初節句は何をする?一般的な方法や呼ぶべき人は?お返しマナーを解説!

子どもが生まれるといろいろとイベントがありますが、そのひとつに初節句があげられます。

ひな祭りやこどもの日は、馴染みがあっても初節句と聞いても何をしたらいいのか、わからないというパパやママも多いのではないでしょうか?

今回は、初節句の祝い方や飾り・食事会の準備、お祝いのマナーなどを紹介します。

初節句とは


子どもが生まれてはじめて迎える節句を初節句といい、子どもの健やかな成長と厄除けの願いを込めてお祝いします。

男の子と女の子では日にちが異なり、男の子は5月5日端午の節句、女の子は3月3日桃の節句におこないます。

初節句では何をするの?

節句は「節供」とも書き、「節日の供御」といわれ、もともと季節の変わり目に季節ごとの飾りをして神様へお供え物をする日でした。

そのため節句には、飾りとお供えもの(食べ物)が切っても切り離せません。

現在でも、桃の節句や端午の節句には、それぞれ雛人形や五月人形を飾り、祖父母や親戚を招いて食事会をおこなうのが一般的です。

桃の節句の由来

ひな祭りの起源は、古代中国の上巳節(じょうしのせつ)といわれています。

季節の変わり目は、邪気に見舞われやすいとされていたため、水辺で穢れを祓う習慣がありました。

平安時代には、宮中行事として自分に降りかかる災いを紙人形に託して人形を流す「流し雛」が始まり、室町時代になって巳の日が3月3日となったのです。時とともに、紙人形が雛人形に代わり、今のような行事に定着しました。

桃の節句の祝い方

桃の節句では、ちらし寿司ハマグリのお吸い物などが定番メニューです。

これらには、「食べ物に困らないように」「ひとりの人と一生連れ合うように」といった意味が込められています。

菱餅やひなあられなど、春らしい彩りのお菓子も一緒に飾りましょう。

端午の節句の由来

古代中国で5月は物忌みの月といわれ、邪気祓いの効果がある菖蒲を使い、菖蒲湯や菖蒲酒を飲む習慣がありました。

鎌倉時代、菖蒲と「尚武(武を尊ぶこと)」とかけて、武士では5月5日に端午の節句を祝うようになったのです。

江戸時代以降、庶民にも広がり、子どもの健やかな成長を願うようになったといわれています。

端午の節句の祝い方

端午の節句では、鎧兜五月人形鯉のぼりを飾ります。

五月人形には、「災厄から守る」という願いと「たくましく立派に成長してほしい」という2つの願いが込められているのです。

また鯉のぼりには、登竜門という伝説より、「堂々と立派に育つように立身出世」という意味があります。

桃の節句とは異なり、端午の節句に決まった料理はありません。

縁起がよいといわれるエビや鯛、出世魚のブリやスズキなどの食材を使った料理もオススメです。

粽(ちまき)や柏餅を食べるのは縁起がいいからだとされています。

こちらの記事もあわせてチェック!

飾りを飾るタイミング


雛人形や五月人形、鯉のぼりなどの節句飾りは、いつからいつまで飾ればよいのでしょうか?

いつから飾る?

目安として、暦上の季節が変わるころに飾るといいでしょう。

桃の節句では節分翌日の立春、端午の節句では春分の日をすぎたころです。

そのくらいを目安に飾り始めると、約1ヶ月ほど節句飾りを楽しめます。

桃の節句も端午の節句も、明確に節句飾りを飾るタイミングが決まっている訳ではありません。

しかし、節句の前日に飾るのは避けてください

一夜飾りといって、縁起が悪いとされているので、遅くても節句の1週間前には飾るようにしましょう。

片づける時期と注意事項

雛人形は早く片づけないと婚期が遅れるといわれています。

迷信なので、あまり気にすることはありませんが、節句が終わったら早めに片づけるようにしましょう。

片づけるときには、湿度の低い晴れた日に片づけるのがオススメです。

一度片づけると翌年まで出さないため、湿った空気と一緒に片づけると箱の中でカビが生えてたり、金属部分が錆びることもあります。

金属部分は、素手で触ると酸化したり錆びることもあるので、手袋をして扱うのも飾りをきれいにに保つ秘訣です。

鯉のぼりは、外に飾っていたので汚れている場合があります。

ほこりや汚れを取り除き、よく乾かしてから片づけましょう。

マナーとして誰をよぶべき


初節句で行う食事会は、誰を招待するべきでしょうか。

昔は、親戚などを招いて盛大にお祝いしていましたが、現代は赤ちゃんと両親、あるいは祖父母で食事をするのが一般的です。

もしお祝いをいただいた場合は、その人も食事会に招待するとよいでしょう。

どこでする?


食事会を、どこでおこなうのかを決めなければなりません。

気兼ねなくお祝いができる自宅や、少し特別感のある料亭などのお店でおこなってもよいでしょう。

自宅で食事会

雛人形や五月人形が飾ってある自宅であれば、祖父母など招待する人にも飾りを見てもらえますし、赤ちゃんも慣れた場所なのでリラックスしてお祝いできます。

赤ちゃんが離乳食を食べる場合、初節句に合わせてオリジナルメニューを作ってあげるのもいいでしょう。

自分たちの思うこと、してあげたいことをできるのが、自宅でおこなう最大のメリットです。

しかしお子さんの面倒を見ながら、離乳食やお祝い膳を作ったり、部屋の片付けをしたりと準備が大変です。

食事は、デパートの地下などにある会席弁当や、お祝い膳のデリバリーを利用するというアイディアもあります。

すべてママが負担するのではなく、気軽に準備できるように工夫しましょう

料亭などのお店で食事会

自宅ではなく、お店でおこなうのもいいでしょう。

なんといっても準備が楽ですし、おいしいものを食べてママもリフレッシュできます。

お店によっては、初節句のお祝いをしたいといえば、それに見合ったお祝い膳もあるので予約する際にメニューを確認しましょう。

赤ちゃんが過ごしやすいように、子ども用のイスベビー布団を用意してくれるお店もあるので、必要であれば予約のときにきいてみてください。

食事代は誰がだす


食事会をお店でおこなう場合、1人につき5,000円以上かかることが多いようです。

自宅でおこなう場合でも、外食よりは安価に抑えられるものの、準備にはお金がかかります。

その食事代は誰が出すべきかもきになるところでしょう。

初節句の主催者は、パパとママです。
自分たちで主催し、両親や親戚を招待しているので、お礼の意味を込めて自分たちで支払うのが一般的です。

神社で祈祷の相場は?


初節句のときに、これまでの成長の感謝と、新たな決意・飛躍のため、祈祷してもらう人が増えています。

ご祈祷料の準備

祈祷してもらうには、ご祈祷料がかかります。

のし袋の水引は紅白の蝶結びを選び、表書きは玉串料や初穂料と記載しましょう。
ご祈祷料は、5,000〜10,000円が相場です。

あらかじめ神社に連絡をして、日程の相談やご祈祷料の確認をするとよいでしょう。

祈祷のときの衣装は?

普段通りのカジュアルな格好ではなく、少し改まった格好がよいでしょう。

和装で着物を着こなすのもすてきですが、授乳中のママは配慮しなければなりません。

着物で授乳するのは困難ですし、もし着付けができても授乳中に汚れる可能性もあるのでお手入れが大変です。

露出を控えた上品な服装で、ワンピースやカラースーツなどがオススメです。
パパは、シャツにネクタイを締めて、ジャケットやブレザーを羽織ましょう。。

お祝いをもらったらどうすればいいの?


初節句にお祝いをいただいたら、食事会に招待しましょう。
これが内祝いとなるので、品物でお返しする必要はありません。

都合が合わなかったり、遠方で食事会に来られない場合は、お祝い金額の1/3〜半額程度の品物を送ります。

のしは紅白の蝶結びの水引、表書きは上段に「内祝い」、下段の名入れには子どもの下の名前を記名します。

お祝いをいただいてから、1週間以内にお返しをしましょう。
品物と一緒にお礼状や写真を添えて贈るとなおよいでしょう。

すてきな初節句の思い出を!


赤ちゃんにとっての初節句は一生に一度きりです。

初節句は伝統的なお祝いで、しきたりや決まりも多い行事ですが、あまりこだわりすぎず、パパママがお子さんを思う気持ちを大切にしてお祝いするといいでしょう。

家族に囲まれてすてきな初節句の思い出を作りましょう。

こちらの記事もあわせてチェック!

アンケートに答える

子育てに関する情報で参考にしているのは?

読み込み中 ... 読み込み中 ...