日本とは違う?フランスのママ友事情

よくメディアで「ママ友」という言葉を目にします。

海外では日本のように、ママ同士の付き合いが存在するのでしょうか。
日本で子育てをする友人からは「フランスでは日本のようなママ友という関係はあるのか」という質問を度々受けます。

答えは「No」
日本のようなママ友関係というのは、フランスでは基本的には存在しません。
ではフランスのママたちは、どのような付き合い方をするのでしょうか。

平日の公園にママはいない


筆者の住むパリ近くの郊外では、平日の公園は、昼間誰もいないということがあります。

息子が1歳未満のときは、育休を取っていたので、晴れた日は毎日のように公園に連れて行きました。
しかし、公園で出会った1歳未満の子どもを持つママというのはひとりだけ。

学校にお迎えに行く17時以降は、ママと子どもを公園では見かけますが、そこでママ同士が話している姿もあまりなく、ひとりで子どもをみているママが多いようです。

フランスのママ友は親同士の気が合うかどうか


それでは、子どもが幼稚園や学校に行くようになると、ママ同士はどのような付き合いをするのでしょうか。

フランスでは、ママであっても、ひとりの大人。
気が合えばママ友に発展します。

しかし、日本と違う点は、フランスのママ友はあくまでも本人同士の気が合うかどうか
子どもではなく、ママ主体の付き合い方になります。
ママ友の輪というものはありません。

またママ同士の付き合いが全くない人でも、それで浮いているというようなネガティブな目で周りから見られるということありません。

アンケートに答える

世帯年収を教えてください。

読み込み中 ... 読み込み中 ...