母乳パッドの人気ランキング15選!使い捨てと布製はどっちがいい?選び方は?

母乳育児をするうえで、母乳パッドは大切な役割をします。
しかし実際に購入しようと思ったときに、たくさん種類があって悩むというママも多いのではないでしょうか。

今回は、母乳パッドの必要性や種類、選び方、人気商品の紹介をランキング形式で紹介します。

この記事を最後まで読むと、自分に合った母乳パッドを見つけられるはずです。

母乳パッドは必要なの?

疑問に思う女性
母乳パッドは、母乳育児をするうえ上で活躍するので、使うことをオススメします。

母乳パッドは、ブラジャーの内側に当てて使うものですがなんのために使うのでしょうか?

主に以下の2つのメリットがあります。

  • 母乳で服が汚れるのを防ぐ
  • デリケートなバストを守る

これらをくわしくみていきましょう。

母乳で服が汚れるのを防ぐ

母乳パッドは、母乳でママの服が汚れるのを防ぎます。

母乳は、授乳中に赤ちゃんが飲んでいるおっぱいとは反対側のおっぱいから出たり、寝ているあいだ、赤ちゃんの泣き声を聞くだけでさえ溢れ出ることがあります。

溢れ出た母乳で服が汚れるのを防ぐのが、母乳パッドです。

デリケートなバストを守る

母乳パッドは、デリケートなママのバストを守る役割があります。

妊娠中〜授乳期間中のママの肌はとてもデリケートな状態です。

とくに出産後間もない時期は、ママや赤ちゃんが授乳に慣れていないため、うまくできなかったり、授乳回数が多いことで乳首が傷つくことも多々あります。

傷ができると、授乳が困難になるだけでなく、下着が擦れるだけで痛みを感じます。

母乳パッドをすることで、ママのバストを優しく保護するので安心です。

母乳パッドの役割は

  • 母乳で服が汚れるのを防ぐ
  • デリケートなバストを守る

母乳パッドの種類は?

ママの顔を見ながらおっぱいを飲む赤ちゃん
母乳パッドは、大きく分けて2種類あります。
「使い捨てタイプ」「布製」です。

それぞれメリットデメリットがあるので、みていきましょう。

使い捨てタイプは吸収性がよくお手軽

使い捨てタイプは、母乳の吸収性がよく、衛生的でお手軽です。

一つ一つ個包装になっているので、持ち運びやすく、なんといっても使用後は捨てるだけなので、扱いやすい点もメリットでしょう。

使い捨てタイプのデメリットは、肌に合わない場合がある点とコスパが悪い点です。

使い捨てタイプは、多くの商品が化学繊維で作られているため、授乳中のママの肌にはかゆく感じる人もいます。
また使い捨てなので、布製と比べると経済的ではありません。

使い捨てタイプは、かぶれることもありますが、肌に合うものが見つかれば、溢れ出る母乳の量が多いときや外出時・手軽に使いたい人にオススメです。

布製はコスパがよく肌にやさしい

布製の母乳パッドのメリットは、コスパがよく肌にやさしいです。

オーガニックコットンを使っているものも多く、通気性がよく、ムレにくいので、肌にやさしく快適に使用できます。

また洗って何度も使えるので、長期間使うことを考えると、コスパがいいです。

布製の母乳パッドのデメリットは、使い捨てに比べると吸水性が低いことと、洗う手間がかかることです。

何層にもなっていたり、防水加工の布が使われたりしているものの、溢れ出た母乳の量が多いと漏れることがあるので、量が多いうちはまめに交換する必要があります。

また母乳は栄養満点なので、放っておくと雑菌が繁殖することもあります。
しっかりと清潔に保つのが大変と感じる人もいるでしょう。

布製の母乳パッドは、吸水性や洗う手間がかかりますが、コスパがよく肌が敏感な人にオススメです。

母乳パッドの選び方は?

日当たりのよい部屋で赤ちゃんを抱きかかえているママ
母乳パッドは、さまざまなブランドから製品が発売されています。

自分に合う母乳パッドが見つかると、授乳期間中も快適に過ごせます。

母乳パッドの選ぶ4つのポイントは以下の通りです。

これらをくわしくみていきましょう。

1:肌さわりのいいもの

母乳パッドを選ぶうえでもっとも大切なポイントは、肌に合うものです。

授乳中のお肌は、いつも以上にデリケートです。
母乳パッドは毎日使うものなので、お肌に合ったやさしいものを使いましょう。

とくにデリケートなママは、オーガニック系の天然素材を使用している布製のものがオススメです。

使い捨ての場合、触り心地がやわらかだったり、乳首の部分にクッション性をもったものがいいでしょう。

肌トラブルを引き起こさないよう、母乳パッドは肌さわりのいいものを選びましょう。

2 :分泌量に合わせる

ママによって母乳の溢れ出る分泌量が異なるので、母乳パッドの吸水性に注目します。

生後3〜6ヶ月ごろまでは、母乳がたくさん出る人も多いです。
外出先などで母乳が漏れる心配をしなくてもいいように、母乳がたくさん出る時期は、吸水性の高いものがいいでしょう。

母乳がたくさん出るママは、通気性もチェックすると快適に過ごせますよ。

反対に多くのママが、授乳回数が減ったり、離乳食が始まると母乳の溢れ出る量が少なくなります。

母乳の出が落ち着いてきたら、布製や薄くコンパクトな使い捨てタイプを使用するといいでしょう。

ママの母乳の分泌量に合わせた母乳パッドを選ぶことをオススメします。

3:サイズやフィット感がある

ママにあったサイズフィット感がある母乳パッドを選びましょう。

母乳パッドは、なだらかな円錐形や円形をしていて、多くの人に合うように作られています。

しかし一人ひとりバストの形も下着も異なります。
授乳ブラフルカップのブラジャーの場合、しっかり隠れても、3/4カップのブラジャーだと母乳パッドがはみ出る可能性も。

購入前に着用の下着に合うサイズかどうか確認しましょう。

また毎日使うものなので、付けたときに違和感があると使用したくなくなることもあります。
母乳パッドを付けたときに、しっくりくるフィット感のあるものがオススメです。

自分に合った形のものを使うとズレにくくなるので、サイズやフィット感を確認しましょう。

4:コスパがいい

母乳パッドを選ぶポイントとして、コスパも意識するといいでしょう。

母乳パッドは、母乳の量が多いと1日に何枚も使うものです。
清潔に保つことで肌トラブルを回避することにも繋がります。

手間を惜しまなければ、断然布製の母乳パッドのコスパがいいです。

しかし洗う手間を考えると、使うのが面倒になる人もいるでしょう。
使い捨てでも大容量のものであれば、低コストの場合もあります。

ただし安いからいいというわけは、ありません。
安価でも肌に合わずトラブルに繋がってはいけないので、自分に合うものが見つかるまでは、小容量ものでお試しするといいでしょう。

母乳パッドの選ぶポイントは

  • 肌さわりがいいもの
  • 分泌量に合わせる
  • サイズやフィット感が合う
  • コスパがいい

これで母乳パッドの選び方がわかりましたね。
ポイントを元に商品を選んでみましょう。

使い捨てタイプの母乳パッドのオススメ9選

机の上に1位2位3位の旗
使い捨てタイプの母乳パッドのオススメ商品をランキングで紹介します。

選んだ基準は以下の通りです。

編集部が選んだ基準

  • 基準(選び方)肌にやさしい

授乳期間中のデリケートなママにとってもっとも重要なポイント

  • 基準(選び方)使いやすいもの

ズレにくい接着面
包装方法

  • 基準(選び方)快適に過ごせる

吸水性がいい
通気性がよくムレにくい

  • 基準(選び方)コスパがいい

毎日使うものなので1枚あたりの単価を算出

上記の基準で選んだTOP3はこちら。

【使い捨てタイプ1位】ピジョン 母乳パッド フィットアップ プレミアムケア

内容量 102枚
1枚あたりの価格 8円
包装 2枚1組
接着面 5本のズレ防止テープ
材質 表面素材:不織布
吸収剤:吸収ポリマー

やわらかい素材を使用しているので肌触りがよく、ムレにくく肌にやさしい商品です。

なめらかシルキータッチで、真ん中ふわふわ中心はやわらかクッションのバストにストレスを与えないようになっています。

母乳専用瞬間吸収ポリマーがしっかり母乳を吸収し、全面通気シートでムレにくいです。

さらに立体構造でヨレ・型崩れを防ぐので漏れにくく、安心して使用できます。

デリケートな肌でお悩みの人にオススメです。

【使い捨てタイプ2位】ムーニー いちばんやさしい母乳パッド

ムーニー 母乳パッド 68枚

ムーニー 母乳パッド 68枚

409円(08/25 21:19時点)
Amazonの情報を掲載しています
内容量 68枚
1枚あたりの価格 5.7円
包装 1枚ずつ
接着面 8本の端までしっかりテープ
材質

オムツメーカーならではのなめらかシートで快適に使えます。

全面通気で、逆戻り低減でずっとさらさらの使い心地です。
1枚ずつの個包装は、サッと簡単に取り出せるもの嬉しいポイントです。

赤ちゃんのデリケートな肌と付き合ってきたからこそ、ママにもやさしい母乳パッドとなっています。

【使い捨てタイプ3位】ピジョン 母乳パッド フィットアップ

内容量 126枚
1枚あたりの価格 8円
包装 2枚1組
接着面 5本のズレ防止テープ
材質 表面素材:不織布
吸収剤:吸収ポリマー

母乳育児をする多くのママに選ばれている母乳パッドです。

クッション性のあるふんわりシートで、肌にやさしく乳首を傷つず安心して使えます。

機能性と価格のパランスがとれた商品がいい人にオススメの商品です。

【使い捨てタイプ4位】ダッコ 母乳パッド マミーパット ふつうタイプ

内容量 128枚
1枚あたりの価格 5.4円
包装 2枚1組
接着面 長めの4本テープ
材質 不織布・高分子吸収ポリマー・ポリエチレン

おしゃれに気をつかうママにピッタリの母乳パッドです。

ダッコは、お産セットのシェア全国No.1のブランドなので、安心して使用できます。

通常母乳パッドは円形が多いですが、サイドカット形状で、下着からはみ出しにくいです。
さらにふつうタイプは、ベージュでアウターに響きにくくなっています。

おしゃれを楽しみたいママにオススメです。

【使い捨てタイプ5位】ピジョン 母乳パッド フィットアップ サラッと超吸収

内容量 60枚
1枚あたりの価格 9.6円
包装 1枚ずつ
接着面 幅広テープ
材質 表面素材:不織布
吸収剤:吸収ポリマー

3層構造で、効率的にたっぷり吸収するので、ずっとサラサラが続きます。

外出時や就寝時など長時間交換できないときにオススメです。

【使い捨てタイプ6位】母乳パッド しっかり吸収 ディズニーマリー

母乳パッド しっかり吸収 ディズニーマリー 個包装128枚入り

母乳パッド しっかり吸収 ディズニーマリー 個包装128枚入り

1,947円(08/25 21:19時点)
Amazonの情報を掲載しています
内容量 128枚
1枚あたりの価格 15.3円
包装 1枚ずつ
接着面 8本の端までしっかりテープ
材質 表面材:ポリオレフィン系不織布
吸水材:高分子吸水材・綿状パルプ・吸水紙

アカチャンホンポのオリジナル商品です。

助産師さんと先輩ママの声から、ズレにくい工夫がされています。
実際に使ったママも実感しています。

1枚ずつマリーちゃんのデザインのかわいらしい個包装になっているだけでなく、ママに嬉しいメッセージつきです。

かわいいマリーちゃんが好きなママにオススメです。

【使い捨てタイプ7位】 ダッコ 母乳パッド マミーパット 多めタイプ

内容量 64枚
1枚あたりの価格 8.2円
包装 1枚ずつ
接着面 4本のズレ防止テープ
材質 不織布・高分子吸収ポリマー・ポリエチレン

ダッコ 母乳パッド マミーパット ふつうタイプの1.5倍しっかりと吸収します。
胸元から目立ちにくいサイドカットも嬉しいポイントとなっています。

母乳量が多いママや外出時・就寝時の長時間交換できないときにオススメです。

【使い捨てタイプ8位】ダッコ 母乳パッド マミーパット アクティブライト

内容量 132枚
1枚あたりの価格 4.8円
包装 1枚ずつ
接着面 5本の端までピタッとテープ
材質 表面材:ポリオレフィン不織布
吸収材:高吸収ポリマー・綿状パルプ

コスパがよく、すっきり軽やかな付け心地です。
肌を覆う面積が少ないので、暑さやムレを軽減します。

両サイドカット形状なので、普段通りのおしゃれを楽しめます。

卒乳前や母乳量の少ないママにオススメです。

【使い捨てタイプ9位】チュチュベビー 素肌感覚のつけごこち

内容量 130枚
1枚あたりの価格 7.5円
包装 1枚ずつ
接着面 幅細ロングテープ5本仕様
材質 吸収部分:高吸水性ポリマー・パルプ
表面(お肌に触れる部分):複合不織布

コンパクトで持ち運びに便利な母乳パッドです。

1枚ずつ個包装してあるので、母乳の出る量の左右差があるママにも衛生的に使えます。
カバンやポーチに入れてもかさばらず、取り出しやすい包装になっています。

持ち運び用の母乳パッドをお探しの人にオススメです。

布タイプの母乳パッドのオススメ6選

おすすめしている女性
布製タイプの母乳パッドのオススメ商品をランキングで紹介します。
選んだ基準は以下の通りです。

編集部が選んだ基準

  • 基準(選び方)肌にやさしい

授乳期間中のデリケートなママにとってもっとも重要なポイント

  • 基準(選び方)お手入れ簡単

洗濯方法
乾きやすさ

  • 基準(選び方)快適に過ごせる

吸水性がいい
通気性がよくムレにくい

  • 基準(選び方)コスパがいい

毎日使うものなので1枚あたりの単価を算出

上記の基準で選んだTOP3はこちら。

【布タイプ1位】ローズマダム ママパット

内容量 2枚
1枚あたりの価格 392円
付属品 なし
材質 保護層:ナイロン100%
吸水層:アクリル70%・キュプラ30%
はっ水布:ポリエステル100%

吸水力に優れた日本製の安心して使える母乳パッドです。

保護層・吸水槽・はっ水布の3層になっていて、すばやく母乳を吸収し通気性もいいので、気持ちよく使えます。

やわらかく機能的な母乳パッドをお探しのママにオススメです。

【布タイプ2位】UUPLAY 母乳パッド

内容量 8枚
1枚あたりの価格 162.3円
付属品 なし
材質 竹繊維

竹繊維・ナノマイクロ繊維・防水フィルムの3層構造でしっかり母乳を吸水します。
肌にあたる面はやわらかで、授乳期の敏感な肌にフィットします。

母乳量の漏れの多く、肌がデリケートなママにオススメです。

【布タイプ3位】スウィートマミー ふわふわオーガニックコットン100% 母乳パッド M

内容量 2枚
1枚あたりの価格 594円
付属品 なし
材質 内側:オーガニックコットン100%スムース
内綿:オーガニックコットン100%パイル
外側:オーガニックコットン100%ガーゼ

オーガニックコットンで化学繊維を使っていない母乳パッドです。

6層構造で、しっかり吸収、通気性がよくムレにくいので快適に使えます。
この商品には、S・M・Lのサイズ展開があり、バストや母乳量・使う時間帯などによって購入サイズを決めるといいでしょう。

肌にやさしく、母乳量によってサイズ選択したいママにオススメです。

【布タイプ4位】SUNNYBUY 母乳パッド

内容量 8枚(4厚・4薄)
1枚あたりの価格 162.3円
付属品 収納ポーチ・洗濯ネット
材質 オーガニックコットン

オーガニックコットンを使用した吸水性抜群の母乳パッドです。

厚さが異なる2種類のパッドが4枚ずつ入っているので、昼間と夜で使い分けることができます。
持ち歩き用に収納ポーチがあるのも嬉しいポイントですね。

吸水性もありつつオーガニックコットンの肌にやさしい
母乳パッドを探している人にオススメ
です。

【布タイプ5位】stshell 洗える布製母乳パッド

内容量 10枚
1枚あたりの価格 128円
付属品 なし
材質 コットン

やわらかく立体的でバストに沿う形をしています。

とくに肌に当たる面の真ん中がふわふわなので、擦れによる刺激からママのおっぱいを守ります。

ただし繊細な生地で作られているため、洗濯機で洗うとよれたり縮んだりする可能性があるので、手洗いするといいでしょう。

バストにフィットするので、擦れによる刺激に悩んでいるママにオススメです。

【布タイプ6位】ALoveSoul 母乳パッド

内容量 12枚
1枚あたりの価格 116.5円
付属品 収納ポーチ・洗濯ネット
材質 竹繊維

カラフルでかわいらしく、3層構造でしっかり母乳の漏れを防ぎます。
なだらかな円錐形なので、バストにフィットします。

ポップでかわいらしい母乳パッドを使って気分をあげたいママにオススメです。

ママに合う母乳パッドを探してトラブルを防ごう

授乳しているママ
母乳パッドは、ママにとって違和感のないフィットしたものを探しましょう。

選ぶポイントでもっとも大切なことは、肌トラブルを起こさないことです。
肌さわりや吸収力、ムレにくさに注目し、自分に合うものを見つけましょう。

どれを買っていいかどうしても悩んでしまうというママは、ピジョン 母乳パッド フィットアップ プレミアムケアを試してみてはいかがでしょうか。

こちらのアイテムを使用してみて、問題があれば商品紹介をもとに新しい母乳パッド試してみることをオススメします。

ママに合う母乳パッドを探して、トラブルなく母乳育児を楽しみましょう。

今、あなたにオススメ

アンケートに答える

世帯年収を教えてください。

読み込み中 ... 読み込み中 ...