天然葉酸と合成葉酸の違いは何?妊婦はどちらを選ぶべき?

妊婦さんには葉酸をはじめ、ビタミンCやビタミンDなどのさまざまなビタミン摂取がすすめられています。

マルチビタミンのなかでも重要性の高い葉酸ですが、葉酸には「天然葉酸」「合成葉酸」と呼ばれる2種類があるのです。

しかし「天然葉酸と合成葉酸は一体何がちがうの?」「結局どちらを摂るべきなのか分からない」という女性も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、少し難しい2つの葉酸の違いや特徴を徹底的に解説します。

「天然葉酸」と「合成葉酸」の違いは?

葉酸は、下記のように大きく2種類に分かれます。

  • ほうれん草などの食品に含まれている = ポリグルタミン酸型葉酸
  • サプリメントなどに含まれている = モノグルタミン酸型葉酸

正式名称は難しく感じますが、どちらもビタミンB群の一種である「葉酸」です。

一般的に、ポリグルタミン酸型が「天然葉酸」、モノグルタミン酸型が「合成葉酸」と呼ばれています。

 

ポリグルタミン酸型
(天然葉酸)
モノグルタミン酸型
(合成葉酸)
含まれるもの 食事(食品) サプリメントなど
体内への吸収率 50%程度 85%程度
吸収しやすさ

それでは、それぞれの特徴や違いについて、くわしくみていきましょう。

ポリグルタミン酸型の特徴

「ポリグルタミン酸型葉酸」は、ほうれん草やいちごなどの食品に含まれている食事性葉酸で、一般的に「天然葉酸」と呼ばれています。

いくつかのグルタミン酸が結合している構造が特徴ですが、結合が多くサイズも大きいため、そのままでは体内に吸収することができません。

そのため、腸で単体の構造である「モノグルタミン酸型」に分解され、そのあと体へ吸収されるのです。

この時、モノグルタミン酸型へと分解されなかったものは、そのまま体外へと排出されます。

また熱に弱く水に溶けやすいという性質から、ポリグルタミン酸型の葉酸は、調理中にほとんどの成分が失われます。

そのため、実際に体に吸収される葉酸は約50%ほどなのです。

モノグルタミン酸型の特徴

モノグルタミン酸型葉酸は、「複数くっついたもの」がバラバラに分解されて「単体」になったものです。

そのため、そのまま問題なく体内へと吸収されます。

一般的にサプリメントなどの栄養強化食品に含まれているのは、このモノグルタミン酸型葉酸です。

食品ではないものから合成して作られているため「合成葉酸」とも呼ばれています。

食品に含まれるポリグルタミン酸型葉酸とちがい、吸収されやすいのが特徴で、吸収率は約85%といわれています。

ママさん

天然葉酸と合成葉酸の大きな違いは、「構造」と「吸収率」なのね!

天然葉酸と合成葉酸はどっちがいいの?

妊娠中または妊活中の女性にとって、積極的にとるとよいのは、天然葉酸と合成葉酸はどちらなのでしょうか。

厚労省がすすめているのはモノグルタミン酸型の合成葉酸

厚生労働省が妊活中~妊娠初期の女性に積極的にとるようすすめているのは、モノグルタミン酸型の葉酸(合成葉酸)です。

モノグルタミン酸型葉酸が、神経管閉鎖障害と呼ばれる赤ちゃんの先天的な障害のリスクを予防するのに効果的であるとしています。

その発症は葉酸摂取のみにより予防できるものではないが、受胎前後のプテロイルモノグルタミン酸(化学構造式は図 9 に示した。食品中に存在する主要な葉
酸の化学形態である 5─メチルテトラヒドロ葉酸のポリグルタミン酸型の予防効果は不明)投与が、
神経管閉鎖障害のリスク低減に有効であることは数多くの研究から明らかになっている102─113)。

参照:サイト厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2015年版)策定検討会」報告書1─6ビタミン(2)水溶性ビタミン

そのため、妊娠前や赤ちゃんの重要器官がつくられる妊娠初期の時期には、1日に400μgのモノグルタミン酸型葉酸を摂取するようすすめています。

胎児の神経管閉鎖障害のリスク低減のために、付加的に 400μg/日のプテロイルモノグルタミン酸の摂取が望まれるとした。

ただし違いはあいまいで確認しにくい

さきほど、一般的に「食品に含まれているのはポリグルタミン酸型(天然葉酸)、サプリなどに含まれているのはモノグルタミン酸(合成葉酸)である」と紹介しました。

ただしサプリだからといって、全ての商品がモノグルタミン酸型を配合しているわけではありません。

なかには食品由来の「天然葉酸」を使用している商品もあり、「サプリの葉酸=モノグルタミン酸型」と断言することはできないのです。

ママさん

なんですって!サプリは全て「合成葉酸」だと思っていたけど、そうとは限らないのね…!

また、葉酸サプリにおける「天然」と「合成」の考え方には、以下のようにさまざまなものがあります。

  • 酵母から抽出したものを「天然」、微生物から抽出したものを「合成」というもの
  • 葉酸サプリメントはすべてがモノグルタミン酸型で、そのなかで「天然」と「合成」の2種類に分かれるというもの
  • 食品から凝縮したものを「天然葉酸サプリメント」といい、ポリグルタミン酸型であるが食品からの摂取よりは吸収率が高いというもの

厚生労働省が妊娠初期の妊婦さんにすすめているのは、あくまでモノグルタミン酸型の合成葉酸です。

葉酸サプリメントで不足分をおぎなう場合は、サプリの葉酸が食品由来のポリグルタミン酸型なのか、合成されたモノグルタミン酸型なのかを把握しておく必要があります。

しかし、それらを明確に表記していない商品がほとんどなので、「天然葉酸なのか合成葉酸なのか」を消費者が確認しにくいようです。

天然葉酸のメリット・デメリット

天然葉酸のメリット・デメリットは、以下の通りです。

メリット
  • 身体にやさしい、赤ちゃんへの安心感がある
  • 過剰摂取になる可能性が低い
デメリット
  • 価格が比較的高い
  • 葉酸の吸収率が低い
  • 天然にこだわり抜くことは難しい

天然葉酸は天然の食品が原料なので、赤ちゃんにやさしく、安心感があると言えるでしょう。

しかし、調味料や食材を選ぶときに化学物質をひとつも使わず、有機野菜のみを使用するのは現実的とはいえません。

また、天然にこだわっていると評判の葉酸サプリメントも、錠剤やカプセルにする製造過程で添加物を使用している可能性があります。

そのため「完全に天然葉酸」と確信しにくく、天然にこだわるのは難しいという現状もあります。

ママさん

たしかに天然素材にこだわるとコストもかかるし、少し大変かも…

合成葉酸のメリット・デメリット

合成葉酸のメリット・デメリットは、以下の通りです。

メリット
  • 吸収率が高い
  • 価格が比較的安い
  • 神経管閉鎖障害の予防に効果的
デメリット
  • 過剰摂取になる可能性が高い

合成葉酸(モノグルタミン酸型)は吸収率が高いため、通常より多くの葉酸を必要とする妊婦さんは、食事に加えてサプリで不足分をおぎなう方が、効率的に推奨量を摂取できます。

しかし吸収率がよい分、上限量を超えてとりすぎてしまう可能性があるのです。

葉酸の過剰摂取には、ビタミンB12欠乏症の発見が遅れるなどのリスクがあります。

必ず1日の推奨摂取量をチェックし、とりすぎにならないよう注意しましょう。

ママさん

サプリに配合されている葉酸量を確認して、用法用量を守る必要があるってことね…

合成葉酸は石油からできている?

「合成=石油」と勘違いされやすいようですが、合成葉酸が全て石油からつくられているわけではありません

合成葉酸のメリットは、いつでも低価格で安定した品質のサプリメントが提供されていることでしょう。

野菜や果物といった、食物の収穫量に左右されにくいからです。

体内での葉酸の利用効率がよいことに加え、粒を小さくしたり、飲みやすさを追求したりできるようです。

合成葉酸が原因で子どもにアレルギーがでる?

現在の研究段階では、合成葉酸の摂取が赤ちゃんのアレルギーの原因であると断言することはできません。

赤ちゃんのアレルギーは、生まれ持った体質や環境など、さまざまな因子が関係していると考えられます。

合成葉酸に限らず、妊婦さんの葉酸摂取と赤ちゃんのアレルギーや喘息との関連性については、調査や論文が不十分のため、まだはっきりとした答えが出ていません。

「天然素材だから絶対にアレルギーにならない」「合成だから安全性が低い」とは言い切れないのです。

ママさん

天然と合成のどちらを選ぶべきなのかは、「価格・安心感・吸収率」などの要素のなかで、どれを重要視するかによって変わってくるということね!

そもそも「葉酸」って何?どうして必要なの?

葉酸は水溶性ビタミンで、ビタミンB群の一種です。
ほうれん草やブロッコリーなどの野菜や、いちごやライチなどの果物に多く含まれています。

妊娠初期に葉酸が不足すると、赤ちゃんの神経管閉鎖障害(NTD)の発症が高まることがわかっています。

そのため厚生労働省は2000年に、妊娠の可能性がある女性に対してサプリメントなどからの葉酸摂取を推奨する、以下のような通知を出しました。

妊娠を計画している女性に対しては、神経管閉鎖障害の発症リスクを低減させるために、妊娠1か月以上前から妊娠3か月までの間、葉酸をはじめその他のビタミンなどを多く含む栄養のバランスのとれた食事が必要であること。
(中略)
当面、通常の葉酸摂取量に加えて、いわゆる栄養補助食品から1日0.4mgの葉酸を摂取することとすれば、神経管閉鎖障害の発症リスクは集団としてみた場合そのリスクが低減されることが期待されるものである旨、情報提供を行うこと。

引用:サイト厚生労働省「神経管閉鎖障害の発症リスク低減のための妊娠可能な年齢の女性等に対する葉酸の摂取に係る適切な情報提供の推進について」

また妊娠中は、葉酸やビタミンB12の不足で「巨赤芽球性貧血」を発症する可能性があり、葉酸は妊婦さんの貧血予防のためにも必要とされているのです。

神経管閉鎖障害とは

神経管閉鎖障害とは、脊椎の神経管の形成が不完全のままになる先天異常(産まれる前からの異常)です。

赤ちゃんにこの異常が発生すると、下半身の機能障害が起きる可能性があります。

妊娠初期は赤ちゃんにとって、心臓や脳・脊髄などの重要な器官を形成する時期です。

葉酸の成分は、遺伝子の本体であり細胞の増殖に必要なDNAの合成に関係しているので、この期間に葉酸が不足すると、神経管閉鎖障害の発症リスクが高くなるといわれています。

参照:サイト国立保健医療科学院 葉酸情報のページ

妊婦が1日に必要な葉酸の量は?

厚生労働省は、妊婦が1日に摂取する葉酸の量について、下記のように述べています。

妊娠を計画している女性、または、妊娠の可能性がある女性は、神経管閉鎖障害のリスクの低減のために、付加的に400μg/日のプロテイルモノグルタミン酸の摂取が望まれる。

神経管閉鎖障害のリスク低減のためには、サプリなどの栄養強化食品から、1日400μgの「モノグルタミン酸型葉酸」を摂取する必要があるのです。

ただし栄養を強化している食品は、摂取量を把握していないと気付かないうちにとりすぎる可能性もありますから、注意しましょう。

また葉酸の推奨摂取量は、妊活中~授乳中までの妊娠時期によって異なります。

くわしくは「【いつからいつまでとる?】妊活・妊娠中の葉酸を摂取する時期・必要量をチェック」でチェックしてみてくださいね。

葉酸選びのポイントを自分で考えてみましょう

葉酸サプリには多くの商品があり、葉酸の種類・価格・飲みやすさ・葉酸以外の栄養素・吸収率の高さなど、さまざまなポイントがあります。

サプリを選ぶときは、「どのポイントを重要視したいのか」の優先順位を付けておくとよいでしょう。

  • 天然葉酸は食品に含まれるポリグルタミン酸型葉酸で、体内への吸収率が低い
  • 合成葉酸は食品以外のものから合成されたモノグルタミン酸型葉酸で、体内への吸収率がとても高い
  • 厚生労働省が赤ちゃんの障害リスク低下のためにすすめているのは合成葉酸
  • 合成葉酸が原因で、赤ちゃんがアレルギーや喘息になるとは証明されていない
  • 妊娠初期の妊婦さんは1日400μgの合成葉酸をとる必要がある

最近では、葉酸が認知症の予防にも効果的との研究結果もあります。

上記のポイントをおさえ、自分の好みに合わせて葉酸サプリを正しく選び、母子ともに健やかな状態を保ちましょう。

<< 前の記事
妊活・妊娠・産後に必要な葉酸の簡単レシピ12選!効率のよい簡単調理

>>次の記事
【妊婦さんにおすすめの葉酸サプリ10選】効果・成分・値段でランキング!

注目記事

アンケートに答える

よく利用するSNSは何ですか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...