子どもは“歯磨き粉”の4割を誤飲している!? 安全に「虫歯予防」ができる方法って?

みなさん、お子さんの歯磨き粉にこだわりはありますか?

米国の研究によると、小さな子どもは歯磨きの間に使った歯磨き粉の40%を誤飲しているそうです。

それなら歯磨き粉を使わずに歯を磨けばいいのでは?と思いがちですが、歯磨き粉を使わずに乳歯の間に虫歯になると、永久歯で虫歯ができるリスクは5倍にも跳ね上がります。

「我が子が安全に歯磨きをする方法は?」
「虫歯予防もしっかりするには?」
「歯磨き嫌いなうちの子でも楽しめる方法は?」

この記事では、そんな親心にこたえる歯磨き粉をご紹介します!

飲んでも大丈夫!おすすめ「歯磨き粉」をいますぐチェックする>>

「子ども歯磨き、適切な方法でできていると思う」人はたった11%!?

虫歯予防のためにする歯磨きは、子どもにとってとても大切な生活習慣のひとつです。
そのため子どもが嫌がらない、「楽しい歯磨き」を習慣にしていかなければなりません。

どのくらいの割合の人が、しっかり歯磨きを行えているのでしょうか?
赤ちゃんの部屋では、子どもの歯磨きに関するアンケートを実施。

「子どもの歯磨き、適切な方法でできていると思いますか?」という質問に対するアンケート結果を、さっそくみていきましょう。

アンケート:子供の歯磨き、適切な方法でできていると思いますか?

なんと「できていると思う」と答えた親の割合はたった11%で、残りの89%は子どもにしっかり歯磨きができているか自信がなかったのです。

子どもは“歯磨き粉”の4割を誤飲している!?


2歳~4歳の子どもは、歯磨きの間に使った歯磨き粉の40%を飲み込んでいたという研究結果があります。(※1)
そう考えると、毎日の歯磨きが不安になりますよね。

歯磨き粉は歯の汚れや歯垢を除去するために作られたものなので、体にとって害のある成分が少なからず含まれています。
特にドラッグストアなどの安い歯磨き粉には、調整剤などの添加物やラウリル硫酸ナトリウムが微量ですが含まれています。
もちろん体への影響がすぐにあるかと言われればそんなことはないのですが、やはり愛する我が子の体のことなので怖くなりますよね。

乳歯の間に虫歯になると、永久歯で虫歯ができるリスクは5倍に!

しかし歯磨きをしないわけにもいきません。
離乳食が進み甘いお菓子やさまざまな調味料をつかったメニューを食べられるようになると、歯に汚れがつきやすくなります。
乳歯の間に虫歯になると、永久歯で虫歯ができるリスクは5倍にも跳ね上がります。

そんな子どもたちに親ができることはたったひとつ……!
「飲み込んでも大丈夫な歯磨き粉を使うこと」だったのです。

食品成分100%だから飲んでも安心!
歯磨き粉なら「ブリアン」一択!

子どもの歯磨き粉にこだわる親の間で話題になっているのが、この「ブリアン」という歯磨き粉。
色々なメディアやTVCMでも注目されています。

・飲み込んでも大丈夫!
・イチゴ味でおいしい!
・歯磨きが楽しい!
・水でゆすがなくていいので、うがいができない子どもでも使える!

とかなり嬉しいポイントがたくさん……!
「ブリアン」が選ばれる理由を3つ、詳しくみていきましょう!

(1)世界初!「ブリス菌」で虫歯から守ることに成功!

ブリアンは、虫歯ができづらい人の口内に多くいることがわかった、“口の中の善玉菌”「ブリス菌」を世界で初めて使用しています。

子どもの1.8%しかもっていない貴重な細菌
そんなブリス菌を用いて、歯と歯の間や届きづらい歯の奥まで虫歯をしっかり防いでくれます。

「ブリス菌」を発見したジョン・タグ博士の協力のもと、歯科医師である斎藤先生によって世界で初めて歯磨き粉として採用されました。

(2)食品成分100%!飲み込んでも安心

「子どもが使える、日本一信頼される歯磨き粉を作りたい」

そんな開発者の想いからパウダータイプの歯磨き粉が誕生。食品成分100%、「食べもの」と同じ厳選品質を追求したため、歯磨きの途中で飲み込んでしまっても大丈夫なのです!
かなり安全に、安心して子どもの歯磨きができます。

高品質を保つ工夫は他にも。
「ブリアン」は従来の歯磨き粉と違って、パウダータイプでできています。
ジェルタイプにする場合、化学薬品を入れなければならなくなったため、高品質を追求する「ブリアン」はパウダータイプになりました。さらにパウダータイプの場合、ブリス菌数が15倍以上にも増量するのです!

「絶対食べても大丈夫な歯磨き粉を作る」という開発者の強い想いは、こんなところにも表れていました。

(3)子どもが大好きな「いちご味」だから歯磨きが楽しい!


どれだけ効果があっても、子どもに楽しんで使てもらえないと意味がないですよね。
そこでブリアンはこどもの意見を取り入れ、みんなが大好きな「いちご味」を採用!!
歯磨きが嫌いなこどもでも、楽しんで歯磨きができると人気なのです!

さらにうがいが不要なので、そのまま飲み込んでも安全な成分でのみ作られています。
赤ちゃんや、まだうがいができない子どもにも使うことが可能です!

今なら約65%OFF!特典付きのお得なコースはこれ!



詳しく見てみる>>

今なら初回限定で、虫歯予防コースが約65%OFFで手に入れることができます!
・オリジナル歯ブラシ&小皿
・歯磨きチェックシート&シール
・歯磨き応援絵本

など嬉しい特典も……!!

まずはお得な虫歯予防コースで、安全な歯磨きを始めてみてはいかがでしょうか?

ブリアンの公式サイトを見てみる>>

初めてでも安心!60日間全額返金保証

「試してみたいけどちょっと心配」
「本当に効果があるか確かめたい」

そんな方のために、ブリアンでは60日間の返金保証制度があります。
万が一合わなかった場合や効果を実感できなかった場合、60日以内であれば返金が可能です。

そのためかなり安心して試すことができます!

電話サポートあり!疑問がすぐ解消!

ブリアンでは「お客様相談室」が用意されているため、疑問点がある場合気軽に聞くことができます。
疑問点があるかたは、10時~18時(日祝・年末年始以外)、0120-648-060宛てに問い合わせてみてください。

信頼できる「ブリアン」、すでに販売累計1500万包突破しておりメディアでも話題沸騰中です!

ブリアンを試してみる>>

赤ちゃんの歯磨きは安心できる歯磨き粉で
楽しく習慣づけることが大切!

赤ちゃんの歯が生える時期には個人差がありますが、早い段階から歯磨きを習慣づけることが大切です。
とくに3歳までの歯磨き習慣が、その後の歯の状態を決めるといっても過言ではありません。

歯が生える前から口の中を触れられることに慣れておけば、スムーズに歯磨きをはじめることができます。
子どもの体にとって安全で、虫歯予防効果が高く、そして歯磨きが好きになってくれる、そんな歯磨き粉を選んであげましょう!

ブリアンで安心して歯磨きをはじめる>>

「正しい仕上げ磨き」はどうやる?タイミングは?

仕上げ磨きは子どもの歯の健康にはもちろん、スキンシップのひとつとしても大切な時間。
正しい仕上げ磨きで歯磨き好きな子に育ってくれますよ♪

乳歯が生えてくる1歳ごろからは、ママの膝の上に頭を乗せて、口の奥まで見えるように仰向けに寝かせす。

仕上げ磨きで注意するポイントは次の3つです。

  1. 余計な力が入らないよう、鉛筆を持つように歯ブラシを持つ
  2. 歯ブラシの毛先が、歯に対して直角になるようにあてる
  3. 軽く毛先が広がる程度の力で、小刻みに動かしながら、1~2本ずつ磨く

磨くときは、歯茎を傷つけないようにやさしく磨いてください。

歯によっては、以下のようなポイントにも注意しましょう。

  • 上の前歯


上唇の裏、前歯の上にあるひだ(上唇小帯)にブラシが当たらないよう、指でおさえながら磨く。

  • 奥歯


頬の内側から、ひとさし指を軽く押しあて、頬をふくらませて磨く。
歯ブラシのヘッドが奥にあたらないように注意する。

歯垢がたまると虫歯の原因になります。
歯の表面だけではなく、歯の隙間や奥歯の溝歯と歯茎の間も丁寧に磨きましょう。

奥歯ばかりを意識しがちですが、幼児が一番に虫歯になりやすい歯は、上側の前歯です。
すべての歯を1本1本丁寧に磨きましょう。

赤ちゃんの機嫌が悪くて歯磨きができないときは、歯磨きシートで拭くだけでも虫歯の予防になりますよ。

参照:サイト:新潟大学「ブラッシングの仕方」サイト和田精密歯研株式会社「虫歯になりやすい歯」

※1 参考:Regul Toxicol Pharmacol. 2016 Mar;75:66-71

今、あなたにオススメ

アンケートに答える

【3~5歳未満のお子様がいる方限定】お子様のものを購入するとき、一番お金をつかってしまうものは何ですか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...