【医師監修】「妊娠の安定期まとめ」いつからいつまで?旅行や運動、セックスはあり?

妊娠すると、さまざまな行動を制限することになります。
安定期に入ると安心できると耳にしたり、安定期のタイミングで妊娠を公表するといったことがありますが、安定期とは妊娠ではどういった状態にあるのでしょうか。

妊娠の安定期でも、やって大丈夫なことと危険なことがあるのでしょうか。

今回は、妊娠の安定期はいつからいつまでなのか、安定期の安全な過ごし方や注意するべきことなどを、旅行や運動、セックスといったさまざまな場面でご紹介します。

妊娠の安定期ってどういう時期?

安定期とは、妊娠中の体調不良やつわり症状などが落ち着いて、妊婦生活が安定している時期をさします。

ママの身体の調子が良くなってきたばかりでなく、お腹の中の状態も比較的安定している時期なのです。

流産のリスクが大幅に減る

妊娠初期は流産が心配される時期ですが、安定期に入ると流産リスクが大幅に減ります。

日本産科婦人科学会によりますと、8割が妊娠12週までに起こり(早期流産)、残りの2割が妊娠12週~22週未満に起こる(後期流産)とされているのです。

流産はすべての妊娠の約15%で起こるといった統計もあります。

安定期は無事に流産というリスクを乗り越え、ママが精神的に安心できる時期です。

つわりが落ち着く

妊娠初期はつわり症状に悩まされる方が多いでしょう。
つわりは妊娠5週前後に始まり、16週くらいまで続きます。
症状には個人差があり、つわりが全くない方もいれば、入院するほどの辛い症状を訴える方もいます。

安定期に入る頃には胎盤が完成しホルモンバランスが整うことで、ほとんどの方がつわり症状から解放されます。
つわりがなくなり、心身ともに調子がよくなるのが安定期の特徴です。

胎盤が完成する

つわりの減少とともに胎盤が完成するのが妊娠16週頃です。

胎盤は出産まで胎児に必要な酸素と栄養分を送り続けるという、非常に重要な役割を果たします。
胎盤は完成した後も大きくなり、出産する頃には600gほどの大きさになります。

妊娠の安定期はいつからいつまで?

妊娠の安定期は一般的に妊娠5ヶ月~7ヶ月(妊娠16週~28週)の間を指します。
しかし明確な時期はなく、流産のリスクが減る妊娠4ヶ月から安定期と呼ぶ専門家もいます。

安定期が妊娠5ヶ月からといわれているのは、つわりの症状が落ち着き体調がよくなる時期が16週以降に多いことが理由です。

ただし、つわりが妊娠後期まで続く妊婦さんもいますし、つわりが全然ないという方もいますので、あくまで目安として知っておくといいでしょう。

安定期でも切迫流産などで、しばらく安静にする必要がある方もいます。
その場合は安定期だからと無理に行動することは危険です。