横須賀の不登校児を救う!フリースクール【アンガージュマン・よこすか】とは?

子どもが学校にいけなくなる不登校。
その原因となるのは、心理的な要因から社会的な要因までさまざまです。

「学校に行きたいのに行けない」「行かなくてはいけない」このような葛藤のなかで、親も子ども自身も悩んでいるケースが多くみられます。

今回は、不登校の子どもをサポートするフリースクール「NPO法人アンガージュマン・よこすか」の理事長、島田徳隆さんに話をうかがいました。

どのような活動をおこない、どのようなサポートをおこなっているのかを紹介します。

フリースクールとは?

NPO法人アンガージュマン・よこすか 島田徳隆さん

編集部

フリースクールとは、いわゆるどのような環境のことを指すのですか?

フリースクールは、フリースペースといわれることもあり、学校に通えない子どもが自由に過ごせる場所です。

学校的な取り組みをしているところもあれば、農業体験を中心にしていたり、遊びを中心にしていたり、心理・カウンセリングが中心だったり、それぞれの団体による特徴があります。

アンガージュマン・よこすか:島田徳隆さん
島田さん

NPO法人アンガージュマン・よこすかでは、商店街にある本屋の、奥にあるスペースを利用したフリースクールです。
商店街という特性を活かして、町の人との交流をメインに活動しています。

小中学校の場合は出席扱いになる

神奈川県内では、公立の学校に通う小中学生の場合、フリースクールに行くことで出席扱いとなります。

編集部

高校の場合は、出席扱いにならないのですか?

アンガージュマン・よこすか:島田徳隆さん
島田さん

高校でもフリースクールの取り組みはありますが、出席扱いになるのは義務教育までです。

最終的な目標は子どもが社会的に自立することであって、学校に通うことや進学することではありません。

文部科学省でも「学校」にこだわらずに、社会が子ども達の面倒をみて、社会に送り出せるように取り組んでいます。

不登校に対する親の対応は2極化している

編集部

子どもが不登校の場合、親としてはかなり悩むと思いますが、親からの相談もあるのでしょうか?

子どもの不登校については、すぐ相談に来る人と、あまり干渉しない人の2極化しているように感じています。

そのなかでも、最近では子どもへの関わり方が、わからない人が増えているように思いますね。

問題を先送りにして高校に進学しても、結局登校できなくて中退したり、卒業できたとしても社会に出たときに行くところがないというケースもみられます。

アンガージュマン・よこすか:島田徳隆さん
島田さん

すぐに解決することではないので、継続的なサポートが必要です。

編集部

だからこそ問題を先送りにせず、早い段階でのサポートが必要なんですね。

フリースクール以外にも、医療機関や行政の相談機関、訪問相談などを利用する方法もあるのです。

家族内で孤立せずに、外とつながることが大切だと考えています。

アンガージュマン・よこすか:島田徳隆さん
島田さん

支援というよりも、応援に近いかもしれません。

アンガージュマン・よこすかに通う子ども達ってどんな様子なの?

フリースクールに通う子ども

編集部

不登校になった子ども達にとって、新しい環境に足を運ぶことはハードルが高いのではありませんか?
たとえ自分を支援するための場所であっても、敷居が高く感じるようなことはないのでしょうか?

最初は、親が強制的に連れてくることが多いので、半信半疑の子が多いと思います。

ただムリやりとはいっても、自分でも何とかしたいと思って来ていることがほとんどです。
何とかしたいと思わなければ、ムリやり連れて来られたとしても通わないですよね。

毎日通う子もいれば、週に2~3回の子もいます。

あせらずに、子どものペースに合わせてゆっくり関わるように心がけています。

編集部

アンガージュマン・よこすかに通うことで、子ども達にどのような変化がみられますか?

まず表情が変わります。

最初は、外の世界をシャットアウトしている場合も多いのですが、ここで過ごすうちに笑顔がみられるようになる子が多いです。

また、困難にぶつかったときの対処ができるようになります。

今までは、悩みのすべてをひとりで抱え込んでいた子が、相談をしたり、人の力を借りたり、少し休むといった選択もできるようになっています。

編集部

実際に学校に戻れるようになる子はいますか?

9割の子が学校に戻ります。

フリースクールで十分に休み、多様な進路情報を選択できるようになれば、自分に合った居場所を選べるんです。
自分で決めたことだからこそ、継続できるようにもなります。

引きこもりの就労支援で多くの子が就職している

子どもの就労支援

編集部

アンガージュマン・よこすかでは、就労支援もおこなっていると伺いましたが、具体的にはどのような支援をおこなっているのですか?

ここに通いながら、働き方を体験してもらいます。

具体的に手伝ってもらうのは本屋の業務で、市役所や病院、床屋さんへの配達などです。

チャレンジして失敗することがあれば、フォローしながら働き方を身につけていきます。

どんな仕事でも、経験を積んで自信をつけることが重要なので、そのための相談にのったりもしますよ。

編集部

就労支援にきて、実際に就職できる子はどのくらいいるのでしょうか。

ここへ相談に来た、ほとんどの子どもの就職が決まっています。

なかには、うまくいかずに戻ってくる子もいるので、就職が決まって終わりではなく、その後のサポートも大切です。

就職先としては、商店街関係だったり一般企業だったりさまざまですが、接客業が多いですね。

そもそもなぜフリースクールをしているの?

編集部

島田さんが、フリースクールを運営しようと思った経緯を教えていただけますか?

神奈川で、不登校の子どもに対するサポートをおこなうところができたことを知って、ボランティアをはじめたのがきっかけです。

もともとは東京の通信制高校の講師をやっていたのですが、そのなかには、不登校で学校に通えなかったという子もたくさんいました。

そして、不登校に対するサポートが少ないために、そのまま引きこもってしまう子もたくさんいたのです。

最初は、同じ環境で悩む親のコミュニティーからはじまり、それから不登校の子どもをサポートしたいと考えてできたのがアンガージュマン・よこすかのフリースクールです。

子どもの多様性が認められる世の中にしたい

NPO法人アンガージュマン・よこすか 島田徳隆さん

編集部

今後、このような世の中になればいいという、島田さんの考えをお聞かせいただけますか?

いろいろな個性のある子ども達が、特別視されることなく、過ごしやすい世の中になればいいと思っています。

不登校は、心理的な要因だったり、社会的な要因だったり、障がいだったりと、さまざまなことが原因として考えられます。

そういったバックグラウンドを持つ子ども達の、多様性が認められるようになればいいと思います。

編集部

今、子育てをしている親御さんに向けて、メッセージをお願いします。

子育てで困ることがあれば、ひとりで悩まず周りに相談してほしいです。
子どもを連れて一歩外に出ると、肩身の狭い思いをしたり、孤独感を感じることは多いものですが、子どもは社会で育てていくものだと思っています。

フリースクールや行政のサポートなど、協力してくれるところは必ずあるのでうまく利用してください。

誰かの子どもではなく社会の子どもとして、みんなで手を取り合って子育てをしていきましょう。

【プロフィール】
島田徳隆NPO法人アンガージュマン・よこすか理事。
横須賀生まれの横須賀育ち。
2005年から非常勤職員として働き、2012年で理事長に就任。
不登校の当事者もその親も、気楽に相談できる環境づくりを心掛ける。

<Webサイト>
https://npoey.com/index.html

今、あなたにオススメ

アンケートに答える

【ベビーカーをお持ちの方限定】ベビーカーはどこで購入されましたか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...