漫画「家事・育児・仕事の両立と夫の変化」(育田花)

はじめまして、育田花と申します。

今年の5月に、第4子長女を出産したばかりの4人の子どもを持つ母です。

この度、夫と私の育児家事分担について、記事をいただけることになりました。

妊娠はしたけど仕事は辞めないことを決意

まずは結婚前。

結婚前から私も夫も別の場所で、正社員として毎日働いていました。

そんなある日、長男を妊娠が発覚しました。

内心、結婚はするだろうけど仕事は辞めるのだろうか…できれば辞めて家事育児に専念したい…というのが私の本音でした。

男児3人女児1人あわせて4人の母をしております

夫に、家計のために仕事は辞めないで続けて欲しい、と頼まれました。

なので、仕事は続けようということになり…。

家事に関して宣戦布告!?

私としては、家事に育児に仕事に両立できるのかとても不安を感じていました。

夫が家事に目覚めはじめたのは、私がつわりのとき。

洗濯全般は夫、ほかは私が担当していました。

出産後、2人目を妊娠するまではその調子で変わらず家事育児を私、洗濯を夫がしていたのですが、私が仕事復帰してもその配分が変わらなかったので、なんかおかしくねーか?と不満をかかえるようになりました。

飲み会に自由に参加し、私のメールも無視して朝帰り上等な夫についにブチギレてしまったので、家にあるコピー紙に家事育児に関しては半々で行う、さもなければ私は仕事を辞めるという内容を書き机にたたきつけました。

それからは、家事育児を半々で担当。

この生活がなんとなくうまくいってる理由としては、ささいな事でもありがとう!やポジティブな声かけを密に夫婦間で行なっているのが大きいかなと感じています。

<オススメの記事>
連載「夫から自由時間をもらったのに、家事してないの?って言われてケンカ勃発!」(パン耳)