【医師監修】新生児黄疸の原因は?知っておきたい症状や治療法まとめ

赤ちゃんが生まれて2〜3日後、赤ちゃんの顔や目が黄色くなっていることにびっくりするママもいるようです。

その大半は「新生児黄疸」という一時的なもので、ほとんどの赤ちゃんが経験するもの。

ただし、黄疸のなかには、病気が原因のものもあります。

ここでは、赤ちゃんの黄疸の原因や、気をつけるべき症状や治療法についてまとめてみました。

新生児黄疸とは

肌や白目が黄色っぽくなること黄疸といいます。

新生児黄疸とは、名前の通り新生児にあらわれる黄疸のこと。
生後2〜3日後にあらわれ、1週間程度で自然に消えてしまう一時的なものです。

赤ちゃんの肌や白目が黄色くなってしまうと、ママとしては心配になってしまうと思いますが、黄疸があらわれるのはそう珍しいことではありません。

ほとんどの新生児におこることであり 、大半は生理的な原因によるもので生理的黄疸とも呼ばれます。

出生後2〜3日で発症し、4〜5日目にピークを迎え、7〜10日程度で自然に治るのが普通です。

赤ちゃんに黄疸があらわれる理由は?


新生児黄疸は、ほとんどの赤ちゃんにおこるものですが、それは一体どういう理由からでしょうか。

深刻な病気ではないかと気になるのは、ママにとっては当然のこと。

黄疸が現れる原因や、仕組みをまとめました。

黄疸の原因はビリルビン

黄疸の原因は、ビリルビンという黄色色素です。

黄色い色素であるビリルビンが、なんらかの原因で、体外への排出が間に合わないほど増えることがあります。

肌や白目が黄色くなるのは、排出しきれずに体内で増えたビリルビンが、皮膚や粘膜に沈着するためです。

そのため、新生児黄疸は、新生児高ビリルビン血症とも呼ばれます。

ビリルビンってなに?


人間の体は酸素を必要としますが、その酸素は血液を通して身体中に運ばれます。

このとき酸素を運ぶ、重要な役目をはたしているのが、赤血球のなかにあるヘモグロビンです。

赤血球は古くなると破壊され、このときヘモグロビンからビリルビンが発生します。

その後、ビリルビンは、血液によって肝臓に運ばれますが、運ばれる前のものは間接ビリルビン、肝臓で処理されたものは直接ビリルビンと呼ばれます。

通常、肝臓で処理されたビリルビンは、水溶性となり胆汁とともに十二指腸へ運ばれ、その後小腸や大腸を通って体外に排出されます。

しかし、体内のビリルビンが急激に増加したり、肝臓の機能が低下すると、ビリルビンの処理や排出が追いつかず、黄疸の症状が出てくるのです。

赤ちゃんの体内で一時的にビリルビンが増えるわけ

ママのお腹の中と、外の世界では、赤ちゃんをめぐる環境がまるっきり違います。

生まれたばかりの赤ちゃんの体には、環境の変化に対応するために、さまざまな変化がおこります。

その変化のひとつが、誕生後、赤ちゃんの体の中で不必要になった赤血球が大量に破壊されることです。

それにより、一時的にビリルビンが増え、赤ちゃんの肝臓の処理能力では追いつかなくなります。

するとビリルビンを体外への排出しきれず、黄疸が出てしまうのです。

肝臓の機能が発達し、ビルビリンを処理できるようになると、黄疸は自然に消滅します。

病気が原因の黄疸もある


新生児黄疸は、ほとんどの新生児に一時的に見られる生理的な黄疸です。

しかしなかには、病気が原因の黄疸もあり、その場合は治療が必要になります。

病気が原因の黄疸には、主に次の3つの種類があります。

  • 血液の異常によりビリルビンが増える血液型不適合による黄疸
  • 肝臓の疾患によりビリルビンの処理ができずにおこる黄疸
  • ビリルビンを体外に排出する胆道が閉鎖されているためにおこる黄疸

それぞれの詳しい原因や症状などを、以下で具体的にみてみましょう。

血液型不適合

赤ちゃんの血液型と母親の血液型が異なっている場合におこる黄疸で、出生後24時間以内にあらわれます。

血液型不適合には、Rh式血液型不適合とAOB型血液型不適合があります。

いずれも異なる血液型に対しての抗体が母体で形成され、それが胎盤を通して赤ちゃんの血液に入ることが原因です。

その結果、赤ちゃんの赤血球が破壊され、ビリルビンが過剰に増え、新生児溶血性貧血をおこします。

黄疸と貧血は、新生児溶血性貧血の典型的な症状です。

Rh式血液型不適合はお母さんがRhマイナスの場合、発症する確率が高くなります。

症状が重症化しやすく、お腹の中にいる時から貧血や胎児水腫をおこすこともあり、妊娠早期から慎重な経過観察が必要です。

出生後には、グロブリン注射などの治療がおこなわれます。

ABO型血液型不適合は、お母さんの血液がO型で、赤ちゃんがA型かB型の場合にごく稀に見られますが、Rh式ほど重症化することはありません。

肝性黄疸

ビリルビンを体外に排出するためには、肝臓の働きが欠かせません。

しかし、肝臓が炎症を起こしていたり、新生児肝炎といった疾患がある場合は、ビリルビンを処理することができず黄疸が出てしまいます。

新生児肝炎の原因は、胆汁の流れが悪かったり、感染症などです。

症状の特徴として、黄疸とともに、白っぽい便がみられます。

その場合、詳細な検査と長期的な経過観察が必要となりますが、生後3〜6ヶ月で肝機能が正常化し、黄疸が改善することがほとんどです。

閉塞性黄疸

肝臓で処理されたビリルビンは胆汁とともに、十二指腸に送られます。

しかし、胆汁を十二指腸に運ぶための胆管が閉鎖されていると、ビリルビンは体外へ排出されず黄疸がおこります。

赤ちゃんの中には、生まれつきこの胆管が閉鎖している先天性胆道閉鎖症という病気を持って生まれてくる子もいます。

症状の特徴は、白っぽい便がみられることと、黄疸が2週間以上続くこと。

肝硬変をおこす危険性もあるため、出産後はできるだけ早い時期に外科的手術が必要となります。

完全母乳が原因で黄疸が長引く場合も

黄疸が長く続くケースとしては、先に説明したような病気が考えられるのですが、なかには病気ではないのに、黄疸が1ヶ月以上長引くケースもあります。

完全母乳で育てている場合にみられるもので、母乳に含まれるホルモンがその原因といわれます。

母乳に含まれるホルモンの影響で、肝臓の機能を低下することがあり、そのために黄疸の症状が出るのです。

しかし、その影響は一時的なもので、治療の必要はありません。

授乳をやめた方がいいのかと心配になるママもいるかもしれませんが、ビリルビン値がよほどの高値を示さない限りその必要はないでしょう。
むしろ、おっぱいをよく飲んだ方が、便や尿の排泄も活発になり、ビリルビンの排泄も促されます。

母乳性黄疸は生後1週間以降に発症し、生後2〜3ヶ月ごろには治るのが普通です。

赤ちゃんが元気で、母乳をよく飲んでおり、黄疸以外の症状がみられなければとくに問題はないでしょう。

ただし、便が白っぽかったり、発熱がみられたり、赤ちゃんがいつも眠そうでぐったりしているようなら、一度医師の診察を受けましょう。

基準となるビリルビン値


生理的な黄疸か、病的な黄疸かを見分けるのに重要になってくるのがビリルビン値です。

新生児の黄疸の原因が病気なのか、生理的なものなのか見分ける基準になります。

ビリルビン値の測定には、プローブを皮膚に当ててビリルビン濃度を測定する経皮測定器が使われます。

生理的なものか病気によるものかを見分けるビリルビン濃度の基準値は、新生児の場合で、15mg/dl前後です。

これ以上高い数値があらわれた場合には、なんらかの病気が原因している疑いがあるので、血液を採取して詳しい検査が必要になります。

新生児黄疸の場合のビリルビン値は?

生理的な新生児黄疸の場合は、ビリルビン値は生後4〜5日目にピークを迎えますが、最高時の数値は13mg/dl前後となります。

その後、数値は緩やかに下降し、生後7〜10日目には、新生児のビリルビンの正常値である5mg/dl以下になるのが普通です。

ただし、新生児のビリルビン正常値は出生体重によって変わりますので、詳しくは、担当に医師に確認しましょう。

異常が疑われるビリルビン値

新生児黄疸の場合は、ピークでもだいたい13mg/dl前後です。

これが15mg/dlを超え続けた場合は、病気が原因の黄疸である疑いが高くなります。
(2,500g以下の低出生体重児の場合は12mg/dlを超えると注意が必要です。)

経皮検査でこのような高数値が検出された場合は、血液検査などの詳しい検査が必要となります。

また、ビリルビン数値が高い黄疸が長引く場合は、ビリルビン脳症(核黄疸ともいいます)のなるリスクが高まります。

ビリルビン脳症とは?

ビリルビン値が異常に高くなった場合、ビリルビンが脳細胞に沈着して、神経細胞障害がおこることがあります。

そのような状態を、ビリルビン脳症あるいは核黄疸といいます。

ビリルビン脳症は、神経的な後遺症が残ることもある危険な病気です。

そのためビリルビン数値が基準値を超えた場合は、予防のための治療がおこなわれます。

ちなみに、黄疸以外のビリルビン脳症の典型的な初期症状は以下のようなものです。

  • ミルクを飲む力が低下する
  • 眠りやすくなる
  • 筋緊張の低下
  • 全体的に元気がなく、いつも眠たそうにしている
  • 呼吸状態があまり良くない
  • 発熱がある
  • けいれんする

後遺症を残さないためにも、これらの初期症状を見逃すことなく、気になる症状があれば、すぐに医師の診察を受けましょう。

ビリルビン値を下げる治療


ビリルビン値が高い場合は、ビリルビン値を下げるための治療がおこなわれます。

一般的な治療として用いられるのは、光線療法です。

重症の場合は、交換輸血がおこなれます。

光線療法

日光を当てることで、ビリルビンは水に溶けやすい状態になり、排出しやすくなるといわれます。

そのため、昔は、黄疸の治療として日光浴させることもあったようです。

現代の病院においては、日光よりも効果的と言われているブルーライトやグリーンライトを赤ちゃんの体に当てることで、ビリルビン値を下げる光線療法が取られます。

光線療法では、赤ちゃんはアイマスクをつけて、おむつ一枚の姿で保育器に入れられ、そこで一定時間光を浴びることになります。

治療期間は、赤ちゃんの症状、ビリルビンの数値で異なります。

お母さんが退院するまでに、赤ちゃんのビリルビン値が下がれば一緒に退院できますが、数値が改善しない場合は、赤ちゃんだけ引き続き入院することもあります。

交換輸血

交換輸血とは、輸血によって赤ちゃんの血液を入れ替えることです。

重症の血液型不適合の場合、ビリルビン値がかなり高い場合、急激に値が上昇した場合、光線療法では効果が出なかった場合など、ビリルビン脳症のリスクが高いと判断された場合は交換輸血がおこなわれます。

交換する血液は、体重3kgの赤ちゃんの場合で、500〜600mlとなります。

ほとんどは大丈夫だけど心配なら医師に相談を


ほとんどの赤ちゃんに見られる新生児黄疸は、一時的な生理現象であり、生後10日もたてば消えてしまうのが普通です。

しかし、なかには母乳の影響や、なんらかの疾患で黄疸の症状が続くこともあります。

治療が必要かどうかは、ビリルビン値が基準値を超えてるいかどうかで判断されます。
ビリルビン値が高い場合は、病的な黄疸である可能性がありますし、ビリルビン脳症を予防するための治療が必要になってきます。

新生児黄疸は、ほとんどの赤ちゃんにみられるのですが、黄疸だけでなく、うんちの色や、ミルクを飲む力、元気があるかどうかなども観察し、少しでもおかしいと思ったら、医師に相談しましょう。

アンケートに答える

居住形態を教えてください。

読み込み中 ... 読み込み中 ...