漫画「つわりよりきつかった!?妊娠中の○○管理が大変すぎる!!」(もづこ)

はじめまして、もづこと申します。

ブログ「むすめ雑記帳」にて4歳娘との日々のアレコレを書いてます。

今回は妊娠中の話題に必ずと言っていいほどあがる「つわり」について書かせていただきました。

あれ?つわりは…?

私はお医者さんに「よく妊娠に気付いたねぇ」と驚かれるほど超初期に発覚したので、その時はつわりがなくともいずれドラマとかでよくある「ウッ」と口元を手で押さえて洗面所に駆け込む…、みたいなのがそのうちやってくるんだろうと思っていました。

妊娠が発覚したばかりの頃

ネットの育児情報サイトなどでも、つわりの大変さはたくさん読んでいたので「こんなに食べることができなくなる時期がくるなら、食べれるうちにたくさん栄養を…!」と必死になっていました。

減量の方が辛かった…

そして時は過ぎ、誰が見ても妊婦さんとわかるぐらいお腹も大きくなってきても嘔吐感は無くむしろ食欲は増すばかり…。

産科の先生にも検診に行く度「体重をこれ以上増やさないように!」と厳しく指導されてました。

この指導がまた厳しくて(私と赤ちゃんのためなんですが…)、少しでも増えてると個室に呼ばれてめっちゃ叱られるんですよ。

一応私なりに食事の量を減らしてみたり野菜中心にしたりと頑張ってはいたんですが、なかなか減らなくて病院行く日は朝食はりんごだけとか極力薄着で行くとか試合前のボクサー並みの努力をしてました…。

私の場合は「つわり」ではなくこの「体重管理」が一番しんどかったです…。

<おすすめの記事>