初節句は何をする?お祝いの仕方やお返しマナーについて解説!

季節の節目に、邪気を払う行事を「節句」といいます。

女の子は3月3日の桃の節句、男の子は5月5日の端午の節句に、生まれて初めて節句を迎えることから「初節句」といわれているのです。

今回は、初節句で何をするのか、準備やお祝いの仕方について詳しく紹介します。

ぜひ参考にして、素敵な初節句を迎えてください。

初節句とは?

初節句は何をする?お祝いの仕方やお返しマナーについて解説!

初節句とは、生まれて初めて「節句」を迎える日のことです。

邪気を払い、子どもの健やかな成長と、厄除けの願いをこめてお祝いをします。

節句は中国から日本へ伝わったもので、現在は年に5回あります。

1月7日:人日の節句(じんじつのせっく)
3月3日:上巳の節句(じょうしのせっく)
5月5日:端午の節句(たんごのせっく)
7月7日:七夕の節句(しちせきのせっく)
9月9日:重陽の節句(ちょうようのせっく)

1月以外はすべて奇数を組み合わせた日付です。

古来の中国では、奇数が重なっている日付を悪い日としていました。

そこで、悪い日である節句に厄払いをして、家族が健康で無事に過ごせるようにとお願いをするのです。

初節句のお祝いの仕方は?

節句は「節供(季節のものを供える)」とも書き、季節のお供え物をします。

女の子は上巳(じょうし)の節句(桃の節句)、男の子は端午の節句の初節句に、無病息災のお願いをするのです。

用意するものと意味

  • ひな人形・五月人形:子どもの厄を代わりに引き受けてくれる
  • 鯉のぼり:神様に男の子が生まれたことを知らせる
  • 季節ごとの食べ物:縁起のよい意味がある

初節句は、ひな人形や五月人形のお披露目だけでなく、季節の食べ物もお供えするので、食事会という形で両家の祖父母や親戚を招くとよいでしょう。

場所は、お店でも自宅でも問題ありません。

また、最近ではこれまでの成長に感謝を込めて、食事会に加えて神社で祈願する家庭も増えているようです。

あらかじめ神社に連絡をして、日程の相談やご祈祷料の確認をするようにしましょう。

早生まれの場合でも初節句をするべき?

誕生日によっては、生後間もないときに初節句を迎えるケースがあります。

各家庭で違いはありますが、生まれてすぐ~数ヶ月の場合は来年に見送ることが多いようです。

とくにお宮参りやお食い初めを行う前の場合は、神様に誕生の報告をしてから、初節句を迎えることが望ましいでしょう。

初節句の準備はいつから?何を用意すればいい?

初節句は何をする?お祝いの仕方やお返しマナーについて解説!

初節句では何をするか紹介しました。

人形やお供えする食べ物、当日の食事会についてなど、準備することはとても多いです。

では、初節句の準備は、いつからどのように始めたらよいのでしょうか。

初節句に必要な人形や鯉のぼり、食事についてを紹介をしていきます。

【初節句の人形】2ヶ月前までに準備をはじめよう

男の子、女の子それぞれで準備するものや時期が違いますが、どちらも初節句の2ヶ月前には準備をはじめておくとよいでしょう。

雛人形や五月人形は、種類が豊富なので、余裕を持って購入準備をするとじっくり選べそうです。

また、人形には家紋や名前を入れることができます。

注文の状況によっては、納品まで1ヶ月以上かかることもあるようなので注意しましょう。

準備が整ったら、はやく飾っても問題ありません。

準備が間に合わなかった場合

万が一、準備が間に合わず、ギリギリで節句を迎えることになっても、前夜に飾るのは避けてください。

「一夜飾り」といって縁起が悪いといわれています。

遅くても節句飾りは、節句の1週間前までには飾りましょう。

初節句の人形は誰が用意してもよい

以前は初節句の人形を、嫁入り道具のひとつとして考える家庭が多く、母方の祖父母から人形を贈ることが一般的とされていたようです。

現在では、パパ・ママが用意したり、両家の両親で金額を折半するケースが珍しくありません。

決まりごとはないので、だれが用意してもよいでしょう。

兄弟のお下がりの人形はNG?

お兄ちゃんお姉ちゃんがいて「すでに家に人形がある…」という家があるかもしれません。

しかし、人形には厄を引き受けてくれる意味も込められています。

ひとりひとりの身代わりに人形が守ってくれるので、次男や次女に対しても同じように用意することが望ましいでしょう。

ただし、ひな人形では「揃っていない人形や飾りを増やしていくことがよい」と考えられている説もあるようです。

また、地方では「次女には市松人形を贈る」ところもあるようなので、その地域の習慣に合わせるとよいかもしれません。

五月人形の場合は、鎧兜(よろいかぶと)や武者人形など、まだ揃っていないものを用意するのもよいでしょう。

【初節句の食事会】用意する季節の食べ物

お飾りの人形の準備以外に、忘れてはならないのが季節ごとの食べ物です。

男の子の端午の節句、女の子の桃の節句に用意するとよいとされている食べ物を、それぞれ紹介していきます。

赤ちゃんが離乳食の場合は、初節句に合わせてオリジナルのメニューを作るのもよいでしょう。

【端午の節句】用意する食べ物

  • ちまき:災難や病気(邪気)から身を守る
  • 柏餅:子孫繁栄の象徴
  • 菖蒲酒(しょうぶしゅ):邪気をはらう

ちまきは茅(ちがや)の葉で餅やもち米を巻いたものです。

茅は繁殖力が強く、邪気を払う植物といわれているため、節句で食べられるようになりました。

柏餅は子孫繁栄の象徴といわれていて、とても縁起がよい食べ物です。

また、端午の節句には菖蒲(しょうぶ)も欠かせません。

菖蒲の葉が刀にのような形をしているため、邪気をはらうといわれ、男子にとって縁起がよいサトイモ科の植物です。

厄除けに用いられていて、日本酒に入れて飲むとよいといわれています。

また湯船に浮かべると香りがよく、体も温めてくれます。

【桃の節句】用意する食べ物

  • 菱餅(ひしもち):魔除け・清浄・健康長寿
  • はまぐり:良縁
  • ちらし寿司:縁起のよい具が多い

香りが強いものは、邪気を払うといわれています。

菱餅に使われているよもぎは、香りが強いので節句にぴったりです。

はまぐりは、旧暦の3月に磯遊びが行われていたことから、季節の食べ物としてお吸い物や潮汁で並べられることが多いようです。

また、はまぐりは殻が対になっているので、同じ殻以外は合わないといいます。

その様子から一生一人の人と添い遂げるようにと良縁を願う食材です。

ちらし寿司は、えびやれんこんなど縁起のよい具材が入っているのと、見た目もとても華やかで「ひな祭り」でも定番のメニュー。

お祝いの席にも合うのでおすすめです。

お祝いをしてもらったらお返しはどうする?

初節句を迎えるにあたって、両家から人形や、お祝いをもらうことがあります。

初節句の食事会などがおもてなしとなるので、お祝いのお返しは一般的には不要です。

ただし招待ができない場合には「内祝い」として初節句の報告とお礼の連絡をしましょう。

節句のときの飾りや、写真とお菓子などを一緒に送るとよいかもしれません。

初節句は子どもの健やかな成長を願う行事!みんなでお祝いしよう

初節句は何をする?お祝いの仕方やお返しマナーについて解説!

初節句は、生まれた子どもの健康や成長を願う大切な行事です。

自宅やお店で食事会を行い、厄払いとお祝いをしましょう。

人形や食事会の準備だけでなく、伝統やマナーも気にかけることは、ママやパパにとって大変なことかもしれません。

とはいえ、初節句は赤ちゃんにとって一生に一度です。

身近な両家の両親や、親せきを招待して、みんなで赤ちゃんの健やかな成長を願う素敵な行事にしましょう。

女の子の節句についてさらに詳しく知りたい方はこちら
男の子の節句についてさらに詳しく知りたい方はこちら