自宅で簡単に作れるお食い初めメニュー

お食い初めとは、赤ちゃんが生後100日を過ぎたあたりで「子どもが一生食べ物に困らないように」と願い、お祝いの料理を与える儀式です。

赤ちゃんのために、お食い初めのメニューを準備したいけど、どんな料理がいいか迷ってしまうママも多いのではないでしょうか。

今回は、お食い初めをするうえで必要なものや自宅でもかんたんに作れる、お食い初めのメニューを紹介します。

参考にしてくださいね。

お食い初めってどんなことをするの?


お食い初めでは、赤ちゃんが食事の真似をすることはもちろん、同時に「歯固めの儀式」も行います。

歯固めの儀式とは、「石のように丈夫な歯が生えて長生きできるように」という願いが、こめられています。

お食い初めの呼び方も地域によって異なり、「箸祝い」や祝う時期から「百日祝い」とも呼ばれているそうです。

お家でできるお食い初めメニュー5点


お食い初めのメニューは、基本的に「一汁三菜」で構成されています。

一汁三菜とは、日本人の主食である「ご飯(米)」に一つの「汁物」、三つの「菜(おかず)」を組み合わせメニューです。

ここでは、一汁三菜のお食い初めメニューを紹介します。

1:どの地域でもメインの尾頭つき鯛

尾頭つきで赤色の鯛は、「めでたい」として、お祝いごとでは欠かせない魚です。

お食い初めのメニューのなかでは、どの地域でもメインに使われることが多い食材です。

お食い初めには尾頭つきの鯛が一般的ですが、地域によっては、エビやの鯛以外の魚を使う地域もあります。

尾頭つきの鯛がない場合は、尾頭つきのサンマなど他の魚で代用しましょう。

鯛の焼き方や飾り方を紹介している記事があるので、詳しくはこちらをチェックしてくださいね。

2:赤飯で魔除け・厄除け

赤飯には、邪気をはらったり、魔除けの意味が込められているとされており、赤飯の赤色は赤ちゃんの成長を見守る色ともいわれています。

現在では、白米に小豆やささげ豆で赤く着色して、食べることが一般的なようです。

とはいえ、地域によっては白米やお粥、炊き込みご飯などを用意する場合があるので、地元の人に聞いてみるのもいいかもしれません。

3:ハマグリのお吸い物で良い縁を

ハマグリは、もともとペアの貝殻としかぴったり合わないことから「いい伴侶に巡り合えますように」といった意味が込められています。

またお吸い物には、「(おっぱいを)吸う力が強くなりますように」という願掛けの意味もあります。

現代では、仕込みの手間がないことから野菜スープで代用する家庭も多いようです。

4:縁起ものの野菜がたくさん入った煮物

煮物には、「赤ちゃんが長生きできますように」と願いが込められており、筍・里芋・レンコン・にんじん・大根など縁起がよいとされる野菜が多く入っています。

筍・・・まっすぐとすくすく育つように
レンコン・・・先を見通せる力がつくように
里芋・・・子宝に恵まれるように

とはいえ、旬の食材を使うべきだという考えもあるので、縁起がよい食材と旬の食材のどちらも使うことをオススメします。

5:味覚のリセットに香の物

お食い初めのメニューに漬物や酢の物を添えることで、味覚をリセットできます。

旬の野菜やタコと「多幸」で語呂合わせのいい食材を使いましょう。

お食い初めに必要な道具は3つ


お家でお食い初めを行う場合は、新しい食器や歯固めの石を自分たちで用意しなければなりません。

ここでは、お食い初めをするときに具体的に必要な道具を紹介します。

1:祝い箸

祝い箸は、男女ともに柳の白木を使いましょう。

白木とは、木の皮を剥いだだけの状態のことで着色などの加工を一切していない木のことです。

長さは、末広がりの八寸(24cm)だと縁起が良く、オススメです。

2:祝い膳

祝い膳は一般的に、男の子用と女の子用に分かれています。

男の子は朱塗りの漆器、女の子は外が黒の漆塗り、中が朱色の漆塗りの食器です。

食器は家紋つきで、母方の実家から贈るのが基本的なようです。

お食い初めのときだけでなく、離乳食の時期でも使える食器や、レンタルできるショップを以下の記事で紹介しているので見てみてくださいね。

3:歯固めの石

「赤ちゃんの歯が丈夫に生えますように」と願いを込めて、丸い小石を準備します。

こちらでは、歯固めの石が持つ意味や、どこで入手するのかなどを紹介しています。

ぜひチェックしてみてくださいね。

お食い初めで食べさせる真似の順番は?


お食い初めで食べさせる真似の順番は、地域によって違いがあります。

基本的には、このような順番で食べさせる真似をさせます。

  1. ご飯
  2. お吸い物
  3. ご飯
  4. ご飯
  5. お吸い物

1~6の順番を3回繰り返しましょう。

食べさせる真似が終わったら、箸先で歯固めの石に触れ、赤ちゃんの歯茎にそっと当てましょう。

家族で過ごす時間を大切に


お食い初めは、一生に一度の記念すべき行事です。

盛大にお祝いしてあげたいのは、当然の親心です。

とはいえ、生後100日の赤ちゃんをお世話にしながらお食い初めの準備をするのは大変。

調理が大変なものはお店で調達したり、食器を買いに行く時間がないときは、レンタルすることをオススメします。

一番大切なのは、家族でこの行事を迎えることです。

赤ちゃんのこれからの成長を祈って、思い出に残るお食い初めにしましょう。