【妊娠検査薬の使い方まとめ】時間や時期は?失敗ってある?

生理が遅れていたり、妊娠したかもしれない場合に必要になる妊娠検査薬。
結果が気になる妊活中の女性は多いでしょう。
妊娠検査薬の使い方は難しくないけれど、正しく使わないと正確に判定できません
あとから慌てることがないように、妊娠検査薬の正しい使い方や失敗しないためのポイントなどを紹介します。

妊娠検査薬はいつから使える?


妊娠検査薬とはそもそもどのような仕組みで妊娠しているかどうかを判定しているのでしょうか。

妊娠すると体内で、hCGホルモンというホルモンが分泌されます。
hCGホルモンは正式名称を「ヒト絨毛性(じゅうもうせい)ゴナドトロピン」といい、妊娠検査薬では、尿内のhCGホルモンの有無によって妊娠判定をします。
一般的には尿中のhCG濃度50mIU/mLを基準値としており、それ以上の場合に陽性反応と判定します。

hCGホルモンについて

hCGホルモンは、受精卵が子宮に着床すると分泌をはじめます。
hCG分泌量は妊娠4週ごろから妊娠8週をピークに急激に体内で増えていきますが、個人差があり、初期からたくさん分泌される人もいれば、4週をすぎても十分に分泌されない人もいます。

いつから検査できる?

先に述べたとおり、hCGの分泌スピードには個人差があります。
しかし一般的には、生理開始予定日の1週間後から使うことを推奨している検査薬がほとんどです。
人によっては生理予定日で反応が出たというケースもみられますが、正確性に欠けてしまうので、検査時期は守るようにしましょう。

生理不順などによって生理周期や生理開始日がわからない場合は、妊娠した可能性のある性交渉の日から3週間後を目安に検査しましょう。

早期妊娠検査薬

少しでも早く、妊娠しているのか知りたい女性は多いでしょう。
その場合は規定時期より早めに検査するよりも、早期妊娠検査薬を使うのがオススメです。

早期妊娠検査薬というのは、通常の妊娠検査薬と比べhCGホルモンの感度が高く、25mIU/mLから判定できます。
価格は標準タイプの妊娠検査薬よりも高いですが、生理予定日ごろから使用できるものがほとんどです。

【葉酸・妊活サプリで自分にあっているものを選ぶ】

最安値価格

サービス

栄養成分