【医師監修】赤ちゃんの視力はどれくらい?新生児からどう見えるようになるの?

生まれたばかりの赤ちゃんは、どのくらいの視力があるか知っていますか?

赤ちゃんは最初から周りのものがちゃんと見えているわけではなく、成長とともに視力が発達していきます。

新生児の頃はほとんど見えておらず、ママのおっぱいや哺乳瓶を見せても反応しないことがあります。

ママやパパは赤ちゃんがよく見えるように自分の顔を近づけたり、視力を鍛えるために絵本やおもちゃを与えることが大切です。

今回は、0~1歳の赤ちゃんの目の見えかたや視力の鍛え方、目の病気や注意点などを解説します。

赤ちゃんはいつから目が見えるようになる?

生まれたての赤ちゃんは視力が悪く、視界はほとんど見えていませんが、月齢を重ねるごとに視力が発達し、だんだん周りがはっきりと見えるようになっていきます。

新生児(生後0~28日)の視力

生まれたばかりの赤ちゃんの視力は0.01~0.02で、周りの世界はぼんやりとしか見えていません。

理由として、赤ちゃんは遠視の状態で生まれてきます。
生まれたての頃は瞳孔を覆っている角膜が薄くなっているため、遠視の状態なのです。

新生児がよく見える距離はおよそ30cmまでですので、話しかける際には顔を近づけてあげましょう。

視界がはっきりしていない新生児でも、人の顔らしいものを好む傾向にあります。

また、色がついている物よりも白黒の物が、よりはっきりと見えているようです。

  • 生後4週間の目の見えかた
新生児が見た時のイメージ

生後2~4ヶ月頃の視力

この頃から赤ちゃんの目は形がだんだんと見えるようになってきます。
目の前で動くものに反応することが増えてくるでしょう。

白黒の物以外にも赤や黄色、緑など、色がついた物を認識するようにもなります。
新生児の頃の視力は0.01~0.02ですが、4ヶ月頃になると0.04~0.08程度まで発達します。

  • 生後2ヶ月の目の見えかた
生後4週間の赤ちゃんが見た時のイメージ
  • 生後3ヶ月の目の見えかた
生後8週間の赤ちゃんが見た時のイメージ

生後6~8ヶ月頃の視力

生後半年を過ぎると視力が著しく発達し、0.1くらいになります。
生後8ヶ月にもなると、物事の奥行きを把握し、人や物を立体的に見ることができます

赤ちゃんの好奇心も旺盛になっていくでしょう。

この頃になると人の顔を覚える能力がつき、さらに声など視覚以外の感覚機能でママとパパ、他人の区別がつくようになり、人見知りが始まります

  • 生後6ヶ月の目の見えかた
生後3ヶ月の赤ちゃんが見た時のイメージ

1歳頃の視力

1歳頃になると視力は0.2~0.25にまで発達します。
物の形や人の顔は認識できるものの、輪郭はまだ完全にはっきりとは見えません

人間の脳は「両眼視機能」といわれる両方の目で同時に物を見る能力が備わっていますが、この頃はまだその能力が未熟なため、障害物にぶつかるということも多いでしょう。

  • 1歳頃の目の見えかた
生後6ヶ月の赤ちゃんが見た時のイメージ

“チャイルドビジョン”で幼児の目の見えかたを体験

1歳を過ぎても子どもの目はまだ発展途上の状態です。
大人が当たり前のように見ている世界が、子どもにとっては全く別の世界なのです。

子どもの目の見えかたを再現できる「チャイルドビジョン/子どもだけに見える世界・類似体験メガネ」を、NPO法人CAPセンター・JAPANが開発しました。

交通安全啓発の一環で作られたチャイルドビジョンは、子どもがどれくらい見えているかを体験するのに最適なツールです。

チャイルドビジョンはCAPセンター・JAPANのホームページからPDF形式でダウンロードが可能ですので、子どもの目の見えかたを理解するために使用してみてはいかがでしょうか。

赤ちゃんの視力を鍛える方法

赤ちゃんの目は成長とともに発達していくとはいえ、視覚を刺激するようなトレーニングをすることが大切です。

視覚の刺激は脳の発達をも促すため、積極的に遊びを交えて目のトレーニングをしましょう。

ママの顔を近づける

赤ちゃんを寝かせ、30センチ離れたところで真正面に向き合い、徐々にママの顔を赤ちゃんに近づけます。

声をかけながら顔を近づけるといいでしょう。
この動作を2~3回繰り返します。

今度はママの顔を左右に動かして、目で追わせるようにします。

何度か繰り返すと、赤ちゃんが両目でママの顔をじっと見るようになるでしょう。

手鏡を目で追わせる

手鏡で赤ちゃん自身の顔を見せます。
手鏡を少しずつ横に動かし、 目で追わせます。
左右上下といろいろな方向で動作を繰り返しましょう。

これを行うと、左右上下の見方を学んで視野が広がりやすくなります。

また、手鏡で赤ちゃんの姿を映し出すことで、自我が芽生えやすくなるのです。

一点を見つめる

両眼視機能の発達を促すために、ひとつの物を見つめるトレーニングを行います。

30センチほど離れた場所に目立つ物を置いて、数秒間見つめる練習をします。
物でなくママの顔でもいいでしょう。

目から入る刺激は視神経を働かせるため、一点を見つめるトレーニングは高い効果を見込めます。

おむつ替えのときにママの顔を見つめさせることで、目のトレーニングにもなりますし、コミュニケーションにもなります。

赤ちゃんに色を教える

生後4ヶ月を過ぎるとだんだん色の識別ができるようになります。

この頃から赤ちゃんにたくさんの色を見せてあげるようにしましょう

おもちゃは絵本、洋服はなるべくカラフルなものを選ぶといいです。
色を見せる際に、「赤いリンゴ」「黄色い車」と言葉を発してあげることで、物の名前と色を覚えやすくなります。

たくさんの色を見せることは赤ちゃんの視力を発達させることはもちろん、脳の発達にもつながります

色彩感覚を養うことで感受性が豊かな子に育つともいわれているため、日常生活でなるべく多くの色を見せてあげましょう。