連載漫画(1)「夫の実家に産後里帰り!2ヶ月暮らしてみたら意外な展開が!?」(ぴよととなつき)

こんにちは!イラストレーターのぴよととなつきです。

今回から3回にわたり「里帰り出産」について書いていきます。

子ども好きな両親に救われた話

私も夫も出身は関西なのですが、夫の転勤で東京に住んでいます。

引っ越してきたのは4年前…。

新しい土地にも慣れてきた頃に次男を妊娠していることが判りました!

長男は、私の実家近くの産院で出産。
とてもキレイな病院で、頼もしい助産師さんもいて満足のいくお産だったのですが次男はこの病院で産めない理由があり、里帰りすることになりました。

入院してから産後、この子の面倒を誰がみてくれるのか・・・

夫に相談すると「いいんちゃう?」「孫と暮らせて2人とも喜ぶと思うで!!」

我が家には5歳の長男と3歳の次男がいます。
夫の妹さんが出産した産院を教えていただき、さっそく予約を取りました。

夫の実家に帰省する時は家族一緒だったので、私と長男の2人で約2ヶ月も夫の実家に滞在することに不安もありました。

「今まで仲良くしてもらえたけど、一緒に暮らすことで仲悪くなったらどうしよう…」とか、

「2人でのんびり暮らしてはるのに騒がしくしてしまうかも…」とか、

「離れて暮らしてたからバレてなかった私の粗が丸見えになるんやろうな…」とか、

そんなことを心配をしながらもお腹の赤ちゃんはどんどん大きくなっていき、里帰りの日までのカウントダウンが始まるのでした。

次回に続きます!

<次の記事>
第2話

<ぴよととなつきさんの他の記事>