壊さず乾燥から肌を守ります。
重炭酸イオンで、身体を芯からポカポカにあたため、湯冷めしにくい沐浴剤です。

産院でも使われている沐浴剤で、赤ちゃんだけでなく乾燥肌の子どもにも安心して使えます。

無着色・無香料・パラベンフリー・アルコールフリー・界面活性剤不使用なので、赤ちゃんのデリケートな肌にもやさしいですね。

10.ママプレマボディ洗浄料

ボディ洗浄料 ママプレマ(600g入り)

ボディ洗浄料 ママプレマ(600g入り)

3,080円(10/17 15:49時点)
Amazonの情報を掲載しています
内容量 600g

保温・保湿に優れた「ママプレマ」は、主成分は重曹炭酸塩でやさしく身体を洗える沐浴剤です。
入浴して身体が温まった頃に、やわらかい布で軽くぬぐうだけで汚れが落ちます。

「ママプレマ」に含まれる亜硫酸ナトリウムが、塩素を無害化することで、まろやかで肌にやさしいお湯になります。
赤ちゃんだけでなく、アトピーに悩む大人の方にもオススメです。

界面活性剤不使用な点もうれしいポイントでしょう。

沐浴剤の使い方のポイントは?

沐浴のやり方など、沐浴剤を上手に使うポイントをまとめました。

沐浴のやり方をレッスン!

沐浴剤を使った、基本的な沐浴のやり方を紹介しましょう。

沐浴に用意するもの

  • ベビーバス
  • 沐浴剤
  • 着替え
  • バスタオル
  • ガーゼ

沐浴に必要な道具がそろったら、湯冷めしないように、服を脱ぐ場所と沐浴する場所をあたためて、環境を整えましょう。

沐浴の手順は以下のとおりです。

  1. ベビーバスにお湯をためて(38~40度)、沐浴剤を溶かす
  2. 赤ちゃんをお湯につける
  3. お湯に浸したガーゼなどで、赤ちゃんの身体を丁寧に拭うように洗う
  4. 身体を上に向かせて、少し身体を温めてから上がらせる
  5. 湯冷めに気をつけながら、バスタオルで丁寧に身体を拭く
沐浴のコツその1:お湯につけるとき
赤ちゃんの身体にガーゼをかけて、ゆっくりと足からお湯につける

沐浴のコツその2:洗う順番

  1. 顔・頭を洗う
  2. 首・胸・お腹や手・股の順に、身体の前面を洗う
  3. ゆっくりと腹ばいにして、背中・おしりの身体の背面を洗う

沐浴についてさらに詳しく知りたいママ・パパは下記の記事を参考にしてくださいね。

沐浴剤はいつからいつまで使える?

沐浴するのは、生後1ヶ月くらいまでなので、沐浴剤を使うのは生後0~1ヶ月くらいです。

沐浴は新生児のうちだけなので、わざわざ沐浴剤を購入する必要はないという意見もあります。

沐浴剤を使いきれず余りそうというママもいますが、沐浴剤は肌にやさしいので、入浴剤としても使えます。
家族のお風呂で使えるので、ムダになることはないでしょう。

注意するポイント

デリケートな赤ちゃんにも使える肌にやさしい沐浴剤ですが、肌に合わない場合もあります。
アレルギーのある赤ちゃんは、配合成分をしっかり確認しましょう。

湿疹が出たり皮膚が赤くなったら、すぐに使用を中止し、医師に相談してください。

沐浴剤を代用できるものはある?

洗浄力にこだわるなら、ベビーソープやボディーソープがオススメです。

沐浴剤は石鹸などに比べると、洗浄力が弱いというデメリットがあります。
赤ちゃんは汗っかきなので、夏場は沐浴剤の洗浄力では物足りないと感じるかもしれません。

ベビーソープは、新生児の沐浴からお風呂デビューのあとも長く使えますし、洗浄力もあるのでオススメです。

新生児のバスタイムには沐浴剤がオススメ!

新生児にオススメの沐浴剤を紹介しました。

沐浴剤があれば、ベビーバスに入れるだけで身体の汚れもさっぱり落とせます!
すすぎや上がり湯も必要なく、手間も省けるのでオススメです。

はじめて赤ちゃんの沐浴をするママやパパも、手早くスムーズに沐浴できるでしょう。

今、あなたにオススメ

アンケートに答える

【6歳以下のお子様がいる方限定】ベビーカーを所有していますか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...