妊活中に飲むならコレ!おすすめ飲みもので体調を整える

生活習慣や食事のバランスに気をつけ、禁酒、禁煙をしている妊活中の女性は多いでしょう。
では、普段の飲み物についてはどうでしょうか?

毎日何気なく飲んでいる飲み物が、妊娠力を下げている場合があります。

不妊治療中や妊娠準備中の女性の間で、お茶が妊娠力を高めるとして話題になっています。しかしお茶でさえ、効能によっては逆効果になるケースがあるのです。

ここでは、妊活中に避けた方がよい飲み物、妊娠力を上げるオススメのお茶についてご紹介します。

なぜ飲み物が妊娠に関係する?

冷たい飲み物は身体を冷やします。
身体が冷えると、子宮や卵巣などの体内の臓器も冷やしてしまいますし、血流が悪くなります。
血流が悪くなると、血液中の栄養素が子宮や卵巣にじゅうぶんに届かなくなります。
また、冷え性は不妊の原因にもなります。

ジュースや炭酸飲料に含まれる砂糖も身体を冷やしてしまうといわれていますので、控えるようにしましょう。

逆に温かい飲み物は、身体を温めて代謝をよくして基礎体温をあげます。
代謝がよくなると、血流がよくなり子宮や卵巣の機能があがり妊娠力が高まりますし、女性ホルモンの分泌もよくなります。

特に温かいお茶は妊活によいといわれています。
「温かいお茶でホッと一息」というように、お茶を飲むとリラックスすると感じる人は多いのではないでしょうか。

それは、温かいお茶を飲むと副交感神経の働きが優先され、リラックスすることが期待できるからです。
リラックス効果はストレス解消につながります。

妊活中に避けた方がよいお茶

温かいお茶なら、なんでも妊活に効果があるのでしょうか。

コーヒーや紅茶、玉露、煎茶はカフェインを多く含みます。
リラックス効果は得られますが、カフェインの摂取によって不眠の原因になる場合があります。

また、緑茶やウーロン茶はタンニンを多く含んでいるため鉄分の吸収を妨げるので、妊活中の女性には不向きです。