妊活中のカフェインはNG?OK?コーヒーは何杯までならいいの?

妊活中の女性は、妊娠率をあげるために「身体を冷やさない」「生活習慣を整える」など、生活の中でなにかと気をつけているようです。

コーヒーが好きな方は、カフェインが妊活に影響するかどうか気になる方も多いでしょう。

今回は、カフェインと妊活の関係について解説します。

妊活中、カフェインをとってもいいの?


妊活中の女性が、カフェインをとることは、「少量ならOK」が答えでしょう。

カフェインは、さまざまな食品の中に含まれており、通常の食生活で「全く摂らない」ことは、難しいでしょう。

もしカフェインを大量に摂取した場合、妊活をしている女性の身体にどのような影響があるか、みていきましょう。

カフェインと女性ホルモンの関係!

カフェインの大量摂取は、間接的に女性ホルモンに影響をおよぼす可能性があります。

カフェインは覚醒効果があるため、大量に摂取すると夜眠れなくなったり、眠りが浅くなったりします。

睡眠中は、身体が最も休まっている状態で、ホルモン分泌のゴールデンタイムです。

女性の身体は、「卵胞ホルモン(エストロゲン)」「黄体ホルモン(プロゲステロン)」というふたつのホルモンの分泌によって、生理周期が決まります。

このふたつのホルモンが、バランスよく分泌されていると生理周期も安定し、「妊娠しやすい」状態が高まるでしょう。

カフェインの大量摂取によって、「睡眠不足」「眠りが浅い」といった睡眠への影響がでると、ホルモンの分泌にも影響が出るようです。

「就寝前にコーヒーを飲む」また「夜中に何度も目が覚める」という方は、寝る前のカフェイン摂取を控えてみましょう

カフェインは身体を冷やす?

食品は、身体を温めたり冷やしたりする働きがあります。

カフェインは、身体を冷やすといわれています。

カフェインは利尿作用(身体の水分をおしっことして出すのを促す)があり、水分を身体から出すときに体温が下がりやすいようです。

「カフェインをとると生理痛が重くなる」という女性の声がありますが、これは、水分を出すことによって子宮を冷やすことが原因のひとつのようです。

「冷え性」は、不妊の原因になることは、広く知られています。

また、利尿作用によって鉄分やカルシウムを排出してしまいます。
これは女性だけではなく、男性にとってもよくありません

鉄分は血液を作る重要な役割があるため、男女ともにしっかり摂っておきたい栄養素です。

「カフェインは少量に控える」「カフェインを摂っても、身体を温める食品で補う」などの工夫をオススメします。

カフェインの赤ちゃんへの影響

カフェインの大量摂取で、お腹の赤ちゃんに流産のリスクが高くなったという研究結果が報告されています。

妊娠した場合、ママはカフェインの摂取量を控えましょう。

一般的に、生理が遅れることで、女性が妊娠を疑い始めるのは、妊娠6~7週が多いようです。

この頃の超妊娠初期は、すでに赤ちゃんは後の「脳」や「脊髄」となる重要な器官の形成が始まっており、赤ちゃんはカフェインの影響を受けます。

つまり、妊娠に気がつく前から、赤ちゃんがいる可能性を考えてカフェインの摂取を控えるのが無難です。

コーヒーは何杯まで飲んでもOK?他に気を付けたい飲み物は?


カフェインが含まれている飲み物は、コーヒーが有名ですが、じつは、ほかにもたくさんあります

ここでは、なににどのくらいの量のカフェインが含まれているかを知り、どのくらいまでなら飲んでもよいかについて、考えましょう。

【飲み物別】カフェインが含まれている量

文部科学省によると、各飲み物に含まれているカフェインの量は、以下のとおりのようです。

 

飲み物 100mlあたりの含有量
レギュラーコーヒー浸出液 約60mg
インスタントコーヒー 約60mg
玉露 約160mg
煎茶 約20mg
紅茶 約30mg
ウーロン茶 約20mg
コーラ 約10~13mg

コーヒー以外にも、緑茶やコーラなどカフェインが含まれている飲み物は、私たちの身近にたくさんあるので、注意が必要でしょう。

「ウーロン茶なら大丈夫」と大量に飲んでしまいがちですが、ウーロン茶にもカフェインは含まれているので、カフェインを控えたい女性にとって、落とし穴のようです。

カフェイン摂取の目安

妊婦のカフェインの過剰摂取は、胎盤から届く胎児への悪影響が心配であるため、世界でも注意喚起されているようです。

「妊活中の女性」については、はっきりとした目安はあまりみられませんが、「妊娠しやすい体質づくり」と「予期せぬ妊娠」に備えて、妊婦の基準にならって、気をつけることをオススメします。

世界保健機関(WHO)は、「妊婦のコーヒー摂取量を一日3~4杯までにすべき」としている。

英国食品基準庁(FSA)は、「妊婦がカフェインを摂りすぎることにより、出生児が低体重となり、将来の健康リスクが高くなる可能性がある。妊婦の一日あたりのカフェイン摂取量を200mg(コーヒー2杯程度)に制限する」としている。

カナダ保健省は、「カフェインが妊娠適齢女性の生殖に及ぼすリスクは高い。」としている。

上記のように、世界では、カフェインについてさまざまな見解があるようです。

また、少量のカフェインでも「頭痛」「不眠」の症状が出る人もいるといわれており、カフェインの耐性(体質によって身体に影響を及ぼす量)は、人それぞれです。

「〇杯までなら飲んでも大丈夫」という目安は、体質によって違うということも知っておきましょう。