赤ちゃんに熱が出たら?対処法は?病院に行く目安は?

赤ちゃんが熱を出したら、どのように対処したらいいのでしょう?

すぐに病院に行ったほうがいいのかどうか、迷うママもいるのではないでしょうか。

ここでは、赤ちゃんが熱を出す原因や、発熱時の対処方法、病院に行く目安などをまとめました。

赤ちゃんの発熱は何度から?


熱があるというのは、何度からのことをいうのでしょうか。

医学的には、37.5度以上ある状態が、発熱している状態とされています。
しかし、これは成人の場合です。

赤ちゃんは一般的に大人よりも平熱の幅が広く、36.5〜37.5度が平熱の範囲といわれます。

平熱が36.5度の赤ちゃんにとって、37.5度は微熱がある状態といえますが、平熱が37.5度の赤ちゃんにとって、37.5度は発熱しているとはいえません。

赤ちゃんの平熱はそれぞれにかなり異なっています。

赤ちゃんが発熱しているかどうか知るためには、まずは、ご自分の赤ちゃんの平熱を知ることが大事になってきます。

1日の間でも変化する平熱

体温は、1日の間でも時間帯によって変化します。

もっとも体温が低いのは明け方ごろで、夕方にはもっとも体温が高くなるのが普通です。

平熱は1日の間でも時間によって異なります。

平熱を測るときは、起床時・午前中・午後・夜と時間をおいて測り、時間帯ごとの平熱を把握しておくといいですね。

赤ちゃんの平熱のはかり方

起床時・午前中・午後・夜の4回、だいたい同じ時間に数日間続けて計測してみましょう。

体温計は、いろいろな種類のものがありますが、とくに赤ちゃん専用のものでなく、大人が使っているもので構いません。

赤ちゃんによっては、長時間じっとしているのが難しいと思いますので、短い時間で測定できる電子式体温計がおすすめです。

 

<赤ちゃんの体温の測り方>

  1. 赤ちゃんの脇の下の汗を、ガーゼやタオルで拭き取ります
  2. 脇のくぼみの中央に体温計を挟みましょう
  3. 脇をしっかりと閉じるために、赤ちゃんを抱っこするなどして固定します
  4. 電子体温計がピピッとなったら体温計を取り出しましょう

 

授乳や食事のあと、遊びまわったあと、眠たがっているとき、お風呂上がりなどは体温が上がっているので避けましょう。

赤ちゃんが熱を出すのはどんなとき?


赤ちゃんは、大人よりも平熱が高いのが普通です。

とはいえ、38度以上あるようなら、どんな子でも熱が出ている状態です。

ただし、「熱がある=病気」と一概には言えないのが赤ちゃんの発熱。

赤ちゃんはどんなときに熱を出すのでしょうか。

慌てずに適切な対応策を取るためにも、赤ちゃんの熱の原因を知っておきましょう。

感染症をおこしたとき

赤ちゃんが熱を出す原因で、もっとも多いのが、ウイルスや細菌による感染症です。

侵入したウイルスや細菌に対抗するため、赤ちゃんの体の中では免疫反応がおこります。

発熱は、免疫反応のひとつです。
熱が出ているということは、体が病原体と戦っている状態なのです。

生後6ヶ月までは、ママからもらった免疫によって、赤ちゃんは多くの感染症から守られています。

その免疫が弱まってくるのが、ちょうど生後6ヶ月目くらいです。

このころから発熱を経験する赤ちゃんが増えてきます。

赤ちゃんが熱を出す感染症はさまざまで、ゆっくり休むことで自然治癒することもあれば、病院の診察を受けたほうがよいケースもあります。

熱の高さ以外にも、熱以外にどのような症状があるか、赤ちゃんの様子を注意深く観察しましょう。

どんなときに病院に行った方がよいかは、下記の「病院にいく目安になる症状は?」の項目をご覧ください。

以下、赤ちゃんによくみられる主な発熱を伴う感染症をまとめてみましたので参考にしてください。

突発性発疹

生後6ヶ月から1歳までの、乳幼児によくみられる感染症です。

38〜40度の熱が3〜4日続き、解熱後に全身に発疹がみられます。

風邪

熱とともに、咳や鼻水がみられる場合は、感冒(風邪)であることが多いでしょう。

インフルエンザ

発熱、咳、鼻水、喉の炎症、胃腸炎など、風邪のような症状ですが、風邪よりも重症で感染力が強いのがインフルエンザです。

肺炎や脳炎などの、合併症をおこすこともあります。

麻疹(はしか)

はじめは、咳、鼻水、発熱、目やに、目の充血といった症状が数日続きます。

一旦熱は下がりますが、その後高熱が出て、全身に発疹が現れるのが特徴です。

完治するまで10日前後かかる感染症で、肺炎、中耳炎などの合併症をひきおこすこともあります。

水疱瘡(みずぼうそう)

はじめは赤い発疹だったものが、水疱に変化します。

感染期間は、発疹が出る2日前から、発疹が全部かさぶたなる発症後1週間くらい。

重症になると高熱をともないます。

風疹(三日はしか)

発熱とともに、首や耳の下のリンパ腺の腫れがみられ、体に赤い発疹が出ます。

乳幼児の場合は症状が軽く、3日前後で落ち着くことから三日はしかとも呼ばれます。

プール熱

アデノウイルスによる感染症です。

高熱が4〜5日続き、喉が真っ赤に腫れるとともに、結膜炎・吐き気・下痢などの症状もみられます。

夏に多くプール熱と呼ばれますが、一年中発症します。

ロタウイルス

2歳以下の乳幼児によくみられる感染症。

発熱と嘔吐から始まり、その1〜2日後から水性の下痢症状が現れます。

熱は2日間程度で治りますが、下痢は1週間程度続きます。

ヘルパンギーナ

主に夏季に流行する夏風邪の一種。

突然の高熱と、喉の痛みから始まります。

その後、口の中に水疱が現れます。

1歳以下の乳児に多くみられる感染症です。

RSウイルス感染症

2歳までに、ほとんどの子どもがかかるといわれれている、呼吸器系の感染症。

鼻水、発熱に加えて喘息のようなゼイゼイする咳が特徴です。

小さい子ほど重症化する傾向にあります。

体温調整が上手にできないとき

熱があるのに、食欲もあり、機嫌もよい場合は、体温調整ができずに熱が上がっている可能性もあります。

赤ちゃんは、まだ体温調整が上手にできません。

部屋が暑すぎたり、服を着せすぎたりしてはいませんか?
あるいは眠いのかもしれません。

そんなときは、部屋の温度を下げたり、上着を脱がせて様子をみてみましょう。

熱中症

とくに暑い夏は要注意。

体温調整が上手にできない赤ちゃんは、屋内でも熱中症になりやすいものです。

熱中症になると脱水症状や、発熱などの症状がみられます。

熱中症は、重症化すると命にも関わります。

予防のためには、こまめに様子をみて、十分な水分補給をしてあげましょう。

アレルギー反応をおこしたとき

アレルギーの症状としては、よくみられるのは湿疹やじんましんなどですが、ときには発熱をともなうこともあります。

何か食べたとき、口の周りが赤くなるようなことがあれば、アレルギーが疑われます。

ママがなんらかのアレルギーを持っている場合、遺伝することもありますので、お医者さんに相談してみてください。

予防接種の副反応が出たとき

予防接種を受けた日から翌日にかけては、副反応による発熱がみられることがあります。

予防接種を受けた後、咳や鼻水など熱以外の症状がない発熱は、副反応の熱と考えてよいでしょう。

その場合、2日以内に熱が下がる場合がほとんどです。

3日目になっても熱が下がらない場合は、小児科の医師の診察を受けましょう。

こんなときはすぐ病院に


赤ちゃんの発熱は、必ずしも病気とは限りません。

まずは落ち着いて、赤ちゃんの様子を観察して原因を探りましょう。

感染症であっても、重症化せず、自宅療法で自然に治る病気もあります。
1〜2日で熱が下がることもよくあります。

ただし、次のような症状が同時にみられる場合は、すぐに病院で受診しましょう。

病院にいく目安になる症状は?

熱があっても、赤ちゃんが機嫌よくあまり普段と変わらない場合は、自宅で安静にしながら様子をみてください。

ただし、以下のような症状がみられる場合は病院で診てもらいましょう。

  • 生後3ヶ月未満で38度以上の熱がある
  • 39度以上の熱がある
  • 3日目になっても熱が下がらない
  • 元気がなく、ぐったりしている
  • 呼吸しにくそうにしている
  • 意識がもうろうとしている
  • ずっと機嫌が悪く、ぐずっている
  • 熱とともに嘔吐や下痢を伴う
  • 発熱と同時に発疹が出る

夜間でもすぐに病院にいった方がいいケース

時間外でも、すぐに病院に行くべきなのは、次のようなケースです。

  • 5分以上けいれんが続く
  • けいれんが断続的に繰り返される
  • 意識がないとき
  • 手足が冷たく、顔色が青白い
  • 呼吸が苦しそうで喘ぐようにしていてる
  • 40度以上の熱がある

病院で伝えることは?

赤ちゃんは、自分で自分の状態を説明できませんから、ママが代わりにしっかりと赤ちゃんの様子を伝えなくてはなりません。

病院でお医者さんに伝えたいことは、以下のようなことです。

  • いつ発熱したか、その後の熱の変化
  • 咳、鼻水があるかどうか
  • 嘔吐したかどうか
  • 下痢をしているかどうか
  • けいれんがあるか、あるなら何分くらい続いたか、回数など
  • その他、食欲や睡眠など普段と違うこと

病院に持って行くもの?

慌てて必要なものを忘れないように、病院に行くときに必要なものをチェックしてから行きましょう。

 

  • 保険証
  • 母子手帳
  • お金
  • 紙おむつ
  • おしりふき
  • タオル
  • おくるみ
  • 着替えの肌着
  • 湯冷ましなどの飲み物

 

赤ちゃんの服装は、被り型のものは避け、診察のと脱ぎ着しやすいものにしましょう。

赤ちゃんが熱が出た時のホームケア


赤ちゃんが熱を出したときに、自宅ケアで注意したいポイントをまとめてみました。

体は冷やすべき、温めるべき?

熱のではじめは、寒気がするものなので、冷やさないで温めてあげましょう。

熱があがりきり、汗をかき始めたら、薄着にして布団も少なくしてあげてください。

汗はこまめにふいてあげ、肌着はこまめ取り替えます。

高熱で顔が赤くなっているようなときは、タオルで包んだ保冷剤などで頭や首の後ろを冷やしてあげるのもよいでしょう。

食事や水分補給は?

熱があるときは、こまめな水分補給が大切です。

汗を大量にかいていたり、下痢の症状があるときなどは、赤ちゃん用イオン飲料などで水分補給するといいでしょう。

熱があると食欲が落ちる赤ちゃんが多いですが、ミルクや離乳食は様子をみながら、少しでもいいので食べられるだけ与えましょう。

お風呂に入ってもいいの?

熱があるときは、汗をかきやすいので、こまめに汗をふいて、着替えさせましょう。

微熱以外にとくに気になる症状がなく、赤ちゃんが元気なら軽くシャワーを浴びるくらいは、大きな問題はありません。

長時間にならないように気をつけ、入浴後は水分補給を忘れずに。

熱が高いときには、お風呂は控えて、体を拭くくらいにしておきましょう。

普段から発熱時のために備えておきたいもの

赤ちゃんの突然の発熱にも慌てないように、日頃から、発熱時のために準備しておきましょう。

普段から備えておきたいものとしては以下のようなものがあります。

  • 体温計/水銀式は計測に時間がかかるので、電子式がおすすめです。
  • 保冷剤/冷凍庫で冷やしておきましょう。水枕の代わりになります
  • 乳児用イオン水/発熱時以外にも暑い日のお出かけや、下痢のときに活躍します

赤ちゃんの発熱に慌てないようにしましょう


赤ちゃんが急に熱を出すと、慌ててしまうママもいるかもしれません。

でも、そんなときこそ落ち着いて、赤ちゃんの様子をしっかりみて対処することが大切です。

熱があっても、機嫌がよくて元気なら、まずは自宅で安静にしながら経過を観察しましょう。

ただし、熱以外に普段とは違う気になる症状がある場合は、医師に相談することが大切です。

アンケートに答える

【ベビーカーをお持ちの方限定】いくらでご購入されましたか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...