連載漫画(1)「読めないよ!最近の子どもの命名が斬新すぎる!~キラキラネーム編~」(でっかいおっさん)

こんにちは、でっかいおっさんです。

今回は、自身の保育士での体験を元に、最近の「子どもたちの名前」について全3話で、お届けいたします。

読めない名前が多すぎ!

保育士をしていて近年顕著になっているなぁと思うのが、「名前が読めない!」です。
親御さんは、お子さんが入園するときに沢山の書類を記入すると思いますが、

子どもが入園するので沢山の書類に記入している母親

たくさんの書類に一生懸命目を通している保育士

保育園側もそれに必ず目を通しています。
それに目を通していると・・・

これ…何て読むんやろう?読めない…。呆然とする保育士の私

なんてことが、多々出てきました。

例えば…

姫星(きてぃ)
希空(のあ)
火星(まぁず)

などなど…
時代の流れといえばそうですが、親御さんはどんな気持ちで名前をつけるのでしょうか?
おっさんは占いの勉強をしていて、名前の画数を診る姓名判断ができます。

名前の画数を診る姓名判断をしている保育士の私

今までも何人もの子どもの名前をつけてきたり、接してきた中で名づけについての、エピソードを次回から紹介したいと思います。

次回へ続きます!

<次回の記事>
第2話

<他の記事>
でっかいおっさんさんの記事一覧
夫婦コラボ漫画「でっかいおっさん×ホリカンさん・出産立会いのすれ違い」