【専門家が教える】東洋医学的な赤ちゃんの4タイプ好奇心旺盛な「肝(かん)」

赤ちゃんには、好奇心旺盛な子もいれば怖がりの子、胃腸の弱い子もいれば、風邪をひきやすいタイプの子…いろいろな赤ちゃんがいます。

東洋医学では赤ちゃんを4つのタイプ「肝(かん)脾(ひ)肺(はい)腎(じん)」に分けて赤ちゃんの状態をとらえます。

タイプ別に赤ちゃんの気質や特徴に応じたケア方法や、ベビーマッサージなどがあります。

自分の子どもが、どのタイプかがわかると、効果的に赤ちゃんへのケアを行えるようになります。
今回は、好奇心旺盛の元気あふれる、「肝(かん)タイプ」の赤ちゃんについてお伝えしていきます。