お宮参りはいつ・どこへ・誰と行く?初穂料はいくら?

お宮参りは、多くの赤ちゃんにとって、生まれてからはじめての行事です。

家族で赤ちゃんを囲み、楽しくお祝いするために、当日の段取りや服装などを事前に確認しておく必要があります。

そこでこの記事では、お宮参りの時期・服装・マナー、神社の選び方や事前に確認しておくべきことなど、お宮参りを行う前に知っておきたいことをまとめました。

赤ちゃんが生まれたばかりの忙しい時期に行われる行事ですので、この記事を参考に、ムリせず効率よく準備を進めましょう。

お宮参りの由来は?どんな意味があるの?

そもそもお宮参りは、地域の氏神様(うじがみさま・守り神)に赤ちゃんと参拝して、新しく氏子(うじこ)として祝福を受ける儀式です。

初宮参り、初宮詣、産土参り(うぶすなまいり)などとも呼ばれます。

また昔はお産が「穢れ」とされていたため、お宮参りを忌明けの儀式とするケースもありました。

しかし今では赤ちゃんが無事に誕生したことを感謝し、また健康に育つことを祈るための行事としての意味合いが強くなっています。

ママの安産祈願のお礼を兼ねる場合もあるそうです。

お宮参りはいつ誰と行く?どこの神社がよい?

お宮参りは生後1ヶ月ごろに行います。

赤ちゃんが生まれて間もない時期なので、神社の決め方や、家族の中で誰が参加すべきかについて、基本のルールを知らずに困る人も多いでしょう。

いつ・どこに・誰とお宮参りに行けばよいのか、ポイントを絞って紹介します。

お宮参りの時期は?

お宮参りの時期は、地方にもよりますが、おおむね赤ちゃんが生まれてから1ヶ月前後です。

ただしお宮参りの時期や季節には、はっきりとした決まりがありません。
おおよそ生後3ヶ月~100日までにお宮参りを済ませればよい、とする考え方もあります。

家族の体調や日程を優先させましょう

赤ちゃんは外出にまだあまり慣れていません。
また産後すぐのママは、まだ体力が戻らない状態です。

夏場や冬場の天候が厳しい時期は避けつつ、家族みんなが楽しくお宮参りに参加できることが一番ですね。

また男女で、目安とされる時期が少しずれます。

  • 男の子:生後31,32日目
  • 女の子:生後32,33日目

赤ちゃんの性別によって、お宮参りの時期や服装が変わるので、以下の記事もあわせて参照ください。

男の子のパパママはこちら↓

女の子のパパママはこちら↓

仏滅はNG?人気の日取りや時間帯を確認

お宮参りの日程に、大安や戌の日など、縁起がよいとされる日を選びたがる人は多いようです。

ただ大安・仏滅などの六曜は、お宮参りに関係がないといわれているので、お日柄だけで日程を決める必要はありません。

むしろ縁起がよいとされる日は、神社が混雑することも多く、赤ちゃんを疲れさせる原因となりやすいので注意が必要です。

とくに10時~11時のお昼前は混みやすいので、事前に混み具合の予想を神社に問い合わせると安心ですね。

お宮参りの参加者は?ママは行かないってホント?

正式なしきたりでは、お宮参りの参加者は以下の通りです。

  • 赤ちゃん本人
  • 父親
  • 父方の祖父母

父方の祖母が赤ちゃんを抱いてお宮参りへ向かいます。

もともとの儀式では、母親はお宮参りに参加しませんでした

  1. お産は「穢れ」であり、母親はまだ忌明けが済んでいないとされたため
  2. 産後すぐである母親の体調を気づかうため

上記が理由だとされています。

現在は、それぞれの家族が自由な形でお宮参りに参加するケースが多いようです。

  • 赤ちゃんと両親のみ
  • 赤ちゃんと両親、双方の祖父母

上記の様に、家族の意向にあったスタイルでお宮参りに向かいましょう。

神社の選び方は?

もともとお宮参りは地域の神様に挨拶し、お参りする儀式なので、赤ちゃんが生まれ育つ土地の氏神様である神社を選ぶことが多いです。

お宮参りを地域の神社で行うことには、地域の人々との繋がりを深められるというメリットもあります。

最近では神社の選び方が自由になったので、

  • 安産祈願でお参りした神社
  • 地域で人気の神社

などを選ぶ家族も増えたようです。

お宮参りの服装は?

お宮参りの準備にあたって、多くの人が悩むのが当日の服装でしょう。

もともとお宮参りの準備は、服装も含めすべて母方の祖父母が整えることが多かったようです。

かつては赤ちゃんに和服で正装させ、家族も赤ちゃんにあわせて和装で揃えていたようですが、いまは洋装でお宮参りをする人も多くいます。

家族全員で服装のバランスをあわせつつ、当日の衣装を考えましょう。

赤ちゃん

主役の赤ちゃんは和装が主流でしたが、現在はベビードレスなどのカジュアルな服装が人気です。

詳しくは下記を参照ください。

男の子のパパママはこちら↓

女の子のパパママはこちら↓

赤ちゃんの正装

お宮参りで正装する場合、赤ちゃんには白羽二重の内着に祝い着(掛け着・晴れ着)を掛けます。

赤ちゃんを祖母が抱っこした状態で、祖母の首の後ろで付けヒモを結んであげましょう。
付けヒモにお守りを結ぶ地域もあるようです。

夏は赤ちゃんの体温調整を忘れずに行ってください。

また模様は、男の子が「のしめ模様」、女の子が「友禅模様」など男女で違いがあります。

赤ちゃんのカジュアルな服装

近年では、ベビードレス(セレモニードレス)やカバーオールを着せるスタイルが増えています。

上に祝い着を掛ける場合もありますし、ケープにくるんであげて着物を一切使わずに参拝するケースも多いです。

両親・祖父母は?

家族の服装は、赤ちゃんにあわせて格を合わせるとバランスがよいですね。

とくに夫婦の服装は、同格にすることが多いです。

母親・父親の服装はどう合わせるべき?

赤ちゃんの服装にあわせて、両親の服装の選び方を3パターンご紹介します。

とくにママは産後すぐですので、体調と相談しつつ当日の服装を決めましょう。

1. フォーマル版!赤ちゃんが和装のケース
  • ママ:色留袖/訪問着/紋付の羽織など
  • パパ:ブラックスーツ/一つ紋または三つ紋の羽織と着物/袴
2. 定番!赤ちゃんが和装・洋装どちらでもOK
  • ママ:スーツ/ワンピース
  • パパ:フォーマルスーツ/ビジネススーツ
3. カジュアル版!赤ちゃんが洋装のケース
  • ママ:ワンピース
  • パパ:ジャケットとスラックス

祖父母

祖父母が参加する場合は、赤ちゃんの両親とあらかじめ相談して服装を決めるとよいでしょう。

赤ちゃんの両親と同様、赤ちゃんの衣装にあわせて祖父母の服装を選びます。

とくに父方と母方の両家が揃うケースでは、両家で服装の格を合わせることが大切です。

当日の流れを確認!

お宮参り当日の流れを事前に確認しておくと、当日スムーズに参拝できます。

家族の都合、地域の風習なども大切にしつつ、お宮参りに向かうためにも、当日のスケジュールをチェックしておきましょう。

またあらかじめ何をするのか、事前に確認しておくべきことは何か、家族で話しておくとよいですね。

お詣りの方法を確認!

祈祷をしない場合は、普段神社に参拝するときと同じようにお参りします。

  1. 境内の手洗い場で手を洗い、口をすすぐ
  2. 神前にすすむ
  3. お賽銭をあげ、鈴を鳴らす
  4. 「二礼、二拍手、一礼」でお参りする

祈祷の方法は?初穂料はいくら?

お宮参りでは、ご祈祷を行い、祝詞(のりと)をあげてもらうことができます。

当日社務所で祈祷の申し込みをするケースが多いようですが、念のため事前に社務所に連絡しておくと安心ですね。

祈祷の時間は、拝殿に入ってからおよそ15~30分が目安です。

オムツ替えや授乳を済ませてから祈祷に向かいましょう。

初穂料の相場や渡し方は?

初穂料(はつほりょう)とは、神社への謝礼を包んだご祈祷料のことを指し、別名玉串料とも呼ばれます。

初穂料の相場目安は、5,000~10,000円です。

白い封筒かお祝儀袋に入れて渡しましょう。

上段に「御初穂料」、下段に赤ちゃんの名前をフルネームで記すのが正しい表書きの書き方です。

記念撮影や食事会で家族の思い出作り

お参りが終わったら、多くの場合記念撮影や食事会を行います。

家族で赤ちゃんのお祝い事をする貴重な機会ですね。

記念撮影で赤ちゃんの成長を記録に残そう

お宮参りは、家族がそろうお祝いの場です。
赤ちゃんの成長の記録として、家族で記念写真を撮る方も多くいます。

プロの写真家に出張撮影を頼むなどして、参拝日当日に撮ることもできますし、後日写真館(フォトスタジオ)などで撮影するケースもあります。

気候などの関係でお宮参りを先に伸ばした家族でも、記念撮影だけは生後1ヶ月の時期におこなうケースもあるようです。

fotowa公式サイトはこちら

公式サイトを見る

食事会、外食なら事前の店舗確認を忘れずに!自宅でゆったりケータリングも◎

お宮参りの節目には、家族一同が顔をそろえて食事しながらお祝いすることが多いです。

めでたい席なので、赤ちゃんのお食い初めを一緒に済ませるケースもあります。

外食をするなら、神社の場所から近くによいお店があるか確認しておくとよいですね。

人気の神社で参拝する場合や、お日柄のよい休日の昼に食事会をするとなると、予約をしてから向かうと安心です。

事前に赤ちゃんを連れていくことを店側に伝えておくと、お部屋や献立を店側で配慮してくれることもありますよ。

自宅にて赤飯など手作り料理でお祝いしても構いませんが、お宮参りでバタバタしている中、産後すぐのママが料理をするのは負担でしょう。

ママの体調を考えて、ケータリングを手配しておくのもよいですね。

博多久松公式サイトはこちら

公式サイトを見る

楽しいお宮参りにしましょう

お宮参りのしきたりや服装、流れについてご紹介しました。

はじめての出産後だと、とくに準備すべきことがわからずあたふたしがちですが、ポイントをおさえれば当日スムーズに参拝できますよ。

近年はしきたりがゆるまってきたので、家族の体調や都合にあわせてお参りできるとよいですね。

今、あなたにオススメ

アンケートに答える

【ベビーカーをお持ちの方限定】いくらでご購入されましたか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...