【医師監修】二人目・三人目の高齢出産は何歳から?ダウン症や障害のリスクは?

妊娠、出産は女性でなければ経験できない大仕事です。
日々の子育ては大変ですが、ひとり目を出産すると、2人目、3人目が欲しいと考える方は多いのではないでしょうか。

実際、2010年の国立社会保障・人口問題研究所の調査では、結婚している夫婦(初婚同士)が欲しいと考えている子どもの人数は2.42人であるとのデータもあります。

2人目、3人目を希望する方が多いことがわかりますが、それでも二の足を踏んでいる方もいることが現状です。
どのような理由で踏みとどまっているのでしょうか。

35歳を過ぎたら高齢出産?


現代では晩婚化も進み、出産年齢も高齢化してきています。
国の人口動態統計によると、2014年以降、第1子出生時の母親の平均年齢は30歳以上となっています。
必然的に、第2子の出産年齢は上がります。

子どもは2人以上と考えている夫婦は多いのですが、実際産む数は理想とする子どもの数よりも少ないというデータもあります。

内閣府の調査では、その理由として1番多いのが金銭的な理由となっています。
次に多いのが、高齢のためとなっています。
また、高齢のためこれ以上子どもを望まないとした人の割合は、30代前半では10.4%でしたが、35歳を超えると急に増加し、40代前半では32.6%にもなります。

これらのデータから、35歳を過ぎると妊娠に慎重になる方が多いことが伺えます。

高齢出産という言葉はよくきかれますが、具体的には何歳からの出産をさすのでしょうか。

2人目以降を考えてもよい年齢は?

日本産科婦人科学会では、1993年以前は30歳以上の初産を高齢出産としていましたが、現在では、35歳以上の初産婦について定義されています。

また、国際産婦人科連合(FIGO)では、35歳以上の初産婦、40歳以上の経産婦を高齢出産と定義しています。

2人目以上の妊娠、出産を考えている場合、40歳までの出産がひとつの目安とるようです。

40歳を過ぎたら妊娠できないの?

上記の高齢出産の年齢は、統計的、医学的に定義されています。
40歳を過ぎても多くの方は正常な妊娠、出産をしています。

平成27年の調査結果によると、40~45歳の間で出産経験がある人数が約5万2千人で、その中では約2万1千人が第1子、約1万9千人が第2子で、残りの約1万2千人が第3子以降というデータもでています。

海外では、インドで70歳の女性が出産した例がギネスに記録されています。

日本での出産最高年齢は60歳のようですが、50歳代での出産も毎年数十件あります。
自然妊娠による出産に限ると、46歳が最高年齢であるようです。

現代の医学は進歩していて、40歳代でも、妊娠、出産ができる世の中になってきていることがわかります。

ただし、45~49歳での出産経験数になると約1,300人となり、40代前半と後半で約40分の1にまで減少しています。
出産のタイムリミットとしては、40代前半までと考えておくのが現実的です。

高齢出産の割合は増加傾向

年齢を理由に子どもを諦めている方がいる一方、妊娠を経験し、無事に出産されている方も年々増えてきているのも事実です。出生数を母の年齢別にみると、29 歳以下では年々減少していますが、30 歳以上では毎年増加していることがわかっています。晩婚化により晩産化が進んでいますが、40代での出産も着実に増えているのです。

【葉酸・妊活サプリで自分にあっているものを選ぶ】

最安値価格

サービス

栄養成分