フランスの子どもはみんな持っているDoudouとは

Doudou(ドゥドゥ)はフランス語で、子どもが寝るときなど、安心するために持つぬいぐるみのことを指します。

フランスでは赤ちゃんがDoudouを見つけることを推奨しており、ほとんどの子どもがDoudouを持っているといわれています。

そんなフランスのDoudou事情についてお話します。

Doudouは子ども自身で選ぶもの


Doudouは一般的に手触りのよい可愛らしいぬいぐるみをイメージしますが、どのようなDoudouを選ぶかは子どもによります。

たとえば、ママのストールや自分の匂いの付いたガーゼなど、子どもが選ぶDoudouはさまざま。
このぬいぐるみはキュートだから、これがDoudouにいいだろうと思って親が与えても、赤ちゃんが選ばなければDoudouにはなりません。

Doudouは赤ちゃん自身で選ぶものなのです。

筆者の子どもは、生後10ヶ月頃にDoudouを選びました。
まず5ヶ月頃からぬいぐるみや布などを、子どもの周りに置いてみました。

そのなかで「これだ」というものを選んだようで、そのDoudouを選んで以来、Doudouをもつことで安心しているように見受けられました。

なぜDoudouを推奨するのか


フランスでは赤ちゃんのときから、自分の部屋を持ちひとりで寝ます。

そのときに必要となってくるのが、Doudouなのです。
Doudouはひとりで寝るときの安心材料
フランスの子どもは、Doudouと必ず一緒に寝ます。

年齢が上がるにつれて寝るとき以外は、日常の生活の中でDoudouはいらなくなるようですが、病気になったときや、知らない場所へ出かけるときなどは、Doudouを持つことで安心するようです。

Doudouは子どもの精神的な支えであり、セキュリティーなのです。

アンケートに答える

【6歳以下のお子様がいる方限定】ベビーカーを所有していますか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...