保育園の入園準備って何をするの?年齢別まとめ

はじめての保育園は、不安と楽しみで親も子どももドキドキするものですが、入園準備は万全でしょうか?

子どもの保育園生活をスムーズにスタートさせるためにも、入園準備は抜かりなく終わらせておきたいところです。

この記事では、保育園の入園準備についてまとめました。

「準備するものって?」「入園までに何をしておけばいいの?」このような疑問を、しっかり解決しておきましょう。

保育園の入園準備は時間がない!


希望の保育園へ入園が決定すると、お住まいの自治体から決定通知が送られてきます。

4月に入園する場合は、2月か3月ころに通知が送られてきますが、これは入園準備に余裕があるとはいえない状況です。

この時期になると、ブログやSNSでも「時間が足りない」「入園準備が間に合わない」という声がたくさんみられます。

まえもって、「入園に必要な物事」を知っておくことで、いざ準備をはじめるときに慌てることも少なくなるでしょう。


保育園の準備に必要なもの【全年齢共通】


それでは保育園の入園準備に必要なアイテムをチェックしていきましょう。

まずは全年齢共通して必要なものを紹介します。

通園バッグ

毎日持っていくものを入れるバッグです。
お手入れしやすく、丈夫なものを選びましょう。

荷物がぎりぎり入る大きさだと、子どもが自分でかたずけられないことがあるので、余裕のある大きさのバッグを選びます。

汚れもの袋 2~3枚

汚れた服やタオルを入れる袋です。

買い物したときにもらえるビニール袋でも大丈夫でしょう。

着替え一式

下着・シャツ・ズボンやスカートなどお着替え一式を、3〜5セット用意します。

汚れてもいい服、着替えやすい服を用意するとよいでしょう。

ハンドタオルまたはハンカチ 4〜6枚

毎日持っていくハンカチやタオルは、洗い替え用に多めに用意しておきましょう。

掛け布団・敷布団

保育園によっては、寒い時期は毛布、暑い時期はタオルケットなどを用意する必要があります。

布団カバー

掛け布団、敷布団用の布団カバーです。

サイズを確認して用意しましょう。

ループ付きタオル 4〜6枚

保育園で用意されているフックにかけるところがが多いようです。

ループが付いていないタイプは、紐をつけておきましょう。

コップ・コップ入れ袋

おやつや給食、水分補給のときに使用するコップです。

軽くて割れにくいプラスチック製のものがよいでしょう。

コップ入れ袋は、コップを自分でしまえるように少し大きめにしておきます。

歯ブラシ

食事後の歯磨き用の歯ブラシです。

コップ入れ袋に一緒に入れる場合、袋はいりません。

お昼寝用パジャマ

お昼寝のときに、お着替えをする保育園では必要です。

春夏用と秋冬用で2着程度用意しておくとよいでしょう。

連絡帳

保育園指定のものを購入する場合もあるので、保育園に確認しておきましょう。

カラー帽子

保育園の指定があったり、園側で用意している場合もあります。

保育園の準備に必要なもの【0歳児編】


つぎに0歳児が準備しておくものを紹介します。

  • 哺乳瓶・粉ミルク(搾乳した母乳)
  • おむつセット(おむつ・おしりふき・ゴミ袋)
  • 食事用エプロン
  • 口拭き用タオル
  • 手拭きタオル
  • マグ

食事用のエプロンや口拭きタオルは、使用頻度が高いので、多めに準備しておくとよいでしょう。

母乳育児をしているママは、冷凍した母乳を預かってくれるか、保育園に確認が必要です。

おむつやおしりふきなどの消耗品は、毎日チェックしましょう。

おむつは、保育園によって紙おむつ・布おむつが指定されていることもあります。

保育園の準備に必要なもの【1歳児編】


次に1歳児の入園準備に必要なものをみていきましょう。

  • おむつセット(おむつ・おしりふき・ゴミ袋)
  • 食事用エプロン
  • 口拭き用タオル
  • 手拭きタオル
  • トレーニングパンツ

おむつが外れている子は、おむつセットが不要な場合もあります。

トイレトレーニングを始めている子は、トレーニングパンツも持っていきましょう。

保育園では、自宅のトレーニングに合わせて、声かけをしてくれます。

これを機にトイレトレーニングをはじめてもよいでしょう。

保育園の準備に必要なもの【2歳児編】


2歳児の入園準備に必要なものはこちらです。

  • おむつセット(おむつ・おしりふき・ゴミ袋)
  • トレーニングパンツ

0歳・1歳児に比べると、用意するのものが少ないのですが、トレーニングパンツや普通のパンツは多めに入れておくと安心です。

入園準備で気をつけるポイントは?


保育園によっては、自分で用意するものと、園側で用意しているものがあります。

子どもの服装についても、フードや金具がついているものはNGなど決まっていることもあるでしょう。

準備をはじめる前に、説明会などでもらえる、通園の手引きをチェックする必要があります。

名前つけを忘れずに

保育園では、持ち物すべてに名前を記入する必要があります。

園によって、「下のなまえだけ記入する」など決まりがあるので、事前に確認しておきましょう。

洋服やハンカチなどに直接名前を記入するのに抵抗がある人や、一つひとつ手書きする時間がない人は、お名前シール名前スタンプを使うと便利です。

お名前シールであれば、下の子におさがりで渡すときに、シールを張り替えるだけですみます。

アイロンで接着するタイプやシールで接着するタイプなど、必要に応じて使い分けましょう。

手作りが必要な場合もある

通園バッグや持ち物を入れる袋などは、既製品でちょうどよいサイズがなければ、手作りが必要な場合もあります。

保育園によっては、「手作りで」と指定されているケースもあるようです。

裁縫が苦手な人や仕事で時間がないという人は、手作り代行サービスを活用しましょう。

手芸店によっては、生地のデザインを選べば指定の寸法で作成してくれるところもあります。

インターネットでも、手作り代行のサービスはたくさんあるので、チェックしてみましょう。

通園方法も確認しておく

毎日の通園方法も確認しておきましょう。

車や自転車で行く場合は、駐車場があるか、保育園への申請は必要かも確認が必要です。

抱っこ紐をして送迎をする場合は、歩きやすいように、ママの靴や服装も確認しておくべきでしょう。

雨の日に通園することも考えて、レインコート抱っこ紐用レインカバーの準備もお忘れなく。

通園グッズの収納も考えておく

毎日持ち歩く通園グッズは、荷物がかさばり場所を取ってしまいます。

明日も持って行くからと玄関に置いては、部屋が片付きません。

保育園の持ち物は、収納スペースも決めておきましょう。

場所を決めることで部屋はスッキリ片付けられ、子どもが準備・片付けを覚えやすくなります。

子どもの生活リズムを整えておく

保育園に通いはじめると、家庭で過ごしてきた生活リズムとの違いに戸惑う子もいるようです。

入園後の生活になじめるように、規則正しい生活リズムをつけておきましょう。

お昼寝や遊ぶ時間など、保育園のタイムスケジュールに合わせて生活リズムを整えます。

今まで集団で行動する経験がなかった子であれば、プレ保育や支援センターで集団行動に慣れさせておくのもオススメです。

先生やお友達とのかかわり方を練習できるでしょう。

授乳中の赤ちゃんは、哺乳瓶に慣れさせておくことも大切です。

保育園の入園準備は早めにしておこう!


入園が決まってから、子育てや家事の合間に保育園の入園準備をするのは、時間もなく大変なものです。

事前にある程度必要なものがわかっていれば、入園準備もスムーズに進められるでしょう。

持ち物以外にも、通園方法の確認や生活リズムの調整など、子どもが楽しく保育園に通える準備を整えてください。

参考になれば幸いです。

アンケートに答える

【6歳以下のお子様がいる方限定】ベビーカーを所有していますか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...