産後ガードルはいつからいつまで着ける?気になる効果や選び方・人気ランキングを紹介

出産後は「妊娠前の体型に戻したい」と考えているママが多いようです。

体型を戻すためには、出産によって緩んだ骨盤周りの筋肉のサポートや、ボディラインを整える必要があります。

しかし、産後すぐから使えるものは、産後の身体の状態を考えて引き締める力が弱く作られているものが多いようです。
そのため、骨盤周りの筋肉の回復や、ボディラインを整えることまではできません。
また、骨盤周りの筋肉が緩んだままだと、骨盤がゆがんでしまい、妊娠前の体型に戻すことが難しくなります。

骨盤をゆがんだままにしておくと、体型が戻らないだけではなく、さらなる下半身太りを招いたり、身体の不調がでてくることがあります。

骨盤をゆがんだままにしないためにも、産後は骨盤周りの筋肉をしっかりと回復させましょう。

骨盤周りの筋肉の回復のサポートをしっかりと行うには、産褥ニッパーなどに比べて引き締め力強い「産後ガードル」がオススメです。

ただし、引き締め力が強いので、使用を始める時期などには注意が必要です。

そこで今回は「産後ガードル」の効果や、着ける期間、選び方から人気の産後ガードルまでを紹介していきます。

ぜひ参考にしてください。

産後ガードルに期待できる効果は?

「産後ガードル」は、産後リフォームインナーのひとつで、骨盤周りの筋肉の回復、ボディラインを整えるために役立ちます。
具体的には、どのような効果を期待できるのでしょうか。

骨盤を支える筋肉の回復をサポートする

出産直後は、産褥ニッパーや、サポートショーツを使って、開いた骨盤を元に戻したり、骨盤周りの緩んだ筋肉をサポートします。

しかし「出産直後」から使用できるアイテムは、締め付けが弱いものや、骨盤を正しい位置に戻すために固定するものが多く、ボディラインを整えるまでには至りません。

「産後ガードル」なら適度な引き締め力で、骨盤を支える筋肉の回復をサポートしながら、産後でたるんだお腹やお尻周りの皮下脂肪をキレイに見える位置に収めて、ボディラインを整えられます。

骨盤を支える筋肉が緩んだままだとどうなるのか

では、骨盤を支える筋肉が緩んだままの状態を放置すると、どのようなことが起きるのでしょうか。

女性は、妊娠・出産の過程で、産道を確保するために骨盤が開きます。
そのときに、骨盤周辺の筋肉はダメージをうけてしまいます。

開いた骨盤は産後、徐々に閉じていきますが、骨盤をサポートする筋肉がダメージを受けているため骨盤が安定しづらく、ゆがみやすいのです。

骨盤がゆがむと、身体にもさまざまな不調が起きることがあります。
主に、下記のことが考えられます。

  • 体重がもとに戻らない(産後太り)
  • 冷え性になる
  • 腰椎が曲がって、腰痛が起きる

骨盤がゆがんだことで、内臓の位置が下がってきます。
内臓の位置が下がると、代謝機能が低下して太りやすくなったり、腰回りの血行が悪くなるので、冷え性になることがあります。

また、骨盤がゆがんで前に傾くと、腰椎とよばれる腰にある上半身と下半身を繋ぐ骨が曲がる可能性があります。
腰椎が曲がると、腰痛が起こります。

出産後の身体はとても繊細なので、産後ガードルで身体を立て直してあげましょう。
産後の骨盤や、骨盤周りの筋肉については、下記の記事で詳しく説明しています。

産後のボディラインを整える

産後ガードルには、通常のガードルと同じように「ボディラインを整える」機能があります。

妊娠中、お腹の赤ちゃんに栄養を与えたり、外部の刺激から守るために蓄えた脂肪は、出産後はなかなか元に戻らないことが多いようです。

産後ガードルは、ウエスト丈が高く作られているものが多く、脂肪やたるみを引き上げて、ボディラインを整えてくれます。

出産後の腰痛などのトラブルを予防する

産後のママは、赤ちゃんの抱っこや授乳のために、腰に負担をかけてしまう姿勢をとることがあります。

産後は妊娠前に比べると、骨盤を支える筋肉やじん帯が緩んでいるので、骨盤がゆがみやすくなっているのです。
骨盤がゆがむと、腰痛や恥骨痛が起こりやすいといわれています。

産後ガードルは、腰に悪い姿勢をとったときでも、骨盤が変にゆがまないように支える働きがあります。
結果として、腰痛や恥骨痛などのトラブルを予防してくれます。

産後ガードルはいつからいつまで着ける?

では、産後ガードルは、産後いつから着け始めて、いつまで着けると効果を感じられるのでしょうか。

つづいては産後ガードルを「着けはじめる時期」「着ける必要がなくなる時期」をみていきましょう。

着けはじめる時期

産後ガードルを着けはじめる時期は、はやくて産後2週間からといわれています。
なかには「体型を早く整えたいから、産後すぐにガードルを使いたい」という方がいるかもしれません。

しかし、産後すぐは子宮が回復していない可能性が高いのです。
その証拠に、悪露として子宮から出血があります。

産後ガードルは締め付けが強いので、子宮が回復していないと、着けたときに腹痛やさらなる出血を起こす可能性があります。
悪露が多い期間は、使用を避けましょう。

悪露がおさまるのは、産後1ヶ月~2ヶ月頃といわれています。
そのため、その頃から産後ガードルを着けるママが多いようです。

まずは、産後の体調をみて、子宮を締め付けないもので骨盤の戻りをサポートしていきましょう。

帝王切開の場合は子宮だけでなく、傷口にあたらないように気を付ける必要があります。
お腹よりも、腰を引き締めるタイプの産後ガードルを選ぶとよいです。

ほかの産後リフォームインナーと一緒に使うのはNG

産後ガードル以外に、さまざまな産後リフォームインナーがあります。
なかには「はやく骨盤を整えたい!」と、ほかの産後リフォームインナーと同時に使うことを考える方がいるかもしれません。

産後ガードルは引き締め力が強いので、ほかの産後リフォームインナーと併用すると、さらに腰回りを締め付ける恐れがあるので、やめましょう。

着ける必要がなくなる時期

産後ガードルを含めた産後リフォームインナーの目的は、着けることで体型を整えて、妊娠前の体型に戻すことです。

そのため「体型が妊娠前の状態に戻ったら着けなくなる」という方は多いようです。

個人差があるため「必ずこの時期には外せる」とはいえません。
産後3ヶ月で産後ガードルを履かなくなった人がいれば、半年から1年履いていたというケースがあります。