【漢方体験Q&A】34歳 虚弱体質から念願の妊娠!だけど妊娠中「うつ」に【体験談】

貧血や内臓の働きが悪いなど、虚弱体質だけど妊活をしたいと望む女性は多くいます。
それを克服して念願の赤ちゃんを妊娠したにも関わらず、なぜか心に病が…

今回は、そんな悩みを漢方で解決した方の体験談をご紹介します。

Q:相談内容

34歳 女性 役所勤務
結婚2年目のときに相談しました。
平熱が35度台の前半という低体温です。
冷え性がひどく、胃腸も悪く、便秘に悩んだり、疲れやすさや貧血にも苦しんでいました。

こんな体で妊娠は難しいだろうと思っていたんですが、病院での治療は気が進まなかったのです。

そこで、漢方薬で根本的な部分を元気にすればと思い、漢方薬と生活習慣の見直しをスタート。
およそ1年ほどで、念願の妊娠ができ、まさに天にも昇るほどの嬉しさを感じていました。

しかし、つわりが始まり、食事を取れない、眠れないという日々が続くなかでどんどんと心が疲れてしまい「赤ちゃんが無事に生まれないのではないか」という恐怖感までも。
体の調子は決して悪くなっていないのにもかかわらず、うつのような状態になってしまいました。

A:タクヤ先生の回答


念願の赤ちゃんを授かる、ということは嬉しことです。
妊娠は、これから始まる出産と、その後に控える授乳以降の子育てのスタート地点に立った、ということです。

初めての妊娠であれば、プレッシャーは大きいものです。
心や体の調子を万全にして出産に望みたいものですが、妊娠中にはさまざまなトラブルもつきもの。
とくにつわりは悩みの中でも順位の高いものですよね。

つわりに対して「小半夏加茯苓湯(しょうはんげかぶくりょうとう)」という漢方を始め、優れた効果のあるものが揃っています。

また妊娠中は、貧血症状などにより、心のバランスを崩してしまうこともあります。
こうした場合は、精神状況を健全に保つ「心血(しんけつ)」を補う漢方薬が非常に効果的です。
今回のお悩みにもこうした漢方を用いていきました。

【葉酸・妊活サプリで自分にあっているものを選ぶ】

最安値価格

サービス

栄養成分