連載漫画(4)「思春期突入!継母の私が子どもの叱り方で悩んだ話」(ネコおやじ)

こんにちは、ネコおやじです!

初婚で子持ちのシングルファザーと結婚し、二児の継母になりました。

前回の話に引き続き、「子どもの叱り方」について、我が家の裏側事情を書いていきます。

<前回の記事>
第1話
第2話
第3話

夫の言い分とは?

・・・私が変われと?うん、あいつに怒鳴る言い方はもう止めた方がいいん
いんや・・・・無理とは言わんけどかなーり難しいスわ
お前が気付いているか分からんが俺もあいつの年齢や成長に応じて叱り方や接し方を変えてきたし

それにあいつも反抗期なんだし言ったところで反発しかしてこないのはわかりきってる

確かにプライドを傷つけられる言い方されたら嫌かもしんないけど
でもまあお互いのためって言うなら前向きに努力してみる・・・わ

というわけで、しげパパに諭された形で終わりました。

………が、夫の叱り方が変化していたなんて、正直全く分からなかったんですが(笑)

怒る時は相変わらず、マグマのように大噴火していたような気もするけど、記憶違いだったかな?

まぁ、そこはさておき、最終的に自分の行動を変えることのメリットを冷静に考えました。

怒りに任せて怒鳴りまくったところで、確かにお互いにとってあまり望ましい解決にはならない。
それを考えるきっかけになったのが、今回の夫の発言でした。

私もけっこう頑固な人間なので、すべて夫の言う通りにするつもりはないし(できないし)、
参考になった部分だけ拾って、自分のなかでプラスの行動に変えれたらいいなと思っています。

というわけで、次回は実践編へと続きます。

<次回の記事>
第5話

<ほかの記事>
ネコおやじさんの記事一覧