連載漫画(2)「夫の実家に産後里帰り!2ヶ月暮らしてみたら意外な展開が!?」(ぴよととなつき)

こんにちは!イラストレーターのぴよととなつきです。

(前回のあらすじ)
次男の妊娠発覚後、私の実家の両親に頼れないため夫の実家にお世話になることになったのですが…

<前回の記事>
第1話

夫の両親のホスピタリティの高さに感動

そして、臨月に入り里帰りの日がやってきました。

夫の実家に到着すると、私と長男のためにお義母さんがいろいろ用意してくれていたのです。

昔使ってたカラーボックス洋服入れに使ってね!!

あと、トイレやけど私たち上の階のトイレ使うから、なっちゃん達下の階使ってね!!

料理も掃除も洗濯も手伝いはするものの、ほとんどお義母さんがやってくれて、私がやることといえば長男の世話くらい…。

至れり尽くせりで申し訳ない気持ちもありましたが、これから赤ちゃんが産まれると生活が慌ただしくなのだろうなと思うと、長男とゆっくり過ごす貴重な時間を作ってくれる夫の両親に感謝しました。

長男もこれまで離れて暮らしていたおじいちゃんおばあちゃんと毎日一緒でどんどん懐いていき、喜ぶ両親の顔を見て改めて、里帰りして良かったなーと感じたのでした。

次回に続きます!

<次の記事>
第3話

<ぴよととなつきさんの他の記事>
漫画「妊娠初期のつわりと貧血」