おむつかぶれの治し方は?注意点は?原因と対策・予防法は?

繊細な赤ちゃんの肌は、おむつかぶれしやすいもの。
ほとんどの赤ちゃんが、おむつかぶれを一度は体験しているようです。

しかしおむつかぶれになったときや、予防には、どんなケアをすればよいのでしょうか。

家庭でできる対策や注意点、予防するためのポイントなどをまとめました。

おむつかぶれってどういうもの?


おむつかぶれは、おむつが触れる部分の肌の炎症のことで、「おむつ皮膚炎」とよばれることもあります。

赤ちゃんの肌は弱く、バリア機能がまだ十分ではないために、外からの刺激にとても敏感です。

程度の差はあれ、ほとんどの赤ちゃんが、一度はおむつかぶれを経験しています。

おむつかぶれの症状は?

おむつかぶれは、おむつが触れている部分にあらわれます。

  • 肌が赤くなる
  • ブツブツができる

上記のような軽症から始まり、ひどくなると以下のような症状がでてきます。

  • ただれて汁が出てくる
  • ブツブツの先端からウミが出てくる
  • 腫れて水ぶくれができたり、ミミズ腫れのような状態になる

このような状態になると、赤ちゃんはかなりの痛みを感じ、おむつを替えるのも泣いて痛みを訴えるようになります。

おむつかぶれは、かゆみや痛みをともなうものです。
できるだけ早い段階でケアし、悪化を防ぎましょう。

軽症のうちに、気をつけてケアをすれば、症状を抑えることが可能です。

おむつかぶれ以外の場合もあるの?

おむつかぶれだと思っていたら、実は違っていたというケースもあります。

あせもアトピー性皮膚炎でも、肌の炎症やブツブツはみられます。

アトピー性皮膚炎とおむつかぶれの違いは、炎症を起こしている部分が、おむつが当たっているところだけか、そうでないかという点です。

体全体にブツブツや赤みがある場合は、あせもやアトピー性皮膚炎の可能性が高いでしょう。

またおむつかぶれに似た、皮膚の病気にカンジダ皮膚炎があります。

これはカンジダ菌というカビ菌の一種に感染することでおこる、皮膚の感染症です。

感染した部分の皮膚は、炎症をおこし鮮やかな赤色になり、ウミをともなうブツブツができます。

おむつかぶれと症状が似ているため、間違えやすいのですが、おむつかぶれの薬をカンジダ皮膚炎に使ってしまうと、症状を悪化させることがあるので注意が必要です。

皮膚のしわの奥まで炎症をおこしていたり、こまめにおむつを替えて清潔を保っても症状が改善しない場合は、カンジダ皮膚炎が疑われます。

早めに医療機関で診察を受けましょう。

参考:皮膚科ちえこクリニック「おむつかぶれ」

おむつかぶれの原因は?


おむつかぶれをおこす原因は、いくつか考えられます。

原因ごとに対処法やケアは異なるので、まずは原因を探るところから始めましょう。

参考:花王メリーズ「おむつかぶれの基礎知識」

原因1:おむつのムレ

肌がいつもムレた状態になっていることが、おむつかぶれに多い原因のひとつ。

おしっこやうんちをしたままのおむつはもちろんのこと、夏などは汗をかくことだけでもおむつの中はムレムレなのです。

おむつのなかがムレたままだと、赤ちゃんの肌はふやけてしまい、少しの摩擦でもダメージを受けてます。

おむつのムレを防ぐ意味でも、こまめなおむつ替えは必要です。

布おむつの場合は、重ねづけをやめたり、おむつカバーを通気性のよいものに替えてみるのも効果があるでしょう。

原因2:おしっこやうんちの刺激

おむつかぶれの原因には、おしっこやうんちの刺激による肌のダメージも考えられます。

おしっこやうんちをしたままのおつむを替えずにいると、おむつのなかがムレるばかりでなく、肌は長い時間、おしっこやうんちの刺激にさらされることになります。

おしっこやうんちは、尿素酵素・細菌など、肌に刺激を与えるものを含んでいます。

おしっこやうんちの刺激から、赤ちゃんの肌を守るためには、こまめにおむつを替えることが大切です。

原因3:肌のこすれ

排泄機能が、まだ十分に発達していない赤ちゃんは、1日に何回もおしっこやうんちをします。

そのたびにゴシゴシとお尻をこすらせれたのでは、繊細な赤ちゃんの肌は、ダメージを受けてしまうのです。

うんちを残らずふきとることは大切ですが、そのせいで肌を傷つけたのでは逆効果。

おしりふきよりも、水分をたっぷり含ませたコットンで、優しくおさえるようにふきとるのがオススメです。

できることならうんちのたびに、ぬるま湯などのシャワーで洗い流してあげるのが理想的でしょう。

外出時には、スプレーペットボトルの水でも代用できます。

原因4:おしりふきや洗剤に含まれる化学成分

赤ちゃん用の使い捨ておしりふきは、低刺激のものがほとんどです。

しかし敏感肌の赤ちゃんにとっては、おしりふきに含まれる成分でかぶれをおこすことがあります。

布おむつの場合は、洗剤に使われている化学成分が刺激の原因になっていることも。

なかには化学成分に弱い肌の赤ちゃんもいます。

ママ自身が生まれつきかなりの敏感肌だったり、化学成分に弱い場合は、赤ちゃんにもその性質が遺伝していることは考えられます。

おしりふきや洗剤を変えることで、症状が改善する場合もあるので、気になるママは試してみてください。

原因5:おむつの種類

最近の紙おむつは、おむつかぶれを予防するために、吸収性・通気性に優れ、肌に優しい素材が使われています。

それでも敏感肌の赤ちゃんのなかには、おむつの種類によって、おむつかぶれをおこす子もいます。

おむつの種類を変えることで、おむつかぶれが改善するケースもあるので、一度おむつを変えて様子をみてください。

足の付け根や、ウエストのゴムの部分にもかぶれが見られる場合は、おむつのサイズが赤ちゃんに合ってないと考えてよいでしょう。

自宅でできるおむつかぶれのケア


赤ちゃんがおむつかぶれになった場合、症状が軽いうちは、自宅でのケアで症状がよくなるケースがあります。

皮膚がただれて汁が出ていたり、ブツブツから膿が出てきたり、ミミズ腫れのような症状が出ているときは、お家でのケアだけで改善することは難しいので、早めに病院で見てもらいましょう。

自宅でのケアは5つのステップ

おむつかぶれが軽症の場合は、次に紹介する5つのステップで、自宅でのケアを実践してみましょう。

気をつけたいポイントは「清潔」と「乾燥」と「保湿」です。

早めのケアで、赤ちゃんの敏感な肌を守っていきましょう。

参考:自由が丘メディカルプラザ小児科「おむつかぶれをふせぎましょう」
参考:ユニチャーム/おしり・おむつ研究所「おむつかぶれ3」
参考:おむつのパンパース「赤ちゃんのお肌ケア/おむつかぶれの治し方」

ステップ1:こまめなおむつ替え

市販の紙おむつは吸収力があって、表面は濡れていないように思えるかもしれません。

しかしおしっこをしたままのおむつをほおっておくと、赤ちゃんのおしりはムレムレの状態です。

まずはこまめなおむつ替えをしましょう。

ステップ2 優しく洗い流す

できることならおしっこやうんちをふきとるよりも、洗い流すほうがベストです。

うんちのときはもちろんですが、おしっこも肌に付着したままになっているのは、よくありません。

うんちのたびに、せっけんを使う必要はありません。
炎症がひどい場合は、せっけんがしみる場合もあります。

肌に刺激が少ないぬるま湯を使い、シャワーや洗面器にお湯をはって流しましょう。

とはいえおむつ替えのたびにシャワーを浴びるのは難しいかもしれません。

そこで100均のドレッシング入れなどに、お湯を入れておむつ替えのときに、流すことをオススメします。

おむつが吸水するので、おしっこやうんちを肌から落とすくらいだと、周りを汚すこともありません。

ステップ3:優しくふく

とにかく肌をこすらないことが大切です。

優しく肌をおさえるようにして、コットンなどに肌の水分を吸わせるイメージで拭いてください。

ステップ4:十分に乾かす

おしりをふいたあとは、まずはしっかり乾かしましょう。

少しの間、おむつをつけないままにしておくのもよいですね。

ステップ5 最後はしっかり保湿

しっかり肌が乾かしたあとは、おむつをする前に、肌の保湿ケアを忘れずにおこないましょう。

ワセリンなどを、肌の赤くなっている部分に優しく伸ばします。

肌を油分で保護することで、おしっこなどの刺激物から、肌を守ることができます。

自宅でのケア、保湿には何を使う?

赤ちゃんの肌を、おむつかぶれから守るためには、保湿ケアも大切です。

皮ふには、バリア機能と呼ばれる働きがあるのですが、赤ちゃんはまだ、バリア機能が弱いので、保湿剤でしっかりと保護しましょう。

肌をしっかりと保護することで、外からの刺激から肌を守ることができます。

おむつかぶれが軽度の場合は、薬ではなく、まずは市販の保湿剤を試してみてましょう。

ベビーオイル

ホホバオイル(NATURALORCHESTRA)公式サイトはこちら

オイルがバリアとなって、肌を刺激から守ります。

赤ちゃんのおむつかぶれのケアに使うなら、刺激が少ないホホバオイルや、オリーブオイルなど、自然由来のオイルがオススメです。

香料などが配合されているものは、刺激になる場合もあります。
赤ちゃんの肌にあったものを使いましょう。

うんちがおしりにこびりついて取れないときは、オイルをコットンに染み込ませて優しくふきとると、肌へのダメージが少なくてすみます。

公式サイトを見る

馬油

ソンバーユ 無香料 70ml

乾燥肌の人の保湿剤としてよく使われる馬油は、赤ちゃんのおむつかぶれのケアにもオススメです。

馬油は、馬の脂肪から作られる天然の動物性保湿剤です。

炎症をおさえる作用があるため、あせも予防などにも活用されています。

オイルなのでべたっとしていますが、よく伸びて肌になじむので、つけ心地は意外にさらっとしています。

ワセリン

【第3類医薬品】白色ワセリン 500g

ワセリンは肌の表面をしっかりと保護することで、水分の蒸発をおさえつつ、外の刺激から肌を守ります。

オイルでは物足りない場合、ワセリンを使ってみるとよいでしょう。

参考:キョーリン製薬「おむつかぶれ」

ベビーパウダーは使わない方がいいの?

昔はおむつかぶれといえば、ベビーパウダーがよく使われていました。

しかしベビーパウダーの成分が刺激になったり、細かい粉末が赤ちゃんの汗腺をふさいでしまうという理由から、使わないほうがいいという意見もあります。

ベビーパウダーを上手に使えば、肌をムレから守れますが、おむつかぶれの症状によっては逆効果になります。

使う場合は、薄くぬり、つけすぎには注意しましょう。

病院へいくタイミングは?


次のようなケースでは、小児科や皮膚科を受診してください。

  • 自宅でのケアを1週間以上続けても症状が改善しない、あるいは悪化する
  • 水ぶくれができたり、ミミズ腫れのようになっている
  • ブツブツの先から膿が出ている
  • ジクジクとが出ている

こんなときは、赤ちゃんもかなりツライはずです。

受診して適切な治療を受けましょう。

症状の変化を写真に撮って医師に見せる

おむつかぶれかなと思ったら、写真に撮っておいて、症状が改善しているのか、悪化しているのか記録に残しておくのも一案です。

悪化して病院へ行く場合にも、どのような経緯で悪化したか、お医者さんに見てもらうことができます。

病院で処方される薬は?

病院では症状に合わせて、ステロイド系、非ステロイド系の炎症をおさえるための塗り薬が処方されます。

塗る量や、塗る回数などの指示を守って使用しましょう。

非ステロイド系外用薬

赤ちゃんのおむつかぶれの薬として、よく使われるのは、炎症を抑える非ステロイド系の外用薬です。

炎症が軽度の場合、病院でよく処方されるの非ステロイド系の外用薬は、白い色の亜鉛華軟膏です。

ジュクジュクとただれた肌を乾燥させて保護します。

炎症を抑えて、肌の回復を促す作用があるのは、青いアズノール軟膏です。

どちらもお肌に優しい軟膏なので、赤ちゃんでも安心して使うことができます。

ぬり方やぬる回数は、症状によっても異なるので、お医者さんの指示にしたがってください。

参考:自由が丘メディカルプラザ小児科「おむつかぶれをふせぎましょう」

ステロイド系外用薬

炎症がひどい場合やかゆみや痛みがひどい場合、非ステロイド系の外用薬では効果が出ないこともあります。

そういう場合に処方されるのは、ステロイド系の外用薬です。

赤ちゃんは肌が弱いため、ロコイドなどの比較的マイルドな外用薬が処方されるのが普通です。

ただマイルドとはいえ、ステロイド薬を長期的に使ったり、多めにぬったりすることはオススメできません。

症状がひどい場合の緊急措置的な処方ですので、用法や用量については、お医者さんの指示にしたがいましょう。

参考:自由が丘メディカルプラザ小児科「おむつかぶれをふせぎましょう」

抗真菌剤

カンジダ菌などの真菌(カビ)が原因の場合は、非ステロイド系軟膏や、ステロイド剤では効果がありません。

抗真菌剤軟膏が処方されるので、用法や用量を守って使用してください。

参考:自由が丘メディカルプラザ小児科「おむつかぶれをふせぎましょう」

おむつかぶれは予防できる


赤ちゃんの肌は繊細です。
ささいな刺激から、おむつかぶれをおこしてしまうことはよくあります。

でもちょっとした心がけで、おむつかぶれを未然に防ぐこともできます。

おむつかぶれを予防するためのポイントは、以下の5つです。

  • おむつはこまめに取り替える
  • うんちのあとは優しくぬるま湯で洗い流す
  • おむつをつける前に、おしりをしっかり乾燥させる
  • 家にいるとき、ときどきはおむつをつけない時間をもつ
  • 赤ちゃんのお肌にあったおむつやおしりふきを使う

赤ちゃんの肌は弱いのでダメージを受けると、なかなか回復しないこともあります。

またいったんおむつかぶれになると、ちょっとした刺激で急激に悪化することも。
だからこそ日頃からの予防がなによりも大切なのです。

毎日のちょっとした心がけで、赤ちゃんの繊細な肌をしっかり守りましょう。

アンケートに答える

あなたの職業を教えてください。

読み込み中 ... 読み込み中 ...