【専門家が教える】産後の冷えケア「よもぎ蒸し」とは?

産後のママたちのなかに、忙しい育児の日々でゆっくり入浴する時間もなく、シャワーだけになっている方はいませんか?
気づくとからだが冷えきり、からだのあちこちがしんどくありませんか?

冷えは万病のもと、といわれています。
今回は、産後の冷えの改善におすすめの「よもぎ蒸し」について紹介します。

「よもぎ蒸し」とは?


よもぎ蒸しは、およそ600年以上前から韓国で行われてきた、伝統的な民間療法のひとつです。

専用の椅子の下に、よもぎなどのハーブを温めたものを土鍋などに入れます。
マントなどをかぶり椅子に座って、ハーブのスチームで下半身を中心に温める座浴です。

産後はいつからできるの?


一般的には、産後1ヶ月健診で経過が順調な方は「よもぎ蒸し」を行えます。

私(奥山)は、産後1ヶ月より「よもぎ蒸し」を週に3回ペースで、産後3ヶ月は行いました。
そのおかげで、担当の助産師さんに驚かれるほど産後の回復が早く、体重も産後3ヶ月で妊娠前の状態に戻りました。

妊娠中はできるの?


妊娠中の方は、経過が順調で医師の許可があれば行えます。

妊娠中は、体調も変化しやすいため、専門家が行う「よもぎ蒸しサロン」でのケアをおすすめします。

私が開業する「ははこぐさ鍼灸治療室」では、妊婦さんにも「よもぎ蒸し」をケアの一貫として取り入れています。
妊娠中の冷えの改善に加え、会陰部の血流もよくなり、出産時の会陰の伸びもよくなります。

「よもぎ蒸し」の3つの効果とは?


よもぎ蒸しにはどのような効果があるのか、みていきましょう。

1:強い抗菌力

「よもぎ蒸し」で使用するよもぎは、お灸の原料にもなり、強い抗菌力や作用の多様性から「ハーブの女王」とも呼ばれています。

そのため細菌による女性疾患や、カンジダ膣炎、子宮や卵巣に起こる女性疾患の予防に効果的といわれています。