【認定絵本講師が教える】絵本で子どもと料理をつくる「遊び」

絵本には、おいしそうな食べ物がたくさん出てきますよね。
有名なのは、ぐりとぐらのカステラ、しろくまちゃんのホットケーキなど。

料理は、絵本をきっかけとして「遊び」に発展しやすいもののひとつではないでしょうか。

料理をすると、それぞれの材料をひとつにしていく過程を自分の手でやってみることや、実際に自分で作ったものを自分で食べて「おいしい」と感じられます。
絵本で見たものを実体験するからこそ、子どもにとって新鮮でわくわくする「遊び」になるのではないかと考えています。

しかしケーキやカステラは、子どもと一緒につくるには少し難しいかもしれません。
分量などの細かいレシピが載っていない場合は、思った通りにできない、なんてことも考えられます。

そこで今回は、小さな子どもとでも、一緒に料理しやすい絵本をご紹介をします。

自由にサンドイッチ



サンドイッチの絵本といえば、こちらの2冊はみなさんもよく目にする機会が多くあるのではないでしょうか。

大型絵本にもなっているので、読み聞かせのイベントなどでも読まれていますね。
どちらも、どんな材料を揃えればいいのかが一目瞭然なので、子どもと一緒にページを見ながら確認できます。

お買い物をするときに、絵本を持って行ってもいいかもしれません。
材料が揃ったら、下ごしらえを子どもと一緒にやるかは、年齢に合わせてみてください。

あとは、絵本のページが進むままに重ねていくだけ
とっても簡単です。
並べるだけなので、1歳くらいの小さな子も楽しめます。

大人はパンに対して均等に、まんべんなく具材を並べようとしますが、子どもはすごく偏ったり、同じ材料を重ねたりするので、独創的でおもしろいですよ。

食べるときにまとまっていなくても、大丈夫です。
別々に食べてもおいしいので、きれいなサンドイッチができなくても問題ありません。
そんなおおらかさも、子どもとの料理にぴったりですね。