新生児の体重と身長の平均は?増えない・減る場合の原因って?

生まれたばかりの赤ちゃんは、日ごとに成長して大きくなります。

ただ、「まわりの赤ちゃんと比べて成長が遅いようだ
身長や体重があまり増えない」と悩むママも多いようです。

一生懸命お世話しているからこそ、不安になることもあるでしょう。

この記事では、新生児の体重と身長の平均や、体重が増えない原因について紹介します。

新生児の体重と身長の目安は?

平成22年に厚生労働省がおこなった、乳幼児身体発育調査では、新生児の体重と身長の平均を以下のようにまとめています。

【男の子】

  • 体重:2,980g〜4,780g(出生時〜生後1ヶ月)
  • 身長:48.7.0cm〜55.5cm(出生時〜生後1ヶ月)

【女の子】

  • 体重:2,910g〜4,460g(出生時〜生後1ヶ月)
  • 身長:48.3cm〜54.5cm(出生時〜生後1ヶ月)

個人差があるため、これより下だから小さい・上だから大きすぎるということではなく、目安として考えてくださいね。

参照:厚生労働省「一般調査及び病院調査による乳幼児身体発育値及び発育曲線について」

新生児の体重の発育曲線とは?


発育曲線とは、厚生労働省が10年ごとにおこなっている、身体発育の調査結果をパーセンタイル値で表し、グラフにしたものです。

パーセンタイル値とは、全体を100としたときに、小さい方から数えて何番目になるのかを示す数値です。

50パーセンタイルなら、ちょうど50番目の数値のことで中央値ともいいます。

発育曲線は、同性・同時期の赤ちゃん全体のなかで、どのぐらいの位置に分布するのかを知る目安です。

参照:公益財団法人母子衛生研究会赤ちゃん&子育てインフォ「Part1 発育曲線の見方、考え方」

新生児の1日当たりの体重増加はどのくらい?

体重増加の目安
新生児の体重の増加量は、1日30gが目安です。

母乳のみの場合は、1日20〜25g増えていれば、そのまま母乳だけで様子をみます。

混合や完全ミルクの場合は、1日30g程度増えていれば問題ないでしょう。

参照:公益財団法人母子衛生研究会赤ちゃん&子育てインフォ「発育・発達」

新生児の体重が減ることもある?


生まれて数日たつころに、赤ちゃんの体重が出生時よりも減っていることがあります。

出生時の体重より-8~10%くらいであれば、生理的体重減少といえるでしょう。

生理的な体重減少であれば、一般的には生後14日を目安に、出生時の体重に戻ります。

参照:順天堂大学医学部付属静岡病院「母乳育ちの赤ちゃんの体重の増え方」

減りすぎの目安は?

生理的体重減少の-8~10%というのは、3000gの赤ちゃんであれば、-270~300gくらい体重が減ることになります。

ただし、体重のみで正常な発育状態は確認できません。

身長や頭囲、そのほかの状態も総合的にみて判断する必要があります。

心配な場合は自己判断せずに、医師の診察を受けましょう。

参照:順天堂大学医学部付属静岡病院「母乳育ちの赤ちゃんの体重の増え方」

新生児の体重が増えない・減るときの原因と対処法

生理的体重減少が落ち着いても、赤ちゃんの体重がなかなか増えなかったり、減るというケースもあるようです。

体重が増えない、または減ってしまう原因と対処法をみていきましょう。

授乳量が足りていない

赤ちゃんの体重が増えない原因のひとつに、ミルクや母乳不足が考えられます。

とくに完全母乳の場合、目視で量を確認できないため、必要な量に達していない可能性もあるでしょう。

授乳の姿勢を変えたり、授乳環境を見なおすことで、哺乳量が増えることもあるので試してください。

ミルクの場合は、授乳回数と、一回あたりに飲む量をチェックしましょう。

幽門狭窄症

幽門狭窄症とは、生後2〜3週から3ヶ月ころの赤ちゃんが、ミルクや母乳を吐く病気で、筋肥厚性幽門狭窄症(ゆうもんきょうさくしょう)ともいわれます。

胃の出口にある幽門筋が分厚くなり、飲んだミルクや母乳を腸に流せず、噴水のように吐き戻す病気です。

幽門筋が分厚くなる原因は、わかっていません。

第一子や、男の子の赤ちゃんに多く見られる病気ですが、女の子にも起こります。

【幽門狭窄症の症状】

  • ミルクや母乳を飲むたびに、噴水のように吐く

幽門狭窄症は、ラムステット手術とよばれる、幽門筋を切開し拡げる方法で治療します。

ほかにも、内視鏡を使って幽門筋を拡げたり、薬を静脈内に注射することで、幽門筋を弛緩させて治療する方法なども議論されているようです。

参照:特定非営利活動法人日本小児科学会「肥厚性幽門狭窄症」

クレチン症

クレチン症とは、甲状腺ホルモンが不足して、体の成長や知能の発達が遅れる病気です。

先天性甲状腺機能低下症ともいわれます。

診断のために、新生児マス・スクリーニングという検査をおこないますが、陽性であっても、実際に先天性甲状腺機能低下症である赤ちゃんは1/3程度のようです。

とくに新生児のあいだは、確実に診断できる症状がなく、正確に診断できるまで数年かかります。

【クレチン症の症状】

  • いつもより元気がない
  • 体重が増えない
  • 皮膚がカサカサしている
  • 黄疸が長引く

先天性甲状腺機能低下症は、1日1回の薬を飲むことで、成長や日常生活に影響なく過ごせるので、早めに治療を受けることが大切です。

参照:広島大学病院小児外科外来「先天性甲状腺機能低下症(クレチン症)について」

ヒルシュスプルング病

ヒルシュスプルング病とは、腸を動かす神経節細胞が生まれつき欠けていて、食べたものが腸の先まで通らなくなる病気です。

腸を動かす神経節細胞は、妊娠初期の5週〜12週にかけて作られます。

しかし、途中でなんらかの異常がおこって、細胞が広がらずに止まることが原因です。

神経節細胞が欠けているところが、腸の一部だったり、広範囲の場合もあります。

【ヒルシュスプルング病の症状】

  • おなかが大きく張る
  • ミルクを吐き戻す
  • 便秘がひどい

ヒルシュスプルング病の赤ちゃんは、新生児期から症状があるケースが多いのも特徴です。

腸炎だけではなく、腸閉塞腸の壊死などにつながる可能性もあるので、少しでも違和感があった場合は早急に病院を受診しましょう。

ヒルシュスプルング病は、正常な腸と肛門をつなげる方法の手術で治療します。

参照:特定非営利活動法人日本小児科学会「ヒルシュスプルング病」

新生児の体重が増えなくて発達が遅れることはある?

病気が原因でなければ、新生児期に体重が増えなくても、発達に遅れが出ることはありません。

生理的体重減少で減った体重の戻りが多少遅くても、発達には影響しないので、赤ちゃんの個性として安心して受け止めましょう。

参照:公益財団法人母子研究会赤ちゃん&子育てインフォ「発育・発達」

新生児の体重の測り方

自宅で新生児の体重を測るには、感度が10g単位以内の赤ちゃん用体重計を用意しましょう。

短い期間しか使わないのに買うのがもったいない」という場合は、レンタルする方法もあるので検討してくださいね。

授乳直後は避けて体重を測りましょう。

全裸で計測しますが、オムツをはかせたり、おくるみでくるんで測る場合は、その分の重量を引いてください。

赤ちゃんが嫌がって泣くこともありますが、一瞬力が抜けるタイミングがあるので、そのときの重さを計測します。

参照:平成23年度厚生労働科学研究費補助金「乳幼児身体発育調査の統計学的解析とその手法及び利活用に関する研究」

新生児期の体重減少は落ち着いて対処しよう!


赤ちゃんの体重減少は心配なものですが、あわてずに落ち着いて対処してください。

赤ちゃんの機嫌がよく、体重以外に気になることがないのであれば、しばらく様子をみてもいいでしょう。

病気が原因であっても、正しい治療をおこなうことで、回復することがほとんどです。

心配なことがあれば、かかりつけの小児科医に相談しましょう。

今、あなたにオススメ

アンケートに答える

【ベビーカーをお持ちの方限定】いくらでご購入されましたか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...