お七夜・命名式とは?お祝いの日の数え方やお祝いの方法まとめ

お七夜は、新しく家族の一員となった赤ちゃんの、はじめてのお祝い事です。
最初のプレゼントとして、赤ちゃんの名前をお七夜までに決める人も多いでしょう。

今回は、お七夜とはどのような行事なのか、お祝い日の数え方や準備すること、お祝いの方法を紹介します。

お七夜・命名式の由来は?

お七夜(おしちや)とは、健やかな成長を祈願し、土地神様や産神様、家族や親族などにお披露目・報告する日です。

日本の風習で、なんと平安時代からおこなわれていました。

昔は、赤ちゃんの生存率が低く、生まれてから無事1週間を迎えたことをお祝いしたのです。

一般的には、お七夜と一緒に、名前を披露する命名式もおこないます。

お祝い日の数え方は?

お七夜・命名式は、赤ちゃんが生まれた日を1日目として、7日目の夜におこないます。

現在の法律では、生後14日以内に出生届を提出する必要があるので、お七夜を目安に名前を決めてもよいでしょう。

一般的には、赤ちゃんが生まれた日が生後0日なので、生後6日目の夜にお祝いをします。

ちょうどママと赤ちゃんが退院するころなので、退院祝いも兼ねておこなうケースもあるでしょう。

しかし、ママの体調がすぐれなかったり、招待したい家族や親戚が遠方にいる場合、予定があわないこともあります。せっかくのお祝いごとなので、ムリをせず日程を調整して、後日お祝いをしてもよいでしょう。

命名書の準備

命名式では、命名書に赤ちゃんの名前を書いて、赤ちゃんの名前をお披露目します。
命名書は、どのように選び、どのように書けばよいでしょうか?

命名書は誰が書く?

お七夜は、もともと父方の実家が主催していました。
父方のお父さんが名付け親となり、名名書を書くケースが多かったようです。

しかし現代では、産後で体調が整っていない母子が父方の実家に出向くのは大変ですし、そもそも里帰り出産している場合は行けないでしょう。

命名も、夫婦で決める人が増えています。

そのためおじいちゃんではなく、パパが命名書を書くことが増えました。
字が上手だからママが書く、という場合もあるでしょう。

字を書くのが苦手という人には、代書付きの命名紙がオススメです。
プロが赤ちゃんの名前を丁寧に書いてくれます。

受け取るまでに数日かかる場合もあるので、お七夜までの日数を考えて早めに手配しましょう。

命名書はどこに、いつまで飾る?

命名書は、神棚や床の間、ベビーベッドや赤ちゃんの枕元など、よく見えるところに飾ります。

命名書を飾る期間にきまりはありません。
床上げのタイミングではずす家庭もあれば、お宮参りまでの間飾る家庭もあるようです。

命名書の書き方

命名書の書き方は、地域や家庭によってさまざまです。
ここでは、一般的な書き方を紹介します。

正式な命名書の書き方

  1. 奉書紙または半紙を横長に置いて、横に半分に折り、縦に三つ折りにする。
  2. 折り目を目安に文字を書く。

右側中央に大きな文字で「命名」
中央の右側上部に小さく「父親の名前と続柄」
中央に大きく「赤ちゃんの名前」
中央の左側に小さく「赤ちゃんの生年月日」
左側に「命名した日」(お七夜の日付)「名付け親の名前」

略式的な命名書の書き方

  1. 半紙の真ん中に「命名」と「赤ちゃんの名前」
  2. 右に「両親の名前と続柄」、左に「赤ちゃんの生年月日」

略式は堅苦しく考えず、自分たちが納得いくものを作成するとよいでしょう。

ダウンロードと色紙どっちがいい?

赤ちゃんが生まれてからの1週間は、バタバタと慌ただしく、うっかり命名書用の紙を用意し忘れてしまうこともあるでしょう。

パソコンがあれば、テンプレートをダウンロードして作成できます。

かわいいイラストや、おしゃれなものなど、好みに合ったものを選びましょう。

赤ちゃんの名前も、手書きにこだわらないのであれば、パソコンで印刷するのもオススメです。

そのほかに、命名セットや命名アルバムといった色紙タイプの命名書もあります。

名前だけではなく、赤ちゃんの手形・足型・写真・生まれたときの体重・身長などの記録も一緒に残せます。
色紙タイプには台紙がついているので、半紙と違い丈夫なのもメリットのひとつです。

お祝いの方法

お七夜は、家族や親族を自宅に招き、命名式をおこないます。
お祝い膳を囲み、盛大にお祝いするのが正式な方法です。

ただ、家庭の生活スタイルや状況に合わせて、夫婦だけで祝うケースも増えています。

どんな食事を用意すればいいの?

お祝い膳とは、おめでたい席で出すご馳走です。

赤飯のほかに、「めでたい」という意味から尾頭付きの鯛が振る舞われます。
それに合わせて、ハマグリのお吸い物や紅白麩、なます、お刺身などを用意するとよいでしょう。

しかし産後間もないママが、準備から片付けまでおこなうのは大変です。

お祝い膳のケータリングや出前もあるので、利用してもよいでしょう。
デパ地下のお弁当を利用する人もいるようです。

和食中心の料理が一般的ですが、出産を頑張ったママや招待する人の好みに合わせて、ピザやオードブルでお祝いする人もいます。

家族が、楽しくお祝いできるものを用意するとよいでしょう。

記念に残るものを!

赤ちゃんはあっという間に成長します。
生まれてすぐの赤ちゃんの記録として、写真や手形・足型をとって残すものよいでしょう。

手形・足型のとり方には、いろいろな方法があります。

絵の具やスタンプ台でインクをつけ、紙に押す方法のほかに、赤ちゃんの手足を汚さない透明なインクを使った専用キットや、粘土に形を残すものなども販売しています。

赤ちゃんが動くため、手を広げた状態で押すのは難しいものです。
手形・足型をとるときには、1人ではなく2人で協力したり、赤ちゃんが寝ているときにおこなうとよいでしょう。

それぞれの素敵なお七夜を!

お七夜は、誕生した赤ちゃんが、健やかに成長するのを祝うものです。
まずはママや赤ちゃんの体調を優先にして、ムリのないようにおこなうとよいでしょう。

日にちをずらして祝う人や、お宮参りと一緒に祝う人もいます。
たくさんの人数を招くのは準備が大変なので、両家の両親や夫婦だけでゆっくりとお祝いする人も多いです。

地域によっては、習慣が異なる場合もあるので、パパやママだけで決めるのではなく、それぞれの両親に確認することも大切ですね。

赤ちゃんやパパママが、楽しめるお七夜を迎えましょう。