【基礎体温の測り方】普通の体温計でいいの?時間や場所は?

基礎体温とは「人間が生きるために必要最低限のエネルギーを使っているときの体温」です。

毎日測ることで、排卵する時期、子宮や卵巣のトラブル、妊娠したかどうかなどを見つけやすくなります。
妊娠を望むなら、まず基礎体温を測ることが大切です。

しかし、基礎体温は「いつも使ってる体温計で、毎日体温を測って記録する」というやり方では、意味のある情報をきちんと得られない可能性があります。

「基礎体温の正しい測り方がわからない」
「基礎体温がガタガタできちんと測れていない気がする」

この記事では基礎体温の基本的な測り方から、注意するべきポイント、よくある疑問、おすすめの体温計まで、基礎体温を測るときに役立つ知識をお伝えします。

基礎体温を測る基本の4ステップ!よくあるトラブルへの対処法は?


「基礎体温を測るのが難しくて、グラフがガタガタしてしまう」と不安な気持ちになる人は多いようです。

でも多少グラフが乱れるのは、よくあることです。
一方で最低限のポイントさえ守れば、正確さにこだわるよりもまずは3か月間検温し続けることのほうが大事だといわれています。

まずは基礎体温を測るときの時間、場所、体勢、記録方法など、基本的に気を付けなくてはいけない部分を知りましょう。

基礎体温を測るときの手順は、大きく以下の4ステップに分けられます。

ステップ0:まずは専用の体温計を入手!
ステップ1:毎日同じ時間に起床する
ステップ2:体を起こさずに舌の下に体温計をセット
ステップ3:指定された時間じっと待機

それぞれの注意点をチェックしておきましょう。

ステップ0:まずは専用の体温計を入手!

基礎体温をつける前に、専用の婦人体温計を買いましょう。

たくさんの種類がありますが、水銀体温計よりも電子体温計、さらに電子体温計の中でも実測式よりも予測式のほうが、測定時間が短くすみます

多少の誤差はありますが、朝が弱い方や、朝忙しい方にとっては、すぐに検温できる予測式の電子温度計がライフスタイルにぴったりでしょう。

正確性を重視するなら、実測式の体温計がよいですね。

なぜ普通の体温計だとNGなの?

基礎体温表は、基礎体温の細かい変化から体内の状態を読み取ります。

そのため正確に検温しやすく小数点第2位まで表示できる婦人体温計で検温することが必要なのです。

データ自動転送機能も活用してみよう!

毎日体温を記録するのが面倒な女性にとって、アプリと連携している体温計はとても便利ですよね。

基礎体温計の中には、検温したデータを簡単にスマートフォンのアプリに転送してくれる種類のものもあります。
体調を解析してアドバイスもしてくれるのも、ポイントですね。

オムロンの婦人体温計をチェック!
引用:Amazon

体温計のメーカーとして有名なオムロン製の体温計にも、通信機能があり、データをアプリに送れるようです。
計測時間が10秒と短いことも特徴的で、朝ゆっくり時間がとれない人にとって、嬉しいサービスが詰まっています。

ステップ1:毎日同じ時間に起床する

できるだけ毎日同じ条件のもとで、
毎日起きる時間を決めて、検温に臨むとよいですね。

トラブル1:生活が不規則で毎日同じ時間に検温できない

看護師や接客業など、日勤と夜勤がある仕事をしている方は、毎日一定の時間に測ることは難しくなります。
基礎体温は「3時間以上の睡眠後に測る」ことにしましょう。

もしも、3時間のまとまった睡眠も難しく、睡眠不足や不規則な生活が続く状態なら、基礎体温は高めになってしまいます。
生活リズムの乱れについても、記録しておくとよいでしょう。

トラブル2:夜中のトイレに起きてしまった

基礎体温は少し動くだけでもすぐ上がってしまうので、夜中目覚めてトイレに行きたくなった場合は、体温を測ってから起き上がるようにしてください。

大切なのは「3時間以上寝た後すぐ、起きる前に検温する」ということなので、一度起き上がった後3時間寝る時間があるならば、その後で測っても構いません。

トラブル3:風邪をひいたときは?

風邪などの病気にかかっているときは、平熱よりも体温が高くなりがちです。
むりに検温せず、身体の不調をメモしておきましょう。

ステップ2:体を起こさずに舌の下に体温計をセット

目が覚めたら、次にからだを動かさず検温体制に入ります。
動かずに済むように、体温計は手の届く枕元に置いておきましょう。

舌下の奥にある舌小帯(舌のすじ)のサイドに体温計を挟んだら、外気にふれないように口を軽く閉じると効果的です。

トラブル4:寝ぼけて起き抜けに動いちゃった…!

寝返りを打つだけでも、体温は上昇します。

起きて動かない状態で測るのがよいですが、少し活動してしまった後でも30分ほど安静状態で待機すれば、起き抜けでなくとも検温できますよ。

トラブル5:脇の下で測るとダメなの?

一般的なワキで測る腋下温(えきかおん)は、外気の影響を受けやすいため、基礎体温の検温には向いていません。

口内は簡単に検温が出来て精度が高いので、オススメですよ。
なるべく毎日同じ位置で検温するようにしましょう。

ステップ3:指定された時間じっと待機

予測式の電子体温計なら1分ほど、水銀体温計や実測式の電子体温計なら5分から10分ほど、検温が終わるのを待ちましょう。

トラブル6:二度寝してしまった時は?

もし二度寝をしてしまった場合でも、起き上がらなければ、2回目の起床時に検温すれば問題ありません。
その場合は、二度寝をして、検温時間がずれたことも基礎体温表に書いておきましょう。

また予測検温中に二度寝をして、口から体温計が外れた時は、一度電源を切り、30秒待ってから測りなおしてくださいね。

ただし3時間以上の睡眠後のほうが正確に測れるので、できれば二度寝をする前に測るのが理想的です。

検温のあとは、基礎体温のグラフを作成しましょう


検温したら、基礎体温の推移を表にすることが大切です。
基礎体温のグラフ作成法や、グラフを使って妊活や避妊をしたいときのポイントも紹介します。

グラフを作るポイント3選

毎日の基礎体温を点で取り、線でつなぐことで基礎体温のグラフを作成します。

生理開始日を1日目として、生理周期のなかでの体温変化を追いましょう。

今はアプリでグラフを自動作成することが出来るので、活用してみるのもよいですね。

手書きがよい場合は、以下の3つのポイントに注意しましょう。

ポイント1:分かりやすいグラフを書く
ポイント2:なるべく多くの情報を書き込む
ポイント3:まずは3ヶ月続けてみる

グラフを妊活に応用してみよう!

基礎体温グラフを、実際に妊活へといかすには、どのようなポイントに着目すれば良いのでしょうか。

妊活に向けて覚えておきたい、グラフの読み取り方をまとめました。

妊活に先立ってからだの健康を確認

自分の基礎体温表の周期リズムが通常とは違う場合、からだの異常を示している可能性があります。

たとえば基礎体温は一回の月経周期の中で、女性ホルモンの影響により低温期と高温期にわかれます。

うまく2層に分かれない場合、女性ホルモンの分泌に問題がある可能性があるのです。

ほかにも子宮、卵巣にトラブルがあるケース、他の病気にかかっているケース、生活習慣の乱れやストレスなど生活環境が原因の状況もあります。

原因がすぐに分かるわけではありませんが、妊活を始めるにあたり、基礎体温をつけることで妊娠しやすいからだかどうかを調べることは重要です。

正常な基礎体温表の特徴と、グラフがこの特徴を満たさないときに考えられる原因を、以下にまとめました。

自分のカラダになにか問題があるのではないか、など基礎体温表を見て生じた悩みは、産婦人科医に相談してみることもオススメです。

また生活の見直しをすることで、妊活に適切な生活習慣を身に着けることにもつながります。

正常な基礎体温表の特徴

  • 高温期と低温期の2層に分かれている
  • 低温期の基礎体温が36度以上
  • 高温期が10日以上続く

よくあるトラブルと考えられる原因

  • 体温が高温期と低温期の2層に分かれない
    無排卵月経の可能性があります。
  • 高温期短い(10日以下)
    着床しづらくなる黄体機能不全の可能性があります。
  • 高温期長い(17日以上)
    妊娠初期段階であるか、子宮内膜症の可能性があります。

排卵日を予測しよう

低温期から高温期への変わり目前後で排卵があり、この時期が妊娠するためのベストタイミングだといわれています。

基礎体温を付け続けると大体の排卵時期を知るための指標となり、妊活に役立つのです。

排卵検査薬を一緒に使うと、より正確に排卵日を特定できますよ。

基礎体温を測って避妊したいときは?

まだ子どもを授かるのは早いと思っている方も、基礎体温を測ることで、妊娠する可能性が低い日を探せます。

避妊を考えているのであれば、低温期から高温期になる間の排卵期(排卵前後の数日間)を避けましょう

ただし避妊できる可能性が100%になるわけではないので、コンドームや、ピル、またはIUD(子宮内避妊具)のいずれかを必ず使用してください。

正しい検温で、効果的に基礎体温を妊活に応用しましょう


基礎体温を測るときには気を付けることが多く、面倒だと感じる女性も多いようです。

しかし正しい測り方を守れば、ぐっと精度が高まることは間違いありません。

せっかく手間をかけて検温するなら、正確な基礎体温を知って活用していきましょう。

アンケートに答える

居住形態を教えてください。

読み込み中 ... 読み込み中 ...