【医師監修】妊婦の葉酸欠乏とは?貧血になるの?原因や症状、治療まとめ

葉酸欠乏は誰にでもなる可能性がありますが、なかでも特に妊婦さんは注意が必要です。

妊娠中の葉酸欠乏は妊婦さんの貧血(葉酸欠乏性貧血)や胎児への影響が心配されるためです。

厚生労働省では、妊娠中に葉酸を積極的に摂るよう推奨しています。

葉酸欠乏症は、十分な量の葉酸を摂取すると改善できるので、自分での対策や生活の見直しが大切です。
今回は、葉酸欠乏について原因や症状、対策・治療法まであわせて紹介します。
ぜひ参考にしてください。

妊娠中は葉酸欠乏症になりやすい

妊娠中は胎児の成長のために通常より多くの葉酸が必要のため、意識的に摂取していないと葉酸欠乏症をおこしやすい状態です。
葉酸欠乏症とは、その名の通り葉酸が不足しておこる症状です。

葉酸とは?

葉酸とは、別名「造血のビタミン」といわれるビタミンB群のひとつです。

ビタミンB12とともに、葉酸の役割はおもにDNAやアミノ酸、タンパク質の合成赤血球を作るお手伝いをします。
赤ちゃんの神経系を正常に発達させるために重要な栄養素なので、とくに妊娠中は葉酸を多く摂取する必要があります。

葉酸は欠乏しやすい

葉酸は体内に貯蓄されないので、毎日補充する必要があります。
とはいえ、葉酸は水溶性ビタミンで、水に溶けやすくうえ熱に弱いので加熱処理にも不向きです。
普段の食生活で十分に摂取するのは難しいかもしれません。

葉酸が欠乏すると?

妊娠中に葉酸が欠乏するとママが貧血に悩まされたり、胎児に悪影響が出る恐れがあります。

葉酸は妊娠中の健康維持のためだけではなく、胎児の育成のためにも必要な栄養素です。
胎児の脳や脊髄、内臓を作るために使われます。

妊娠中は赤ちゃんの分まで葉酸を摂取する必要があり、厚生労働省が推奨する摂取量は通常の2倍必要です。

葉酸欠乏は男性不妊の原因にも

男性が葉酸欠乏の場合は精子の運動量が低下したり、精子の奇形率があがるため不妊のリスクが高くなります。
また、パパの葉酸欠乏が原因で赤ちゃんの先天異常がおこる可能性があります。

葉酸は女性に限らず、男性も不足しないように摂取を心がけることが大切です。

葉酸欠乏でおこりうる症状・病気

Fashion portrait of beautiful blonde woman in stylish clothes outdoor in autumn

葉酸欠乏になると、貧血をはじめとして、母体にもさまざまな不調があらわれます。

具体的にどのような症状が起こるのでしょうか。

巨赤芽球性貧血(悪性貧血)

貧血は、一般的な鉄分不足による「鉄欠乏性貧血」のほかに、葉酸やビタミンB12が足りなくておこる「巨赤芽球性貧血」があります。

葉酸やビタミンB12が不足すると、赤血球が大きくなり壊れてしまう「無効造血」状態になるだけでなく、白血球や血小板などすべての血球が少なくなる「汎血球減少症」を引き起こし、貧血の症状があらわれます。

貧血症状が出ている場合は、自己判断を行わずに、かかりつけの産婦人科医に相談するとよいでしょう。

巨赤芽球性貧血は、妊婦検診の血液検査で赤血球の大きさをみたり、赤血球中の葉酸濃度を調べることなどの診断方法で発覚することが多いです。

巨赤芽球性貧血の初期症状

巨赤芽球性貧血になると、まず身体にさまざまな不調があらわれます。
例として紹介します。

【巨赤芽球性貧血の症状】

  • 疲労感
  • めまい、酸欠状態
  • 悪寒
  • 頭痛
  • 顔面蒼白
  • 食欲不振
  • 舌炎
  • うつ症状
  • 手足のしびれ

巨赤芽球性貧血の特徴は、舌の表面の膨らみが消えて平らになり、舌に痛みや熱い感覚を伴う症状がでるハンター舌炎が起こる事です。

口の中は細胞の生まれ変わりが活発な場所なので、葉酸が不足すると正確な細胞分裂が行えなくなり炎症を起こしてしまいます。

また、このほかにも白髪が増えるというケースもあります。
白髪の原因の多くは、遺伝や白髪が原因とされていますが貧血や葉酸などの栄養不足(栄養性貧血)によっても起こる場合もあります。

末梢神経障害

葉酸とビタミンB12の摂取不足によって、末梢神経障害が起こることがあります。

末梢神経とは、運動神経、感覚神経、自律神経に分類されます。

末梢神経障害になると、これらの神経伝達がうまくいかないことで、手足がしびれたり、歩きにくくなったりする症状が出ます。

末梢神経障害の症状がひどいと、意識障害がおこることもあります。

動脈硬化

葉酸はホモシステインというアミノ酸を、変換する働きがあります。

葉酸が足りないと、ホモシステインの量は増え、血液の凝固作用や血管細胞に働いて、血栓ができる原因になることも。

その血栓が原因で、動脈硬化が起こるリスクがあります。

悪化すると認知症になる危険性も

血管内に血栓があると、血流が悪くなるため、酸素や栄養が各細胞へうまく運べません。

脳細胞に酸素や栄養が足りなくなるので、認知症になるリスクもあります。

葉酸欠乏による胎児への影響は?

葉酸は、細胞分裂を正確に行う働きをするので、胎児の発達に必要不可欠です。

葉酸不足になると、胎児の神経管閉鎖障害という先天性奇形になるリスクが高まります。

厚生労働省では、神経管閉鎖障害のなどの発達障害のリスクを下げるために、妊活中や妊娠初期から毎日積極的に葉酸を摂取すること(1日の目安:400~440μg)が重要です。

では、神経管閉鎖障害について詳しくみていきましょう。

先天性奇形「神経管閉鎖障害」とは

先天性奇形のひとつである神経管閉鎖障害とは、胎児の脳や脊髄などの中枢神経が作られる際に、なんらかの異常が起き、脳や脊髄が正常につくられなくなることです。

神経管閉鎖障害は「二分脊椎症」や「無脳症」という障害としてあらわれます。

二分脊椎症

胎児の脊椎に形成異常がみられ、肌表面にコブや披裂を生じる「顕在性」と見た目にはあらわれない「潜在性」2つのタイプがあります。

二分脊椎症のレベルによっては、知能障害や下半身の障害リスクが考えられます。

無脳症

胎児の成長過程で脳が育たない状態のことをいいます。

無脳症の場合75%が死産となり、出生率は25%ですが1週間以内に命をなくしてしまう可能性が高いです。

葉酸欠乏症になる原因

妊娠中の葉酸欠乏症は、赤ちゃんの健康状態を維持するためにも避けたいところ。
では、葉酸欠乏症になる原因とは何なのでしょうか。

おもな原因は、以下です。

栄養不足

もっとも多い葉酸欠乏の原因は、栄養不足です。

食事量が少ない方や、いつも食事をコンビニや外食で済ませてしまう方は、栄養が足りていないうえ、葉酸の摂取量も十分ではない可能性があります。

とくに妊娠中は2倍の葉酸が必要になるだけでなく、つわりで吐いてしまって葉酸が失われてしまうということも…。

栄養管理には注意が必要です。

薬剤の副作用

薬剤が葉酸の吸収を妨げてしまうケースがあります。

ひきつけ発作を制御する薬剤や、がんや関節リウマチの治療に使われる薬剤などは葉酸の吸収を低下させたり、葉酸の代謝を妨げる副作用があります。

抗けいれん薬 フェニトイン、フェノバルビアール
潰瘍性大腸炎を治療する薬 サラゾスルファピリジン
がんや関節リウマチを治療する薬 メトトレキサート
高血圧治療薬 トリアムテレン
糖尿病を治療する薬 メトホルミン
抗菌薬 トリメトプリムス-ルファメトキサゾール

いずれかの薬剤を日常的に飲んでいる場合は、葉酸欠乏による薬剤性貧血を引き起こしているかもしれません。

また卵胞ホルモン製剤、鎮痛剤(アスピリン)、経口避妊薬(ピル)などが、葉酸などの栄養の吸収率を下げてしまうケースがあります。

常用している薬剤がある場合は、医師に葉酸の吸収率に影響を及ぼす可能性があるかを確認しておきましょう。

また、胃を切除した経験があるかたも、葉酸の吸収障害がでる可能性があるといわれています。

アルコールの過剰摂取

アルコールを体内で分解するときに作られる「アセトアルデヒド」という成分は葉酸を破壊する働きがあります。

お酒を飲みすぎると、葉酸は破壊されてしまい、せっかく葉酸を摂取しても吸収される量が減るので気を付けましょう。

また、妊娠中のアルコールは葉酸欠乏を招くだけでなく胎児にも悪影響を及ぼすので、直ちに禁酒をするようにしましょう。

葉酸欠乏症の対策・治療方法は?

「葉酸欠乏症」は葉酸をきちんと摂取できれば症状が改善します。

厚生労働省では、1日あたりの妊婦さんの葉酸必要量は400~440㎍(マイクログラム)だといわれています。
成人男女が240㎍といわれているので、およそ2倍の葉酸が必要です。

では効果的に葉酸を摂取するにはどうしたらいいのでしょうか。

葉酸のサプリメントを飲む

厚生労働省はサプリメントで葉酸を摂取することを推奨しています。

多くの葉酸サプリに使われている合成の「モノグルタミン酸型」という葉酸は、食品よりも吸収率が高いためです。

葉酸サプリは手軽に摂れるので便利ですが、過剰摂取になりやすいことがデメリットです。

毒性はないため、葉酸を摂りすぎて問題がおこる可能性は低いのですが、過剰摂取すると葉酸過敏症といわれる症状がでるケースがあります。

葉酸は1日1,000㎍までを基準に調節しましょう。

厚生労働省推奨の葉酸摂取量

葉酸はとくに、妊活中~妊娠後のママと赤ちゃんどちらの健康状態を維持するためにも、必要不可欠な栄養素といえるでしょう。

具体的に、厚生労働省が推奨している1日あたりの葉酸摂取量は以下です。

  • 妊娠1か月以上前~妊娠3か月:通常摂取量240㎍+400㎍
  • 妊娠4か月目~正産期:通常摂取量240㎍+240㎍
  • 授乳期:通常摂取量240㎍+100㎍

食事からは十分な葉酸の摂取が難しいことから、手軽に葉酸を摂取できるサプリメントを併用することが薦められています。

実際にどのサプリメントを選べばいいのかは、以下の記事を参考にしてください。
>>【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・成分・値段で徹底比較!

葉酸含有率の多い食品を生で摂る

 
葉酸は熱に弱く、加熱調理をすると大部分が破壊されてしまいます。
食品から摂る場合には、加熱のいらない生野菜や果物を食べるようにしましょう。

葉酸含有率の高い食品は以下の通りです。

野菜 枝豆、ブロッコリー、モロヘイヤ、ほうれん草など
果物 いちご、アボカド、マンゴー、キウイフルーツなど
肉類 納豆などの大豆製品、魚介類

食品からとる天然葉酸(ポリグルタミン酸型)は、食べた量の50%程度しか吸収できません。
吸収率を上げるためには、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンCと一緒に摂取するとよいでしょう。


葉酸欠乏症の診断・治療は病院で

葉酸欠病症かどうかは病院で医師の診断を受けましょう。

妊娠中におこる貧血のすべてが葉酸欠乏症とは限りません。
似た症状でビタミンB12欠乏症もあります。

葉酸欠乏症は赤血球葉酸レベル検査という血液検査で診断できます。

葉酸レベルが低い場合は処方薬・注射で治療する

検査を受けて葉酸が不足している場合は葉酸錠を処方してもらえます。
葉酸レベルが低すぎる場合は静脈経由で葉酸を注射するケースがあります。

自己判断は控えて、貧血などの症状がある場合は医師に相談するようにしてください。

普段の生活から葉酸欠乏症を予防しよう

妊婦さんの葉酸欠乏について原因や症状、対策・治療法をみてきました。

葉酸は身体に必要である一方で、摂取が難しく欠乏しやすい栄養素です。
葉酸欠乏症は母体の悪性貧血をまねいたり、胎児の先天異常リスクを高めます。

母体や胎児の健康状態に深く影響を及ぼすので、葉酸が不足しないように食品やサプリから毎日摂取するよう心がけてください。

◆◆ 注目記事 ◆◆