妊娠のサインはこれ!妊娠初期症状と過ごし方【先輩ママにアンケート】

妊娠のサインはこれ!妊娠初期症状と過ごし方【先輩ママにアンケート】私…もしかしたら妊娠したかも!
生理が遅れているし、体調もいつもと違う気がする…。

妊娠初期はとても体が不安定で、体調に変化があったという先輩ママがたくさんいます。

腹痛、腰痛、頭痛、胃痛、便秘や、おりものの色が違う、おならが多くなる、眠気がある…妊娠のサインは個人差が大きく、さまざまな症状があげられます。
しかも、生理前にも体調の変化はおこりやすいですよね。

これは妊娠初期症状なの?
それともただ生理前なだけ?

この答えは、妊娠検査薬が使えるようになる妊娠5週目以降にならなければわかりません。

それでもあなたの不安を少しでも減らせるように、この記事では代表的な妊娠初期症状先輩ママたちの体験談をたっぷり紹介します。

妊娠の可能性が高い人のために、妊娠初期の3ヶ月間におこる体の変化や、今のうちから注意したいこと妊娠の準備についても解説します。

妊娠してるの?してないの?妊娠していたらどうしたらいいの?

そんな不安をこの記事を読んで解消しましょう!

こんなサインがあったら妊娠かも…?先輩ママ374人にアンケート!

こんなサインがあったら妊娠かも…?先輩ママ374人にアンケート!

赤ちゃんの部屋が実施した374名のママを対象にしたアンケートによると、最初に違和感を覚え、のちに考えたときに「あれが妊娠のサインだった!」という症状は次のようになりました。

Q.妊娠に気付いた初期症状を教えてください

もっとも多い症状は微熱、次にニオイに敏感になったことや強い眠気があげられました。

ただしこれらの症状は生理前症候群(PMS)にも通じます。
症状があるからといって妊娠初期症状だという判断は難しいですよね。

妊娠初期に見られる症状がいくつか当てはまったり、微熱(高温期)が2週間以上続いたりして妊娠に気づくという女性が多いようです。

症状の詳細は以下のリンクをクリック>>
1位 微熱(高温期)になった
2位 ニオイがダメになった
3位 眠気
4位 胃痛・胸やけ
5位 乳房・乳首に違和感
6位 風邪みたいな症状
7位 おりものが変わった
8位 生理前(PMS)みたいに不安定になった
9位 腹痛
10位 腰痛
11位 便秘・下痢
12位 頻尿
13位 唾液が多くなった
その他の症状はこちら

「妊娠初期」とはどんな時期?いつからいつまで?

「妊娠初期」とはどんな時期?いつからいつまで?

妊娠初期とは妊娠2ヶ月・3ヶ月・4ヶ月(妊娠4週~15週)のことをさします。

妊娠初期のママの体は、ホルモンバランスの急激な変化によって不安定です。
つわりで体調がすぐれず、精神的にも浮き沈みが出やすくなります。

周囲の助けを借りながら、できるだけリラックスして過ごすようにしましょう。

妊娠1ヶ月目はないの?
自分が妊娠何週なのかわからない!
そんな人は、次の「妊娠週数の数え方」をチェックしましょう。

■ 妊娠週数の数え方
ちょっとややこしいですが、前回の生理開始日が0日0週です。生理が終わった週を妊娠1週と数えますが、排卵していないので当然この時点では妊娠していません。妊娠2週、つまり生理後2週目で排卵があり、精子と卵子が出会って受精卵となって、着床するのが妊娠3週ごろ。
妊娠4週は次の生理予定日ですが、この生理が来ないことで妊娠に勘づく人も多くいます。

前回の生理から計算して妊娠4週より前という人は、次の「妊娠超初期」の解説をチェックしましょう。

妊娠0週~妊娠3週「妊娠超初期」ってどんな時期?

妊娠0週~妊娠3週「妊娠超初期」ってどんな時期?

妊娠超初期とは、前回の生理開始日から、着床後に妊娠検査が陽性になるまでの時期をいいます。

一般的に妊娠0週~3週または4週頃をさし、実は医学的な用語ではありません。

妊娠している場合、早い人で妊娠3~4週頃から体調の変化を感じる人もいますが、まったく気づかないという人もいます。

基本的にこの時期はまだ妊娠検査薬が反応しません。
「生理予定日1週間後」つまり妊娠5週から使えるものが多く、早く反応するタイプでも妊娠4週からになります。

妊娠の可能性がある場合は、体に負担をかけることは避けたりお酒やアルコールを控えたりしておくと安心です。

DrBaby

妊娠検査薬で陽性になる前からつわりの症状があったというママは少なくないぞ!

ここからは、具体的にどんな症状なのか解説していこう!

みんなが経験した妊娠初期症状トップ13!少数派の症状についても解説!

みんなが経験した妊娠初期症状トップ13!少数派の症状についても解説!

妊娠に気付くキッカケとなる症状は、人それぞれです。
とはいえページ冒頭のアンケートでわかるように、「多くの人が経験した妊娠初期症状」はあります。

具体的にどんな症状だったのか、実際に経験した先輩ママの声を参考にすれば、自分が妊娠しているかどうか予想がつくかもしれません。
アンケート結果を順にみていきましょう。

1.微熱(高温期)になった

1.微熱(高温期)になった

みんなが感じた妊娠初期症状のトップは、「微熱(高温期)になった」というもの。

妊娠すると、プロゲステロンホルモン(黄体ホルモン)の作用で高温期が続き、熱っぽく感じる人が多いようです。
妊活しているなどで基礎体温を計っている方もいるでしょうから、妊娠に気付くキッカケとして体温変化が多いというのもうなずけます。

ずっと熱っぽくてだるい日が続くな…と思っていたら妊娠してました。

妊娠初期の微熱について詳しく知る>>
妊娠初期の熱・微熱はどうすれば?胎児への影響は?原因や対処法まとめ

基礎体温について

基礎体温とは、人間がなんの活動もせずに安静にしているときの体温です。

女性はホルモンバランスの影響で、生理周期にあわせ、月経開始から排卵日までの低温期と、排卵日からつぎの月経直前までの高温期とを交互にむかえます。
しかし妊娠すると、通常14日程度である高温期が終わらず、そのまま続行するのです。

基礎体温は、排卵日や妊娠をチェックするうえなので大事なファクターとなります。
そのため妊活中の女性はもちろん、体調管理をしたい人にとっても大きなバロメーターです。

基礎体温は、朝目覚めたあと、メモリの細かい「基礎体温計(婦人用体温計)」を使って活動前のベッドで測定します。

基礎体温について詳しく知る>>
基礎体温の測り方は?グラフでわかる妊娠や排卵日、生理について

2.ニオイがダメになった

2.ニオイがダメになった

妊娠とともに、急にニオイに敏感になったという人も多くなっています。

これは「ニオイづわり」というつわりの一種で、吐きづわりや食べづわりとともに感じる人が多い症状です。
いままでなんでもなかったニオイがダメになるケースもあります。

職場のとなりは、おいしいイタリアン。
大好きなお店だったんですが、妊娠してからというもの、昼時はつらかった…。
マスクを重ねてなんとか乗り切りました。(30歳/会社員)

においつわりについて詳しく知る>>
においつわりがツライ!いつまで続く?症状の原因と対策法7つ

3.眠気

3.眠気

妊娠すると、強い眠気を感じる人も多いようです。

これは、眠気を促す作用があるプロゲステロン(黄体ホルモン)が急激に増えるためと考えられます。

しかしプロゲステロンは排卵日以降にも自然に増えるホルモンで、妊娠していない人でも眠気を感じやすくなる可能性はあります。

長女のときの妊娠初期は眠くてしかたなく、車通勤で信号待ちでもウトウトしてしまって、危ないからコンビニの駐車場で仮眠して帰るなんてことも…。(32歳/保育士)

妊娠初期の眠気について詳しく知る>>
妊娠初期の眠気はなぜ?いつから起きる?原因・対策まとめ

4.胃痛・胸やけ

4.胃痛・胸やけ

胃痛や胸やけがキッカケで妊娠に気づくこともあるようです。

妊娠による胃痛は、エストロゲン(卵胞ホルモン)とhCGホルモン(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)の影響で起こると考えられています。

また食道下の括約筋(かつやくきん)が弱まってゆるみ、胃の内容物が食道に逆流することで、胸やけも起こりやすくなるようです。

食べてもお腹がすいても胃がムカムカして、疲れてるせいかと思っていたら妊娠が発覚!(34歳/パート)

胃のむかつきがあるときの食事はどうする?>>
【管理栄養士監修】しんどいつわり時期に食べられる食事ランキング「外食・レシピ」

5.乳房・乳首に違和感

5.乳房・乳首に違和感

胸のハリや違和感によって妊娠に気付いたという声も聞かれました。

これは、ホルモンバランスの影響で胸の乳腺や乳管が発達するためと考えられます。
胸が痛かったり、乳輪の色が濃くなる症状を感じる人もいるようです。
つらい場合には、ノンワイヤーブラや、ワンサイズ大きいもの、肌たりのよい天然素材のブラジャーをつけることで不快感を緩和できるでしょう。

おっぱいが張って痛かった。
乳首も敏感になって、下着があたるのがイヤだった。

妊娠初期の胸の張りについて詳しく知る>>
胸の張りは妊娠初期症状?原因は?対処法と体験談まとめ

6.風邪みたいな症状

6.風邪みたいな症状

咳・くしゃみ・鼻水・鼻づまり・ノドの痛みといった症状があったため、風邪だと思っていたらじつは妊娠していた、というケースもあるようです。

これは妊娠性鼻炎と呼ばれる症状で、プロゲステロンのはたらきにより、鼻粘膜への血流が増加し腫れることが原因でおこります。

ただし、妊娠中は免疫力が低下し体の抵抗力がおちるため、本当に風邪をひいている可能性も考えられます

鼻水がとまらなかったので薬を飲むつもりだったけど、生理の遅れが気になって念のため検査薬でチェック…結果、なんと陽性反応が!
薬、飲まないでてよかった~。

気になるその症状、妊娠初期症状?それとも本当の風邪??>>
【医師監修】「妊娠初期の風邪について」薬は?病院は内科?胎児への影響は?

7.おりものが変わった

7.おりものが変わった

妊娠によって、おりものの様子が今までと変わったり、増えたと感じる人もいるようです。
これは、プロゲステロンの影響で膣分泌物が増えるため。

妊娠すると、白濁色やクリーム色の水っぽいおりものになることが多いようですが、着床出血によってピンク色や茶褐色のおりものになることもあるようです。

急におりものがひどくなった。
ショーツの汚れが気になり、日に何度もおりものシートを取り替えるハメに…。

妊娠初期のおりものについて詳しく知る>>
【医師監修】妊娠初期の「おりもの」の色や量、臭いはどんな風に変化する?

8.生理前(PMS)みたいに不安定になった

8.生理前(PMS)みたいに不安定になった

生理前症候群(PMS)のように情緒不安定になってしまった、という人もいます。

これは急激なホルモンバランスの変化によるもの。
心がついていけずに、わけもなくイライラしたり、急に泣き出してしまうこともあるようです。

わけもなく涙が止まらなくなったり、かと思えば無性にイライラしてしかたなかった。

妊娠初期のイライラについて詳しく知る>>
妊娠初期のイライラは原因があった!いつまで続く?解消法は?

9.腹痛

9.腹痛

妊娠で腹痛を感じるケースもあります。

腹痛の原因は、赤ちゃんが着床するときにおこる着床痛だったり、赤ちゃんをむかえる準備で子宮が伸びることによるものとさまざまです。

腹痛がひどい場合は、異所性妊娠などの可能性も考えられます。
また妊娠6週~15週でおこる出血性の腹痛は、流産の可能性もあるため注意が必要です。

お腹の下のほうに鈍い痛みがあった。

妊娠初期の腹痛について詳しく知る>>
【医師監修】妊娠初期に腹痛…注意すべき症状は?流産の可能性は?

10.腰痛

10.腰痛

妊娠によって腰痛を感じたという人もいました。

妊娠による腰痛は、プロゲステロンやリラキシン(関節をゆるめることで出産時に赤ちゃんが骨盤を通りやすくするホルモン)といったものの影響で起こりやすくなります。
じん帯がゆるむと体を支える力が弱まるため、腰への負担がおおきくなるのです。

ふだんは感じなかった腰痛を感じるように…。
デスクワークがメインの仕事だったので、イスに座りっぱなしで逆にきつかった。

妊娠初期の腰痛について詳しく知る>>
【医師監修】「妊娠初期に腰痛がひどい原因と対策まとめ」腹痛や出血あるけど平気?

11.便秘・下痢

11.便秘・下痢

妊娠によって便秘や下痢になる人もいるようです。

これは、急激なホルモンバランスの変化が自律神経の乱れを引きおこし、消化機能が低下したり、冷えをまねくせいだと考えられます。

便秘と下痢のどちらかだけでなく、両方を交互に繰り返すパターンも多いようです。

おなかがゆるい状態が続いた。

妊娠中の下痢・便秘について詳しく知る>>
【医師監修】「妊娠初期に下痢が続く原因と対処法まとめ」腹痛や胃痛は大丈夫?

12.頻尿

12.頻尿

赤ちゃんを授かったのをきっかけに、ひんぱんに尿意を感じるようになったという妊婦さんの声も聞かれました。

妊婦さんの頻尿は、血流が増えることで腎臓が活発にはたらいて尿が増えたり、大きくなろうとする子宮と恥骨が膀胱を圧迫することによっておこると考えられます。
またプロゲステロンの影響で膀胱の筋肉がゆるめられたり、骨盤内のうっ血が起こることも原因になるようです。

夜、トイレに2~3回起きるようになった!(34歳/主婦)

妊娠中の頻尿対策についてはこちら>>
妊娠中の頻尿、夜中の尿漏れ対策について

13.唾液が多くなった

13.唾液が多くなった

妊娠初期に唾液の量が増えたと感じる方もいるようです。

妊娠によってよだれが増える現象は、つわりの一種と考えられ、「よだれつわり」と呼ばれることもあります。

よだれつわりの原因やメカニズムは、まだはっきりとはわかっていませんが、ホルモンバランスの変化で自律神経が乱れたり、精神的な変化の影響によるものと考えられるようです。

やたらよだれが出て困った。
全部は飲み込めないので、カバーをつけて中身を見えなくしたペットボトルに吐き出したりしてた。

よだれつわりについて詳しく知る>>
これってよだれつわり?止まらない原因は?寝るときやおでかけのときの対策は?

その他の妊娠初期症状

ここからは、少数派の意見もチェックしていきましょう。

肌荒れ

妊娠をきっかけに、肌荒れした人もいれば、逆にしなくなった人もいるようです。

これは、ホルモンバランスの変化や、体調不良などのストレス、吐き気などによる食生活の変化が原因になると考えられます。
なかには、口内炎になったという人もいるようです。

急にニキビができた。

妊娠中の肌荒れについて詳しく知る>>
妊婦の肌荒れには原因があった!症状別の対策方法まとめ

食べ物の好みの変化

妊娠によって、食べ物の好みが変化したという話もよく聞くのではないでしょうか。

これもつわりの一種と考えられています。
基本的には、食べたいものを食べていれば問題はありませんが、妊娠中にNGとされる食材はとらないよう注意しましょう。

しょっぱいものが好きだったんだけど、妊娠したらやたら甘いものがほしくなった。

妊娠中の甘いもののとり方をチェックする>>
【管理栄養士監修】妊娠中、甘い物を食べる前に知っておきたい4つのこと

食欲がなくなる

妊娠で食欲がわかなくなる、というケースも多いようです。

食欲の変化は、つわりが関係すると考えられています。
早い人だと、生理の遅れに気づいたくらいのタイミングで、食欲が落ちるケースも…。
栄養バランスを考えるより、まずは水分補給しつつ、食べられそうなものを食べるようにしましょう。

急激に食欲がおちて、メニューを考える気力もなかった。

妊娠初期の食欲の変化はこちらもチェック>>
妊娠初期に食欲がない?増える?原因と対処法まとめ

頭痛

妊娠で頭痛を感じる人もいるようです。

妊娠中の頭痛は、ホルモンバランスの急激な変化によって自律神経が乱れ、血管の収縮・拡張の調整がうまくいかずに起こると感がられます。
ストレスで起こることもあれば、妊娠高血圧症候群が原因になっている場合もあるため、症状が続くようであれば一度専門家に相談してみましょう。

いままで頭痛とかなかったのに、ズキズキとした症状が続いた。

妊娠初期の頭痛の対処法はこちら>>
【医師監修】妊娠初期に頭痛がひどい時の対処法は?吐き気もあるけど薬飲める?

吐き気

妊娠初期は、やはり吐き気を感じる人もいるようです。

妊娠中の吐き気の原因は、hCGホルモンの影響によるものと考えられています。
また精神的ストレスも、吐き気を引き起こすトリガーとなるようです。

ムリをせず、疲れたらなるべく安静にするようにしましょう。

吐き気が続いたからもしや…と思って検査薬を使ったら、うっすらと陽性がでた。
うれしい反面、これがしばらく続くのかと思うとちょっとブルーになった。

吐きつわりについて詳しく知る>>
吐きつわりはどうしたら軽くなる?吐き気の原因と対処法まとめ

げっぷ

妊娠によってげっぷがでやすくなったという人もいます。

妊娠中のげっぷは、筋肉をゆるめるプロゲステロンのはたらきによって、胃や食道がゆるんで空気が入り込みやすくなるため起こるようです。

食べ過ぎや、よだれつわりでひんぱんに唾を飲みこむことも要因となりえます。

夜、横になるとげっぷが出て、ノドがつまった感じで寝つきが悪くなった。

げっぷのおさえかたについて詳しく知る>>
つわりでげっぷが止まらない!楽になる出し方と予防方法

むくみ

妊娠によって、むくみやすくなったと感じる人もいるようです。

妊娠中にたくさん分泌されるプロゲステロンには、水分や老廃物をためこむ性質があるため、むくみやすくなります。

また体調不良がでやすい妊娠初期は、運動不足になりやすく、ますますむくみが起こりやすいようです。

体に負担のかからないストレッチをおこなうなどして、むくみ対策をするとよいでしょう。

仕事が終わったとき足がパンパンに!
腎臓が悪いのかと心配してたけど、生理もきてなかったのでチェックしたら妊娠してた。

妊娠初期のむくみ対策に>>
妊娠初期のストレッチは大丈夫?NGな運動とオススメ5選

だるさ、疲労感

だるさや疲労感も、妊娠初期症状のひとつのようです。

妊娠初期には高温期が続くため、自然と体がだるくなってしまうようです。
なるべく消耗しないようゆっくり休み、脱水症状がおこらないよう水分補給を心がけましょう。

めちゃくちゃダルくて、家事はサボりまくった。

妊娠初期のだるさや疲労感について詳しく知る>>
つわりで発熱する?妊娠初期にだるさが続く原因と対処法!薬は大丈夫?

出血

妊娠初期には、出血の症状があらわれることもあります。

妊娠初期は、通常なら生理出血がくる時期なのですが、いつもの月経より血の量が少なかったり、色が違っていたりするようです。

着床出血をはじめ、少量の出血なら問題ないことも多いですが、自己判断は危険
早めに専門医を受診することをおすすめします。

生理予定日より何日も前に、すこしだけ出血があった。
いま思えば、あれって着床出血だったのかも。

着床出血ってなに?>>
【医師監修】着床出血のタイミングや期間は?痛み・色・量や生理との違いまで紹介!

貧血

貧血の症状も、妊娠初期に感じることがあるようです。

妊娠中は、血液量が増えることで血が薄くなったり、赤ちゃんに優先的に栄養を送ることで、貧血状態になりやすくなります。
またホルモンバランスの変化から自律神経が乱れたり、つわりで十分な栄養がとれないことも原因になるようです。

急に倒れたりすると危険なので、フラフラしたらムリをせず、食事やサプリメントから栄養を補給しましょう。

ふだん丈夫なのに、フラフラとめまいのような症状があった。

妊娠初期の貧血について詳しく知る>>
【医師監修】妊娠初期の貧血症状の原因・対策方法とは?赤ちゃんの影響は?

【番外編】こんな症状がある場合も…

なかには、こんな変わった症状があらわれる人もいるようです。

  • 髪がパサつく:赤ちゃんに優先的に栄養や水分が送られるためと考えられる
  • 歯が痛む:ホルモンバランスの影響により、神経が過敏に反応する現象で、「妊娠性歯痛」と呼ばれる
  • 変な夢をみる:科学的な説明はつかないが、怖い夢やリアルすぎる夢など、様々な夢をみたという報告がある

妊娠初期症状と生理前症状との違いは?

妊娠初期症状と生理前症状との違いは?

先輩ママが経験した妊娠初期症状は、生理前症状(PMS)とまぎらわしく感じられるかもしれません。
この2つには違いはないのでしょうか?

実は、妊娠か生理前か判断するのに大きなヒントになるのが「基礎体温」の変化です。

基礎体温の変化で妊娠の兆候を知る

一般に、高温期が14日以上続く場合は、妊娠している可能性があります。

基礎体温をつけている人は、いつもより高温期が長く続いている場合、妊娠の可能性を疑ってもよいでしょう。

ずっと高温期が続くのではなく、いったん体温が下がったのち、また上がっていくという経験をする人もいるようです。(インプランテーションディップ)

いずれにせよ、妊娠初期症状かどうか感覚のみで判断するより、基礎体温をはかっておいた方がより確実な判断ができそうです。

妊娠初期症状と生理の違いについてはコチラもチェック>>
生理が遅れてるけど妊娠してる?気になる兆候と確かめる方法

先輩ママ3人の妊娠初期体験談 ~ついに!?の瞬間から妊娠確定まで~

先輩ママ3人の妊娠初期体験談 ~ついに!?の瞬間から妊娠確定まで~

ここまで見てきたように、妊娠に気づいたタイミングや妊娠初期症状の出方は人それぞれ。

もっと具体的に知るには先輩ママたちに聞くのが一番です!

現在子育てに奮闘する3人のママたちに、妊娠初期のエピソードを聞いてみました。

体験談1.胃も心も別人に…(モチコ/コミックエッセイスト)

第二子の妊活中、検査薬もまだ試せないタイミングで「私、妊娠してるかも!」と思った症状が、胃もたれ&食欲不振

普段胃腸はものすごーい丈夫で、食欲がなくなることなんてほぼない私…。
そんな私に胃の不調が現れ、「あ、これはつわりが始まったな…」と思いました。

さらに、自分でも引くほど情緒不安定に!
すぐ泣きすぐ怒り、そんな自分に嫌気がさしてまた泣き……という負のループ。

その数日後、検査薬を使うとばっちり陽性でした!
本格的なつわりに、情緒不安定も加速!
妊娠前の自分とは、胃も心も別人になりました。

モチコさんの妊娠初期コラムを読む>>

体験談2.受精した感覚が!?検査前からつわり状態…(38歳/主婦)

二人目がどうしても欲しくてタイミングを合わせたのもあってか、翌日には成功した感覚と、車酔いのような気持ち悪さがありました。

それから吐くほどではないもののつわりの症状が続いて、検査薬を使う前から確信がありましたね。

長女の存在でまぎれる部分もありましたが、土日にほんの少ししか家事に協力してくれない夫にイライラしがちでした。

有名ブロガーの妊娠初期コラムを読む>>

妊娠初期(妊娠2ヶ月~4ヶ月)のママと赤ちゃんの体はどう変わる?

妊娠初期(妊娠2ヶ月~4ヶ月)のママと赤ちゃんの体はどう変わる?

妊娠の可能性があるなら、心の準備のためにも赤ちゃんの体がどう変化していくのか気になりますよね。

妊娠初期である妊娠2ヶ月~4ヶ月の変化を、1ヶ月毎にみていきましょう。

赤ちゃんの成長

妊娠2ヶ月 妊娠3ヶ月 妊娠4ヶ月
赤ちゃんの様子
  • 胎嚢(たいのう)が確認できる胎芽期
  • しっぽやエラが消え2頭身の人間らしい姿に変化
  • 脳・神経・内臓・手足・目・鼻などが作られる大切な器官形成期
  • 胎芽から胎児へ
  • 3頭身に成長
  • 骨格や内臓が発達
  • 羊水を飲んで尿を排せつ
  • 赤ちゃんの頭殿長(CRL)からより正確な出産予定日を算出可能
  • ふっくらしてきて赤ちゃんらしさがでてくる時期
  • エコー検査で動きがみえることも
  • 15週ころの胎盤完成でへその緒から栄養をもらうように
  • 男女の外性器もほぼ完成
ママの変化 ママの体
  • 熱っぽさ
  • 身体のだるさ
  • 風邪のような症状
  • 胃のむかつきや吐き気
  • 貧血
  • 子宮は大人のこぶし大
  • つわりのピーク
  • おりもの増加
  • 頻尿と便秘などの症状も
  • 子宮はグレープフルーツ大から新生児の頭大くらいに変化
  • 基礎体温は低温期へ
  • 15週になると胎盤が完成し、つわりがおさまる人が多い
ママの心
  • 気分の落ち込みやイライラ、突然泣いてしまうといった情緒不安定
  • 集中力が落ちる
  • 食欲低下
  • 不眠
  • 引き続き不安定になりやすい
  • つわりが落ち着き食欲が戻ったり、体温が下がりだるさから解放されるため、精神的にラクになってくる

この時期赤ちゃんは受精卵から体の大事な部位がどんどん作られ、人の形になっていきます。

またママの体調はつわりによって不安定なことが多いですが、妊娠初期の終わりごろには心身共に落ち着く人が多いようです。
しかしこれも人それぞれで、もっと長くつわりの症状がある人もいれば、つわりをほとんど感じることなく安定期に入る人もいます。

月ごとにもっと詳しく知る>>
>>妊娠2ヶ月
>>妊娠3ヶ月
>>妊娠4ヶ月

妊娠初期に気を付けるべき5つのこと

妊娠初期に気を付けるべき5つのこと

妊娠の可能性が高いとなったら、先輩ママたちはどのように過ごしていたのでしょうか。

赤ちゃんの部屋が実施したアンケートによると、妊娠初期に気を付けたことは次のようになりました。

Q.妊娠が発覚したとき、何にもっとも気をつかいましたか?

やはり赤ちゃんの体を気遣い、食事・薬・お酒やたばこなど体に直接入れるものについて気を付けた、という回答が多数を占めています。

では具体的に、どのように気を付けたらよいのか項目別にみていきましょう。

1.食事

1.食事

妊娠中は、栄養のバランスに気を配りつつ、食中毒になりづらい安全な食生活を送るよう心がけましょう。

体の抵抗力が落ち、寄生虫や菌のリスクを受けやすくなっている妊婦さんは、基本的には生肉や生卵といった生の食材は控えるべきです。

妊娠中のNG食材例を、つい見落としがちな食品とともにあげてみました。
これを参考に、健康的な毎日を送ってくださいね。

【妊婦さんのNG食材例】

  • 生ハム
  • レアステーキ(牛、豚、鶏、ジビエ含む)
  • 肉や魚のパテ
  • スモークサーモン
  • ナチュラルチーズ(ブルーチーズ、カマンベールなど)
    ※加熱殺菌していないナチュラルチーズには、リステリア菌が潜んでいる危険性あり
  • 水銀が多くふくまれている魚
    ※代表例:ミナミまぐろ、マカジキ、キダイ、キンメダイ、クロマグロ、メバチマグロ
  • 刺身・魚卵
    ※妊娠中はなるべく加熱処理を!
とにかくなるべく火を通すように気をつけてました。
チーズでもダメなやつがあるのは盲点でした。

妊娠中のNG食材について詳しく知る>>
【医師監修】「妊婦さん必読!」妊娠中に食べてはいけないもの・注意すべき食品は?

2.薬

2.薬

妊娠している可能性がある場合には、頭痛や腹痛といったツライ症状があったとしても、自己判断で市販薬を飲むことはやめておきましょう

赤ちゃんの中枢神経が作られる妊娠4~9週はとくに、薬の影響で赤ちゃんの形態異常を引き起こすリスクがあります。
すべての薬が悪影響をおよぼすわけではありませんが、もし持病の薬などがある場合には、妊娠が確定していなくても、早めに主治医に相談してください。

なお、妊娠の状況をよく把握している産婦人科で処方された薬は、飲んでOK
飲まないことで逆にママと赤ちゃんによくない場合もあるので、どんな薬なのかよく説明をきいたうえで服用しましょう。

風邪っぽい症状があったけど、妊活してたので念のため薬は飲まず乗り切ることに。
あとで妊娠がわかったとき、飲まないでてよかったと安堵!

妊娠初期の薬について詳しく知る>>
妊娠初期に気付かず風邪薬を飲んだ場合どうすればいい?影響は?

3.アルコール・タバコなどの嗜好品

3.アルコール・タバコなどの嗜好品

アルコールやタバコといった嗜好品は、妊娠中は厳禁です。

アルコールは、赤ちゃんの発育不良の原因になります。

もっと怖いのはタバコで、血流が悪くなることで赤ちゃんに栄養や酸素が届きにくくなり、流産や早産、低体重児の出生リスクが高まります
ニコチンやタールといったタバコに含まれる中毒物質のせいで、胎盤組織が壊死して胎盤早期剥離になり、最悪赤ちゃんが死亡するケースもあるのです。

出産後、授乳が落ち着くまでは、酒とタバコは控えましょう。

コーヒーは大丈夫?

コーヒーについては、とり過ぎるとカフェインの影響で血流が悪くなり、おすすめできませんが、1日1~2杯ほどなら問題ないといわれています。
紅茶や日本茶もカフェインが含まれるため、注意が必要です。

気になる人や日に何杯かコーヒーを飲みたいという人は、カフェインレスコーヒーに切り替えることを検討しましょう。
ノンカフェインのお茶もおすすめです。

副流煙が心配なので、妊娠を機にダンナにも禁煙してもらった。
はじめはイライラしたけど、禁煙のせいか妊娠のせいか分からなかったかも。
お酒とタバコをやめたぶんお金もかからなくなり、養育費にまわせて一石二鳥!

妊娠中の飲酒について詳しく知る>>
妊娠発覚前の飲酒!妊娠初期のアルコール、赤ちゃんに影響はある?
妊娠中のタバコについて詳しく知る>>
妊娠中のタバコによる赤ちゃんへの影響について

4.仕事

4.仕事

妊娠中は、仕事にも気をつけたいところです。

妊娠初期はとくに出血しやすい時期でもあるため、力仕事や重労働、激しい動きのある仕事は控えましょう
また転倒リスクのあるバイクや自転車に乗る仕事も、やめておいたほうが無難です。
夜勤もおすすめできません。

仕事内容以外では、通勤にも注意しましょう。
満員電車での通勤は、体調を崩しやすい妊娠初期にはツライものです。
妊娠中の通勤緩和措置は、男女雇用機会均等法などの法律に定められているので、出社時間を遅らせたり短くできないか、いちど職場にかけあってみましょう。

参照:厚生労働省「働く女性の母性健康管理措置、母性保護規定について」

満員電車がきつかったので、上司と相談のうえ、1時間出社を遅らせてもらうことに…。
座って通えたので、調子の悪いときは休みつつ、産休に入るまでなんとか仕事を続けられた。

妊娠初期の仕事について詳しく知る>>
妊娠初期で報告前の仕事はどうする?気をつけることは?

5.服装

5.服装

妊娠初期は目立った体型の変化はないとはいえ、服装にも注意が必要なケースがあります。

まず、ヒールの高い靴は、転倒リスクがあるため危険です。
スニーカーやローファーなど、なるべくかかとが低くて歩きやすいシューズを履くようにしましょう。

また下着をはじめとした着衣は、締め付けの少ないタイプのものがおすすめ。
体を圧迫してしまうと血流がとどこおり、赤ちゃんに酸素や栄養が届きにくくなる場合があるためです。
ママ自身にとっても、ゆとりのある服装のほうが、つわりや頭痛といった症状を緩和できる可能性があります。

同時に、体を冷やさないよう注意を払うことも大切です。

マタニティウェアの準備は、妊娠初期のおわりにし始める人も多いでしょうが、長く着用できるタイプのものを早めに購入しておくのもよいでしょう。

マタニティウェアのかわいいワンピースにひと目ぼれ。
まだ早いかなと思いつつフライングしてさっそく着用してたところ、思いのほか快適だった。
そのせいかはわからないけど、なんだかんだ体がラクだった気がする。

妊娠初期の服装選びについて詳しく知る>>
妊娠初期の服装はどう選べばいい?知っておくべき注意点は?

今からでも摂るべき栄養素「葉酸」

今からでも摂るべき栄養素「葉酸」

妊娠初期の今だからこそ意識的にとりたいのが「葉酸」です。
葉酸は、現時点で唯一「先天性障害を予防する」栄養素です。

妊娠の1ヶ月前から妊娠12週までに積極的にとることで、神経管閉鎖障害という先天性障害の発生リスクを7割も下げることができます。

参照:順天堂大学医学部「葉酸サプリメントは神経管閉鎖障害の発生リスクを低くする」

厚生労働省は、とくに妊娠初期において普段の食事からとるのにプラスして、サプリメントから400㎍の葉酸をとることを推奨しています。

おすすめの葉酸サプリは、つぎの商品です。

1.メルミー葉酸サプリ

合成葉酸 400㎍
  • 鉄分 15mg
  • カルシウム 241mg
  • ビタミンC 130mg
  • ミネラル
  • 産婦人科のドクター監修!安心の葉酸サプリ
  • 妊婦さんの必要栄養量を管理栄養士がコントロールして配合!
  • たんなる健康食品ではなく、厚労省お墨付きの「栄養機能食品」
単品 定期 定期解約
6,580円 初回2,980円
2回目~3,980円
いつでも可
工場 飲みやすさ 安全性
GMP認定 9mm 残農薬テスト
放射性物質テスト

メルミー葉酸サプリ販売サイト

2.はぐくみ葉酸

合成葉酸 400㎍
  • 鉄分
  • カルシウム
  • ビタミン
  • ミネラル
  • アミノ酸
  • 天然派!オーガニックレモン配合の葉酸サプリ
  • 1日分に必要な合成葉酸をしっかり配合!あわせて鉄分、ミネラル、ビタミンも添加
  • お手頃価格で定期購入の回数縛りなし!返金保証も付いてはじめやすい
価格 単品:6,980円
定期購入初回:1,980円(2回目以降は3,980円)
定期コースはいつ解約できる? いつでも解約可

はぐくみ葉酸販売サイト

妊婦さんにおすすめの葉酸サプリについて詳しく知る>>
【妊活・妊娠中におすすめの葉酸サプリ10選】効果は?いつから飲む?

妊娠中期以降でサプリメントはとくに推奨されていません。
しかし葉酸は赤ちゃんの発育や血液を作るのにとても大切な栄養素です。
バランスのよい食事を心がけながら、意識的に摂るようにしましょう。

食品からとれる葉酸量は、つぎの図のような目安になっています。
推奨量を食品だけでまかなうのはなかなか難しいので、やはりサプリメントを活用するのが得策でしょう。

100グラムあたりの目安量

葉酸がとれる食品について詳しく知る>>
【医師監修】「葉酸の多い食べ物ランキング」妊娠中におすすめ食品まとめ

妊娠初期のやることリスト

妊娠初期のやることリスト

妊娠したかもしれない、それは嬉しい一方で「これから何をしたらいいの!?」という戸惑いもあるのではないでしょうか。
そこで今やっておくべきことのリストを用意しました!

あわてる必要はないので、まずはじっくりリストを読んで、ひとつずつ準備をしていきましょう。
※参考のために、妊娠中期以降の内容も載せてあります。

時期 やること タイミング
妊娠初期 生理予定日から1週間たったら、妊娠検査薬でチェックする 妊娠5週~
妊娠検査薬が陽性なら、産婦人科を受診
※風疹の抗体検査など各種検診も受診
妊娠6週~
母子手帳をもらう
※自治体の助成金なども確認
妊娠8週~
直属の上司に報告 妊娠4週~19週めやす
定期的に妊婦健診を受ける 4週間に1回
分娩したい産婦人科をチェックする
※分娩方法・分娩費用もあわせて調査
なるべく早めに
旅行の計画があれば見なおしも検討を! なるべく早めに
部屋などの環境をどうするか考えておく ~妊娠15週
※体調をみながら
マタニティウェアを準備する ~妊娠15週めど
妊娠中期 引き続き妊婦健診を受ける 妊娠23週までは4週間に1回
妊娠24週~35週は2週間に1回
妊娠線のケアをはじめる 妊娠16週~
ヨガやウォーキングといった運動で出産に向けた体力づくりをする 妊娠16週~
※体調をみながら
必要に応じてマタニティウェアを買い足す 妊娠16週~
※体調をみながら
住環境を整える
※赤ちゃんのスペースを作ったり、場合によっては引っ越しする
妊娠16週~
※体調をみながら
気が向いたら母親学級(両親学級)に参加してみる 妊娠16週~
※体調をみながら
虫歯の治療をしておく 妊娠16週~
※体調をみながら
復職予定のママは、保育園探しをはじめる 妊娠16週~
※体調をみながら
たまには外食などで夫婦水入らずの時間をもつ 妊娠16週~
※体調をみながら
赤ちゃん用品を準備する 妊娠24週~
※体調をみながら
美容院へいっておく 妊娠27週ごろ
妊娠後期 引き続き妊婦健診を受ける 妊娠35週までは2週間に1回
妊娠36週~出産までは1週間に1回
引き続き妊娠線クリームでおなかを毎日ケアする 妊娠28週~
入院・出産に必要なものを準備する 妊娠28週~

生理予定日から1週間たったら、妊娠検査薬でチェックする

もし生理予定日から1週間たった状態、つまり生理が1週間遅れている場合には、妊娠検査薬でチェックして、妊娠の可能性を確認してください。

これより前にフライング検査してしまった人は、正確な判定ができていない可能性が高いため、再度チェックするとよいでしょう。

一般的なタイプの妊娠検査薬は、妊娠3~4週目では正しくチェックできず、5週目以降から使えるようになります

妊娠検査薬の種類や使いかたをチェック!>>
【医師監修】妊娠検査薬はいつから反応する?最短は?フライング検査では?

妊娠検査薬が陽性なら、産婦人科を受診

妊娠検査薬のチェック結果が陽性なら、産婦人科を受診しましょう。

妊娠検査薬は、妊娠すると大量に分泌されるhCGホルモンを測定しているだけのもののため、本当に(正常に)妊娠している状態かはわからないためです。

妊娠検査薬で陽性がでたら、妊娠5~6週目ごろに産婦人科を受診するのが一般的です。
すでにリサーチ済なら、じっさいに分娩予定の産婦人科を受診すればよいですが、未調査であれば、近所やかかりつけの婦人科でも構いません。

遅めに婦人科受診する人もいる?

いっぽうで、赤ちゃんの心拍が確認できる妊娠8週目の頃まで待って受診するケースもあるようです。
これは妊娠が病気ではなく、健康保険適用外の自費診療となり、費用がかさんでしまうため。

妊娠8週目で赤ちゃんの心拍が確認できると、妊娠の確定診断がおり、役所に届け出ることで診察料の補助を受けられるようになります。

しかし子宮外妊娠といったトラブルを早期発見する意味でも、赤ちゃんの胎嚢がはっきり確認できる妊娠6週目ごろに、いったん専門医を受診しておくのがおすすめです。

妊娠の初診について詳しく知る>>
【医師監修】妊娠したら初診はいつ頃?タイミングや費用・検査内容とは

風疹の抗体検査など各種検診もしておいたほうが安心

万が一風疹の予防接種を受けているかはっきりしない場合には、急いで抗体検査を受けましょう。

妊娠初期の妊婦さんが風疹にかかると、精神や身体に発達障害をもった赤ちゃんが産まれる可能性があります。

妊娠中は風疹の予防接種自体は受けられません。
妊娠を希望している人は、こうなる段階の前に、あらかじめ抗体検査や予防接種を受けておくべきであることはいうまでもありません。

プレママドッグを受けていない人で、余裕がある場合には、子宮がん・乳がん・感染症などの検診をしておくと、もしもの場合に備えられます。

参照:NIID 国立感染症研究所「風疹Q&A」

風疹抗体のほか、血液検査でわかることをチェック!>>
【医師監修】妊婦健診の血液検査で病気がわかる?項目や費用など詳しく解説

母子手帳をもらう

産婦人科を受診し、赤ちゃんの心拍が確認できると、妊娠の確定診断がおります。

この段階でドクターから渡される「妊娠届出書(※)」を管轄の役所に届け出ることで、母子手帳をもらうことができます。

母子手帳には、妊婦健診補助券がついてきます。

※妊娠届出書は、地方自治体によっては産婦人科でもらうのではなく、管轄の役所で交付を受けるケースもあります。

母子手帳のもらいかたをチェック!>>
母子手帳はいつ、どこでもらえばいい?紛失や里帰りはどうすれば?

自治体の助成金や母親学級(両親学級)などを確認

妊婦健診補助券は、管轄の自治体がおこなう、妊婦さんに対する助成金制度です。
補助金額は、自治体によってまちまちです。

また、自治体主催の母親学級(両親学級)といった催しもされています。
自治体にもよりますが、妊娠中から出産後まで、幅広く集う場が設けられているので、息抜きがてら参加を検討してみるとよいでしょう。

なお妊婦健診の費用や、分娩費用は、医療費控除の対象となります。
税金がすこし戻ってくることが多いので、忘れずに確定申告するようにしましょう。

妊婦健診の助成制度について詳しく知る>>
妊婦健診って何をするの?助成金の申請の仕方は?

直属の上司に報告

仕事をしている人は、直属の上司への妊娠報告を検討しましょう。

現在の風潮としては、妊娠2~3ヶ月くらいまでの早めの時期に職場への妊娠報告をしているケースが多いようです。

赤ちゃんの部屋調べによると、インターネットを使った妊婦さん500名へのアンケート調査の結果、妊娠2ヶ月で職場へ報告した人は38.8%、妊娠3ヶ月の人は32.8%にものぼりました。
なかには妊娠超初期で報告した(6%)、なんて人も…。

早め報告の風潮がある理由

妊娠初期は、心身ともに不安定になりがちです。
つわりなどで体調が悪く、思ったように仕事ができなくなったり、場合によっては切迫流産で緊急入院なんて人もいるでしょう。
ムリのきかない大事な時期でもあるため、なにより身体を大切にする必要もあります。

上司に早めに報告しておけば、万一のさいのバックアップ体制をあらかじめ整えられ、会社としても動きやすくなります
そのぶん業務に支障をきたしにくくなるでしょう。

ただし、妊娠初期は流産の可能性も高いため、周囲への報告は妊娠16週目以降の安定期に入ってからしたいと考えているのであれば、もちろんそれもありでしょう。

報告の時期は、自分の身体や職場の状態などを十分に検討したうえで決めましょう。

みんなはいつくらいに妊娠報告してるのかチェック!>>
妊娠発覚後83.4%が仕事を続けたが出産までに退職した人は65%!【赤ちゃんの部屋調べ】

定期的に妊婦健診を受ける

定期的な妊婦健診は忘れずに受けましょう。

赤ちゃんとママの健康を守るためには、専門医による定期的なチェックは欠かせません。
妊娠3~6ヶ月までは、だいたい4週間ごとに健診を受けます。

地方自治体から配られる補助券も忘れずに利用しましょう。

妊婦健診について詳しく知る>>
妊婦健診の費用は?何回するの?補助券のもらい方は?

分娩したい産婦人科をチェックする

なるべく早めの段階で、じっさいに分娩したい産婦人科をチェックしておくことをおすすめします。

初診の段階では、産婦人科の調査が不十分だったり、まったくしていなかったりで、とりあえず近場やかかりつけの婦人科へいく場合もあるでしょう。
しかしいざ出産となると、分娩方法などに自分なりのこだわりがあって、なるべくそれに添いたいと思うものです。
受診した産婦人科が、希望の分娩方法に対応しているとは限りません。

産婦人科を転院したい場合には、妊娠経過や検査結果を共有するために、現在通っている産婦人科に紹介状を書いてもらう必要があります。
評判や口コミといった情報もあわせ、早めに調査しましょう。

産婦人科の選びかたについて詳しく知る>>
【産婦人科の選び方】出産に良い産院とは?決め手を紹介!

分娩方法を調べておく

まずは、どういった分娩方法があるか調べておきましょう。

「これだ!」という分娩方法が見つかれば、ポイントがしぼられ、産院を選びやすくなります。

分娩方法の一例をあげると、イスに座った状態で行う座位分娩や、水中で行う水中分娩、痛みを軽減するために局所麻酔を使う無痛分娩などがあります。

家族が出産に立ち会える立ち会い出産も人気ですが、どこの病院でもできるわけではありません。
希望する場合には対応している産院を調べましょう。

出産は、長い人生のなかでも体験できる機会は限られています。
後悔のないよう、なるべく自分の意向にそった方法でできればよいですね。

分娩方法について詳しく知る>>
【医師監修】自然分娩とは?無痛分娩と違うの?いろいろな分娩方法まとめ

分娩費用もよく確認を

分娩方法と、それに対応している評判の良い産院を調べるとともに、分娩費用もよく確認しておきましょう。
分娩費用は、産院によってまちまちです。
思いのほか高額でいざというときにバタバタ…なんてことがないよう、入念に確認を!

分娩費用の足しになる!出産一時金について詳しく知る>>
出産一時金(出産育児一時金)の申請方法や支給額、条件などまとめ

旅行の計画があれば見なおしも検討を!

妊娠中に旅行に行く計画がある場合には、見なおすことを視野に入れて再検討しましょう。

妊娠中は不安定な時期です。
旅先では環境が変わることがストレスとなり、予想外の事態が起こることも考えられます。
旅先の病院では対応しきれず、万が一のことがないとも限りません。

出産前にどうしても旅行にいきたいのであれば、安定期に入った妊娠中期がよいですが、あくまで自己責任で、ということになります。

妊娠中の旅行について詳しく知る>>
妊娠初期の旅行は大丈夫?妊婦さんの旅行、注意点を妊娠段階ごとに紹介!

部屋などの環境をどうするか考えておく

まだ少し先の話ですが、出産後の住環境をどうするか、考えておくとよいでしょう。

お住まいのご近所は、赤ちゃんを育てやすい環境でしょうか?
また室内は、子育てスペースを確保できる状態でしょうか?

とりあえず不用品をなるべく捨てるなど、部屋の環境をすこしずつ整えてみましょう。
場合によっては、引っ越しを検討したほうがベターというケースもあるかもしれません。

お腹が大きくなってからでは思ったように動けませんが、妊娠初期は体調的にも不安定なので、ムリは禁物。
少しずつ情報収集をしつつ、実際に行動に移すのは妊娠中期の安定期に入ってからがよいでしょう。

赤ちゃん部屋のステキなインテリアについてはこちら>>
整理収納のプロから学ぶ!初心者ママ必見!赤ちゃん部屋作りにおすすめなインテリア7選

マタニティウェアを準備する

ママの体がふっくらしてくる妊娠中期になる前に、マタニティウェアを準備しておきましょう。

ゆったりとしたマタニティウェアは、妊娠初期から着用するのもおすすめ。
ムリをして窮屈な服を着ていると、つわりや頭痛、腹痛といったマイナートラブルや、赤ちゃんに十分な酸素や栄養がいかなくなってしまう可能性があります。

授乳口がついたものや、おなかまわりを紐で調節できるタイプのマタニティウェアなら、産後まで長く使えて重宝するでしょう。

なるべく節約したいという方は、無印やユニクロなどのファストファッションの利用も◎。
ご主人の大きめトレーナーを借りるという方法もあります。

マタニティウェアのコーデについて詳しく知る>>
マタニティワンピースのおすすめ15選!おしゃれコーデ例・おすすめ通販も

妊娠中期以降も、出産までのスケジュール感を把握しておくと安心

妊娠初期のうちに、妊娠中期以降のだいたいのスケジュールをチェックしておきましょう。

そうすることで、先々の予定が立てやすく、いざというとき慌てずにすみます。

妊娠中期・後期にどんなことをやればよいのか、より詳しく知りたい場合は、以下リンク先からご確認ください。

妊娠中期・後期のスケジュールってどんな感じ?>>
妊娠中期の過ごし方!胎児の成長やママの体の変化は?
妊娠後期にやっておきたいことや注意点はある?胎児の様子は?

妊娠中のやることリストを月齢ごとにチェック!>>
【完全保存版】妊娠したらやることリスト!先輩ママの「やっておけばよかった」を一挙公開!

妊娠初期ママの不安や疑問Q&A

妊娠初期ママの不安や疑問Q&A

ここからは、妊娠初期のママが疑問に思うであろうことをまとめていきましょう。

病院・診察に関する3つの疑問

最初に行く病院は産婦人科ならどこでもいいの?
DrBaby
実際に出産したい産院をまだ調べていないというヤツは、とりあえず近場やかかりつけの産婦人科でもかまわんぞ!
紹介状を書いてもらえば、転院できるからな!

出産したい産院が決められず、それによって初診がズルズル伸びてしまうと、ママと赤ちゃんの健康チェックが遅れることも。

途中で転院するのが気まずいのであれば、初診ではあえて分娩対応をしていない婦人科を受診する方法もあります。

妊娠時の病院選びについて詳しく知る>>
妊娠検査薬が陽性だった!いつ産婦人科を受診すべき?

身内にはいつ言おう?
DrBaby
ダンナには真っ先に言うべきだな!
タイミングはキミ次第だが、検査薬で陽性反応が出たらダンナに報告するというヤツが多いぞ!

まずご主人へは、誰よりも先に報告して、幸せを分かち合いましょう。

ご両親への報告は、両家の報告タイミングを合わせるほうが、あとあともめないで済みます!
両実家へは、すくなくとも妊娠の確定診断がおりて、母子手帳をもらった以降の報告がベターでしょう。
旦那様とよく相談のうえ、慎重に決めてくださいね!

妊娠報告のタイミングについて詳しく知る>>
妊娠報告はいつがいい?両親や職場、友人への報告タイミング

出生前診断っていつから受けられるものなの
DrBaby
検査によって受けられる時期が違うが、早いものだと妊娠10週目くらいからできるものもある!
なかにはリスクがある検査や、精度が高くないものもあるので注意だ!

出生前診断には、精度の高い「確定的検査」と、精度の低い「非確定的検査」があります。
受けるのに資格が必要な検査や、妊娠初期の限られた時期しかできない検査もあるので、気になる人は妊娠の確定診断がおりたタイミングでドクターに確認してみましょう。

出生前診断について詳しく知る>>
【医師監修】出生前診断(NIPT)費用や精度、条件は?デメリットはある?

赤ちゃんの健康リスクに関する6つの疑問

妊娠中にピルを飲んじゃったんだけど大丈夫?
DrBaby
短期間の服用ならまず心配ないぞ!
ただし、飲み続けると血栓ができて赤ちゃんへ影響がでることもあるから、ドクターに相談だ!

妊娠中のピルについて詳しく知る>>
妊娠に気付かずピルを飲んでいた…赤ちゃんへの影響はある?

このあいだお酒やたばこをすってたんだけど赤ちゃん大丈夫?
DrBaby
アルコールは1日で代謝されるから、ビール1杯程度ならまず大丈夫だ!
タバコはアルコールより毒性が強い!
吸い続けると赤ちゃんに栄養や酸素がたっぷり行きわたらないから、妊娠に気付いたらすぐやめてくれ
コーヒーをたくさん飲んだけど大丈夫?
DrBaby
カフェインには、赤ちゃんの成長を遅らせるというリスクがある!
しかし1日1~2杯程度なら許容範囲なので、大量にとり続けたのでなければ気にせずともよいぞ!

妊娠中のカフェインについて詳しく知る>>
妊娠初期のカフェインはNG?コーヒーを飲んでしまったけど大丈夫?
妊娠中のカフェインについて詳しく知る>>
ノンカフェインのお茶一覧!妊婦に優しいのはどの種類?

X線検査受けちゃったけどどうしよう?
DrBaby
安心しろ!
X線検査やレントゲン撮影を1枚2枚したところで、おなかの赤ちゃんにはほとんど影響ないぞ!
一般の検査の放射線量は微々たるものだからな!

妊娠中のレントゲンの影響は?>>
【医師監修】妊娠に気づかずにレントゲンを撮っちゃった!赤ちゃんに影響は?

この間セックスしたんだけど大丈夫?
DrBaby
清潔でノーマルなやつなら、妊娠中にいたしてもかまわんぞ!
流産などの危険性はほとんどないことがわかっているからな!
ただし腹痛や不正出血があるときは、ムラムラしても念のため控えておけ!

妊娠初期のセックスについて詳しく知る>>
妊娠初期にセックスしても大丈夫?痛みや感染症のリスクを解説!

薬を服用したけど大丈夫?
DrBaby
妊娠3週の、着床前までの服用なら問題ない!
それ以降でも、ふつうの風邪薬ならほとんど影響ないといわれておるが、抗がん剤や抗てんかん薬はヤバいかもしれん!
まずはドクターに相談だ!

自分の体に関する11つの疑問

出産予定日はいつになる?
DrBaby
出産予定日は、最終月経開始日+280日、もしくは排卵推定日+266日だ!
ただし妊娠3ヶ月くらいになると、赤ちゃんの大きさをもとに、もっと正確な出産予定日が割り出せるぞ!

出産予定日の判断につかう赤ちゃんの部位は、頭からお尻までの長さ、つまり頭殿長(CRL)です。

出産予定日について詳しく知る>>
妊娠周期ってなに?排卵日との関係は?出産予定日までの数え方まとめ

すごく偏食なんだけど、変えなきゃダメだよね?
DrBaby
おなかの赤ちゃんのことを考えたら、食事の栄養バランスには気をつけたいところだな!
しかし気にし過ぎてストレスになってもいかん!
妊娠中のNG食材に気を配りつつ、不足の栄養分はサプリメントで補ってみるといいかもしれんぞ!

妊娠中の食事は、基本的に生ものはNGです。
また水銀が多い魚も注意したほうがよいといわれています。

妊娠したら気をつけたい食事の話はこちら>>
妊娠初期から気をつけることって?食事や生活習慣は変わる?

ダイエット中なんだけどやめたほうがいい?
DrBaby
妊娠中は、過剰な食事制限によるダイエットはやめておけ
運動も、ハードなものは避けるのだ!
しかしずっとダラダラしていると、産後太りで苦労するから、散歩程度なら推奨するぞ!

妊娠中のダイエットについて詳しく知る>>
【妊婦のダイエット】妊娠中痩せたい人にオススメの方法まとめ

高齢出産なんだけど大丈夫かな?とくに先天性障害のリスクとかが気になる…
DrBaby
たしかに、高齢出産は赤ちゃんの障害リスクがあがるといわれておる…。
どうしても気になるなら、出生前診断や胎児ドッグを受けることも可能だ。
最終的には、産まれてくる子をしっかり愛してくれたらうれしいぞ。

高齢出産の場合、赤ちゃんの障害リスク以外に、ママの難産や、妊娠糖尿病といったリスクも心配です。
高齢出産の分娩経験が豊富な産院を探し、そこでの出産を検討するとよいかもしれません。

胎児ドックについて詳しく知る>>
【医師監修】「高齢出産とは」どんなリスクがある?ダウン症や障害になりやすい?
胎児ドック(胎児超音波スクリーニング検査)の検査内容や費用まとめ

過去に中絶したことがあるんだけど大丈夫かな…
DrBaby
過去の中絶手術によって、人によっては感染症をまねいたり、子宮が傷つけられている可能性もある。
無事出産できる人も多いが、念のためドクターにしっかり診てもらっておこう!

中絶で考えられるリスクは?>>
人工中絶手術について

過去に流産したことがあるけど、大丈夫かな?
DrBaby
医療機関で妊娠が確認できた妊婦のうち、15%は流産になるといわれておる!
流産は特別なことではないから、必要以上に気に病まず、前向きに妊娠ライフをエンジョイしてはどうかな?
気にし過ぎてストレスになるのが一番ダメだぞ!

流産についてはこちらもチェック>>
【医師監修】流産する確率はどのくらい?年齢や妊娠週数によってかわってくる?

このあいだ妊娠・出産したけど、帝王切開だった…もしかしてまた帝王切開?
DrBaby
一度帝王切開したら、つぎからも帝王切開、というのはむかしの定説だ!
ただし日本では、帝王切開後に普通分娩できる産院はまだまだ限られておる!
帝王切開をまぬがれたいなら、病院をよく調べておくことをおすすめするぞ!

一人目と二人目の出産は違うかも?>>
二人目の妊娠初期は一人目と違う?上の子の変化と気をつけたいこと9つ

遺伝する病気を持ってる家系なんだけど大丈夫かな?
DrBaby
病気の内容によっては、もちろん赤ちゃんへのリスクが考えらえれる場合もある。
しかし、病気が絶対に遺伝するとは限らないぞ。
遺伝性疾患に負けずに元気な赤ちゃんを産んだママもいるからな。

胎児発育不全とはなにか?>>
【胎児発育不全について】定義は? 帝王切開になる?障害って残るの?

子宮筋腫や子宮内膜症といった子宮の病気を持っているけど、出産できるのかな?
DrBaby
安心しろ、子宮筋腫や子宮内膜症があっても出産は可能だ!
しかし流産や早産の原因になることもあるから注意しろ!
病院で先生によく相談しておくように!

子宮筋腫・子宮内膜症がある場合の出産>>
子宮筋腫や子宮内膜症は妊娠に影響するの?ポートサイド女性総合クリニックビバリータの清水なほみ先生にインタビュー!

子宮内膜症といわれた方はこちらもチェック>>
子宮内膜症って・・・どんな病気?妊娠出来るの?

性感染症にかかったことがあるんだけど大丈夫かな?
DrBaby
現時点で完治しておれば基本的には問題ない!
現在進行形なら、出産時に赤ちゃんに感染するリスクもある!
胎児に影響のない抗菌剤で治療することも可能だから、しっかり治療するように!

性感染症についてはこちらも参考に>>
クラミジア感染症は妊婦に危険?かかったらどうすべき?

慢性疾患を持っているけど、出産できる?
DrBaby
疾患の内容にもよるが、病気に負けずに出産し、りっぱなママになった人も大勢おる!
まずは経験豊富なドクターを探して相談してみるのだ!

循環器疾患のある方の妊娠・出産>>
循環器疾患があっても妊娠・出産できる?赤ちゃんに影響は?榊原記念病院産婦人科の桂木真司先生にインタビュー

妊娠初期症状に関する6つの疑問

つわりで吐き気がひどいんだけど、がまんするしかない?
DrBaby
ビタミンB6には、つわりの吐き気をやわらげる効果がある!
サプリメントも売られているから、うまく利用するといいぞ!

つわりで思うように食事がノドを通らない場合、脱水症状になってしまう危険があります。
水分補給もお忘れなく。
水すら飲めない状態なら、迷わず医療機関を受診しましょう。

妊娠初期のつわりについて詳しく知る>>
【医師監修】「つわり対策」妊娠初期のつらいつわりを軽減!原因から解消法まで解説

便秘が悪化しちゃったけどこのまま放置でOK?
DrBaby
まずは善玉菌と食物繊維が豊富な食事をとり、適度な運動を心がけ、規則正しい生活習慣に気を配るのだ!
どうしても便秘が改善されないときには放置せず、産婦人科へGO!

妊婦さんの便秘解消法はこちら>>
【妊婦の便秘、原因と対策】妊娠中薬に頼らない解消法まとめ

出血があるけどこれって大丈夫なの?
DrBaby
妊娠初期には、着床出血や絨毛膜下血腫(じゅうもうまくかけっしゅ)など、さまざまな原因で出血がおこるぞ!
大丈夫なものも多いが、素人には判断がつかん
必ずドクターに相談するのだ!いいな?

妊娠初期の出血について詳しく知る>>
【医師監修】妊娠初期の出血は大丈夫?原因と対処法は?

偏頭痛やめまい、むくみや倦怠感があるんだけど、これってなんなの?大丈夫?
DrBaby
キミのその症状、もしや妊娠高血圧症候群(かつて妊娠中毒症と呼ばれていた病気)かもしれんな…。
重症化すると厄介だ。
すぐに医療機関を受診するように!

妊娠高血圧症候群では、高血圧と尿タンパクの症状がでます。
全身痙攣がおきる「子癇(しかん)」や、血小板が減少する「HELLP(ヘルプ)症候群」、赤ちゃんがママのおなかにいる間に胎盤がはがれてしまう「常位胎盤早期剥離」といった合併症のリスクが高まるため、すみやかな治療が必要です。

妊娠高血圧症候群について詳しく知る>>
【医師監修】妊娠高血圧症候群とは?原因や症状、対策は?入院も必要?

おしっこするときに痛みがあるんだけど、これってもしかして膀胱炎?
DrBaby
膀胱炎かもしれんな…。
妊娠中は体の抵抗力が落ちるから、膀胱炎などの炎症反応も起きやすくなっている。
赤ちゃんに影響のでない抗生物質を使って治療することもできるから、いちど主治医に相談してみるといいぞ!

妊娠中の膀胱炎、治療は可能?>>
妊娠中の膀胱炎の予防・症状・治療について

体外受精の場合の妊娠初期症状って何か違うの?
DrBaby
体外受精とはいえ、妊娠初期は初期だから、症状にさほど違いはないと考えられるぞ!
しかしボクの知り合いは、着床したつぎの日に着床痛を感じたそうだ。
人によっては、なにか特別な感覚をおぼえるかもしれないな!

体外受精について詳しく知る>>
体外受精 (IVF) はどんな方法? 流れ、費用や妊娠確率は?

仕事に関する2つの疑問

仕事はいつまで続けられる?やめなきゃいけないの?
DrBaby
出産間際まで仕事するママもいるが、仕事内容が重労働だったり、体調不良が原因で退職する人もいるようだ。
それぞれのおかれた環境によって、いつまで仕事を続けられるかは違うだろうな。

妊娠後、みんなは仕事を続けた?>>
妊娠発覚後83.4%が仕事を続けたが出産までに退職した人は65%!【赤ちゃんの部屋調べ】

産休・育休をとった場合、仕事復帰の時期は?
DrBaby
産休・育休制度を使った場合、産後1年して職場復帰する人が多いようだ。
なかには延長してから復帰したり、逆に期間を前倒しして早めに復帰するパターンもあるぞ。

みんなは産休・育休をどれくらいとった?>>
妊娠発覚後83.4%が仕事を続けたが出産までに退職した人は65%!【赤ちゃんの部屋調べ】

妊娠出産にかかるお金に関する2つの疑問

シングルマザーなんだけど、出産費用とかどうしよう?
DrBaby
シングルマザーか、大変だな。
ひとり親むけの補助金制度があるので、いちどチェックしてみるとよいぞ!
条件次第だが、育児休業給付金ももらえるかもしれん。
あわせて確認だ!

「ひとり親」むけの補助金制度について詳しく知る>>
2019年児童扶養手当は変わる?ひとり親に優しくなる?計算方法は?
育休中のお金に関してはこちら>>
【2018年育児休業給付金まとめ】申請や計算方法、二人目はどうなる?

父親に結婚する気がなさそう…認知してもらえない可能性があるんだけど…
DrBaby
なかなか難しい問題だな…。
どうしても父親に認知させたいのであれば、裁判で争って「強制認知」させることも可能だ。
実際にキミがどうするかは、子どもの将来もふまえて、慎重に決めていきたいところだな。

子どもの認知についてはこちらも確認を>>
【子どもの認知について】胎児認知届とは?出し方は?

あせらずに、いまの時間にできることをしよう!

あせらずに、いまの時間にできることをしよう!

先輩ママたちが経験した妊娠初期症状をチェックすることで、あなたが妊娠している可能性が高いのか、それとも妊娠していなさそうなのか、確認してきました。

あと1~2週間もすれば、妊娠検査薬でチェックし、産婦人科を受診して、もっとはっきりしたことがわかると思います。
いまは期待を胸にいだいたまま、答えはもうすこし先の楽しみとしてとっておきましょう。

この記事では、妊娠中に気をつけなければいけないことや、だいたいのスケジュール感もあわせて確認してきました。
妊娠をのぞむのであれば、分娩方法の検討や、風疹抗体チェックなど、妊娠前からしておきたい準備はたくさんあります
今回の結果にとらわれ過ぎずに、できる準備から進めていきましょう。

診断テスト

今、あなたにオススメ

アンケートに答える

【ベビーカーをお持ちの方限定】いくらでご購入されましたか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...