赤ちゃんの頭の形はよくなる?向き癖は関係ある?治す方法まとめ

ふと赤ちゃんの頭を触ってみたら、なんとなくいびつ…そのままにしておいていいの?

成長するにつれて目立たなくなるともいわれますが、やはり心配ですよね。

変形した場合、なにか影響があるのか、治るのかなど気になるでしょう。

新生児の頭の変形について、原因や治す方法をまとめました。

子どもの頭の変形に悩んでいるママは、ぜひ参考にしてください。

頭の形が変形する理由

赤ちゃんの頭はやわらかいため、ゆがみや変形が起こりやすいようです。

赤ちゃんの頭蓋骨は、分娩のときに産道を通るために、やわらかい何枚かの骨に分かれており、隙間がある状態です。

出産後、赤ちゃんの頭蓋骨は成長するつれてつながり、隙間が結合され、硬くなっていきます。

大人とは違い、生まれたばかりの赤ちゃんの頭はとてもやわらかくデリケートなため、変形しやすいのでしょう。

ここでは、変形の原因を詳しくみていきます。

生まれる前の圧迫による変形

ママの胎内にいるときや、分娩の影響で赤ちゃんの頭が変形することがあります。

胎内にいるときの体勢により頭が変形した場合は、生まれてからの向き癖につながることも多いようです。

胎児の場合は子宮のスペースが狭くなるので、影響が強く出ることもあります。

分娩時の影響は、逆子難産で長く産道にとどまることにより、頭が変形するというものです。

寝ぐせ・向き癖によるもの

生まれたあとの、赤ちゃんの頭の変形のほとんどは寝ぐせによるものだとされています。

実際に乳幼児突然死症候群を防ぐため、仰向けを推奨するようになってから、赤ちゃんの頭の変形の外来が増えたという話もあります。

寝ている場所や、環境による影響が大きいようです。

いつも同じ方向を向いているとか、同じ向きで寝ていると、その部分が平らに変形してしまいます。

  • ベビーカーやベビーベッドに寝かせたままにしている
  • 授乳のときに、いつも同じ腕で抱っこしている

赤ちゃんの頭を支えているところから圧力がかかり、変形するようです。

病気によるもの

病気が原因で、頭が変形するという症状が出るケースがあります。

病気の場合は治療が必要になるので、病院を受診してください。

治療には、頭蓋骨形成手術などがあります。

頭が変形する病気としては以下のようなものがあります。

頭蓋縫合早期癒合症(とうがいほうごうそうきゆごうしょう)骨と骨のつなぎ目が、早い段階でくっつくことで、頭蓋骨の成長が妨げられる病気です。

参照:サイト:日本脳神経外科学会「頭蓋骨縫合早期癒合症」

水頭症(すいとうしょう)脳の髄液の循環・吸収障害が起こり、頭が異常に大きくなってしまう病気です。

参照:サイト:日本脳神経外科学会「水頭症」

赤ちゃんの頭の形が気になる方は、医師に診てもらいましょう。

頭の変形のタイプをチェック


赤ちゃんの頭の変形は、病気によるものを除き、位置的頭蓋変形(いちてきずがいへんけい)といわれ、大きく3種類に分類されます。

斜頭症


向き癖により、後頭部の左右の片方が扁平になります。

圧迫された方がへこみ、反対側が出っ張ってきます。

短頭症


長時間、仰向けで寝ていることで、後頭部が圧迫され、変形します。

絶壁頭ともいわれ、日本人には多い変形です。

長頭症


側頭部が圧迫され、変形します。

横向き寝の赤ちゃんに多い変形です。

頭の幅が狭く、細長い形をしています。

頭の変形が見られたら病院へいくべき?

赤ちゃんの頭の形は、位置的頭蓋変形の場合、健康上の問題はありません。

変形の度合いにもよりますが、大人になってから変形のせいで眼鏡が合わないとか、帽子がフィットしないなどで、ストレスになることはあるようです。

もちろん病気由来で変形している場合は治療が必要です。

頭蓋縫合早期癒合症と位置的頭蓋変形は判別が難しいとされているため、赤ちゃんの頭の変形が見つかった場合は、念のために医療機関に相談しましょう。

また頭蓋縫合早期癒合症と位置的頭蓋変形、いずれの場合も治療するなら、1歳になるまでが効果的のようです。

頭蓋縫合早期癒合症の治療に関して、1歳未満で治療した場合と1歳以降で治療した場合を比較した研究があります。

正常範囲内ではあるものの、後者の方が就学時のIQが下方になるといった結果がでています。

そのため、頭の変形がみられた場合は、早めに医師に相談したほうが、メリットは大きいでしょう。

参照:サイト:m3.com「頭の変形、「治療悩む時間ない」場合も【時流◆その「寝ぐせ」手術が必要?】」
参照:サイトChild Nerv Syst 2000; 16: 645-658「Management of craniosynostoses」

頭の変形は治る?

生後3ヶ月くらいまでは、変形が治りやすいといわれています。

月齢の低い赤ちゃんのうちは、一日のほとんどを寝て過ごし、寝返りをうたないので、寝る位置を変えることで改善できる場合が多いようです。

1歳ぐらいになると、赤ちゃんの動きも活発になり、頭蓋骨も硬くなるので矯正しにくくなるでしょう。

治療するにしても、自宅で改善するにしても早いほうが治しやすいですね。

頭の変形を治す方法

赤ちゃんの頭の変形を治すには、どんな方法があるのでしょうか。
頭の変形を治し、丸い頭にするのに効果的な方法を紹介します。

頭の変形を改善するとともに、予防としても使えるので参考にしましょう。

ただし、頭の変形に気づいたらすぐに医師に相談し、病気が原因でないことを確認してから実践してくださいね。

枕やタオルを使う

頭の変形を治すのに手軽に使えるのが、タオルを使用して、寝る向きを変える方法です。

ベビー枕はさまざまな種類の商品が販売されていますが、オススメはドーナツ枕です。

真ん中にくぼみがあり、絶壁や向き癖を防ぎます。

家にあるタオルでも代用できますよ。

オススメのベビー枕「ジェルトロン」

【ジェルトロン】ベビーまくら

【ジェルトロン】ベビーまくら

2,600円(05/26 12:59時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

GELTRON(ジェルトロン)
「ベビーまくら・ドーナツタイプ」
価格(税抜き) 3,600円
素材 カバー:綿70%・ポリエステル30%
本体:ジェルトロン/高通気フォーム
サイズ 22×22×3センチ

口コミでも人気の、ジェルトロンのベビー枕です。

特殊加工されたジェル素材「ジェルトロン」は、体圧分散に優れ、赤ちゃんの頭と首をやさしく包み込むように支えます。

ベビーカーに乗っているときや、授乳のときにも使えます

先輩ママ

クッションの硬さがちょうどよくて、しっかり上を向いて寝てくれます!
枕のくぼみが後頭部に合って、7ヶ月すぎたころからだんだん頭の形がよくなってきました。

タオルを使う

赤ちゃんは汗かきで、吐き戻しもあるので、枕もこまめに取り替えてあげたいですよね。

タオルならこまめに取り替えもでき、常に清潔な状態を保てるので便利です。

使い方は簡単、タオルを3つ折りか4つ折りにして頭の下に敷きます

使うタオルは、薄手のものにしてください。

厚みがありふかふかのタオルだと、赤ちゃんの顔が埋まる危険性があります。

赤ちゃんの寝る向きを変える

赤ちゃんを向き癖の反対側に向かせることで、矯正する方法です。

  • 赤ちゃんは、音のする方向に反応することを利用して、音のなるおもちゃを置く
  • パパやママが声をかける

など、試してみましょう。

首がすわったあとは、起きているときにいろいろな体位をとらせ赤ちゃんの姿勢を調整する、タミータイムも有効です。

首の筋肉の発達も促され、頭の形が平らになるのを防ぎます。

タミータイムとは?
寝ているときは仰向けに、起きているときは腹ばいの姿勢をとらせることです。
寝返り・おすわり・はいはい・立ち上がりへと、発育を促します。

頭蓋骨変形矯正ヘルメット

変形を矯正するための、ヘルメット治療があります。

ほぼ一日中ヘルメットを装着し、頭の形を矯正するものです。

病院でヘルメットをオーダーしますが、頭の変形が重度な場合は保険適用となります。

軽度の場合は保険適用外なので、治療コストは自費で40万円程度が相場です。

赤ちゃんの首がすわってから、生後4~8ヶ月までに装着し、装着期間は、だいたい5ヶ月です。

月齢が低いうちにはじめたほうが、早く治りやすいといわれています。

ヘルメットでの治療を希望しない場合は、上記で説明したような体位を変える方法を指導されるようです。

新生児の頭の形を治すときに注意したいこと

寝る向きを変えるときは、赤ちゃんの顔が埋まらないように気をつけましょう。

窒息の危険もあるので、くれぐれも注意してください。

日本とのライフスタイルの違いから、うつぶせ寝が主流のアメリカでは、絶壁頭が少ないといわれています。

しかし近年、うつぶせ寝がSIDSの原因のひとつの可能性があるという意見もあります。

SIDSとは?
SIDS(Sudden Infant Death Syndrome)とは乳幼児突然死症候群のことで、原因がわからないまま、1歳未満の乳幼児が突然亡くなる病気です。
うつぶせ寝にしたときの、発症率が高いという報告もあります。

うつぶせ寝にさせるときは、赤ちゃんから目を離さないようにしてください。

参照:サイト:厚生労働省「乳幼児突然死症候群(SIDS)について」

頭の形が気になったら病院を受診しておくと安心!

赤ちゃんの頭の変形は、病気由来のものとそうでないものとの判断が難しいようです。

頭が変形していると思ったら、まずは病気由来でないかを確認しましょう。

新生児のうちであれば、変形がはやく治る可能性も高いといわれています。

一日で治るものではないので、焦らずケアしてあげることも大切です。

赤ちゃんの頭の変形に気づいたら、早めにケアをはじめましょう。

今、あなたにオススメ

アンケートに答える

【ベビーカーをお持ちの方限定】ベビーカーはどこで購入されましたか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...