新生児が快適に過ごせる室温は何度?季節ごとの目安はどれくらい?

赤ちゃんは、月齢が低いほど一日の大半を寝て過ごします。

「室温は何度くらいがベストなの?」「赤ちゃんが快適に感じる室温は?」と、赤ちゃんが過ごす環境について気になるママ・パパも多いでしょう。

今回は、赤ちゃんが快適に過ごせる室温や、季節ごとの温度調整のポイントをまとめました。

赤ちゃんにとって快適な室温は?

新生児が快適に過ごせる室温は何度?季節ごとの目安はどれくらい?
生後間もない赤ちゃんは、体温調整が上手にできません。

とくに寝ている時間が長い新生児期は、室温調整には気を配りたいものです。

季節ごとの目安は何度くらい?

季節ごとの室温の目安は、何度くらいなのでしょうか。

地域や天候、赤ちゃんの体調によっても変わりますが、平均的な室温・湿度の目安は次の通りです。

【室温の目安】

  • 春~梅雨:20~25度
  • 夏期:25~28度(外気温-4~5度くらい)
  • 秋~冬期:20度前後

【湿度の目安】

  • 40~60%

参考:目黒区保健所「赤ちゃんのための住まいの環境」、社会福祉法人陽光会「季節(夏・冬)に応じた乳児の室内環境と睡眠環境

季節ごとの室温調整のコツは?

赤ちゃんが快適に過ごすには、室温だけでなく空調管理もポイントです。

季節ごとの注意点をまとめました。

春~梅雨・秋

季節の変わり目で寒暖差が大きい春や秋は、エアコンでの温度調整だけではなく、布団の枚数や服装で調節するとよいでしょう。

体温に合わせて一定の温度に保てる、スリーパーを活用するのもオススメです。

スリーパーは通気性や保温性に優れており、より快適に過ごせるでしょう。

また、湿気多い梅雨カビやダニが発生しやすく、赤ちゃんがアレルギーや皮膚炎などの病気にかかりやすい時期です。

除湿器を使って適度な湿度を保ったり、換気をしっかりおこなって室内環境を整えましょう。

参考:目黒区保健所「赤ちゃんのための住まいの環境

夏期

夏場はさまざまなことが原因で、赤ちゃんが熱中症にかかる危険性が高まります。

  • 発汗しすぎて脱水状態になる
  • 直射日光を浴びる
  • 体温調節ができず、体内に熱がこもって熱射病になる

熱中症予防も含めて、夏場は次のポイントに気をつけましょう。

【夏場に気をつけること】

  • 直射日光を避ける:熱射病を発症しやすいため、窓辺で過ごさないようにする
  • 外との気温差を小さくする:気温差があると赤ちゃんが体調を崩しやすいので、室温の下げすぎはNG
  • エアコンの風が直接当たらないようにする:エアコンの風が直接あたると、身体が急激に冷えることがあるため、風向きを調整したり赤ちゃんが過ごす場所を工夫する
  • 適度な水分補給:赤ちゃん用のイオン飲料を飲んだり、適度な水分補給を心がけ、脱水や熱中症予防をする

参照:環境省「熱中症を防ぐためには」、目黒区保健所「赤ちゃんのための住まいの環境

冬期

室内が乾燥しがちな冬は、湿度管理も重要です。

空気が乾燥すると、鼻やのどを痛めやすく、ウイルスや細菌に感染しやすくなります。

風邪の原因にもなるので、冬場は湿度を70%くらいに保つのが理想でしょう。

また、体温調節を妨げる着ぶくれにも注意が必要です。

寒いからといって身体を温めすぎると、熱が逃げにくく脱水状態になったり、就寝中に突然亡くなる乳幼児突然死症候群(SIDS)につながる恐れもあります。

こまめに赤ちゃんの状態を確認しながら、見守りましょう。

参照:社会福祉法人陽光会「季節(夏・冬)に応じた乳児の室内環境と睡眠環境

大人の体感を基準にすると◎

赤ちゃんの体感は、大人とあまり変わりません。

ママやパパが快適に感じるかどうかを、目安にするとよいでしょう。

ただし、室温が同じでも、湿度によって体感温度は変わります。

夏場は湿度を下げると、発汗しやすくなり涼しく感じ、冬場は湿度を上げることで、発汗を抑えて身体を温める効果が期待できます。

エアコンの設定温度だけでなく湿度にも気を配り、季節に応じて適切に対処しましょう。

参照:一般社団法人環境情報科学センター「涼しいまちづくりデザインガイドブック」、社会福祉法人陽光会「季節(夏・冬)に応じた乳児の室内環境と睡眠環境

赤ちゃんが快適に過ごす室温調節のコツは?

新生児が快適に過ごせる室温は何度?季節ごとの目安はどれくらい?
室温を快適に保ち、赤ちゃんが過ごしやすくするコツをみていきましょう。

日常の観察ポイントをまとめました。

温・湿度計は赤ちゃんの目線の高さにおく

温・湿度計は赤ちゃんの目線の高さにセットして、計測するとよいでしょう。

温・湿度計は、設置場所によって温度が変わります。

また温・湿度計は、赤ちゃんが普段過ごすことが多いスペースから見える位置において、こまめにチェックしましょう。

窓辺は避ける

赤ちゃんが過ごす場所は、気温が変わりやすい窓辺は避けましょう。

窓辺は直射日光を浴びるだけでなく、冬場は外気との温度差で結露しやすく、ダニやカビが発生しやすい場所です。

乾燥対策で加湿器を使う方が多い冬場は、換気を多めにしてダニやカビの発生を抑えるとともに、赤ちゃんが過ごす場所選びも工夫しましょう。

参考:目黒区保健所「赤ちゃんのための住まいの環境

定期的に換気する

定期的に換気をして新鮮な空気を取り込むことも、赤ちゃんが快適に過ごすためのポイントです。

1日2~3回程度、1回1~2分程度を目安に換気してください。

エアコンを頻繁に使う時期は、見えない細菌やダニが溜まりやすいため、いつもより多めに2~3時間おきに換気をおこなうとよいでしょう。

赤ちゃんが過ごす場所だけでなく、お風呂場やトイレ・洗面所など、家全体の空気の導線を考え換気すると、より清潔な環境づくりができます。

参考:目黒区保健所「赤ちゃんのための住まいの環境

直接身体に触れて赤ちゃんの様子を観察する

さまざまな身体機能が未熟な赤ちゃんは、直接身体に触れて状態を観察することが大切です。

手足が温かくてもおなかや背中が冷えていたり、気づかないうちに汗をかいて脱水状態になっていることがあります。

数時間おきに、手足や首・足首・おなか・背中に直接触れて、異常がないか判断しましょう。

部屋を片づけてスッキリと

空間に物が多いとほこりが溜まりやすく、ダニやカビが発生しやすくなります。

ダニ・カビの発生を防ぐため、赤ちゃんが過ごす部屋には物を少なめに、こまめに掃除をして清潔に保ちましょう。

ダニやカビは、カーペットや畳にひそむ、フケやホコリをえさにして繁殖します。

ダニ・カビが繁殖すると、赤ちゃんがアレルギー性皮膚炎や気管支ぜん息を引き起こすかもしれません。

衣服やおしめ、おもちゃなど物が多くなりがちですが、収納場所を別室にするなど工夫するとよいでしょう。

扇風機を使って風を循環させる

冷房や暖房を使っても、高さや場所によって温度差が出ることがあるでしょう。

適温に保つコツとして、扇風機を使って部屋全体の空気を循環させることも挙げられます。

扇風機は夏場に使うイメージですが、冬場もぜひ活用してみてください。

上手に室温調整をして、快適にな眠りをサポートしましょう

新生児が快適に過ごせる室温は何度?季節ごとの目安はどれくらい?
最適な室温の目安や室温調節のポイントを、紹介してきました。

大人と違い、体温調整が苦手な赤ちゃんは、室温が体調や眠りに大きく影響します。

季節ごとにさまざまな対処法があり、ママやパパは大変ですが、成長とともに免疫力や体温調節も上手になるので、はじめのうちは丁寧に優しく見守りましょう。