漫画「兄妹喧嘩の対処法!親は結局○○するだけでいい!」(鈴木し乃)

「ケンカするほど仲がいい」とは言うものの、毎日のこととなると何かと心配になる兄妹喧嘩。

まとめて叱る?引き離す?仲裁する?試行錯誤の末、私がたどり着いた答え(対応は)これでした。

息子と娘はとても仲がいい。が、しかし…

漫画「兄妹喧嘩の対処法!親は結局○○するだけでいい!」(鈴木し乃)

イヤイヤ期と相まって、激しく感情を爆発させる娘とは反対に、いわゆる「駄々をこねる」という表現をほとんどしない息子。

それはそれで以前は「空気読んでる?」「我慢してる?」「無理してない?」と心配をしましたが、最近では「これは良くも悪くも“適当”」な彼の性格なんだと理解しています。

ユルっと受け流す息子の性格のおかげか、今のところあまり激しいケンカに発展したことはありません。

親ができること。

なので、ケンカの仲裁に入るような場面はあまりないのですが、些細なことでも(オモチャやママの取り合いなど)、揉めごとの際はそれぞれ膝に抱いて話を聞くようにしています。

気持ちを言葉にすることで、お互いの気持ちの整理ができればと…。

つまり兄妹喧嘩に関して、親としては「ハグ」「話を聞く」くらいしかすることがないとも言えます。

<おすすめの記事>