連載漫画(2)「注意!妊娠中に風邪を引いたら絶対に〇〇したほうがいい!」(かたくりこ)

こんにちは、かたくりこです。
2歳差の姉妹を育てているアラフォーの母です。

前回に続き、わたしが2人目妊娠中に風邪をこじらせてしまった時の話を、描かせていただこうと思います。

<前回の記事>
第1話

妊娠6ヵ月でひどい風邪をひいた

妊娠6ヵ月になった頃、またもや風邪を引きました。

しかし今回はそれまでの風邪とは違って超強力!!

風邪をひいてすぐに、喉の腫れ・鼻水・リンパの腫れ・全身の倦怠感に見舞われ、「これはヤバイ」と思いました。

我慢しすぎた結果、風邪をこじらせてしまった。

「どうせ病院に行っても、妊婦は薬を飲めないしな…」と思って病院に行かなかったのですが、症状がみるみる悪化。

喉が腫れあがって声が出ず、自分で引くくらいの痰の量になってしまったので、怖くなって耳鼻咽喉科に行くことにしました。

病院に行った結果

病院に行ったらすぐ「これはひどい」と、鼻からマイクロファイバーを通して内視鏡検査をされ(これもまたキツかった…)、抗生物質やら何やら、妊婦も飲めるという薬をいろいろ処方してくれました。

後々この話を聞いた親戚の医者から「“妊婦は薬を飲めないから病院に行かない”というのは間違い。“病院だからこそ妊婦が飲める薬が出せる“んだ」と怒られました。

この時点で風邪はすでにこじれており、ここからさらに子供の頃の持病が再発してしまうのです…!

というところで、次回に続きます!

<次回の記事>
連載漫画(3)「注意!妊娠中に風邪を引いたら絶対に〇〇したほうがいい!」

<ほかの記事>
かたくりこさんの記事一覧