赤ちゃんの歯磨きはいつから?正しい磨き方・歯ブラシ選びのポイント

赤ちゃんの歯が生えはじめると、成長をうれしく感じるママやパパは多いでしょう。

大切な歯をしっかりケアして、虫歯を防ぎたいと心配するのが親心ですね。

生えはじめや、数本しか生えていない場合、「歯磨きはした方がいいのかな?」「どうやって磨いたらいいんだろう?」と悩むママもいるでしょう。

この記事では、いつから赤ちゃんの歯磨きをはじめるか、また正しい磨き方や歯ブラシの選び方を紹介します。

赤ちゃんの歯磨きはとっても大切

赤ちゃんの歯磨きはいつから?正しい磨き方・歯ブラシ選びのポイント

赤ちゃんの歯磨きは、早い段階から習慣づけることが大切です。

乳歯の表面は汚れやすいため、しっかりケアをしないと、すぐ虫歯になる可能性があります。

「乳歯はいずれ抜けるから大丈夫」と思い虫歯を放っておくと、永久歯にも影響を与える可能性があります。

永久歯に生え変わる前に虫歯で歯が抜けると、隣の歯が傾いて、永久歯が曲がって生えてくることもあるようです。

将来の歯並びのためにも、早い段階から歯磨きの習慣をつけましょう。

参照:東北大学病院|小児歯科

歯磨きはいつから始めるの?月齢別ケアの仕方

赤ちゃんの歯磨きはいつから?正しい磨き方・歯ブラシ選びのポイント

まずは赤ちゃんが、歯磨きは気持ちいいということを覚えるのが大切です。

歯磨きに慣れるまで、月齢別にケアをおこなっていきましょう。

歯が生え始めるまで(〜6ヶ月)

歯が生えはじめる生後0〜6ヶ月までは、顔や口周りを触って、赤ちゃんが口に触れられることに慣れることが大切です。

まだ歯が生えていないこの時期は、歯磨きをスムーズにはじめるための準備期間です。

以下のポイントに注意してケアしましょう。

  • 口周りを軽く触る
  • 口を開ける練習をする
  • 指やガーゼで口の中をそっと拭く

赤ちゃんを横抱きにして、赤ちゃんの手が動かないようにママの脇にはさんで固定した体勢で行いましょう。

おっぱいやミルクのあとにガーゼ磨きで、口周りや口の中をやさしくぬぐう練習をします。

乳歯が生える前から、歯茎や唇に触れることで、赤ちゃんもママの指の感触に慣れていきますよ。

下の前歯が生え出す頃(6〜8ヶ月)

下の歯が生えてきたら、本格的な歯磨きのスタートです。

この時期は、歯ブラシを使うほどの汚れはつきません。

あまり神経質にならずに、歯ブラシに慣れさせるつもりで、乳児用歯ブラシを使います。

また、はじめから歯ブラシを使うのではなく、歯ブラシに慣れるまでは、ガーゼで1日1回を目安に歯を拭きましょう。

以下のポイントに気をつけて、ケアしてください。

  • ガーゼで歯を拭く
  • 慣れたら、乳児用の歯ブラシを短時間使って様子をみる
  • 歯肉を傷つけるため、ゴシゴシ磨かない

離乳食がはじまる時期なので、食事をしたあとはお茶や白湯を飲んで、食べカスが残らないように注意しましょう。

参照:日本大学歯科部付属歯科病院「歯磨き|むし歯の予防」

上下の前歯が2本ずつ生える頃(9〜11ヶ月)

上下合わせて4本生えてきたら、歯ブラシを使ったケアがはじまります。

この時期は、上の前歯に離乳食の食べカスが残るため、ガーゼで拭くだけでは汚れが落ちません。

以下のポイントに気をつけてケアしましょう。

  • 乳児用の歯ブラシを持たせる
  • 歯ブラシの感触に慣れさせる
  • 毛先が丸く、やわらかいものを選ぶ

いきなり歯ブラシを使うとイヤがる赤ちゃんもいるため、少しずつ慣らすとよいでしょう。

上下の前歯が4本ずつ生える頃(1歳前後)

上下の前歯が4本ずつ(上下8本)生えてきたら、寝る前の歯磨きの習慣をつけましょう。

この時期からは、自分で練習用歯ブラシを持たせて、楽しみながら歯磨きをおこなうのがオススメです。

まだ一人ではキレイに磨けないので、月齢に合った歯ブラシを使って、ママやパパが仕上げ磨きをしっかりとおこないましょう。

以下のポイントに注意して、ケアしてください。

  • 哺乳瓶からコップに切り替える
  • おやつの時間や回数を決める
  • 歯の裏側は念入りに磨く

就寝前の授乳や、哺乳瓶でミルクを飲むと虫歯の原因となります。

個人差はありますが、このころから卒乳する子どもたちも増えるので、夜中の授乳回数を減らしたり哺乳瓶をコップに変える工夫をしましょう。

参照:慶應義塾大学病院KOMPAS-Keio University「小児歯科疾患」

奥歯が生え出す頃(1歳2ヶ月〜6ヶ月)

奥歯が生えると、念入りなケアが必要です。

食べる量も増えるため、食べ物が歯に挟まることも多くなります。

とくに奥歯は溝があるため、食べカスが残っていないか確認しながら丁寧に磨きましょう。

汚れが奥歯に詰まって取れにくい場合は、歯間ブラシを使って取り除くのもオススメです。
またうがいができるようになったら、歯磨き粉を使うといいでしょう。
うがいがまだ苦手という場合は、うがい不要の歯磨きジェルもありますよ。

参照:兵庫県立大学「子どもの歯みがき(乳幼児)」

乳歯が生えそろう頃(〜2歳6ヶ月)

乳歯が生えそろうころには、食後に歯磨きの習慣をつけておくことが大切です。

自分で歯磨きをする子どもも増えてきますが、まだママやパパの仕上げ磨きが必要となります。

歯質によってはフッ素を塗ったり、虫歯予防のアドバイスをしてくれるため、この時期からは定期的に歯科健診に行くのもよいでしょう。

参照:慶應義塾大学病院KOMPAS-Keio University「小児歯科疾患」

正しい磨き方

赤ちゃんの歯磨きはいつから?正しい磨き方・歯ブラシ選びのポイント

赤ちゃんの歯磨きは、順を追って慣らしていくことが大切です。

ここからは、歯磨きのタイミングや、基本の磨き方を紹介します。

歯磨きのタイミング

歯磨きは、朝の離乳食後と、寝る前におこないましょう。

おやつを食べた後は、水やお湯を飲ませて、口の中に食べカスを残さないことも大切です。

歯が生えたら、毎日同じ時間に歯磨きをすることで、歯磨きの習慣が身につきます。

自分磨きのやり方

乳歯が生えてきたら、歯磨きに興味を持たせるために、ベビー用の歯ブラシを与えましょう。

ただし、赤ちゃんが歯ブラシを口に入れたまま動いたり、歩いたりしては大変危険です。

自分磨きは、喉を突かないように座らせて、しっかりとそばで見守りましょう。

仕上げ磨きのやり方

乳歯が生えてくる1歳ごろからは、ママの膝の上に頭を乗せて、口の奥まで見えるように仰向けに寝かせましょう。

引用:ピジョン「赤ちゃんの乳歯ケア 歯の生え始めからのお手入れの基本」

仕上げ磨きで注意するポイントは次の3つです。

  1. 余計な力が入らないよう、鉛筆を持つように歯ブラシを持つ
  2. 歯ブラシの毛先が、歯に対して直角になるようにあてる
  3. 軽く毛先が広がる程度の力で、小刻みに動かしながら、1~2本ずつ磨く

赤ちゃんの歯磨きはいつから?正しい磨き方・歯ブラシ選びのポイント

磨くときは、赤ちゃんの歯茎を傷つけないように、やさしく磨いてください。

歯によっては、以下のようなポイントにも注意しましょう。

  • 上の前歯

赤ちゃんの歯磨きはいつから?正しい磨き方・歯ブラシ選びのポイント
上唇の裏、前歯の上にあるひだ(上唇小帯)にブラシが当たらないよう、指でおさえながら磨く。

  • 奥歯

赤ちゃんの歯磨きはいつから?正しい磨き方・歯ブラシ選びのポイント
頬の内側から、ひとさし指を軽く押しあて、頬をふくらませて磨く。
歯ブラシのヘッドが奥にあたらないように注意する。

歯垢がたまると虫歯の原因になります。
歯の表面だけではなく、歯の隙間や奥歯の溝歯と歯茎の間も丁寧に磨きましょう。

奥歯ばかりを意識しがちですが、幼児が一番に虫歯になりやすい歯は、上側の前歯です。
すべての歯を1本1本丁寧に磨きましょう。

赤ちゃんの機嫌が悪くて歯磨きができないときは、歯磨きシートで拭くだけでも虫歯の予防になりますよ。

参照:サイト:新潟大学「ブラッシングの仕方」サイト和田精密歯研株式会社「虫歯になりやすい歯」

歯ブラシを選ぶ2つのポイント

赤ちゃんの歯磨きはいつから?正しい磨き方・歯ブラシ選びのポイント

赤ちゃんの歯ブラシは、自分磨き用と、仕上げ磨き用の2本の歯ブラシが必要となります。

ここからは、赤ちゃんの歯ブラシを選ぶときのポイントをみていきましょう。

ポイント1:毛先の柔らかなもの

赤ちゃんの歯ブラシは、毛先がやわらかいものを選びましょう。

毛先が硬いと、歯茎を傷つけて泣きだす可能性があり、赤ちゃんが歯磨きを嫌いになります。

毛先を丸く加工した歯ブラシが磨きやすく、歯茎にもやさしいためオススメです。

ポイント2:用途に合わせたハンドル

赤ちゃんは、まだ歯ブラシ使いに慣れていないため、口に入れやすいサイズを選びましょう。

赤ちゃん自身が使う歯ブラシは、口の奥まで入らないように、ハンドルにストッパーがついているものがオススメです。

ママが使う仕上げ用の歯ブラシは、赤ちゃんの口に入れやすいヘッドが小さいもの、また大人が握りやすい長さのハンドルを選びましょう。

赤ちゃんの歯磨きにオススメな歯ブラシ8選

赤ちゃんの歯磨きはいつから?正しい磨き方・歯ブラシ選びのポイント歯ブラシの機能性も気になりますが、赤ちゃんが歯磨きを楽しめるように、工夫をすることも大切です。

キャラクターが描かれている歯ブラシなどで、歯磨きに興味を持ってくれるとうれしいですね。

自分磨き用

ここでは自分磨き用にオススメの歯ブラシを紹介します。

Ciベビー歯ブラシ1本 4柄

赤ちゃんの歯磨きはいつから?正しい磨き方・歯ブラシ選びのポイント

Ciベビー歯ブラシ1本 4柄 ※柄は当店お任せとなります。

350円(02/16 19:35時点)
Amazonの情報を掲載しています

乳歯の生えはじめから使える赤ちゃん用の歯ブラシです。

リング型の持ち手が赤ちゃんの手にフィットして、喉つき防止用のストッパーもついているので、安心して使えます。

動物のかわいいデザインで、「歯磨きが嫌だった赤ちゃんも泣かなくなった」という口コミもありました。

ピジョン Pigeon 乳歯ブラシセット

歯ブラシトレーニングができる歯ブラシセットです。

年齢に応じた歯ブラシが3本ついているので、少しずつステップアップできます。

コンビ Combi テテオ teteo はじめて歯みがき 乳歯ブラシセット

最初の歯が生えたときから、奥歯が生えたときまで使える3本セットの歯ブラシです。

ファーストステップの歯ブラシも、ブラシ形状になっているため、歯が生えはじめても自然にステップアップできます。

仕上げ磨き用

ママ・パパが使う仕上げ用の歯ブラシを紹介します。

コンビ Combi テテオ teteo はじめて歯みがき 仕上げみがき用

ネックがななめ15度になっているため、隅までよく届くのが特徴です。

ママの指にもフィットするひし形ハンドルで、すべり止めもついています。

日本パフ 曲がるん歯ブラシ 仕上げ磨き用

歯が生えはじめてから使える仕上げ磨き用の歯ブラシです。

ボディがやわらかく曲がるため、赤ちゃんの歯茎にやさしく使用できます。

仕上げ歯磨きが苦手な赤ちゃんも、「この歯ブラシなら磨かせてくれた」という意見もある頼れる歯ブラシです。

ピジョン 親子で乳歯ケア 仕上げみがきセット

6ヶ月ごろから使用できる、赤ちゃん用の歯ブラシと仕上げ磨き用のセットです。

カーブしたネックが歯の奥にまで届きます。

歯磨きを嫌がるときはどうすればいいの?

赤ちゃんの歯磨きはいつから?正しい磨き方・歯ブラシ選びのポイント

歯磨きを嫌がるときは、歯磨きを強制してはいけません。

お子さんが一緒に楽しく歯磨きができるように、工夫することも大切です。

好きなキャラクターが描かれている歯ブラシを使ったり、動画や絵本をうちでみながら磨くと、機嫌よく磨く赤ちゃんもいます。

いろいろ工夫をしても嫌がる場合は、歯医者さんに相談するのもいいでしょう。

赤ちゃんの歯磨きは習慣づけることが大事

赤ちゃんの歯磨きはいつから?正しい磨き方・歯ブラシ選びのポイント

赤ちゃんの歯が生える時期には個人差がありますが、早い段階から歯磨きを習慣づけることが大切です。

歯が生える前から口の中を触れられることに慣れておけば、スムーズに歯磨きをはじめることができます。

あまり難しいことは考えずに、歯磨きは楽しいという環境をつくって、赤ちゃんのお口のお世話を楽しみましょう。