【専門家が教える】2歳ごろにみられる言葉のつっかえは成長のあかし

1歳前後に初めて言葉をしゃべりはじめて、みるみるうちにさまざまな言葉を話すようになります。
「どこで覚えたの?」というような言葉を言ったりして、大人が驚くほどの成長を感じるママパパも多いのではないでしょうか。

たくさんおしゃべりをし始めると、気になるのが「お話の仕方」ではないでしょうか。

ちょうど2歳過ぎくらいから「言葉を繰りかえしたり、つっかえることが気になる」と相談にいらっしゃる保護者の方が多くいます。
では、なぜそのような話し方になるのかを考えていきましょう。

2歳頃にみられる「語彙(ごい)爆発」とは


1歳前後でおしゃべりが始まって、2歳頃には300語程度の言葉を話す、といわれています。

1年間で徐々に言葉が増えるというよりは、1歳半前後から急激におしゃべりできる言葉が増えるのです。

爆発的に言葉が増えるために、「語彙(ごい)爆発」といわれています。

言葉を繰り返す・つっかえる原因


1歳半~2歳ごろにかけて、急速におしゃべりできる言葉が増えます。

しかし、理解できる言葉は、おしゃべりできる言葉よりも、もっともっとたくさんあります。
この頃には、ある程度の文章も理解できるようになっています。

子どもは理解できることが増え、伝えたいこともどんどん増えていきます。
「おしゃべりできる言葉が300語ある」というと、十分な単語の数のように感じるかもしれませんが、子どもの伝えたい思いを伝えるためには、まだまだ語数が足りません。

また、300語を言えたとしても「今これを伝えたい」ときにタイムリーに出てこない子どももいます。

そうすると、言葉を思い出したり、何と言っていいか悩むときに、言葉を繰り返したり、つっかえたりして「えーとえーと」といったりするのです。