【医師監修】乳児湿疹の症状とは?原因やただしいケアのポイントは?

赤ちゃんのお肌はとても敏感で、バリア機能が未熟なため、さまざまなお肌トラブルをおこしやすくなっています。

ここでは、生後3ヶ月ごろの赤ちゃんによくみられる乳児湿疹についてまとめてみました。

乳児湿疹の原因や正しいホームケアを知り、赤ちゃんのお肌をトラブルから守っていきましょう。

赤ちゃんによくみられる乳児湿疹とは?


乳児湿疹とは、赤ちゃんによくみられる湿疹の総称です。

赤ちゃんのお肌は、繊細で敏感。
さまざまな原因によって、いろいろな肌トラブルがおこりやすいのですが、それらを総じて乳児湿疹とよんでいます。

おもな乳児湿疹には、原因や症状によって次のようなものがあります。

  • 新生児ニキビ
  • 乳児脂漏性湿疹
  • 乳児乾燥性湿疹
  • あせも
  • オムツかぶれ

上記にあげたような乳児湿疹は、早いもので生後1〜2週間ごろから現れはじめ、1〜3ヶ月ごろの赤ちゃんに多くみられます。

特別な治療は必要なく、成長とともに改善し、1歳くらいまでには自然に治ることがほとんどです。

乳児湿疹の原因


モチモチでやわらかい赤ちゃんのお肌ですが、実はとても繊細です。

赤ちゃんの肌の特徴としては、皮脂の分泌量が多いこと、肌が乾燥しやすいことがあげられます。

これが乳児湿疹のおもな原因です。

皮脂の分泌量が多い

生後3ヶ月ごろまでの赤ちゃんは、ママのおなかにいたときの女性ホルモンの影響で、皮脂の分泌量が多くなっています。

皮脂とは、お肌の皮脂腺から分泌される、脂肪を含む分泌液のことです。

皮脂には、皮膚の表面に膜を作って、水分の蒸発を防ぐ役割があります。
肌に潤いを与え保護するのに皮脂は欠かせないものです。

しかし、その皮脂の分泌が過剰になると、皮脂腺が詰まりやすくなり、それが湿疹を起こす原因になることがあります。

皮膚の乾燥

皮脂の分泌が多かった赤ちゃんのお肌が、乾燥してくるのは生後3ヶ月過ぎたころ。

ママの女性ホルモンの影響で、過剰になっていた皮脂の分泌量が、急激に減りはじめるのが乾燥の原因です。

それにともない、赤ちゃんの肌がカサカサしてきます。

皮脂は多すぎると肌のトラブルをおこしますが、皮脂が少なすぎても外からの刺激を防ぐことができず、炎症をおこしやすくなります。

母乳が湿疹の原因になることもあるの?

ママの母乳の質は、ママの食べるもので変わります。

しかし、母乳が乳児湿疹の直接の原因になることは、ほとんどありません。

母乳を飲むことで湿疹が出る場合は、母乳に含まられるなんらかの成分に対してのアレルギー反応である可能性もありますが、その可能性はかなり少ないと思われます。

母乳以外で口にしたものに対して、アレルギーであるかもしれないので、何を食べた後に湿疹が出たのかよく注意してみてください。

気になる症状がある場合は、一度医師に相談してみましょう。

おもな乳児湿疹


赤ちゃんによくみられる、おもな乳児湿疹の症状を詳しくみてみましょう。

新生児ニキビ

新生児ニキビは、新生児から生後3ヶ月ごろの赤ちゃんに、よくみられる乳児湿疹です。

皮脂の分泌過多が原因で、赤いブツブツや、皮脂の芯がある肌色のブツブツができます。

新生児ニキビができるのは、おでこやほっぺが多く、痛みやかゆみはありません。

お肌を清潔に保ち、保湿を欠かさないことで、徐々に症状は改善し、生後3ヶ月頃までには治るケースが多いようです。

また、布団など肌に触れるものも清潔に保ちましょう。

乳児脂漏性湿疹

首から上にできるのが特徴的な脂漏性湿疹も、新生児から生後3ヶ月ごろの赤ちゃんによくみられます。

過剰に分泌された皮脂が、肌の表面に留まり、毛穴が詰まることが原因です。

典型的な症状としては、頭の皮ふに黄色いかさぶたができたり、おでこやほほ、眉毛にフケのようなカサカサができたりします。

ときには、じくじくした赤い隆起した湿疹ができることもあります。

見た目は痛々しいのですが、痛みやかゆみはありません。

かさぶたのようなものをほおっておくと、酸化して加齢臭のようなニオイが出るので、優しく洗って、肌を清潔に保ってあげることが大切です。

乳児乾燥性湿疹

生後3ヶ月をすぎるころになると、赤ちゃんの肌は皮脂の分泌が減少し、乾燥しやすくなります。

乾燥は、赤ちゃんの弱い肌には刺激となり、おもに肌を露出している部分にかゆみを伴う湿疹をおこします。

乾燥している肌は、肌のバリア機能が低下している状態。

このような状態の肌に、汗やおしっこ、食べこぼしなどが付着した状態が続くと湿疹をおこしやすいので、こまめにケアしてあげましょう。

あせも

赤ちゃんは、大人よりも体温が高く、汗をかきやすいものです。

首や手足の関節部分、背中やお腹など汗がたまりやすい部分にできるのがあせもで、かゆみのある赤い湿疹が現れます。

かゆみがあるため、爪で引っかいたりして化膿させてしまうことがあります。

こまめに服を着替えさせたり、体を拭いたりして、清潔に保ちましょう。

オムツかぶれ

皮膚が薄く繊細な赤ちゃんの肌は、オムツと肌が擦れたり、オムツのムレなどでも肌荒れをおこしやすいのです。

オムツかぶれをおこすと、お腹や足の付け根などオムツと擦れる部分や、お尻やデリケートゾーンに赤い湿疹ができます。

オムツかぶれはかゆみをともない、悪化すると肌が切れて痛みを感じることもあります。

赤ちゃんにとっても、つらい湿疹なので、家でのケアは欠かせません。

乳児湿疹のケアのポイント


赤ちゃんが乳児湿疹になったとき、家庭で日々できるケアをまとめてみました。

乳児湿疹は、軽症の場合だと、丁寧なスキンケアをすることで、かなり改善されます。

ぜひ、実践してみてください。

肌を清潔に保つ

乳児湿疹の原因はさまざまですが、どんなケースでも大切なことは、肌を清潔に保つこと。

とくに気をつけたいポイントは、次のようなことです。

お肌を清潔に保つために気をつけたいこと5つ

  1. 赤ちゃんは体温が高く、汗をかきやすいものです。
    汗はこまめにふいてあげ、汗を大量にかいたら着替えさせましょう。
    寝具もこまめに替えて清潔なものを使ってください。
  2. よだれもこまめに拭いてあげましょう。
  3. オムツはこまめに替えます。
  4. 食事のあとは食べこぼしもきれいにに拭きましょう。
    首など皮膚と皮膚の間もぬれたタオルなどで優しく拭き取ってあげるのを忘れずに。
  5. お風呂には毎日入れてあげましょう。

赤ちゃんを洗う時に気をつけたいこと5つ

  1. 刺激の少ない赤ちゃん用の石けんを使います。
  2. 石けんはよく泡だてて、泡で肌を包むように優しく洗います。
    肌をこするのはNGです。
  3. すすぎは丁寧に。石けんを残さず洗い流すのがポイント。
  4. ぬるめのお湯を使いましょう。
    38〜40度くらいがよいでしょう。
    熱い湯だとかゆみがまします。
  5. お風呂上がり、タオルでゴシゴシこするのはやめましょう。優しくタオルで水分を押すようにして拭き取ります。

しっかりと保湿する

お肌を清潔に保つことと、同じくらい大切なのが、お肌の保湿です。

赤ちゃんの肌は、とても繊細で、バリア機能が未熟です。

しっかり保湿し、肌のトラブルから赤ちゃんを守りましょう。

保湿はいつする?

繊細な赤ちゃんのお肌を守るためには、保湿ケアは欠かせません。

保湿するタイミングは、以下のようなときです。

  • 起きたとき。
    寝ている間のよだれや目やにをぬれたタオルで拭き取ったあと。
  • 食べたあと、口の周りや首回りの食べこぼしを拭き取ったあとは必ず保湿してあげましょう。
  • オムツを替えたあとも、丁寧に拭いてから保湿します。
  • 乾燥を防ぐためにも、外出の前とあとには必ず保湿ケアを欠かさずに。
  • お風呂上がりは、肌の油分が落ちきっていますので、必ず保湿してお肌を守ってあげましょう。

なにで保湿する?

赤ちゃんのお肌は、敏感です。
乳児湿疹の保湿ケアには、赤ちゃん用の保湿剤を使いましょう。

保湿剤を選ぶときは、無添加・無香料で、天然成分配合の肌に優しいものを選びます。

保湿剤の種類には、いろいろありますが、赤ちゃんのお肌の状態によって合うものを使いましょう。

  • ベビーローション/ベタつかず伸びがいいので全身の保湿に使えます。
  • ベビークリーム/ローションよりも保湿力が高いのがクリーム。ローションではしっとり感が足りないときに。
  • ベビーオイル/少しべたつくけれど、保湿力が高いので、乾燥が気になる部分に使いましょう。
  • ワセリン/肌には浸透せず、肌に留まり膜を作り、強力に肌を乾燥から守ります。とくに乾燥の激しい部分に、部分使いするとよいでしょう。
  • 馬油/人間の皮脂にもっとも近い天然由来の油です。強い浸透力が特徴で、お肌をしっかりガードしてくれます。

おすすめは、保湿剤は国産オーガニックでできた「アロベビー ミルクローション」

アロベビー ミルクローションの公式サイトはこちら

金額(税抜) 初回:980円
2回目以降:2,070円
内容量 150g(1ヶ月分)

敏感で不安定な赤ちゃんの肌だからこそ、安全で保湿力の高いローションを使いたいと思うのではないでしょうか。
99%以上天然素材で作られているアロベビーのミルクローションが、成分的に安心できるのでオススメです。

ホボバオイルやシアバターなど保湿力が高く、刺激の少ない天然成分を使っており、もちもちとしたうるおいが長続きします。

開発から生産までを全て日本で行っている、純国産オーガニックのミルクローションなので、品質も安心できます。

「新生児から使える」とメーカーホームページに明記できるのは、メーカーの「品質の高さへの自信」が表れているといえるでしょう。

公式サイトを見る

ステロイド外用薬を塗ってもいいの?

肌の炎症を抑える効果があるステロイド外用薬ですが、なかには強い効用のものあり、医師の処方箋なしに使うのは危険です。

一般的にステロイド外用薬は、アトピー性皮膚炎の治療などに処方されるもの。

湿疹の種類によっては、逆効果になることもあるので、医師の処方なしに使うのはやめましょう。

お部屋の湿度にも注意

エアコンはお部屋の温度を簡単に調節してくれますが、空気を乾燥させてしまいがち。
とくに冬は、空気が乾燥する季節です。

エアコンは、乾燥肌をさらに乾燥させてしまいます。

赤ちゃんのお肌の保湿ケアには、お部屋の湿度の調整も欠かせません。

加湿器を使って、お部屋の湿度を一定に保つことで、乾燥を防ぎましょう。

肌を引っかき傷から守る

赤ちゃんは、かゆみや違和感があると、湿疹をかきむしってしまいます。

その傷が原因で、乳児湿疹が化膿してしまうことも。

肌に引っかき傷をつけないために、爪は短くきってあげましょう。

また、手にミトンをつけるのも傷予防になります。

乳児湿疹とアトピー性皮膚炎の違いは?


乳児湿疹とアトピー性皮膚炎は症状が似ていて、お医者さんでさえ識別は難しいといわれます。

アトピー性皮膚炎とは、アレルギー体質や、皮膚のバリア機能の弱さが原因となっておこる皮膚の炎症全般です。

その症状の特徴は、

  1. かゆみを感じる湿疹ができる
  2. よくなったり悪くなったりを繰り返しながら慢性的に続く
  3. 顔、頭から始まった湿疹が、首、手足やお腹など体全体におよぶ
  4. アレルギー体質を持っていることが多い

という4点です。

乳児湿疹は、成長をするにしたがって、徐々におさまるのが一般的です。

しかし、肌のケアを続けているにも関わらず、2ヶ月以上症状が続く場合は、アトピー性皮膚炎の可能性が考えられます。

気になる場合は、一度かかりつけのお医者さんに相談してみましょう。

病院に行く必要はあるの?


乳児湿疹は、新生児から生後3ヶ月ごろの赤ちゃんに、よくみられるお肌のトラブルです。

成長とともに、自然に改善するケースがほとんどのようですね。
湿疹以外にとくに気になる症状がなく、赤ちゃんが機嫌よくしているなら、自宅でのケアをしながら経過をみていきましょう。

清潔を保ち、しっかり保湿ケアしているのに2ヶ月以上たっても症状が改善しない、あるいは悪化する場合は、お医者さんに相談してみましょう。

また、赤ちゃんの肌に湿疹が現れるのは、乳児湿疹以外の病気である可能性もあります。

湿疹以外に、発熱・咳・嘔吐・下痢、体がぐったりしているなどの普段とは変わった症状がある場合は、素人判断せずにすぐに医師の診察を受けてください。

何科に行けばよいか、迷うママもいるかもしれませんが、最初はかかりつけの小児科をオススメします。

赤ちゃんの肌は大人の肌と違って、とっても繊細なもの。

ママの愛情たっぷりのケアで、赤ちゃんの肌を守ってあげてくださいね。

アンケートに答える

【0~3歳未満のお子様がいる方限定】お子様のものを購入するとき、一番お金をつかってしまうものは何ですか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...