子育てママでもネイルしたい!オススメデザイン8選とやり方

洋服・靴・髪型・メイクなど、おしゃれをすることは女性にとって大切です。

「ママになってもおしゃれをしたい」という気持ちはごく当たり前のことでしょう。

ネイルも、多くの女性がこだわって、楽しんでいるファッションのひとつです。

ところが、妊娠・出産をきっかけに、赤ちゃんへの影響を考えてお休みしてしまう人が多くなります。


「子育て中もネイルを楽しみたい!」
「手先くらい、きれいに女性らしくしていたい!」

そんなママたちのために、子育てママがネイルで気をつけるポイントや、子育てママにオススメの可愛いネイルデザイン、いつからネイルを再開するべきかをまとめました。

オススメのネイルを紹介!


子育て中のママにオススメのネイルは、家事や育児の邪魔にならない「清潔感のあるシンプルなショートネイル」です。

そう聞くと、あまり可愛いデザインがなさそうですが、シンプルなショートネイルでも、可愛いデザインはたくさんあります。

子育て中はジェルネイルが◎

子育てや家事で、手先をたくさん使うママは、ジェルネイルをオススメします。

基本的に、アセトンという特殊な除光液でしか落ちないので、マニキュアよりも断然持ちがよく、丈夫です。
これまでジェルネイルはネイルサロンでおこなうのが一般的でした。

最近はジェルネイルキットや必要なアイテムが、インターネットや店頭で簡単に手に入るため、自宅で気軽におこなうこともできます。

それではオススメのネイルデザインをみていきましょう。

子育て中のママにはシンプルな単色ネイルがオススメ

絶妙カラーでワンカラーネイル💅 * 今週の土曜日は休日出勤😭 土曜日がネイルあんまり派手なの出来ないので、落ち着いたピンクグレーで#ワンカラーネイル 👌 #ducato の#shhh にするか#パラドゥ の#ネイルファンデーション にするか悩み…いっそ「両方では!」という謎の結論に達し、グレー一度塗りの後、上からピンク一度塗りしたら素敵なカラーが出来た✨ どっちも透け感があるポリッシュなので、合計で二度塗りだけどまだ若干透けてる感じ😍 明かりによって全然色味が違って見えるので、写真でうまく伝えられないのが悲しい💔 * #セルフネイル #セルフネイル部 #単色ネイル #グレーネイル #ピンクネイル #ParaDo #パラドゥネイル部 #po01 #オフィスネイル #シンプルネイル #ピンクオークル

Kyokoさん(@kyochan0909)がシェアした投稿 –

単色使いのショートネイルは、とても上品です。

派手な爪で子育てする姿をひはん、シンプルに品よくネイルをしているママに対しては、逆に「美意識が高い」と評価する人がたくさんいます。

オススメのカラーは肌馴染みがよく、品のよいベージュや、ピンクベージュです。

お仕事をしているママも、こういった色ならオンオフどちらでもOKでしょう。

主張しすぎないラメを使っても、品の良さはそのままに華やかさがでます。

可愛い雰囲気を出したいママにはフレンチネイルがオススメ


爪が長くきれいに見えて人気のあるフレンチネイルは、ショートネイルにぴったりのデザインです。

シンプルなフレンチネイルだと、抜け感のある、可愛い雰囲気になります。

やり方も簡単で、動画のようにシールを使うことで、失敗もなくきれいにできます。


おしゃれで可愛いネイルアートを、さり気なく取り入れやすいのもフレンチネイルの利点です。

ストーンやホログラムで凝ったデザインにせずとも、こんなに可愛いネイルになります。


デザインに自信がないママはネイルシールを使えば、気軽にかわいいデザインを楽しむことができます。

結婚式も基本は品よくシンプルに

たくさんの人が集まる結婚式だからこそ、子育てママのネイルは、ゴテゴテと華美にするのではなく、シンプルに品よくみえると「素敵なママ」に格上げされます。

それでも、「せっかくの結婚式だから華やかに見せたい」という気持ちもあるでしょう。

オススメなのはグラデーションネイルです。
グラデーションネイルなら、ネイルアートやデコレーションがなくともおしゃれで、ショートネイルにも映えます。

グラデーションネイルは、初心者の方でもチャレンジしやすいのでオススメです。

ネイルアートをする場合は、ベースに色を塗らないクリアベースをオススメします。

おしゃれで華やかですが、派手さはなく上品な印象をあたえます。

子育てママにはフットネイルもオススメ


「手先のネイルはまだ難易度が高いかな…」というママは、まずはフットネイルから始めてみるといでしょう。

料理のときに衛生面を気にすることもなく、赤ちゃんが口に含んでしまうといった心配もありません。

手先のネイルより、比較的持ちもいいのが特徴です。

子育てママがネイルで気をつけるポイント


子育て中のママが、ネイルをするのを躊躇してしまう理由としては、「赤ちゃんへの影響」を挙げる方がほとんどです。

衛生面での懸念

長い爪は、料理のときに雑菌が入ってしまう恐れがあります。

爪が長いと、うっかり赤ちゃんの柔らかい肌を引っかいてしまい、けがをさせてしまうことも考えられるので、なるべく短めにするとよいでしょう。

赤ちゃんの口に指が入ったときの懸念

赤ちゃんと接していると、赤ちゃんがママの指を舐めたり口に咥えてしまうということは、日常に起きます。

その際、マニュキュアの成分や、デコレーションのパーツが、赤ちゃんの体の中に入ってしまう恐れがあるのです。

なるべくはがれにくいジェルやスカルプネイルを使いたいですね。

はがれやすい、デコパーツを使わないようにするとよいでしょう。

ネイルをしても長持ちしない

日々、家事や育児に追われているママは、指先を酷使します。

「せっかくのネイルも、すぐに落ちてしまう」という点で躊躇しているママが非常に多いのです。

マニキュアは、はがれやすいですが、ジェルやスカルプは持ちがよいので、水仕事をしてもなかなか落ちにくいという特徴があります。

周りの目が気になる

また、ネイルアートを施した爪で子育てをすることを、あまりよく思わない人たちもいます。

ママや赤ちゃんを心配してのことですが、ネイルひとつで周りから「子育て中の自覚がない」というレッテルを貼られるのは悲しいことです。

なるべくシンプルで、目立たないネイルにするとよいでしょう。

爪トラブルを引き起こす懸念

ママが知っておいてほしい爪トラブルとして、「グリーンネイル」があります。

その名の通り、爪が緑色になるトラブルで、爪に緑膿菌という細菌が繁殖するためにおこる病気です。

原因は、爪とネイルの間に隙間ができたまま放置した場合や、爪が水虫などで傷ついていると、起こりやすくなります。

グリーンネイルは、普通の大人であれば感染しませんが、免疫力が弱い老人や赤ちゃんは注意が必要なのだそう。

ネイルが浮いてきたら放置しないで、必ずオフすることが大切です。

万が一、グリーンネイルになった場合は、皮膚科を受診してください。

子育てママがネイルをするメリット


子育てママがネイルをすることは、おしゃれで可愛いこと以外にも多くのメリットが得られます。

気分が上がる!

産後、慣れない子育てがはじまると、ママはストレスがたまりやすくなります。

おしゃれをする余裕がなく、自分が女性を捨てているような気持ちになって、落ち込むママも少なくありません。

メイクやファッションは、鏡を見なければわかりませんが、常に自分の目に見える爪をきれいにしておくことで、気分が上がり、日々のモチベーション向上も期待できます。

ジェルネイルで爪の補強になる

授乳や疲労、不規則な生活によって、爪がもろくなる方が多いようです。

ジェルネイルをすることで、割れやすい爪を補強できます。

スポーツ選手が爪の補強のために、ジェルネイルをしていることもあるのです。

ただし、ジェルネイルはジェルを乗せるために、爪の表面に傷を付ける必要があることを覚えておきましょう。

爪を削る必要のない「ノンサンディング」のジェルもあり、一見爪に優しい気もします。
ただ、ノンサンディングのジェルは爪を傷つけない代わりに、爪の表面を溶かしてジェルを定着させるのです。

デザインを変えるため、頻繫にオン・オフを繰り返していると、逆に爪を傷める原因にもなるので気をつけましょう。

爪先が丸くなる

ジェルネイルをすると、爪先の鋭さがなくなります。

自分で爪を切るだけだと、どうしても切り口が鋭くなるので、赤ちゃんを傷付けてしまわないか心配です。

ジェルネイルの丸い爪先だと、肌当たりがとても柔らかくなり、赤ちゃんと接するときも安心できます。

産後のネイルはいつからOK?


子育てママでも、工夫をすれば楽しめるネイルですが、いつ頃から再開しても大丈夫なのか気になります。

具体的には、赤ちゃんが1歳になったころに、ネイルを解禁するママが多いようです。

この年になると、パパとの信頼関係が築けていて、赤ちゃんを2~3時間預けることが可能になります。

旦那に子どもを預けている間にネイルサロンに行ったり、セルフネイルをしたり、短いながらも自分磨きの時間を楽しんで、気分転換するママが増えるのです。

ネイルサロンも、最近は子連れOKのサロンがどんどん増えています。

クーポンサイトや情報誌で、子連れでいけるネイルサロンが見つかるでしょう。

手先の器用なママは、セルフネイルキットを購入して、自宅で行うとお金の節約にもなります。

爪トラブルを起こさないためにも、消毒やサンディング、アセトンでのオフなど、手抜きをせずに正しい手順を踏んで行うことが大事です。

子育て優先でもネイルはできる


子育て中は、つい諦めてしまいがちなネイルアート。
デザインを工夫することで、子育てママでも十分楽しめることがわかりました。

ジェルネイルやフットネイルなど、自分に合ったスタイルからチャレンジしましょう。

きれいなネイルが目に入ると、「もっとおしゃれしたい」という気持ちもわきますし、自分に自信を持てます。
日々の生活にも張りが出て、モチベーションが保てるでしょう。

ぜひ、可愛いネイルに挑戦してみてください。

注目記事

成功する産後ダイエットはいつから?授乳中に無理なく痩せる方法3選!

妊娠中についてしまった脂肪、出産後はできるだけ早く落としたいけど、母体への負担や、母乳への影響が心配。産後ママでも無理なくできるダイエット方法をご紹介。

  

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク